脈ありと思いきや…度量が小さい男から届くテンパりLINE3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 すぐに「テンパる男」をパートナーに選んでしまうと、なにかと厄介です。テンパり癖がある男性は、たいした出来事が起きたわけではないのに、ちょっとした変化にすら弱く、人間関係においても打たれ弱い人が多いことから、恋人や夫がこのタイプだと女性は苦労させられがち。そして、そんな「テンパる男」は、包容力がなく度量も小さいタイプがほとんどですので、交際前のLINEにも「あぶないシグナル」が隠されている例は少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、すぐにテンパる癖がある「度量小さめ男」にありがちなLINEの特徴をお話します。

1:絵文字はやたら「汗」のマークが好き

 テンパり癖がある男は、やたら汗の絵文字を好む人も多いです。汗の絵文字を入れることによって、それほどまでに「自分が慌てている」「焦りを感じている」ということを、送信相手に伝えたいのでしょう。

 そんなに慌てる必要がなさそうに思える会話でも、やたら“汗”や“苦笑い”を連発。テンパり癖のある男性は、ネタでその絵文字を選んでいるというより、そのときの自分の心情を表す絵文字として無意識に選んでいることが多いため、度量の小ささがあらわれているシグナルである場合も多いのです。

 汗系の絵文字は、控えめで謙虚な印象を醸すこともあるので、気になっている男性から届くと好意的に捉える女性も少なくないのですが、あまりに多用する男性には、注意したほうが確実です。

2:回答が来る前に質問を連投

 なにかとテンパる度量が小さめな男は、自分が混乱すると、相手のことはお構いなしで、矢継ぎ早に質問を繰り返す傾向も。テンパる男ほど頭の中が上手に整理できないため、LINEでも、相手からの回答を待たずに、いくつもの質問を一方的に送りつける傾向が見受けられます。

 他方、異性から届く質問LINEは、“脈ありLINE”の例として挙げられることも多いので、気になっている男性から質問がたくさん届くと、それだけで喜んでしまう女性も……。

 しかし、脈ありかどうかに関係なく、単なる度量の小さい男によるテンパったLINEであることもあるため、よくよく見極めたほうが賢明でしょう。

3:話があちらこちらに飛ぶ

 テンパる癖がある度量が小さい男は、とにかく何に対しても「余裕」がないのも傾向です。そのため、LINEで会話をしていても、話があちらこちらに飛んでしまう人も少なくありません。テンパっている自分を隠そうとして、わざと別の話にすり替えようとする男性もいれば、テンパった瞬間に思考停止に至り、自分の都合のいい話に無意識に変える癖があるタイプも。

 いろんな話を次々と送ってくるので、一見すると脈ありLINEのように感じやすく「この人は、そんなに私との会話を続けたいのね!」などと好意的に受け止める女性も多いのですが、その実態は、単なるテンパり癖によるとっ散らかった会話であるだけといったパターンが散見されます。

 ◇  ◇  ◇

 いわゆる「脈あり」っぽく見えるLINEでも、その実態は、相手の度量の小ささが露呈されているだけである例も少なくありません。ダメ男を掴みたくない女性のみなさんは、くれぐれもご注意を。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ