奥手男性の脈ありサインを見極めてアプローチしてもらう方法

リタ・トーコ ライター
更新日:2021-03-12 06:45
投稿日:2021-03-12 06:00
 好きになった男性が奥手だと、気持ちがわかりづらいので、やきもきしてしまう女性は多いでしょう。しかし、彼らは彼らなりに微妙な脈ありサインを出していたりもするんですよ! そこで今回は、奥手男性の特徴を捉えながら、脈ありサインを見極め、さらにアプローチしてもらえる方法をご紹介したいと思います。

草食系とは違う! 奥手男性の特徴

奥手男性は恋愛に興味がないわけじゃない(写真:iStock)
奥手男性は恋愛に興味がないわけじゃない (写真:iStock)

 恋愛に対してひたすら受身である“草食系男性”とは違って、奥手男性は心の中では「あの子と付き合いたい!」なんて、熱い思いを持っている場合も多いんです。まずは、そんな奥手男性の特徴からチェックしていきましょう。

好きな女性に対してだけ奥手

 奥手男性というと、「控えめ」「人見知り」というイメージが強いかと思いますが、実は同性や恋愛対象にならない女性に対しては、意外にも普通であることが多いです。

 しかし、いざ好きな女性の目の前に立つと意識しすぎてしまい、やたらと丁寧になってしまったり、好き避けをしたりなど、奇妙な態度をとってしまいがちです。

恋愛経験が少ない

 恋愛経験が少ないのも、奥手男性の特徴の1つ。押しが強い女性からアプローチされて付き合うことはあっても、本当に好きな人ができた時には密かに思いを募らせるだけなので、お付き合いに至ることが少ないのです。

 しかし、経験が少ないというだけであって、恋愛に興味がないわけではありません。万が一、好きな女性に彼氏ができてしまったことを知ったら、その場では興味のないふりをしながらも、家に帰ったら立ち直れないほど落ち込むでしょう。

消極的で慎重

 奥手男性は恋愛に対して、とにかく消極的で慎重。こうなった原因は、過去の恋愛経験からかもしれませんし、もともとの性格がそうさせているのかもしれません。

 自分を表現することが苦手なため、普段から自己主張が少ない傾向にあります。また、少しでも「脈なし」がわかると、すぐに諦めてしまう一面も持っています。

実はプライドが高い

 基本的に男性はプライドが高い人が多いですが、奥手男性こそ、プライドの塊である場合が多いでしょう。好きな女性に対して奥手なのも、消極的で慎重なのも、すべて失敗したくないゆえ。つまりは、自分のプライドを守りたいからこそ、奥手になっているのです。

実はわかりやすい? 奥手男性の5つの脈ありサイン

LINEのラリーが続くなら…♡(写真:iStock)
LINEのラリーが続くなら…♡ (写真:iStock)

 実は奥手男性の脈ありサインはわかりやすくもあります。「恋愛で失敗したくない」という思いからくる脈ありサイン、すぐに見極めることができますよ。

1. LINEが細く長く続く

 実際に話すとそっけなくて会話がすぐに終わってしまうのに、LINEだとラリーを続けてくる場合、奥手男性の脈ありサインかもしれません。

 恋愛に興味のある奥手男性は、「疑問文で会話を途切れさせない」「凝ったスタンプを送ってくる」「返信を遅らせてくる」など、世で言う「モテテク」を駆使してLINEを送ってきたりもしています。返信は遅くても、必ず相手の返信で会話が終わる場合には、あなたに対して好意を持っている可能性が高いです。

2. 近くにいると目が合わないのに遠くにいると目が合う

 奥手男性は好きな女性ができると、相手にはもちろん、周りの知人にもその好意を隠そうとします。そのため、至近距離では目が合うことはほとんどありませんし、たとえ合ったとしても、すぐにそらされるでしょう。

 しかし、体は正直。いつも遠くから、好きな女性を目で追い続けてしまいます。まさに「好き避け」が、奥手男性の脈ありサインなのです。

3. 以前話したことを事細かに覚えている

 奥手男性は、気になる女性の言ったことを事細かに覚えています。「前に、ここに行ったって言ってたよね」「おすすめしていた本を読んでみたよ」など、以前話したことを会話の中で小出しにしてくるようであれば、脈ありサインである可能性が高いでしょう。

4. さりげなくいつも近くにいる

 二人きりだとそばに来ることがないのに、仲間内での集まりなど、多くの人がいる時にさりげなくいつも近くにいるのも奥手男性の脈ありサイン。

「大勢の中の一人」を演出してくるものの、その心の中は女性への思いでいっぱいですし、チャンスがあれば、距離を縮めたいとも思っています。ほかの人に便乗して褒めてくれたりなど、微妙な駆け引きをしてくるのは、精一杯のアプローチかもしれません。

5. 誘えば必ず乗ってくれる

 一見、興味がなさそうなのに、誘えば必ず乗ってくれるのも奥手男性。「その日は予定が入っていたかも……」なんて曖昧な返事をしながらも、いつも誘った飲み会に参加してくれるような場合、ほぼ脈ありでしょう。誘われた時、きっと心の中ではガッツポーズをしているはずです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ