一体なぜ…?前触れもなく夫に離婚を突きつけられた妻の憔悴

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-04-03 05:55
投稿日:2021-04-03 05:50
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍に突如として夫から離婚を突きつけられた妻の戸惑いをお届けします。

夫から突然の離婚宣告

離婚の原因はいまだにわからない(写真:iStock)
離婚の原因はいまだにわからない (写真:iStock)

 Yさんは30代後半。結婚9年目を迎えた今年、突如として夫から離婚を突きつけられ、つい最近バツイチになった女性です。

「コロナ離婚なんて言葉がありますけど、まさか自分がそのひとりになるとは、思いもしませんでした。

 結婚生活を送っていた9年間、夫との仲は決してラブラブではありませんでしたが、特に大きな揉め事もなく、まあまあうまくいっていたと思っています。

 子どもには恵まれませんでしたけど、夫も私もそこまで子どもを欲していなかったので、深く考えてもいませんでしたし……。夫だって『いまさら、子どもはいらないよな』なんて言っていました。

 ところが、今年に入ってから夫の様子がよそよそしくなったなと思っていたら、突然『離婚しよう』と言われ、そこからは夫主導で“あれよあれよ”という間に離婚の手続きが進んでしまったんです」

理由もわからぬまま離婚を承諾

LINEはすべて無視されて…(写真:iStock)
LINEはすべて無視されて… (写真:iStock)

 夫から離婚を提案された当初は、“よくある夫婦喧嘩”のひとつかと思っていたというYさん。

 しかし夫からの最初の離婚提案を一蹴した翌週、突如として夫の代理人弁護士を名乗る人物から手紙が届き、そこには『今後の離婚に関する話し合いは全て自分を通し、夫には連絡しないように』と書かれていて驚いたと言います。

「夫は自宅に帰ってこなくなっていましたが、『離婚しよう』と言っているくらいなので、まぁ私の顔をみたくないんだろうな、短期でどこかのビジネスホテルにでも泊まっているんだろうと、あまり気にしていませんでした。

 実際、1年ものテレワーク続きでお互いに息が詰まっていたのもあり、たまには離れるのもいいかな〜くらい気楽に捉えていたのです。

 なので、離婚の話し合いの代理を名乗る弁護士から文書が届いたときには、唖然としましたね……」

 びっくりして夫にLINEや電話をするも、すべて無視されたというYさん。そこで初めて、夫からの離婚の申し出を「本気だ」と悟ったのだとか。

「弁護士を通して、電話で話し合いを進めました。夫からの離婚条件は聞きましたが、離婚をしたがっている理由ははっきりしないまま。

 だけど、『どうしても離婚に応じないなら調停をする。調停の場では、離婚したい理由を明かすつもりだ』とだけ言われました。

 私はもともと面倒ごとや争いごとが苦手な性格なので、こういうやりとりを弁護士とするだけでも心身ともに疲れてしまって……。

 最初は離婚する気はなかったのですが、次第に『もういいや』って気持ちになり、結局、夫からの条件を丸呑みしました……」

 離婚条件と言っても、そもそも夫がそこまでして自分と別れたがっている理由もわからず、財産分与をしたのみで終わったというYさん。ただ、財産分与についてはYさんにやや有利な条件を出してきたそうです。

たった1カ月半で決着が…

わずか1カ月半で離婚届にサイン(写真:iStock)
わずか1カ月半で離婚届にサイン (写真:iStock)

「弁護士から文書が届いてから、離婚届にサインをするまで、わずか1カ月半の出来事でした。

 まだ離婚したという実感も湧いていませんし、夫の私物の多くも自宅に残っています。

 コロナ禍なので、なかなか友人とも気軽に会えていないから、夫と離婚したことも一部の人にしか話せていません。

 共通の知人に会う機会でもあれば、夫が結婚生活の何に不満だったのかを探りたい気持ちはあるのですが……」

 とにかく今は、困惑しかないと語るYさん。離婚した実感も湧かないまま時間ばかりが過ぎ、心身ともに疲れ果てていると言います。

 夫への愛情は薄れていたものの、まさか自分が離婚するとは思ってもいなかったことから、ショックも大きいとのこと。しばらくしたら、夫が離婚したがった本当の理由を知りたいと願っているそうです。

 さて、そんなYさんの夫を知る人は、実はYさんの夫がなぜ離婚を切り出したかの心当たりがあるようで……。次回に続きます。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ