イケメンナルシスト俳優との恋でボロボロに…30代OLの告白#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-04-09 06:47
投稿日:2021-03-26 18:00
 イケメン俳優・Oさん(36)とSNSを通じて知り合い、付き合いが始まったR子さん(31歳独身・不動産勤務・実家暮らし)。リアル対面は「激安カラオケボックス店」と少々残念だったものの、テレビで見る以上に魅力あふれる彼を前に、R子さんは舞い上がり、彼に言われるままキスからの愛撫、そしてフェラチオへと発展していった。
 前回までの話はこちら→第1回第2回

「飲めるよね」と当然のように

雑な扱いに落胆しながらも…(写真:iStock)
雑な扱いに落胆しながらも… (写真:iStock)

――Oさんはフェラチオさせながら射精をほのめかした。その後をお聞かせください。

「はい、彼は『ダメだ、もう出るよ……』と切羽詰まった声を上げたんです。私は、口内にねじこまれたペニスを吐き出そうとしたものの、彼の手は私の後頭部を押さえたまま。逃げるのを許してくれません。まさか……このまま口内発射?と思う間もなく、のど奥深くでドクドク、ドクドクと精液が放たれました。

 私は『くううっ』と悲鳴を上げてもがきましたが、彼はずっと私の頭を押さえつけた状態です。やっと手が緩んだのは、ザーメンを最後の一滴まで絞り出してからです」

――いきなり口内射精とは、驚きです。

「私もです……すごく雑に扱われているな……と悲しくなりました。

 芸能人でイケメン俳優の彼だから、多少の強引さは許されてきたのかもしれません。ただ……さらに驚いたのは、口内に残っているザーメンを吐き出そうと、テーブルの紙ナプキンに手を伸ばした時です。

 彼、興奮に息を荒らげながら『俺のザーメン、飲んでよ。飲めるよね』と、当然のように言ってきたんです」

――信じられません。

「ええ、なんて傲慢な男だと思いました。

 でも、ここで反抗すると、もう会ってくれないかもしれないと思って……興奮したまなざしの彼の前で、そのままコクン、コクンと飲み干しました。私、今まで精液なんて飲んだことはありません。好きな人の体液とはいえ、やはり生理的にイヤで……でも、あの時は飲むしかなかった。ドロリとした精液がのどに落ちていく瞬間、あまりの生臭さに噎せそうになりました。

 粘つく液体がのどに張り付いて、テーブルにあったウーロン茶で一気に流しこみました。今にも吐きそうになる私に、彼は「ほら、飲めるじゃん」と嬉しそうに言ったんですよ。

 初対面、しかもカラオケボックスの個室で……私への配慮などいっさいなしで、欲望をぶつけた彼に、腹立たしくなりました。

 でも、ずるいんです。彼は私をじっと見つめて『ありがとう。嬉しいよ……好きだ』って……。優しく言われたら、もう怒ることなんてできません。もっと好きになっていく自分がいました」

垣間見えた傲慢さとナルシストぶり

やっぱり芸能人なんだ…(写真:iStock)
やっぱり芸能人なんだ… (写真:iStock)

――恋心は止められませんものね。

「はい、改めて『人を好きになるって理屈じゃない』『本能の前では、理性って、なんてちっぽけなんだろう』と思いましたね。

 その後、彼はティッシュでペニスを拭き、すっきりしたように『カラオケでもしようか』と、棚からマイクとデンモクを取りだしました。彼が『R子ちゃんは、歌手ではだれが好き?君の好きな歌を歌うよ』と訊いてきたので、『Oさんの得意な歌を聴きたいな』と、まだ口内に残っているザーメンに嫌悪しつつ、笑顔を作りました」

――大変でしたね。

「はい、とにかく精液の後味が気持ち悪くて……でも、ここでも彼の気分を害したくなくて、平静を装うのに必死でした。彼はご機嫌なまま、EXILEの歌を歌い始めたんです。俳優の稽古には歌のレッスンもあるようで、抜群の歌唱力でした。

 ただ、私がテレビ画面を見ながら聴いていると、『どこ見てるの?歌ってる俺を見てよ』って言うんです。それが命令口調なので、またしても驚きましたね。この人、傲慢なうえ、そうとうなナルシストだって……」

――聞くほどに驚きです。

「Oさんは、『なぜ俺が歌っているのに、画面の中で踊るEXILEを見てるんだ』と再度言ってきたんです。私は『あ、ごめんなさい』と、何も言い返せず、命じられるまま気持ちよさそうに歌う彼を見つめていました。

 しかし、やはり芸能人です。彼の歌う姿は、あまりにも素敵でした。歌唱力はもちろん、立ち姿や表情もカッコよくて、ああ、やっぱり別次元の人だなあって……そんな彼と私はただならぬ関係になったし、これからも、彼を応援したい。そう思わせる要素がいっぱいあるんです」

――続けてください。

「その後、私も歌うことになったのですが、彼は歌う私を見ずに、画面に目を向けていました。もう、笑うしかありませんよね。でも、こんな軽々しくぞんざいな扱いを受けても、彼のそばにいられるのが幸せだったんです。

 帰り際も、ギュッと抱きしめられて『また会おうね』って。完全にノックアウトですよ」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


果物挿入するならホンモノより…見た目実力どちらにもキュン
 野菜や果物を挿入するって、官能小説やピンク映画では“定番”のひとつだったと思います。もう10年近く前のことですが、「ラ...
桃子 2022-07-03 06:00 エロコク
未来の義兄に抱かれても止まらない実姉へのマウンティング#2
 幼いころから実姉と比べ続けられて育ったH子さん(27歳クラブホステス/独身)。  華やかな美貌とグラマラスなスタ...
蒼井凜花 2022-07-01 06:00 エロコク
新感覚!ピューピュー水が噴き出る膣洗浄機兼バイブレーター
 まず写真を見てください。シックなブラックカラーの挿入部はスタンダードですが、下に目を移すと……何コレ?  透明な...
桃子 2022-06-26 06:00 エロコク
挿入部“大”なバイブ!特殊ローターが絶妙な動きをリピート♡
 今回紹介するグッズは、中級者向けです。  最近フェムテックという言葉をよく耳にするようになり、ラブグッズにも注目...
桃子 2022-06-19 06:00 エロコク
“二穴責め”の快楽 同窓会W不倫で破廉恥なセレブ妻になった#5
 東京・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催された高校の同窓会に出席した。 ...
蒼井凜花 2022-06-17 06:00 エロコク
万人ウケするピンポイントバイブ♡敏感な場所をブルブル刺激
「彼女にどんなバイブを買えばいい?」と男性から聞かれることが多いのですが、これ実はとても困る質問。なぜなら体形や体質によ...
桃子 2022-06-12 06:00 エロコク
ついに挿入!25年ぶり同窓会で「アヌスも愛させて欲しい」#4
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、地元北海道で開催された高校の同窓会に、25年ぶりに参...
蒼井凜花 2022-06-17 18:25 エロコク
中級者向け!やや太めのミドルサイズがよき♡ 温熱機能も◎
 かつてバイブレーターの色といえば、圧倒的にピンクが主流でした。当時制作していたのは男性ばかりで、「女性はピンクが好きだ...
桃子 2022-06-05 06:00 エロコク
25年ぶりの同窓会、燃える情欲!互いの性器を絶えず愛撫 #3
 都内の高級住宅街・白金台に住むE子さん(43歳主婦/子供アリ)は、25年ぶりに地元北海道で開催される高校の同窓会に参加...
蒼井凜花 2022-06-12 16:39 エロコク
吸引&挿入のハイブリッド型! Wの刺激にガマンできないっ
 朱色のような鮮やかな赤が大人っぽい新作バイブ。「スイート サレンダー」、つまり「甘い降伏」という商品名がなんとも意味深...
桃子 2022-05-30 10:23 エロコク
地味子だった私が憧れのK君とキス…車内は“オス臭”で充満 #2
 25年ぶりの同窓会で地元・北海道に帰省したE子さん(43歳主婦/子供アリ)。  白金台に住む彼女は楚々とした和風...
蒼井凜花 2022-06-12 16:38 エロコク
大小2つの突起付き♡ 乳首専用ローターで集中刺激しちゃおう
 女性の性感は、多様です。全身、感じる可能性がある。でもみなさんご存じの通り、多くの人が気持ちよくなれる代表的な性感帯と...
桃子 2022-05-22 06:00 エロコク
これ一本で中も外も気持ちいい! 1stバイブとしてもお薦め♡
 ラブグッズ界を見渡すと、ここのところ2ウエー、3ウエーなど多機能商品が増えています。お得感もあるし、この傾向は大歓迎。...
桃子 2022-05-15 06:00 エロコク
「ああ、彼の肉の味」不倫上司が焦らされ女体に被虐プレイ#6
 ダンディな上司と社内不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と公言する彼女は、コロナ...
蒼井凜花 2022-05-13 06:00 エロコク
初心者さんにも♡ 3つのボールでギュッとした締まりをゲット
 膣トレグッズの数が増えつづけています。骨盤の内側に張り巡らされた「骨盤底筋群」をトレーニングすることによって、尿もれや...
桃子 2022-05-08 06:00 エロコク
不倫相手と肉食ディナー クロス下で悶絶リモートプレイ!#5
 ダンディな上司と不倫中のU子さん(32歳広告代理店/独身)。自らを「肉食女子」「不倫体質」と豪語する彼女はセックスでも...
蒼井凜花 2022-05-06 06:00 エロコク