一体なぜ…?前触れもなく夫に離婚を突きつけられた妻の憔悴

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-04-03 05:55
投稿日:2021-04-03 05:50
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍に突如として夫から離婚を突きつけられた妻の戸惑いをお届けします。

夫から突然の離婚宣告

離婚の原因はいまだにわからない(写真:iStock)
離婚の原因はいまだにわからない (写真:iStock)

 Yさんは30代後半。結婚9年目を迎えた今年、突如として夫から離婚を突きつけられ、つい最近バツイチになった女性です。

「コロナ離婚なんて言葉がありますけど、まさか自分がそのひとりになるとは、思いもしませんでした。

 結婚生活を送っていた9年間、夫との仲は決してラブラブではありませんでしたが、特に大きな揉め事もなく、まあまあうまくいっていたと思っています。

 子どもには恵まれませんでしたけど、夫も私もそこまで子どもを欲していなかったので、深く考えてもいませんでしたし……。夫だって『いまさら、子どもはいらないよな』なんて言っていました。

 ところが、今年に入ってから夫の様子がよそよそしくなったなと思っていたら、突然『離婚しよう』と言われ、そこからは夫主導で“あれよあれよ”という間に離婚の手続きが進んでしまったんです」

理由もわからぬまま離婚を承諾

LINEはすべて無視されて…(写真:iStock)
LINEはすべて無視されて… (写真:iStock)

 夫から離婚を提案された当初は、“よくある夫婦喧嘩”のひとつかと思っていたというYさん。

 しかし夫からの最初の離婚提案を一蹴した翌週、突如として夫の代理人弁護士を名乗る人物から手紙が届き、そこには『今後の離婚に関する話し合いは全て自分を通し、夫には連絡しないように』と書かれていて驚いたと言います。

「夫は自宅に帰ってこなくなっていましたが、『離婚しよう』と言っているくらいなので、まぁ私の顔をみたくないんだろうな、短期でどこかのビジネスホテルにでも泊まっているんだろうと、あまり気にしていませんでした。

 実際、1年ものテレワーク続きでお互いに息が詰まっていたのもあり、たまには離れるのもいいかな〜くらい気楽に捉えていたのです。

 なので、離婚の話し合いの代理を名乗る弁護士から文書が届いたときには、唖然としましたね……」

 びっくりして夫にLINEや電話をするも、すべて無視されたというYさん。そこで初めて、夫からの離婚の申し出を「本気だ」と悟ったのだとか。

「弁護士を通して、電話で話し合いを進めました。夫からの離婚条件は聞きましたが、離婚をしたがっている理由ははっきりしないまま。

 だけど、『どうしても離婚に応じないなら調停をする。調停の場では、離婚したい理由を明かすつもりだ』とだけ言われました。

 私はもともと面倒ごとや争いごとが苦手な性格なので、こういうやりとりを弁護士とするだけでも心身ともに疲れてしまって……。

 最初は離婚する気はなかったのですが、次第に『もういいや』って気持ちになり、結局、夫からの条件を丸呑みしました……」

 離婚条件と言っても、そもそも夫がそこまでして自分と別れたがっている理由もわからず、財産分与をしたのみで終わったというYさん。ただ、財産分与についてはYさんにやや有利な条件を出してきたそうです。

たった1カ月半で決着が…

わずか1カ月半で離婚届にサイン(写真:iStock)
わずか1カ月半で離婚届にサイン (写真:iStock)

「弁護士から文書が届いてから、離婚届にサインをするまで、わずか1カ月半の出来事でした。

 まだ離婚したという実感も湧いていませんし、夫の私物の多くも自宅に残っています。

 コロナ禍なので、なかなか友人とも気軽に会えていないから、夫と離婚したことも一部の人にしか話せていません。

 共通の知人に会う機会でもあれば、夫が結婚生活の何に不満だったのかを探りたい気持ちはあるのですが……」

 とにかく今は、困惑しかないと語るYさん。離婚した実感も湧かないまま時間ばかりが過ぎ、心身ともに疲れ果てていると言います。

 夫への愛情は薄れていたものの、まさか自分が離婚するとは思ってもいなかったことから、ショックも大きいとのこと。しばらくしたら、夫が離婚したがった本当の理由を知りたいと願っているそうです。

 さて、そんなYさんの夫を知る人は、実はYさんの夫がなぜ離婚を切り出したかの心当たりがあるようで……。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
彼からずっと愛される女性は何が違う? 5つの特徴&NG行動
 多くの女性が、大好きな彼からずっと愛される女性でいたいと思っているでしょう。しかし、現実は価値観の違いやマンネリ化が原...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ
逆効果! 間違いモテ仕草4つ&モテるorモテないの境界線は?
 男性がドキッとする「モテ仕草」は、多くの雑誌やサイトでも紹介されていますよね。でも実はそれ、男性から見るとただの下心見...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
“ご褒美彼女”になって彼を癒す存在になる♡ 4つのポイント
 社会で戦う男性たちの疲れを、包み込んで癒す「ご褒美彼女」。女性から会いたいと言わなくても、「頑張ったから会いたい!」「...
恋バナ調査隊 2021-07-22 06:00 ラブ
イケてる男性を自分のトリコにして浮気もさせない方法とは?
 皆さん、浮気をされたことはありますか? 浮気されるととてもツライですよね。競争率が高い男性を見事GETしても、この先ま...
若林杏樹 2021-07-21 06:00 ラブ
はじめての待ち合わせデート♡印象をアップさせる方法まとめ
 大好きな彼と、はじめての待ち合わせデート♡ ウキウキドキドキしてしまいますよね! 「このデートを成功させて、絶対に恋を...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好き...
恋バナ調査隊 2021-07-21 06:00 ラブ
彼氏が欲しい人必見♡ 友達の紹介で恋人を作る方法&注意点
 恋人を作るためには、男性との出会いが必要不可欠。同じ会社や紹介、マッチングサイトなど、さまざまな出会いがある中で、もっ...
恋バナ調査隊 2021-07-20 06:04 ラブ