イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 06:47
投稿日:2021-03-26 18:00
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。リアル対面は「激安カラオケボックス店」と少々残念だったものの、テレビで見る以上に魅力あふれる彼を前に、R子さんは舞い上がり、彼に言われるままキスからの愛撫、そしてフェラチオへと発展していった。
 前回までの話はこちら→第1回第2回

「飲めるよね」と当然のように

雑な扱いに落胆しながらも…(写真:iStock)
雑な扱いに落胆しながらも… (写真:iStock)

――Oさんはフェラチオさせながら射精をほのめかした。その後をお聞かせください。

「はい、彼は『ダメだ、もう出るよ……』と切羽詰まった声を上げたんです。私は、口内にねじこまれたペニスを吐き出そうとしたものの、彼の手は私の後頭部を押さえたまま。逃げるのを許してくれません。まさか……このまま口内発射?と思う間もなく、のど奥深くでドクドク、ドクドクと精液が放たれました。

 私は『くううっ』と悲鳴を上げてもがきましたが、彼はずっと私の頭を押さえつけた状態です。やっと手が緩んだのは、ザーメンを最後の一滴まで絞り出してからです」

――いきなり口内射精とは、驚きです。

「私もです……すごく雑に扱われているな……と悲しくなりました。

 芸能人でイケメン俳優の彼だから、多少の強引さは許されてきたのかもしれません。ただ……さらに驚いたのは、口内に残っているザーメンを吐き出そうと、テーブルの紙ナプキンに手を伸ばした時です。

 彼、興奮に息を荒らげながら『俺のザーメン、飲んでよ。飲めるよね』と、当然のように言ってきたんです」

――信じられません。

「ええ、なんて傲慢な男だと思いました。

 でも、ここで反抗すると、もう会ってくれないかもしれないと思って……興奮したまなざしの彼の前で、そのままコクン、コクンと飲み干しました。私、今まで精液なんて飲んだことはありません。好きな人の体液とはいえ、やはり生理的にイヤで……でも、あの時は飲むしかなかった。ドロリとした精液がのどに落ちていく瞬間、あまりの生臭さに噎せそうになりました。

 粘つく液体がのどに張り付いて、テーブルにあったウーロン茶で一気に流しこみました。今にも吐きそうになる私に、彼は「ほら、飲めるじゃん」と嬉しそうに言ったんですよ。

 初対面、しかもカラオケボックスの個室で……私への配慮などいっさいなしで、欲望をぶつけた彼に、腹立たしくなりました。

 でも、ずるいんです。彼は私をじっと見つめて『ありがとう。嬉しいよ……好きだ』って……。優しく言われたら、もう怒ることなんてできません。もっと好きになっていく自分がいました」

垣間見えた傲慢さとナルシストぶり

やっぱり芸能人なんだ…(写真:iStock)
やっぱり芸能人なんだ… (写真:iStock)

――恋心は止められませんものね。

「はい、改めて『人を好きになるって理屈じゃない』『本能の前では、理性って、なんてちっぽけなんだろう』と思いましたね。

 その後、彼はティッシュでペニスを拭き、すっきりしたように『カラオケでもしようか』と、棚からマイクとデンモクを取りだしました。彼が『R子ちゃんは、歌手ではだれが好き?君の好きな歌を歌うよ』と訊いてきたので、『Oさんの得意な歌を聴きたいな』と、まだ口内に残っているザーメンに嫌悪しつつ、笑顔を作りました」

――大変でしたね。

「はい、とにかく精液の後味が気持ち悪くて……でも、ここでも彼の気分を害したくなくて、平静を装うのに必死でした。彼はご機嫌なまま、EXILEの歌を歌い始めたんです。俳優の稽古には歌のレッスンもあるようで、抜群の歌唱力でした。

 ただ、私がテレビ画面を見ながら聴いていると、『どこ見てるの?歌ってる俺を見てよ』って言うんです。それが命令口調なので、またしても驚きましたね。この人、傲慢なうえ、そうとうなナルシストだって……」

――聞くほどに驚きです。

「Oさんは、『なぜ俺が歌っているのに、画面の中で踊るEXILEを見てるんだ』と再度言ってきたんです。私は『あ、ごめんなさい』と、何も言い返せず、命じられるまま気持ちよさそうに歌う彼を見つめていました。

 しかし、やはり芸能人です。彼の歌う姿は、あまりにも素敵でした。歌唱力はもちろん、立ち姿や表情もカッコよくて、ああ、やっぱり別次元の人だなあって……そんな彼と私はただならぬ関係になったし、これからも、彼を応援したい。そう思わせる要素がいっぱいあるんです」

――続けてください。

「その後、私も歌うことになったのですが、彼は歌う私を見ずに、画面に目を向けていました。もう、笑うしかありませんよね。でも、こんな軽々しくぞんざいな扱いを受けても、彼のそばにいられるのが幸せだったんです。

 帰り際も、ギュッと抱きしめられて『また会おうね』って。完全にノックアウトですよ」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


これこそが求める快感♡ボルテージが上がるピストンバイブ
 ピストンバイブと聞くと、ずんずん激しく突かれるイメージがあるでしょうか。私もかつてはそう思っていましたし、実際、長いス...
桃子 2021-12-05 06:00 エロコク
出張ホストに溺れて淫らに迫った私…待っていた意外な結末
 夫の浮気を知り、出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。本業は俳優をしているというタクミ君(29)...
蒼井凜花 2021-12-03 06:00 エロコク
50歳前後でやってくる…閉経後の性欲について調べてみました
 閉経期を迎えると、女性の性欲にはいったいどのような変化が訪れるのか。そしてセックスライフはどうなっていくのか。気になっ...
内藤みか 2021-12-02 06:00 エロコク
懐かしのピンクローターがパワーUP! 振動パターンは10種類
「ピンクローター」という言葉を知る人は、ひょっとして少なくなっているのでしょうか? ローターのなかでも、振動部とコントロ...
桃子 2021-11-28 06:00 エロコク
出張ホストのフィンガーテクで絶頂…それでも欲望はやまず
 夫の浮気がきっかけで出張ホストを呼んだT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。紳士的な韓流イケメンホスト・タクミ君(...
蒼井凜花 2021-11-26 06:00 エロコク
刺激のバリエーションは無限大!中級者女子にぴったり♡
 女性のプレジャーを追求するグッズに注目が集まる昨今、ビギナー向けの細身バイブを紹介する機会は多いのですが、そこからワン...
桃子 2021-11-21 06:00 エロコク
もう絶頂寸前…出張ホストの絶妙テクニックに身も心も濡れて
 夫の浮気から、出張ホストとのデートに喜びを見出したT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。長身イケメンの出張ホスト・...
蒼井凜花 2021-11-19 06:00 エロコク
クリを吸い上げつつ内側も震わせ快感を与えてくれる優れもの
 未知の生物のような不思議なフォルム、深みのあるディープローズカラー。スウェーデンから届いた「LELO(レロ)エニグマ」...
桃子 2021-11-14 06:00 エロコク
出張ホストのオイルマッサージに…つい漏れてしまった喘ぎ声
 夫の浮気への腹いせから出張ホストとデートをすることになったT子さん(44歳・WEB関連・子供アリ)。当日、待ち合わせ場...
蒼井凜花 2021-11-12 06:00 エロコク
小さい“舌”が予想以上のハイパワーでクリトリスを刺激♡
 クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系グッズ”のブレークを受けて、いまクリ刺激に特化したグッズが花盛り! ...
桃子 2021-11-12 23:08 エロコク
中イキ未体験女性も初めてのオーガズムを経験できるかも
 今年最もホットな話題を振りまいている新進ブランドが「ROMP(ロンプ)」です。ほかにはないカラーリングが魅力。バイブレ...
桃子 2021-10-31 06:00 エロコク
思いがけず夫とセックス…レズビアンに開発された体は敏感に
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。パートナーの彼女は酔うと攻撃的にな...
蒼井凜花 2021-10-29 06:00 エロコク
アンダー3000円でも超優秀!ラブグッズ初心者にもおすすめ♡
 ラブグッズと価格の関係には、悩ましいところがあります。海外ブランドが続々と上陸していますが、比較的高額になるのは致し方...
桃子 2021-10-24 06:00 エロコク
もう別れられない…裏切られ続けてもレズビアンの彼女が好き
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女と付き合うことになったW子さん(41歳・パート・子供なし)。しかし、パートナーの女性...
蒼井凜花 2021-10-22 06:00 エロコク
強烈ハイパワーな電マ 時短でイキたい夜のお供にうってつけ
 強振動がお好みの皆さん、お待たせしました。かつて電マはパワーの強さを競い合っていましたが、最近はあまり聞かなくなりまし...
桃子 2021-10-17 06:00 エロコク
涙が頬を…彼女に見せられたレズビアンの元カノとの裸写真
 結婚10年目にしてレズビアンの彼女ができたW子さん(41歳・パート主婦・子供なし)。二人の幸せな時間はほどなくして消え...
蒼井凜花 2021-10-15 06:00 エロコク