脈ありと思いきや…度量が小さい男から届くテンパりLINE3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-04 06:00
投稿日:2021-02-04 06:00
 すぐに「テンパる男」をパートナーに選んでしまうと、なにかと厄介です。テンパり癖がある男性は、たいした出来事が起きたわけではないのに、ちょっとした変化にすら弱く、人間関係においても打たれ弱い人が多いことから、恋人や夫がこのタイプだと女性は苦労させられがち。そして、そんな「テンパる男」は、包容力がなく度量も小さいタイプがほとんどですので、交際前のLINEにも「あぶないシグナル」が隠されている例は少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、すぐにテンパる癖がある「度量小さめ男」にありがちなLINEの特徴をお話します。

1:絵文字はやたら「汗」のマークが好き

 テンパり癖がある男は、やたら汗の絵文字を好む人も多いです。汗の絵文字を入れることによって、それほどまでに「自分が慌てている」「焦りを感じている」ということを、送信相手に伝えたいのでしょう。

 そんなに慌てる必要がなさそうに思える会話でも、やたら“汗”や“苦笑い”を連発。テンパり癖のある男性は、ネタでその絵文字を選んでいるというより、そのときの自分の心情を表す絵文字として無意識に選んでいることが多いため、度量の小ささがあらわれているシグナルである場合も多いのです。

 汗系の絵文字は、控えめで謙虚な印象を醸すこともあるので、気になっている男性から届くと好意的に捉える女性も少なくないのですが、あまりに多用する男性には、注意したほうが確実です。

2:回答が来る前に質問を連投

 なにかとテンパる度量が小さめな男は、自分が混乱すると、相手のことはお構いなしで、矢継ぎ早に質問を繰り返す傾向も。テンパる男ほど頭の中が上手に整理できないため、LINEでも、相手からの回答を待たずに、いくつもの質問を一方的に送りつける傾向が見受けられます。

 他方、異性から届く質問LINEは、“脈ありLINE”の例として挙げられることも多いので、気になっている男性から質問がたくさん届くと、それだけで喜んでしまう女性も……。

 しかし、脈ありかどうかに関係なく、単なる度量の小さい男によるテンパったLINEであることもあるため、よくよく見極めたほうが賢明でしょう。

3:話があちらこちらに飛ぶ

 テンパる癖がある度量が小さい男は、とにかく何に対しても「余裕」がないのも傾向です。そのため、LINEで会話をしていても、話があちらこちらに飛んでしまう人も少なくありません。テンパっている自分を隠そうとして、わざと別の話にすり替えようとする男性もいれば、テンパった瞬間に思考停止に至り、自分の都合のいい話に無意識に変える癖があるタイプも。

 いろんな話を次々と送ってくるので、一見すると脈ありLINEのように感じやすく「この人は、そんなに私との会話を続けたいのね!」などと好意的に受け止める女性も多いのですが、その実態は、単なるテンパり癖によるとっ散らかった会話であるだけといったパターンが散見されます。

 ◇  ◇  ◇

 いわゆる「脈あり」っぽく見えるLINEでも、その実態は、相手の度量の小ささが露呈されているだけである例も少なくありません。ダメ男を掴みたくない女性のみなさんは、くれぐれもご注意を。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ