LINEに「笑」や「w」を多用する男性にありがちな心理3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-03-21 16:01
投稿日:2021-03-14 06:00
 男性とのLINEで、面白くもなんともない話題の末尾に「笑」や「(笑)」「w」といった、「笑う」を意味する言葉が多用されていると、その真意が気になってしまいがちではありませんか?
 誰もが「面白い!」と思う話題ならばともかくとして、返事に困るような“俺通信”にさえこういった文字が入ってくると、なんとも微妙な気持ちにもさせられますよね(笑)。
 メンタル心理カウンセラーの並木まきが、LINEに「笑」を多用する男性に潜む心理を解説します。

1:自分に自信がない

 どうでもいい話題にも「笑」を多用する男性の多くには、LINEを送っている相手に「嫌われたくない」という心理も潜みがち。つまり、自分に自信がない男性ほど「LINEの文面のせいで、冷たい男性だと思われたくない」「とにかく嫌われたくない!」などの本音が、LINEの文末にあらわれるのです。

「お疲れ様です。笑」「おやすみなさい!w」などと、ちょっとした挨拶にすら「笑」を入れてくる男性もいます。交際前のLINEに、やたらこういった文末が多い場合には、どんなに自信家に見える男性でも、付き合ってみたら意外と小心者だった……というパターンも珍しくありません。

2:相性のいい相手だと思っている

 LINEのやりとりは、頻度が上がるにつれて、会話のテンポや文章のセンスなどで相手との相性が見えてくるもの。ノリノリでLINEしているときには、自然と文字を打ちながら笑顔になっている男性も多く、そんな楽しい気持ちが「笑」や「w」の文字に込められていることも少なくありません。

「なんだか楽しい」「居心地がいい」と感じている相手とのLINEでは、自然とそんな気持ちも溢れ出てしまい、ついついさほど楽しくない普通の文面にも「笑」を付けてしまう場合が多いようです。

「今日も仕事、疲れた。笑」「ご飯食べた?w」など、むしろ「笑」を入れることで意味深に読めなくもない文にまで加えてしまうのは、ご愛嬌と思ってあげましょう。

3:やましいことがある

 対面での会話において、何か隠しておきたい「やましいこと」があるときにヘラヘラしてしまう男性ほど、LINEでもそんな癖が露呈することも珍しくありません。相手に、自分の真意を探られるのを避けようとした心理が、うっかり「笑」や「w」という文末にあらわれてしまうというわけですね。

「今日は何してるの?笑」「来週、ごはんでもどう?w」など、わざわざ「笑」や「w」を入れなくてもいいような文面にも入れてしまうのは、その裏に、相手に悟られたくない都合の悪い真実が見え隠れしている可能性も。

 ありがちなのは二股男性がセカンド候補の女性を食事に誘うときにはやたら「笑」が入りがちだったり、隠れ既婚男性が妻にバレないように独身女性をデートに誘うときに「w」が入りがちだったりするパターンです。

 冷静に読み返せば、むしろ「笑」などを入れないほうが自然な文章になるのですが、やましい真実をひた隠しにしたい男性は、そんな簡単なことに気づく余裕さえなく、「笑」や「w」を文末に入れることによってソワソワした心理を隠そうとしてしまうのでしょう。

まとめ

「笑」や「w」がたくさん入っているLINEは、ポップで楽しげなムードを醸しやすいのも確かです。しかしあまりにも多用してくるのが気になる場合には、やはりそこになんらかの心理が見え隠れしている可能性を疑いたくなりますよね。

 気になっている男性がこういったタイプだった場合には、自分に見せている顔とは異なる深層心理が潜んでいるリスクを考慮したほうが無難かも……!?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ