長瀬智也退所 TOKIOとライバル?SMAPとの相違と功績を述懐

こじらぶ ライター
更新日:2021-04-03 06:00
投稿日:2021-04-03 06:00

ジャニーズを牽引し続けた2つのグループ

先月ジャニーズを退所した長瀬(左)。TOKIOと2大グループであったSMAP(写真画像はリーダーだった中居、右)との相違から彼の功績を振り返る/(C)日刊ゲンダイ
先月ジャニーズを退所した長瀬(左)。TOKIOと2大グループであったSMAP(写真画像はリーダーだった中居、右)との相違から彼の功績を振り返る /(C)日刊ゲンダイ

 3月31日をもってジャニーズ事務所を退所し、TOKIOから巣立った長瀬智也(42)。今月1日からは残されたメンバー、城島茂(50)、国分太一(46)、松岡昌宏(44)の3人で株式会社TOKIOを立ち上げ、「世界に発信する(株)TOKIO」を目指すという。

 ここで改めて、1990年代以降のジャニーズ事務所を引っ張り、国民的人気を博してきたSMAPとTOKIOの相違点を振り返りたい。そうすることで、TOKIOのグループとしての性質と、退所した長瀬の功績が浮き彫りになると思うからだ。

 SMAPは、80年代後半にジャニーズで隆盛を誇った光GENJIの後発グループとして91年に「Can’t Stop!! -Loving-」でCDデビュー。しかし、その頃はすでに光GENJI自体が勢いを失っており、同じ歌って踊るアイドルだったSMAPはデビュー曲も売上15万枚(オリコン調べ、以下同)で1位を取れず苦戦した。

 2年目には早くもシングル売上9万枚台と一桁にまで落ちるなどブレイクには時間がかかったが、それまでのアイドルの常識を覆し、バラエティー番組で積極的に身体を張るなど着実に人気を得て、93年の「$10」で31万枚のスマッシュヒットを記録。以降もそれ以上のヒットを連発した。

「LOVE YOU ONLY」で鮮烈デビュー

 94年9月上旬にSMAPが「がんばりましょう」で当時の自己最多記録であった72万枚を売り上げた同月下旬、後輩のTOKIOはその恩恵を受け、大注目を浴びる中で「LOVE YOU ONLY」でアイドルバンドとしてデビュー。いきなり52万枚のヒットを記録する。SMAPも木村拓哉(48)がドラマで大ブレイクを果たしていたが、TOKIOもバンドのフロントマンであった長瀬がビジュアル面でグループを牽引した。

 当時の長瀬は16歳。今のワイルドなイメージとは対極にあり、高身長ではあるが華奢で、同じサラサラショートヘアの女性アイドルだった内田有紀(45)にも似ていると言われるほど美しい少年だった。膝丈で切られたパンツを履き、細長いおみ足を惜しげもなく披露していたあたりにも中世的な雰囲気が漂っていた。

“ジャニーズのバンドは大成しない”ジンクス

若かりし頃、似ていると話題になった長瀬(左)と内田(右)/(C)日刊ゲンダイ(左)、(C)共同通信社(右)
若かりし頃、似ていると話題になった長瀬(左)と内田(右) /(C)日刊ゲンダイ(左)、(C)共同通信社(右)

 TOKIOもSMAPにならって95年開始の「鉄腕!DASH‼」(日本テレビ系、98年ゴールデン帯昇格以降「ザ!鉄腕!DASH‼」)などバラエティー番組にも注力し人気者となっていった。しかし、デビュー当初からいわれていた「ジャニーズのバンドは大成しない」とのジンクスにTOKIOも苦しむことになる。

 最初の3年こそ20万枚前後の売り上げをキープしていたが、97年以降は6万枚台など1桁をしばしば記録しはじめるのだ。

 一方SMAPは一度ブレイクしてからは60~80万枚台のヒットを続け、98年には「夜空ノムコウ」が162万枚を売り上げて初のミリオンを達成。以降も、2000年の「らいおんハート」がミリオン、2003年「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」が年間でダブルミリオン(累計でトリプルミリオン)を記録するなど、音楽面でも国民的人気を得た。

 大衆がCDを手に取ったのは歌って踊る正統派アイドルか、あるいは本格派のバンドで、どちらかといえば中途半端な立ち位置のアイドルバンドであったTOKIOの楽曲は、ファン向けのものになっていった。

「DASH村」からのV字回復と新機軸

 しかし、バラエティー番組では勢いは衰えず、「ザ!鉄腕!DASH‼」は2000年の「DASH村」企画開始以降、テレビ離れが加速した10年代を過ぎても15%前後を推移、20%台もしばしば記録した。日曜夜という時間帯も手伝って、老若男女問わずお茶の間からメンバー全員が親しまれた。

 SMAPは当時のアイドルの常識を超えた全力コントなど笑いの道を開拓したが、TOKIOは“アイドルの枠を超える”という意味ではそれをさらに凌駕した。農業、漁業や製造業など力仕事を黙々とこなし、本人達も「マイクを持つより鍬を持つ時間が多くなった」と自認するまでになった。

 ここから“自給自足やサバイバルができる技能や精神力、人徳などの能力を総合した力”を意味する「TOKIO力」という言葉も生まれたほどだ。それによりTOKIOの熱い男性支持層拡大へと繋がった。

エンタメ 新着一覧


黒木瞳が「美魔女のレジェンド」と称されるゆえん 私生活は明かさず“秘すれば花”
 女優の黒木瞳(61)が3日、都内で行われた「第12回国民的美魔女コンテスト」に特別審査員として出席した。このご時世でも...
2021-12-07 17:03 エンタメ
<105>事件について話し合っていると弁護士が突然、「アプリコ閉鎖」を従業員に告げた
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#105  早貴被告、家政婦の大下さん、番頭格のマコやんと私の4人は、...
2021-12-07 17:03 エンタメ
渡部篤郎「アバランチ」ヒール役に絶賛の声 円熟演技の秘訣は“夫婦イチャイチャ”にあり?
〈ラスボスオーラがすごい〉〈ヒール役がよく似合う〉--。連ドラ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系)の怪演が視聴者から...
2021-12-07 17:03 エンタメ
元SKE48山田樹奈の有罪判決が告げる「1億総アイドル時代」の終焉…誰もが時代の“犠牲者”
 AKBグループの派生SKE48の元メンバー山田樹奈(23)が詐欺罪などに問われ、懲役1年6月、執行猶予4年の判決を言い...
2021-12-07 17:03 エンタメ
ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…
「今も多くのバラエティー番組で門前払いの状態だと思います。出来たら二度と一緒に仕事したくないというのが本音ですよ」  ...
2021-12-07 17:03 エンタメ
五木ひろしの光と影<19>1971年3月、野口プロ芸能部・第1号歌手「五木ひろし」が誕生した
【芸能界と格闘技界 その深淵】#83  五木ひろしの光と影(19)   ◇  ◇  ◇  株式会社野口プロモーシ...
2021-12-07 17:03 エンタメ
成田空港に行ったら涙が出た…それでもクリスマスはやって来る!
【山田邦子 人生いろいろ】#80  飛行機に乗ったわけじゃないけどちょっと成田空港に用事があって行ったらあまりに懐かし...
2021-12-07 17:03 エンタメ
<17>中高年になってからの絵の趣味は手先を使い、ボケ防止に
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#17  絵を描くようになって私がお世話になったのは二科会の中山三郎先生ですが...
2021-12-07 17:03 エンタメ
吉高由里子「最愛」vs西島秀俊「真犯人フラグ」 よく似た考察サスペンスドラマの大きな違い
 秋ドラマも大詰め。世帯視聴率では「日本沈没」(TBS=日曜夜9時)と「ドクターⅩ」(テレビ朝日=木曜夜9時)がこれまで...
2021-12-07 17:03 エンタメ
浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判
 12月1日に放送された「2021 FNS歌謡祭」(フジテレビ系)に出演した2人の“歌姫”ーー浜崎あゆみ(43)と倖田來...
2021-12-07 17:03 エンタメ
梶原しげるさん 一念発起で起業したオンライン「話し方教室」を成功させたい
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】  梶原しげるさん(フリーアナウンサー/71歳)  文化放送のアナウンサーからフ...
2021-12-06 17:03 エンタメ
「ドクターX」に迫る終焉危機 “DNAの違う脚本家”参入で苦境ぶりが浮彫りに
 初回こそ20%に迫る視聴率を記録して、他を圧倒する“さすが大門……”を見せたが、以降は4~5%のダウン、第4話ではつい...
2021-12-06 17:03 エンタメ
タレントYUKINARIさんが振り返る 2008年「DA PUMP」脱退後の紆余曲折
【役者・芸人「貧乏物語」】  YUKINARIさん(タレント/43歳)  沖縄出身の4人組ユニット「DA PUMP」...
2021-12-06 17:03 エンタメ
音楽評論家・田家秀樹さん はっぴいえんど「風をあつめて」との出会い
【私の人生を変えた一曲】  田家秀樹さん(音楽評論家/75歳)  はっぴいえんど、松本隆、大瀧詠一……1970年代の...
2021-12-06 17:03 エンタメ
追悼・喜多條忠さん フォークの名曲「神田川」誕生秘話
 かぐや姫、南こうせつさんが歌う「神田川」。中高年世代で「貴方はもう忘れたかしら」と口ずさんだことがない人はいないはずだ...
2021-12-05 17:03 エンタメ
芸能人は声が命! 話題のイケメンボイスの魅力を一挙紹介
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  イケてるボイス、イケメンボイスを称して「イケボ」というそうだ。  最近、話題の...
2021-12-05 17:03 エンタメ