赤西超え“自分勝手”脱退劇 ヘイセイ山田涼介が見せた対応力

こじらぶ ライター
更新日:2021-04-10 06:00
投稿日:2021-04-10 06:00

岡本圭人のグループ脱退発表直後に「自分勝手」がトレンド入り

Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは…(C)日刊ゲンダイ
Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは… (C)日刊ゲンダイ

 今月5日、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)がグループから脱退することが発表された。岡本は07年に同グループでCDデビューしていたが、18年8月末に米国の2年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に留学。グループおよび芸能活動を休止していた。

 今回の発表を受けてTwitter上では岡本自身の名前やグループ名などと並んで「自分勝手」という言葉がトレンド入りした。岡本脱退発表に際し、メンバー全員がFC動画でファンに報告する中、山田涼介(27)が「最初その話を聞いた時は、本当に自分勝手なやつだなと思いました」と放った言葉から、ファンの間でも引用・拡散された格好だ。

 同じくデビュー後に留学という形でグループ活動を休止し、“自分勝手”とされた元ジャニーズといえばKAT-TUNに在籍していた赤西仁(34)がいる。ジュニア時代から絶大な人気を誇り、06年にCDデビューしミリオンヒットを記録。しかし、同年内に「語学を学びたい」というなんともぼやけた理由で渡米し活動休止に入った。

 赤西は1年後にはグループに戻ったが、10年にKAT-TUNを脱退。結局14年にジャニーズ事務所も退所した。経緯だけを見ると、“自分勝手さ”では赤西もかなりのものだが、赤西はデビューし環境が変わった当初からグループ活動での息苦しさを訴えており、グループや事務所をいつ辞めてもおかしくは無かった。留学に際しても期限を設けず、赤西はファンに「必ず戻る」というような期待を持たせることはしなかった。

赤西仁本人とKAT-TUN、ジャニーズの方向性に明らかな違い

デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁/(C)日刊ゲンダイ
デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁 /(C)日刊ゲンダイ

 ジャニーズ退所後、彼の音楽がアジア圏を中心に世界で高い評価を受け、絶大な支持を得ていることを鑑みると、本人が表現したかった方向性がKAT-TUNやジャニーズとは明らかに異なっていたことが分かる。

 一方の岡本がいま、Hey! Say! JUMPや彼のファンから「自分勝手」と非難を浴びているのは、留学に際して“Hey! Say! JUMPのため”だとか、“待っていて良かったと思われるように”、とグループに必ず戻ることを約束していたからだ。ファンは留学期間である2年を待った。しかし20年8月に演劇学校を卒業した後も、進退の報告も無くさらに活動休止期間が延びた。そして結局、役者に専念したいとの理由で脱退が決まった。

信じて待ち、そして裏切られた…

 彼自身を、そして9人で活動するHey! Say! JUMPを心待ちにしていたファンは「これだけ信じて待たされたのに裏切られた」との気持ちが強いようだ。

 それでいてグループからは脱退し、事務所には残るという。長くジャニーズに所属する父親の岡本健一(51)の存在も相まって、昨今続いている退所組の“やりたいことのために腹を括って退路を断つ”姿勢より甘やかされていると捉えられている。

 そんな中で、Hey! Say! JUMPのメンバー、特に山田が彼に対し見せた対応が神がかっていると話題になっている。岡本が留学をすると決めた際も彼らの冠番組で「11年一緒にいるんだから言い訳は通用しない」としつつ、「圭人1人の自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手」とし、彼にエールを送り、戻る場所があることを示した。

エースの山田涼介だからこその説得力

 そして岡本が脱退という決断をしたこの度も、上述のように「本当に自分勝手」と批判を恐れず口にした。自身の気持ちだけでなく、ファンが彼に、好きだからこそ言いたかった行き場のない想いを代弁したようでもあった。そこに加えて「でも話を聞いていると、ここまで強い意志を持った圭人はいままでいなかったなと思うくらい、強い意志を持っていました」とも語った。山田がそういうのなら、もう誰にも止められないのだろうというグループのエースとしての説得力があった。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

エンタメ 新着一覧


星野源を巡る憶測拡散は滝沢ガレソ氏だけの問題? ネットで注目されていた女性誌、スポーツ紙の"匂わせ"
 歌手で俳優の星野源(43)を巡る憶測投稿がⅩ(旧ツイッター)上を騒がせた件。所属事務所アミューズは23日深夜3時頃、星...
2024-05-25 17:03 エンタメ
視聴率苦戦だから失敗に物申す!山下智久と錦戸亮、5年ぶり民放作の意義
 山下智久(39)が主演を務める「ブルーモーメント」(フジテレビ系)、錦戸亮(39)がキーマンとして出演する「Re:リベ...
こじらぶ 2024-05-25 06:00 エンタメ
中森明菜「女優復活の条件」 撮影時の"明菜ルール"をこなせる技量持つスタッフはいるのか
 活動再開が注目されている中森明菜(58)の所属事務所が「歌手、声優、俳優などご縁がある限り、前向きに検討させていただけ...
2024-05-24 17:03 エンタメ
「おいしいものは一緒に」出征前の河原デート。はて?初回を思い出すと…
 寅子(伊藤沙莉)は訪ねてきた後輩の小泉(福室莉音)から、女子部が閉鎖されることになったと知らされる。  今年は高...
桧山珠美 2024-05-24 15:30 エンタメ
《歴史に残る匂わせ》は本物か? 粗品の「彼女」呼び…あのちゃんのリアル過ぎる反応
 5月17日に配信された、あのちゃんこと、歌手のあののYouTubeチャンネル「あのちゅーる」にファンがザワめいている。...
2024-05-23 17:03 エンタメ
親子関係で苦労した高橋一生に三浦春馬さんを想起する声も…結婚で貫いた「干渉されない生き方」
 高橋一生(43)と飯豊まりえ(26)が5月16日、双方の公式サイトなどを通じて結婚を発表した。17歳という2人の年齢差...
2024-05-22 17:03 エンタメ
《あの方のこと?》ラルクhydeの「太っていくロックアーティストになりたくない」発言が物議
 1990年代を中心に、ビジュアル系バンドとして国民的人気を博したGLAY(グレイ)とL'Arc~en~Ciel(ラルク...
2024-05-21 17:03 エンタメ
優三の優しさシャワー全開!寅子のゴロゴロ床入り作戦も大成功だった神回
 昭和17年3月。直言(岡部たかし)の工場は軍からの注文が途切れず、順調に稼働を続けていた。戦時下で食べ物が貴重になる中...
桧山珠美 2024-05-21 15:30 エンタメ
62歳の羽賀研二とカップル成立“交際経験ゼロ”音大生…“誠意大将軍”時代を知らない危うさ
「超うれしいです。めちゃめちゃ大事にします」    14日配信のABEMA「愛のハイエナ」の恋人探し企画で21歳の音大生...
2024-05-20 17:03 エンタメ
朝ドラヒロインは「大日本国防婦人会」と揉めるのがお約束
 結婚した寅子(伊藤沙莉)は弁護の依頼も来るようになり順調な日々を送る。  ある日、手伝いとして働くよね(土居志央...
桧山珠美 2024-05-20 15:30 エンタメ
「Believe」苦戦は木村拓哉だけのせい? “視聴率男”に重なったオンエア前の不運の数々
 木村拓哉(51)の主演ドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)への逆風が続いている。初回に世帯平均11...
2024-05-19 17:03 エンタメ
角界一の美容力士・翔猿らが明かした脱毛&モテ事情、全力で推したいのは
 圧倒的な強さと精神力、鍛え抜かれた筋肉美、昭和の名横綱“ウルフ”千代の富士、整った顔立ちと沸き立つ色気がたまらない“各...
香川照之がキムタクドラマで復活?性加害騒動から2年…TBSが「グランメゾン東京」で出演打診のウワサ
 香川照之(58)が銀座のクラブホステスに対する性加害騒動で一切のテレビから消えたのが、2年前の2022年の8月。その後...
2024-05-18 17:03 エンタメ
山下智久「ブルーモーメント」急失速は出口夏希の中国語が原因? 興奮すると飛び出す“ナゾ設定”
 山下智久(39)主演の連続ドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)に黄信号が灯り始めた。第1話、第2話ともにフジの水...
2024-05-18 17:03 エンタメ
北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ