一体なぜ…?前触れもなく夫に離婚を突きつけられた妻の憔悴

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-04-03 05:55
投稿日:2021-04-03 05:50
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍に突如として夫から離婚を突きつけられた妻の戸惑いをお届けします。

夫から突然の離婚宣告

離婚の原因はいまだにわからない(写真:iStock)
離婚の原因はいまだにわからない (写真:iStock)

 Yさんは30代後半。結婚9年目を迎えた今年、突如として夫から離婚を突きつけられ、つい最近バツイチになった女性です。

「コロナ離婚なんて言葉がありますけど、まさか自分がそのひとりになるとは、思いもしませんでした。

 結婚生活を送っていた9年間、夫との仲は決してラブラブではありませんでしたが、特に大きな揉め事もなく、まあまあうまくいっていたと思っています。

 子どもには恵まれませんでしたけど、夫も私もそこまで子どもを欲していなかったので、深く考えてもいませんでしたし……。夫だって『いまさら、子どもはいらないよな』なんて言っていました。

 ところが、今年に入ってから夫の様子がよそよそしくなったなと思っていたら、突然『離婚しよう』と言われ、そこからは夫主導で“あれよあれよ”という間に離婚の手続きが進んでしまったんです」

理由もわからぬまま離婚を承諾

LINEはすべて無視されて…(写真:iStock)
LINEはすべて無視されて… (写真:iStock)

 夫から離婚を提案された当初は、“よくある夫婦喧嘩”のひとつかと思っていたというYさん。

 しかし夫からの最初の離婚提案を一蹴した翌週、突如として夫の代理人弁護士を名乗る人物から手紙が届き、そこには『今後の離婚に関する話し合いは全て自分を通し、夫には連絡しないように』と書かれていて驚いたと言います。

「夫は自宅に帰ってこなくなっていましたが、『離婚しよう』と言っているくらいなので、まぁ私の顔をみたくないんだろうな、短期でどこかのビジネスホテルにでも泊まっているんだろうと、あまり気にしていませんでした。

 実際、1年ものテレワーク続きでお互いに息が詰まっていたのもあり、たまには離れるのもいいかな〜くらい気楽に捉えていたのです。

 なので、離婚の話し合いの代理を名乗る弁護士から文書が届いたときには、唖然としましたね……」

 びっくりして夫にLINEや電話をするも、すべて無視されたというYさん。そこで初めて、夫からの離婚の申し出を「本気だ」と悟ったのだとか。

「弁護士を通して、電話で話し合いを進めました。夫からの離婚条件は聞きましたが、離婚をしたがっている理由ははっきりしないまま。

 だけど、『どうしても離婚に応じないなら調停をする。調停の場では、離婚したい理由を明かすつもりだ』とだけ言われました。

 私はもともと面倒ごとや争いごとが苦手な性格なので、こういうやりとりを弁護士とするだけでも心身ともに疲れてしまって……。

 最初は離婚する気はなかったのですが、次第に『もういいや』って気持ちになり、結局、夫からの条件を丸呑みしました……」

 離婚条件と言っても、そもそも夫がそこまでして自分と別れたがっている理由もわからず、財産分与をしたのみで終わったというYさん。ただ、財産分与についてはYさんにやや有利な条件を出してきたそうです。

たった1カ月半で決着が…

わずか1カ月半で離婚届にサイン(写真:iStock)
わずか1カ月半で離婚届にサイン (写真:iStock)

「弁護士から文書が届いてから、離婚届にサインをするまで、わずか1カ月半の出来事でした。

 まだ離婚したという実感も湧いていませんし、夫の私物の多くも自宅に残っています。

 コロナ禍なので、なかなか友人とも気軽に会えていないから、夫と離婚したことも一部の人にしか話せていません。

 共通の知人に会う機会でもあれば、夫が結婚生活の何に不満だったのかを探りたい気持ちはあるのですが……」

 とにかく今は、困惑しかないと語るYさん。離婚した実感も湧かないまま時間ばかりが過ぎ、心身ともに疲れ果てていると言います。

 夫への愛情は薄れていたものの、まさか自分が離婚するとは思ってもいなかったことから、ショックも大きいとのこと。しばらくしたら、夫が離婚したがった本当の理由を知りたいと願っているそうです。

 さて、そんなYさんの夫を知る人は、実はYさんの夫がなぜ離婚を切り出したかの心当たりがあるようで……。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ