追われると冷める…男をウンザリさせてしまう“2大NGワード”

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-03-13 06:00
投稿日:2021-03-13 06:00
 最初は気のない彼だったのに強引にアタックされて、交際がスタートした女性の話はよく耳にします。その逆に、女性から……の成功率は実は低いのです。セキララゼクシィの調べでも、89%が「彼から」プロポーズをしたと回答しています。
 こんな背景からも「男性は追いかけるほうが好き」だということは明確です。彼がずっと追いかけてくれれば仲良くやっていける可能性は高まりますね。今回は“男性にうんざりされてしまう禁句”を知ることで、2人の関係が壊れるリスクを減らしましょう。

1.「私のこと本当に好き?」と聞きすぎる

その言葉、言っちゃダメ(写真:iStock)
その言葉、言っちゃダメ (写真:iStock)

 楽しくて仲良くお出かけしている時に「私のこと好き?」と元気よく聞けるシチュエーションなら多少のエッセンスにもなりますが、交際がスタートしたり結婚生活が始まったのなら、基本的に「好き」の確認はしなくていいのです。

 愛情があるから一緒にいるわけです。感情を言葉にするのが苦手な男性からすれば、最初は良くても、そのうち面倒くさいと思われてしまいます。

“賢者タイム”の質問攻めはNG

 特に聞いてはいけないNG場面は「いちゃいちゃ」後の賢者タイムです。

 ご存じの方も多いかと思いますが、少し補足をすると、男性は行為が終わってしまうと、快楽ホルモンであるドーパミンを抑制するホルモンが多く分泌され、煩悩に振り回されない「賢者」のような状態になります。この時間のことを通称、“賢者タイム”と呼びます。

・心が無でからっぽ状態
・どこを触れても感じない
・脱力感で思考力の低下

 女性はそんな状態の彼のことを冷たく感じるかもしれません。中には腕枕をして抱きしめてくれる彼もいますが、かなりの努力をしているはずです。それも毎回は続かないこともあるので、「私のこと嫌いなの?」と寂しがらず、理解してあげてください。

 ハグをしてキスぐらいしたいと思う女性と、真逆の思考を持っている場面だと思いましょう。

 そんな時に「私のこと好き?」と聞く行為は、墓穴を掘っているようなものです。まして「本当に私のこと好き?」などと“本当”までつけて聞いてしまうのは、お墓に入ったと言っても過言ではありません。

 男性はこれが続くと面倒くさくなってしまいます。

 極端な話ですが、お互いに背中を向けてしばらく眠り、小腹がすいたらカップ麺でも分け合って食べるぐらいサクサクとしている方が、男性はずっと一緒にいても気楽で疲れない女性だと将来をイメージするはずです。

2.「私と仕事のどちらが大事?」と問う

仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね(写真:iStock)
仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね (写真:iStock)

 仕事と自分を比べてはいけないと頭ではわかっていても、古今東西これを言ってしまう女性がいます。彼が本当に繁忙期であれば、会えなくて寂しいかもしれませんが応援してあげましょう。

 よくある関係が危ぶまれる撃沈ケースは、彼の仕事が忙しくてなかなか会えなかったけれど、やっと時間ができてデートを約束。けれど、やっぱり仕事でドタキャンになった……というパターンです。

 我慢の限界が超えると誰でも辛いですよね。こんな時に「私より仕事なのね」と、頭ではわかっているものの吐き出してしまうと、男性を困らせるだけの結果になります。

「仕事と彼女は比べられない」。ここを念頭におかないと、「会えなくて寂しい」とスネている状態はすでにあなたが追いかけているわけで、立場が逆転してしまったということなのです。

仕事が忙しい彼へのベスト対応は

健気で明るいLINEで応援(写真:iStock)
健気で明るいLINEで応援 (写真:iStock)

 こんな時の解決策としては、しばし彼には仕事に没頭していただきましょう。いきなり音信不通になると心配をかけますので、例えば……、

<応援しているよ~、身体に気をつけて頑張って! あまり私から連絡しないけど心配しないでね。繁忙期が終わったら美味しいものを食べに連れて行ってほしいなあ。週に一度ぐらいは近況報告します。大好き~>

 というような、軽い可愛い健気な感じのLINEやメールで、自分から「待ち」をやめてみるのも気持ちが楽になり効果的です。

 会えない時間で断捨離をしたり女子力に磨きをかけて、会える時までにいいオンナの仕込みでも頑張りましょう。スキルをUPしたり綺麗になると自分でもワクワクしますよ。

 文句を言わず応援してくれる健気な彼女を見て、彼は少しでも一緒にいたいからと結婚を意識するかもしれませんね!

まとめ

信じる強さも必要(写真:iStock)
信じる強さも必要 (写真:iStock)

 重たい女だと相手に思われるとお別れは近くなります。今回紹介した「男性をウンザリさせてしまう2大NGワード」の根源は、女性側の“愛されている自信のなさと不安感”から来るものです。

 真剣に思っていると彼に言われたのであれば、彼を信じる強さも必要です。何も言われていない関係であればキープされているか遊ばれているだけの可能性もありますので、きちんと見極めて対応しましょう!

 男も女も星の数ほどいますから。ダメな時は執着しないのが一番です。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ