若い女の影…? OVER35歳男性が口にしがちなフレーズ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-03-19 06:13
投稿日:2021-03-19 06:00
 アラサー・アラフォー女性における恋のお相手世代の男性には、同世代または少し年上の男性も多いですよね。オーバー35歳以上の男性の場合、若者言葉を使わない人が一般的。それなのに、あるときを境に「20代前半風」の話し方を習得(!)してきたら、それは若い女性にうつつをぬかし始めたサインかもしれません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、若い女性にうつつをぬかしている中年男性ほど使いたがるフレーズに迫ります。

1:「ワンチャン」

急に若者言葉を使うようになったら…(写真:iStock)
急に若者言葉を使うようになったら… (写真:iStock)

「ワンチャン」は、「ワンチャンコンビニ行ってくる」「ワンチャンあるかも」などの用法で、“もしかしたら”という意味で「ワンチャンス」をあらわす言葉。最近では、そこからさらに進化していて、特に「チャンス」とは関係ない文脈でも多用する若者が増えています。

 テンポのいいフレーズだけに、何度か聞いているうちに自然な口グセとして移ってしまう人も多く、だからこそ若い女性に入れ込んでいるアラフォー・アラフィフ男性が、自分では気付かぬうちに多用している例が少なくありません。

 これまでそんな言い方はしなかった男性が、いきなり「チャンス」と関係ない会話で「ワンチャン」を連呼し始めたときほど、浮気への警戒度が上がるでしょう。

2:「言うても(ゆうて)」

関西人じゃないのに…怪しい!(写真:iStock)
関西人じゃないのに…怪しい! (写真:iStock)

「言うても(ゆうて)」は、「そうは言っても」を意味する、関西圏が語源とされているフレーズ。昨今、若者を中心に急速に浸透し、一般的な会話でも多用する人が増えています。

 しかし一方で、関東圏のオーバー35歳世代で使っている人はまだ少なく、だからこそ、大人世代の男性がこのフレーズをいきなり多用し始めたのであれば、若者世代との密な交流が始まったサインの可能性も高めです。

 日頃から関西弁を使っている人ならばまだしも、標準語しか話さないタイプの男性がこのフレーズだけをやたらに連呼するようであれば、若い女性からうっかり移ってしまったのかもしれません。

 浮気チェックにまで発展させたい場合には、「あれ? 関西の人だったっけ?」などと軽くつっこんで、相手の反応を探っても◎。

3:「あたおか」

「あたおかって何?」の質問で見破れ!(写真:iStock)
「あたおかって何?」の質問で見破れ! (写真:iStock)

「あたおか」は「頭がおかしい」の語意で、2019年頃から20代前半世代を中心に、一般的な会話でも多用されている言葉です。

「それって、あたおかですよね」「どう考えても、あたおか」などと使いますが、どんなに流行をしていたとしても、オーバー35歳以上で日常会話で多用する人は稀なのが事実。だからこそ、大人世代の男性が平然と「あたおか」を口にするようになったら、若い女性の口グセが移った可能性も高いでしょう。

「あたおか」は独特の単語だけに、オーバー35歳世代だとまだその意味を知らない人も少なくありません。浮気チェックで男性に探りを入れるなら、「“あたおか”ってなに?」と真顔で質問して、反応を見守ってみるのもおすすめです。

まとめ

 20代〜30代前半では当たり前のように使われているフレーズでも、オーバー35歳の中年世代では使う人が稀な流行語もたくさんあります。身近な中年男性が、そんなフレーズを顔色ひとつ変えずに口にし始めたなら、若い女にうつつをぬかして浮かれているサインと見て、少々警戒しておくに越したことはないでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ