赤西超え“自分勝手”脱退劇 ヘイセイ山田涼介が見せた対応力

こじらぶ ライター
更新日:2021-04-10 06:00
投稿日:2021-04-10 06:00

岡本圭人のグループ脱退発表直後に「自分勝手」がトレンド入り

Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは…(C)日刊ゲンダイ
Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは… (C)日刊ゲンダイ

 今月5日、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)がグループから脱退することが発表された。岡本は07年に同グループでCDデビューしていたが、18年8月末に米国の2年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に留学。グループおよび芸能活動を休止していた。

 今回の発表を受けてTwitter上では岡本自身の名前やグループ名などと並んで「自分勝手」という言葉がトレンド入りした。岡本脱退発表に際し、メンバー全員がFC動画でファンに報告する中、山田涼介(27)が「最初その話を聞いた時は、本当に自分勝手なやつだなと思いました」と放った言葉から、ファンの間でも引用・拡散された格好だ。

 同じくデビュー後に留学という形でグループ活動を休止し、“自分勝手”とされた元ジャニーズといえばKAT-TUNに在籍していた赤西仁(34)がいる。ジュニア時代から絶大な人気を誇り、06年にCDデビューしミリオンヒットを記録。しかし、同年内に「語学を学びたい」というなんともぼやけた理由で渡米し活動休止に入った。

 赤西は1年後にはグループに戻ったが、10年にKAT-TUNを脱退。結局14年にジャニーズ事務所も退所した。経緯だけを見ると、“自分勝手さ”では赤西もかなりのものだが、赤西はデビューし環境が変わった当初からグループ活動での息苦しさを訴えており、グループや事務所をいつ辞めてもおかしくは無かった。留学に際しても期限を設けず、赤西はファンに「必ず戻る」というような期待を持たせることはしなかった。

赤西仁本人とKAT-TUN、ジャニーズの方向性に明らかな違い

デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁/(C)日刊ゲンダイ
デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁 /(C)日刊ゲンダイ

 ジャニーズ退所後、彼の音楽がアジア圏を中心に世界で高い評価を受け、絶大な支持を得ていることを鑑みると、本人が表現したかった方向性がKAT-TUNやジャニーズとは明らかに異なっていたことが分かる。

 一方の岡本がいま、Hey! Say! JUMPや彼のファンから「自分勝手」と非難を浴びているのは、留学に際して“Hey! Say! JUMPのため”だとか、“待っていて良かったと思われるように”、とグループに必ず戻ることを約束していたからだ。ファンは留学期間である2年を待った。しかし20年8月に演劇学校を卒業した後も、進退の報告も無くさらに活動休止期間が延びた。そして結局、役者に専念したいとの理由で脱退が決まった。

信じて待ち、そして裏切られた…

 彼自身を、そして9人で活動するHey! Say! JUMPを心待ちにしていたファンは「これだけ信じて待たされたのに裏切られた」との気持ちが強いようだ。

 それでいてグループからは脱退し、事務所には残るという。長くジャニーズに所属する父親の岡本健一(51)の存在も相まって、昨今続いている退所組の“やりたいことのために腹を括って退路を断つ”姿勢より甘やかされていると捉えられている。

 そんな中で、Hey! Say! JUMPのメンバー、特に山田が彼に対し見せた対応が神がかっていると話題になっている。岡本が留学をすると決めた際も彼らの冠番組で「11年一緒にいるんだから言い訳は通用しない」としつつ、「圭人1人の自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手」とし、彼にエールを送り、戻る場所があることを示した。

エースの山田涼介だからこその説得力

 そして岡本が脱退という決断をしたこの度も、上述のように「本当に自分勝手」と批判を恐れず口にした。自身の気持ちだけでなく、ファンが彼に、好きだからこそ言いたかった行き場のない想いを代弁したようでもあった。そこに加えて「でも話を聞いていると、ここまで強い意志を持った圭人はいままでいなかったなと思うくらい、強い意志を持っていました」とも語った。山田がそういうのなら、もう誰にも止められないのだろうというグループのエースとしての説得力があった。

エンタメ 新着一覧


MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人
 とにかく始まった東京五輪。芸能人もちょこちょこ出演した23日の開会式の演出には賛否両論あるが、そんな中で最も評価を高め...
2021-07-25 17:03 エンタメ
組織委の露骨な人種差別を告発!アフリカ系パフォーマーが開会式出演を排除されていた
五輪憲章をガン無視した組織委 「Why Japanese People!?」と叫ばれてもおかしくないほど問題噴出の東京...
2021-07-25 17:03 エンタメ
アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く
 テレビ朝日系「報道ステーション」が秋に大幅なテコ入れをする。NHKを辞めた大越健介をスカウト、メインキャスターに抜擢し...
2021-07-25 17:03 エンタメ
比嘉愛未はドラマ掛け持ちのハードな日々 代役は吉と出るか凶と出るか
 15日にスタートした比嘉愛未主演「推しの王子様」(フジテレビ系)を見た。深田恭子が主演するはずだったが、適応障害の療養...
2021-07-25 17:03 エンタメ
「幸せ」への不安を乗り越えたバービーの変わらない芸風
【今週グサッときた名言珍言】 「陣内さんと初めて(番組で)キスしたあたりから(旦那と)付き合い始めました」(バービー/...
2021-07-25 17:03 エンタメ
東出昌大が“逆輸入俳優”として復活へ カンヌ脚本賞の濱口監督作品で
 東出昌大(33)が杏(35)との離婚を正式発表してから、今月末でちょうど1年の節目を迎える。当初から予想されたことだが...
2021-07-25 17:03 エンタメ
片瀬那奈はコカイン所持で逮捕のIT社長も“尻に敷いていた” 男性遍歴はサバサバ色気なし
〈悲しくて……もうショックで、驚きと本当に渦巻いていて。これだけ近くにいて何も知らなかったというのは本当に悲しいし、裏切...
2021-07-25 17:03 エンタメ
東京五輪“オイシイ競技”の中継はNHKがいいとこ取り カネ持ちは強い!
【テレビが10倍面白くなるコラム】  東京オリンピックが始まり、じゃあ見てやるかとテレビをつけても、スポーツメディアも...
2021-07-25 17:03 エンタメ
眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化
【皇室のトリビア】#25  小室圭さんは、7月末にニューヨーク州の司法試験を受験するが、合否の発表は10月に入ってから...
2021-07-25 17:03 エンタメ
篠原涼子と市村正親が離婚 妻の仕事復帰と子育てをめぐり溝…“おしどり夫婦”に何が
 女優・篠原涼子(47)と俳優・市村正親(72)が24日、離婚を明らかにした。長男と次男の親権は市村が持ち、慰謝料や財産...
2021-07-25 17:03 エンタメ
東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言
 23日夜の東京オリンピック開会式では、19曲のゲーム音楽が扱われて話題になった。中でも冒頭に流れる曲は大会を盛り上げる...
2021-07-25 17:03 エンタメ
電撃解任の小林賢太郎氏“笑えない”過去…評論家も「解任、説明責任やむを得ない」
 東京オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式「ショーディレクター」の小林賢太郎氏(48)が21日、過去に「ユダヤ人...
2021-07-24 17:03 エンタメ
<14>2人目の妻の「ベンツと共に去りぬ」事件…納車当日にそのまま走り去る
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#14 「あんたべっぴんさんやなあ。どちらのお店ですか?」  出勤す...
2021-07-24 17:03 エンタメ
福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?
 福山雅治(52)が、実に9年ぶりに「ガリレオ」シリーズに主演する。2007年にフジテレビ系月9枠で始まった「ガリレオ」...
2021-07-24 17:03 エンタメ
東京五輪テレビ観戦の“ツボ”はこれだ! 碓井広義氏&桧山珠美氏が各局の顔ぶれを一刀両断
 23日、開会式を迎える東京五輪。ほとんどが「無観客開催」のため、競技の様子はテレビで見るしかないが、会場の熱気を伝える...
2021-07-24 17:03 エンタメ
「五輪どころではない」スポーツ大国の韓国にも影を落とすコロナ感染者の急増
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#40  東京オリンピックが開幕したが、韓国ではまったく盛り上がっていない。選手村では反...
2021-07-24 17:03 エンタメ