追われると冷める…男をウンザリさせてしまう“2大NGワード”

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-03-13 06:00
投稿日:2021-03-13 06:00
 最初は気のない彼だったのに強引にアタックされて、交際がスタートした女性の話はよく耳にします。その逆に、女性から……の成功率は実は低いのです。セキララゼクシィの調べでも、89%が「彼から」プロポーズをしたと回答しています。
 こんな背景からも「男性は追いかけるほうが好き」だということは明確です。彼がずっと追いかけてくれれば仲良くやっていける可能性は高まりますね。今回は“男性にうんざりされてしまう禁句”を知ることで、2人の関係が壊れるリスクを減らしましょう。

1.「私のこと本当に好き?」と聞きすぎる

その言葉、言っちゃダメ(写真:iStock)
その言葉、言っちゃダメ (写真:iStock)

 楽しくて仲良くお出かけしている時に「私のこと好き?」と元気よく聞けるシチュエーションなら多少のエッセンスにもなりますが、交際がスタートしたり結婚生活が始まったのなら、基本的に「好き」の確認はしなくていいのです。

 愛情があるから一緒にいるわけです。感情を言葉にするのが苦手な男性からすれば、最初は良くても、そのうち面倒くさいと思われてしまいます。

“賢者タイム”の質問攻めはNG

 特に聞いてはいけないNG場面は「いちゃいちゃ」後の賢者タイムです。

 ご存じの方も多いかと思いますが、少し補足をすると、男性は行為が終わってしまうと、快楽ホルモンであるドーパミンを抑制するホルモンが多く分泌され、煩悩に振り回されない「賢者」のような状態になります。この時間のことを通称、“賢者タイム”と呼びます。

・心が無でからっぽ状態
・どこを触れても感じない
・脱力感で思考力の低下

 女性はそんな状態の彼のことを冷たく感じるかもしれません。中には腕枕をして抱きしめてくれる彼もいますが、かなりの努力をしているはずです。それも毎回は続かないこともあるので、「私のこと嫌いなの?」と寂しがらず、理解してあげてください。

 ハグをしてキスぐらいしたいと思う女性と、真逆の思考を持っている場面だと思いましょう。

 そんな時に「私のこと好き?」と聞く行為は、墓穴を掘っているようなものです。まして「本当に私のこと好き?」などと“本当”までつけて聞いてしまうのは、お墓に入ったと言っても過言ではありません。

 男性はこれが続くと面倒くさくなってしまいます。

 極端な話ですが、お互いに背中を向けてしばらく眠り、小腹がすいたらカップ麺でも分け合って食べるぐらいサクサクとしている方が、男性はずっと一緒にいても気楽で疲れない女性だと将来をイメージするはずです。

2.「私と仕事のどちらが大事?」と問う

仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね(写真:iStock)
仕事も恋も大事にできる人が理想だけどね (写真:iStock)

 仕事と自分を比べてはいけないと頭ではわかっていても、古今東西これを言ってしまう女性がいます。彼が本当に繁忙期であれば、会えなくて寂しいかもしれませんが応援してあげましょう。

 よくある関係が危ぶまれる撃沈ケースは、彼の仕事が忙しくてなかなか会えなかったけれど、やっと時間ができてデートを約束。けれど、やっぱり仕事でドタキャンになった……というパターンです。

 我慢の限界が超えると誰でも辛いですよね。こんな時に「私より仕事なのね」と、頭ではわかっているものの吐き出してしまうと、男性を困らせるだけの結果になります。

「仕事と彼女は比べられない」。ここを念頭におかないと、「会えなくて寂しい」とスネている状態はすでにあなたが追いかけているわけで、立場が逆転してしまったということなのです。

仕事が忙しい彼へのベスト対応は

健気で明るいLINEで応援(写真:iStock)
健気で明るいLINEで応援 (写真:iStock)

 こんな時の解決策としては、しばし彼には仕事に没頭していただきましょう。いきなり音信不通になると心配をかけますので、例えば……、

<応援しているよ~、身体に気をつけて頑張って! あまり私から連絡しないけど心配しないでね。繁忙期が終わったら美味しいものを食べに連れて行ってほしいなあ。週に一度ぐらいは近況報告します。大好き~>

 というような、軽い可愛い健気な感じのLINEやメールで、自分から「待ち」をやめてみるのも気持ちが楽になり効果的です。

 会えない時間で断捨離をしたり女子力に磨きをかけて、会える時までにいいオンナの仕込みでも頑張りましょう。スキルをUPしたり綺麗になると自分でもワクワクしますよ。

 文句を言わず応援してくれる健気な彼女を見て、彼は少しでも一緒にいたいからと結婚を意識するかもしれませんね!

まとめ

信じる強さも必要(写真:iStock)
信じる強さも必要 (写真:iStock)

 重たい女だと相手に思われるとお別れは近くなります。今回紹介した「男性をウンザリさせてしまう2大NGワード」の根源は、女性側の“愛されている自信のなさと不安感”から来るものです。

 真剣に思っていると彼に言われたのであれば、彼を信じる強さも必要です。何も言われていない関係であればキープされているか遊ばれているだけの可能性もありますので、きちんと見極めて対応しましょう!

 男も女も星の数ほどいますから。ダメな時は執着しないのが一番です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ