赤西超え“自分勝手”脱退劇 ヘイセイ山田涼介が見せた対応力

こじらぶ ライター
更新日:2021-04-10 06:00
投稿日:2021-04-10 06:00

岡本圭人のグループ脱退発表直後に「自分勝手」がトレンド入り

Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは…(C)日刊ゲンダイ
Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは… (C)日刊ゲンダイ

 今月5日、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)がグループから脱退することが発表された。岡本は07年に同グループでCDデビューしていたが、18年8月末に米国の2年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に留学。グループおよび芸能活動を休止していた。

 今回の発表を受けてTwitter上では岡本自身の名前やグループ名などと並んで「自分勝手」という言葉がトレンド入りした。岡本脱退発表に際し、メンバー全員がFC動画でファンに報告する中、山田涼介(27)が「最初その話を聞いた時は、本当に自分勝手なやつだなと思いました」と放った言葉から、ファンの間でも引用・拡散された格好だ。

 同じくデビュー後に留学という形でグループ活動を休止し、“自分勝手”とされた元ジャニーズといえばKAT-TUNに在籍していた赤西仁(34)がいる。ジュニア時代から絶大な人気を誇り、06年にCDデビューしミリオンヒットを記録。しかし、同年内に「語学を学びたい」というなんともぼやけた理由で渡米し活動休止に入った。

 赤西は1年後にはグループに戻ったが、10年にKAT-TUNを脱退。結局14年にジャニーズ事務所も退所した。経緯だけを見ると、“自分勝手さ”では赤西もかなりのものだが、赤西はデビューし環境が変わった当初からグループ活動での息苦しさを訴えており、グループや事務所をいつ辞めてもおかしくは無かった。留学に際しても期限を設けず、赤西はファンに「必ず戻る」というような期待を持たせることはしなかった。

赤西仁本人とKAT-TUN、ジャニーズの方向性に明らかな違い

デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁/(C)日刊ゲンダイ
デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁 /(C)日刊ゲンダイ

 ジャニーズ退所後、彼の音楽がアジア圏を中心に世界で高い評価を受け、絶大な支持を得ていることを鑑みると、本人が表現したかった方向性がKAT-TUNやジャニーズとは明らかに異なっていたことが分かる。

 一方の岡本がいま、Hey! Say! JUMPや彼のファンから「自分勝手」と非難を浴びているのは、留学に際して“Hey! Say! JUMPのため”だとか、“待っていて良かったと思われるように”、とグループに必ず戻ることを約束していたからだ。ファンは留学期間である2年を待った。しかし20年8月に演劇学校を卒業した後も、進退の報告も無くさらに活動休止期間が延びた。そして結局、役者に専念したいとの理由で脱退が決まった。

信じて待ち、そして裏切られた…

 彼自身を、そして9人で活動するHey! Say! JUMPを心待ちにしていたファンは「これだけ信じて待たされたのに裏切られた」との気持ちが強いようだ。

 それでいてグループからは脱退し、事務所には残るという。長くジャニーズに所属する父親の岡本健一(51)の存在も相まって、昨今続いている退所組の“やりたいことのために腹を括って退路を断つ”姿勢より甘やかされていると捉えられている。

 そんな中で、Hey! Say! JUMPのメンバー、特に山田が彼に対し見せた対応が神がかっていると話題になっている。岡本が留学をすると決めた際も彼らの冠番組で「11年一緒にいるんだから言い訳は通用しない」としつつ、「圭人1人の自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手」とし、彼にエールを送り、戻る場所があることを示した。

エースの山田涼介だからこその説得力

 そして岡本が脱退という決断をしたこの度も、上述のように「本当に自分勝手」と批判を恐れず口にした。自身の気持ちだけでなく、ファンが彼に、好きだからこそ言いたかった行き場のない想いを代弁したようでもあった。そこに加えて「でも話を聞いていると、ここまで強い意志を持った圭人はいままでいなかったなと思うくらい、強い意志を持っていました」とも語った。山田がそういうのなら、もう誰にも止められないのだろうというグループのエースとしての説得力があった。

エンタメ 新着一覧


五木ひろしは連続出場50回で“打ち止め”…NHK紅白「演歌枠」をめぐるウラ事情
「昨年50回を迎え、大きな区切りをつけました。この喜びを胸に終了したいと思います」  五木ひろし(73)は自らのコンサ...
2021-10-20 17:03 エンタメ
<73>野崎幸助さんの不自然な死 不審な点があり解剖された遺体
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#73  救急隊員が自宅に来てからも早貴被告が旦那=野崎幸助さんの体に...
2021-10-20 17:03 エンタメ
古川琴音は個性的なルックス&声で空気を一変させる実力派
【秋ドラマ 新顔ヒロインの素顔と実力】  古川琴音(24歳)   =「前科者―新米保護司・阿川佳代―」WOWOW  ...
2021-10-20 17:03 エンタメ
東出昌大の“呼び寄せ逢瀬”報道に所属事務所が激怒! クビなら自己破産の大ピンチ
 やはりこの男のゲスっぷりは筋金入りだったようだ。俳優として完全復活に向け大きな一歩を歩み出したはずの東出昌大(33)が...
2021-10-20 17:03 エンタメ
江口のりこ「SUPER RICH」でドラマ初主演 座長の経験は大きな財産となる
【テレビ 見るべきものは!!】  今年4月、深夜の「ソロ活女子のススメ」(テレビ東京系)で、民放ドラマ初主演を果たした...
2021-10-20 17:03 エンタメ
飯野矢住代誕生秘話<23>山口洋子「せっかく美の神に祝福されながら根性は二流だ」
【芸能界と格闘技界 その深淵】#60  飯野矢住代誕生秘話(23)  ◇  ◇  ◇  歌手Sと別れた飯野矢住代は...
2021-10-20 17:03 エンタメ
西川貴教は全日本シード権あるのに出場 ベストボディ・ジャパン地区大会優勝は“うっかり”?
 16日、「ベストボディ・ジャパン2021 前橋大会」が開催され、「モデルジャパン部門・50代のゴールドクラス」でミュー...
2021-10-20 17:03 エンタメ
菅田将暉ら人気俳優ら14人が投票を呼び掛ける動画が急拡散 投票率5ポイント増なら政権交代は可能
 与党は戦々恐々ではないか。10月19日、第49回衆院選が公示されたが、有権者に投票を呼び掛けるYouTube動画『VO...
2021-10-20 17:03 エンタメ
眞子さまと小室圭さんが逆風下で迎える10.26「結婚記者会見」は世界への格好のアピールの場に
 秋篠宮家長女、眞子さま(29)は19日、天照大神、歴代天皇の霊をまつる皇居・宮中三殿を庭から参拝し、ご自身の結婚を報告...
2021-10-20 17:03 エンタメ
東出昌大“呼び寄せ愛”バッシングは糠に釘?「モテる・いい人・脇甘い」こそ芸能人にマストな“天賦の才”
「確かに精神年齢は“5歳児並み”なのかもしれませんね」(スポーツ紙芸能担当デスク)なんて指摘もある。週刊文春に新恋人の存...
2021-10-19 17:03 エンタメ
<72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#72  私は大下さんが証言した「カチンカチン」に違和感を覚えていた。...
2021-10-19 17:03 エンタメ
【寄稿】「イカゲーム」はなぜ世界中でヒットしているのか?(北島純)
 Netflixで配信中のドラマ「イカゲーム」が世界中で大ヒットしている。83カ国のNetflixランキングで1位を獲得...
2021-10-19 17:03 エンタメ
福原遥には“チルアウト”の魅力が 元まいんちゃんは見ている人をホッとさせる
福原遥(23歳)「アンラッキーガール!」日テレ系  最近は新しい世代の女優が連ドラの主演や準主演級で活躍するようになっ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
59歳・松田聖子が貫く完全無欠のプロ意識と巧みなセルフプロデュース
 昨年デビュー40周年を迎えた松田聖子(59)がテレビのバラエティーに相次いで出演、知られざるエピソードを披露して話題だ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
芸能人に温泉好き&詳しい人が多い理由は、ロケで全国に行くことが多いから
【山田邦子 人生いろいろ】  温泉はいつ入っても気持ちがいいがやっぱり秋。少し肌寒くなってきた今頃、手足を伸ばし体をほ...
2021-10-19 17:03 エンタメ
歌は水物です…「そんな夕子にほれました」はヒットすると思っていなかった
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#10  子供の頃は力士より歌手になりたいと思っていたことは前にお話ししました...
2021-10-19 17:03 エンタメ