新鮮さゼロ…彼とマンネリにならない方法&今すぐ試せる解決法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-30 06:00
投稿日:2021-03-30 06:00
 同じ彼と長く付き合っていると、毎回同じデートにお決まりの生活パターンで、新鮮さがまったくない、いわゆる「マンネリ」になってしまうことってありませんか? でも、本当はいつまでもずっとラブラブでいたいのが本音ですよね。
 今回は、そんなマンネリ化した2人にならない方法や、なってしまった場合の解消法をご紹介します!

そもそも「マンネリ」ってなに?

最近お互いいまいち盛り上がらない
最近お互いいまいち盛り上がらない

「マンネリ」とは、英語の“マンネリズム”のことで、型にはまって独創性がないことを意味します。

 要するに、いつも同じパターンで新鮮さや緊張感、ドキドキ感がなくなってしまっている状態のこと。付き合いの長いカップルの多くが、経験する状態です。

今のままだと危ないかも? マンネリになる原因

どんどん薄れる特別感(写真:iStock)
どんどん薄れる特別感 (写真:iStock)

 マンネリ化してしまうカップルには、いくつかの共通点があります。マンネリに向かってしまう原因をチェックしてみましょう。

デートがワンパターン

 いつもワンパターンのデートばかりしていませんか? 毎回お部屋デートばかりしている、毎回同じ街で買い物をして食事をして帰るなど、変化のないデートを繰り返していると、だんだん新鮮さが感じられなくなってしまい、飽きやすくなってしまいます。

 たとえば、どんなに好きな食べ物があっても、毎日毎日食べていたら飽きてしまうことってありますよね? それと同じです。変化を取り入れないことは、マンネリ化の大きな原因のひとつになってしまうのです。

安心感に甘えている

 付き合った当初は相手の気持ちを自分に向けてほしくて、おしゃれをしたり、メイクを変えたり、いろいろな努力をしますよね。でも、だんだん浮気の心配もなくなり、相手の確かな気持ちを確信できると、「大丈夫だろう」とついつい安心感に甘えて努力をやめてしまう人がいます。

 相手への思いやりや、言葉で気持ちを伝えること、自分磨きなどを怠っていると、だんだんお互いに新鮮さが感じられなくなってマンネリ化してしまいます。

別々に過ごす時間がほとんどない

 四六時中2人でいるカップルは、マンネリ化しやすい傾向にあります。それぞれの時間がほとんどないので、1人でいても2人でいても同じというくらい、空気のような存在になってしまうからです。

 そのため、特別感がまったくなくなり、新鮮さのないマンネリ化した関係になってしまうのです。

日頃の意識で変わる! 彼とマンネリにならない方法

一人の時間を作ろう(写真:iStock)
一人の時間を作ろう (写真:iStock)

 続いては、日頃意識するだけで大きく変わる、マンネリにならない方法をチェックしてみましょう。

新しい場所にデートに行く

 時々、普段行ったことのない場所へのデートを計画してみましょう。行ったことのない場所に行く時は、ドキドキしたりワクワクしたりと、新鮮な楽しさがあります。たとえそれが、新しい場所に行くことに対する感情だったとしても、同じ時間を共有する2人の関係に大きく影響するのです。

サプライズなどで非日常なシチュエーションを作る

 サプライズを仕掛ける時は、相手の喜ぶ顔を想像しながら行います。そのため、お互い相手にサプライズを仕掛けるという方法は、とてもおすすめです。そもそも、驚かせて喜ばせるサプライズには、新鮮さがいっぱい! 2人の時間がもっと楽しい時間になるはずです。

それぞれ別々に過ごす時間を作る

 マンネリ化を防ぐとても有効な方法が、それぞれの時間を作ること。ずっと2人だけで過ごしていると、日常にそれ以上の新しい風や視点が入って来なくなります。時には、離れる時間を作ることで、お互いに新しい世界や環境に触れることができます。

 さらに、時間をおいてから会うことで、お互いに新鮮な気持ちが蘇ってくるでしょう。

彼とマンネリになってしまったら? すぐに試したい解決法

思い切ってイメチェンを(写真:iStock)
思い切ってイメチェンを (写真:iStock)

 中には、すでにマンネリ化を感じているカップルもいるはず。そんな2人におすすめの解決法をチェックしてみましょう!

友達カップルとダブルデートをする

 友達カップルを誘って、ダブルデートをするのもよい方法です。友人がいることで、2人でいる時よりも緊張感が生まれますし、新しいデートプランも生まれやすいでしょう。

 友達カップルが会話に交わることで話題も広がり、彼の新たな一面を知ることができるかもしれませんよ。

髪型や服装をイメチェンしてみる

 新鮮さが足りない状態を解消するためには、イメチェンもおすすめです。ポイントは、現状よりも大きくイメチェンすること。たとえば、ロングヘアの人はショートやボブにしたり、普段パンツスタイルばかりの人はワンピースにしてみたりするのもよいでしょう。

 ノーメイクばかりの人は、美容院でヘアメイクをセットしてもらってからデートに行くなどもよいですね。彼も新鮮な気持ちになりますし、不思議と自分自身も「普段はしないことに挑戦してみよう!」という気持ちになれるものです。

いつもの流れをやめる

 いつもの流れを、意識してやめてみましょう。いつも必ず連絡する時間にあえてしない、いつもは泊まるところを終電で帰る、普段は言わない「ありがとう」を伝えるなどです。

 そもそもマンネリとは、いつも同じパターンになって変化がないことなので、意識的に同じパターンをやめるのです。少しずつでも変化を加えることで、自然とマンネリ化を脱することができるでしょう。

マンネリにならないためには「新鮮さ」を取り入れて♡

またときめきが戻るかも(写真:iStock)
またときめきが戻るかも (写真:iStock)

 せっかく縁があって恋人になった2人でも、日々ほんの少しの新鮮さを意識するかしないかの違いだけで、やがて男女としてのお互いへの気持ちがなくなり、破局につながってしまうことがあります。

 ぜひ今日から、2人のお決まりの日常を変えてみてください。マンネリ化が解消されて、新鮮な時間やときめく気持ちが復活するかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ