追われると冷める…男をウンザリさせてしまう“2大NGワード”

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-03-13 06:00
投稿日:2021-03-13 06:00
 最初は気のない彼だったのに強引にアタックされて、交際がスタートした女性の話はよく耳にします。その逆に、女性から……の成功率は実は低いのです。セキララゼクシィの調べでも、89%が「彼から」プロポーズをしたと回答しています。
 こんな背景からも「男性は追いかけるほうが好き」だということは明確です。彼がずっと追いかけてくれれば仲良くやっていける可能性は高まりますね。今回は“男性にうんざりされてしまう禁句”を知ることで、2人の関係が壊れるリスクを減らしましょう。

1.「私のこと本当に好き?」と聞きすぎる

その言葉、言っちゃダメ(写真:iStock)
その言葉、言っちゃダメ (写真:iStock)

 楽しくて仲良くお出かけしている時に「私のこと好き?」と元気よく聞けるシチュエーションなら多少のエッセンスにもなりますが、交際がスタートしたり結婚生活が始まったのなら、基本的に「好き」の確認はしなくていいのです。

 愛情があるから一緒にいるわけです。感情を言葉にするのが苦手な男性からすれば、最初は良くても、そのうち面倒くさいと思われてしまいます。

“賢者タイム”の質問攻めはNG

 特に聞いてはいけないNG場面は「いちゃいちゃ」後の賢者タイムです。

 ご存じの方も多いかと思いますが、少し補足をすると、男性は行為が終わってしまうと、快楽ホルモンであるドーパミンを抑制するホルモンが多く分泌され、煩悩に振り回されない「賢者」のような状態になります。この時間のことを通称、“賢者タイム”と呼びます。

・心が無でからっぽ状態
・どこを触れても感じない
・脱力感で思考力の低下

 女性はそんな状態の彼のことを冷たく感じるかもしれません。中には腕枕をして抱きしめてくれる彼もいますが、かなりの努力をしているはずです。それも毎回は続かないこともあるので、「私のこと嫌いなの?」と寂しがらず、理解してあげてください。

 ハグをしてキスぐらいしたいと思う女性と、真逆の思考を持っている場面だと思いましょう。

 そんな時に「私のこと好き?」と聞く行為は、墓穴を掘っているようなものです。まして「本当に私のこと好き?」などと“本当”までつけて聞いてしまうのは、お墓に入ったと言っても過言ではありません。

 男性はこれが続くと面倒くさくなってしまいます。

 極端な話ですが、お互いに背中を向けてしばらく眠り、小腹がすいたらカップ麺でも分け合って食べるぐらいサクサクとしている方が、男性はずっと一緒にいても気楽で疲れない女性だと将来をイメージするはずです。

2.「私と仕事のどちらが大事?」と問う

仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね(写真:iStock)
仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね (写真:iStock)

 仕事と自分を比べてはいけないと頭ではわかっていても、古今東西これを言ってしまう女性がいます。彼が本当に繁忙期であれば、会えなくて寂しいかもしれませんが応援してあげましょう。

 よくある関係が危ぶまれる撃沈ケースは、彼の仕事が忙しくてなかなか会えなかったけれど、やっと時間ができてデートを約束。けれど、やっぱり仕事でドタキャンになった……というパターンです。

 我慢の限界が超えると誰でも辛いですよね。こんな時に「私より仕事なのね」と、頭ではわかっているものの吐き出してしまうと、男性を困らせるだけの結果になります。

「仕事と彼女は比べられない」。ここを念頭におかないと、「会えなくて寂しい」とスネている状態はすでにあなたが追いかけているわけで、立場が逆転してしまったということなのです。

仕事が忙しい彼へのベスト対応は

健気で明るいLINEで応援(写真:iStock)
健気で明るいLINEで応援 (写真:iStock)

 こんな時の解決策としては、しばし彼には仕事に没頭していただきましょう。いきなり音信不通になると心配をかけますので、例えば……、

<応援しているよ~、身体に気をつけて頑張って! あまり私から連絡しないけど心配しないでね。繁忙期が終わったら美味しいものを食べに連れて行ってほしいなあ。週に一度ぐらいは近況報告します。大好き~>

 というような、軽い可愛い健気な感じのLINEやメールで、自分から「待ち」をやめてみるのも気持ちが楽になり効果的です。

 会えない時間で断捨離をしたり女子力に磨きをかけて、会える時までにいいオンナの仕込みでも頑張りましょう。スキルをUPしたり綺麗になると自分でもワクワクしますよ。

 文句を言わず応援してくれる健気な彼女を見て、彼は少しでも一緒にいたいからと結婚を意識するかもしれませんね!

まとめ

信じる強さも必要(写真:iStock)
信じる強さも必要 (写真:iStock)

 重たい女だと相手に思われるとお別れは近くなります。今回紹介した「男性をウンザリさせてしまう2大NGワード」の根源は、女性側の“愛されている自信のなさと不安感”から来るものです。

 真剣に思っていると彼に言われたのであれば、彼を信じる強さも必要です。何も言われていない関係であればキープされているか遊ばれているだけの可能性もありますので、きちんと見極めて対応しましょう!

 男も女も星の数ほどいますから。ダメな時は執着しないのが一番です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ