新鮮さゼロ…彼とマンネリにならない方法&今すぐ試せる解決法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-30 06:00
投稿日:2021-03-30 06:00
 同じ彼と長く付き合っていると、毎回同じデートにお決まりの生活パターンで、新鮮さがまったくない、いわゆる「マンネリ」になってしまうことってありませんか? でも、本当はいつまでもずっとラブラブでいたいのが本音ですよね。
 今回は、そんなマンネリ化した2人にならない方法や、なってしまった場合の解消法をご紹介します!

そもそも「マンネリ」ってなに?

「マンネリ」とは、英語の“マンネリズム”のことで、型にはまって独創性がないことを意味します。

 要するに、いつも同じパターンで新鮮さや緊張感、ドキドキ感がなくなってしまっている状態のこと。付き合いの長いカップルの多くが、経験する状態です。

今のままだと危ないかも? マンネリになる原因

 マンネリ化してしまうカップルには、いくつかの共通点があります。マンネリに向かってしまう原因をチェックしてみましょう。

デートがワンパターン

 いつもワンパターンのデートばかりしていませんか? 毎回お部屋デートばかりしている、毎回同じ街で買い物をして食事をして帰るなど、変化のないデートを繰り返していると、だんだん新鮮さが感じられなくなってしまい、飽きやすくなってしまいます。

 たとえば、どんなに好きな食べ物があっても、毎日毎日食べていたら飽きてしまうことってありますよね? それと同じです。変化を取り入れないことは、マンネリ化の大きな原因のひとつになってしまうのです。

安心感に甘えている

 付き合った当初は相手の気持ちを自分に向けてほしくて、おしゃれをしたり、メイクを変えたり、いろいろな努力をしますよね。でも、だんだん浮気の心配もなくなり、相手の確かな気持ちを確信できると、「大丈夫だろう」とついつい安心感に甘えて努力をやめてしまう人がいます。

 相手への思いやりや、言葉で気持ちを伝えること、自分磨きなどを怠っていると、だんだんお互いに新鮮さが感じられなくなってマンネリ化してしまいます。

別々に過ごす時間がほとんどない

 四六時中2人でいるカップルは、マンネリ化しやすい傾向にあります。それぞれの時間がほとんどないので、1人でいても2人でいても同じというくらい、空気のような存在になってしまうからです。

 そのため、特別感がまったくなくなり、新鮮さのないマンネリ化した関係になってしまうのです。

日頃の意識で変わる! 彼とマンネリにならない方法

 続いては、日頃意識するだけで大きく変わる、マンネリにならない方法をチェックしてみましょう。

新しい場所にデートに行く

 時々、普段行ったことのない場所へのデートを計画してみましょう。行ったことのない場所に行く時は、ドキドキしたりワクワクしたりと、新鮮な楽しさがあります。たとえそれが、新しい場所に行くことに対する感情だったとしても、同じ時間を共有する2人の関係に大きく影響するのです。

サプライズなどで非日常なシチュエーションを作る

 サプライズを仕掛ける時は、相手の喜ぶ顔を想像しながら行います。そのため、お互い相手にサプライズを仕掛けるという方法は、とてもおすすめです。そもそも、驚かせて喜ばせるサプライズには、新鮮さがいっぱい! 2人の時間がもっと楽しい時間になるはずです。

それぞれ別々に過ごす時間を作る

 マンネリ化を防ぐとても有効な方法が、それぞれの時間を作ること。ずっと2人だけで過ごしていると、日常にそれ以上の新しい風や視点が入って来なくなります。時には、離れる時間を作ることで、お互いに新しい世界や環境に触れることができます。

 さらに、時間をおいてから会うことで、お互いに新鮮な気持ちが蘇ってくるでしょう。

彼とマンネリになってしまったら? すぐに試したい解決法

 中には、すでにマンネリ化を感じているカップルもいるはず。そんな2人におすすめの解決法をチェックしてみましょう!

友達カップルとダブルデートをする

 友達カップルを誘って、ダブルデートをするのもよい方法です。友人がいることで、2人でいる時よりも緊張感が生まれますし、新しいデートプランも生まれやすいでしょう。

 友達カップルが会話に交わることで話題も広がり、彼の新たな一面を知ることができるかもしれませんよ。

髪型や服装をイメチェンしてみる

 新鮮さが足りない状態を解消するためには、イメチェンもおすすめです。ポイントは、現状よりも大きくイメチェンすること。たとえば、ロングヘアの人はショートやボブにしたり、普段パンツスタイルばかりの人はワンピースにしてみたりするのもよいでしょう。

 ノーメイクばかりの人は、美容院でヘアメイクをセットしてもらってからデートに行くなどもよいですね。彼も新鮮な気持ちになりますし、不思議と自分自身も「普段はしないことに挑戦してみよう!」という気持ちになれるものです。

いつもの流れをやめる

 いつもの流れを、意識してやめてみましょう。いつも必ず連絡する時間にあえてしない、いつもは泊まるところを終電で帰る、普段は言わない「ありがとう」を伝えるなどです。

 そもそもマンネリとは、いつも同じパターンになって変化がないことなので、意識的に同じパターンをやめるのです。少しずつでも変化を加えることで、自然とマンネリ化を脱することができるでしょう。

マンネリにならないためには「新鮮さ」を取り入れて♡

 せっかく縁があって恋人になった2人でも、日々ほんの少しの新鮮さを意識するかしないかの違いだけで、やがて男女としてのお互いへの気持ちがなくなり、破局につながってしまうことがあります。

 ぜひ今日から、2人のお決まりの日常を変えてみてください。マンネリ化が解消されて、新鮮な時間やときめく気持ちが復活するかもしれませんよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?