赤西超え“自分勝手”脱退劇 ヘイセイ山田涼介が見せた対応力

こじらぶ ライター
更新日:2021-04-10 06:00
投稿日:2021-04-10 06:00

岡本圭人のグループ脱退発表直後に「自分勝手」がトレンド入り

Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは…(C)日刊ゲンダイ
Hey! Say! JUMP岡本の“自分勝手な”脱退に山田らメンバーが見せた異例の対応力とは… (C)日刊ゲンダイ

 今月5日、Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)がグループから脱退することが発表された。岡本は07年に同グループでCDデビューしていたが、18年8月末に米国の2年制演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」ニューヨーク校に留学。グループおよび芸能活動を休止していた。

 今回の発表を受けてTwitter上では岡本自身の名前やグループ名などと並んで「自分勝手」という言葉がトレンド入りした。岡本脱退発表に際し、メンバー全員がFC動画でファンに報告する中、山田涼介(27)が「最初その話を聞いた時は、本当に自分勝手なやつだなと思いました」と放った言葉から、ファンの間でも引用・拡散された格好だ。

 同じくデビュー後に留学という形でグループ活動を休止し、“自分勝手”とされた元ジャニーズといえばKAT-TUNに在籍していた赤西仁(34)がいる。ジュニア時代から絶大な人気を誇り、06年にCDデビューしミリオンヒットを記録。しかし、同年内に「語学を学びたい」というなんともぼやけた理由で渡米し活動休止に入った。

 赤西は1年後にはグループに戻ったが、10年にKAT-TUNを脱退。結局14年にジャニーズ事務所も退所した。経緯だけを見ると、“自分勝手さ”では赤西もかなりのものだが、赤西はデビューし環境が変わった当初からグループ活動での息苦しさを訴えており、グループや事務所をいつ辞めてもおかしくは無かった。留学に際しても期限を設けず、赤西はファンに「必ず戻る」というような期待を持たせることはしなかった。

赤西仁本人とKAT-TUN、ジャニーズの方向性に明らかな違い

デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁/(C)日刊ゲンダイ
デビュー後の留学で活動休止という前例を作った赤西仁 /(C)日刊ゲンダイ

 ジャニーズ退所後、彼の音楽がアジア圏を中心に世界で高い評価を受け、絶大な支持を得ていることを鑑みると、本人が表現したかった方向性がKAT-TUNやジャニーズとは明らかに異なっていたことが分かる。

 一方の岡本がいま、Hey! Say! JUMPや彼のファンから「自分勝手」と非難を浴びているのは、留学に際して“Hey! Say! JUMPのため”だとか、“待っていて良かったと思われるように”、とグループに必ず戻ることを約束していたからだ。ファンは留学期間である2年を待った。しかし20年8月に演劇学校を卒業した後も、進退の報告も無くさらに活動休止期間が延びた。そして結局、役者に専念したいとの理由で脱退が決まった。

信じて待ち、そして裏切られた…

 彼自身を、そして9人で活動するHey! Say! JUMPを心待ちにしていたファンは「これだけ信じて待たされたのに裏切られた」との気持ちが強いようだ。

 それでいてグループからは脱退し、事務所には残るという。長くジャニーズに所属する父親の岡本健一(51)の存在も相まって、昨今続いている退所組の“やりたいことのために腹を括って退路を断つ”姿勢より甘やかされていると捉えられている。

 そんな中で、Hey! Say! JUMPのメンバー、特に山田が彼に対し見せた対応が神がかっていると話題になっている。岡本が留学をすると決めた際も彼らの冠番組で「11年一緒にいるんだから言い訳は通用しない」としつつ、「圭人1人の自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手」とし、彼にエールを送り、戻る場所があることを示した。

エースの山田涼介だからこその説得力

 そして岡本が脱退という決断をしたこの度も、上述のように「本当に自分勝手」と批判を恐れず口にした。自身の気持ちだけでなく、ファンが彼に、好きだからこそ言いたかった行き場のない想いを代弁したようでもあった。そこに加えて「でも話を聞いていると、ここまで強い意志を持った圭人はいままでいなかったなと思うくらい、強い意志を持っていました」とも語った。山田がそういうのなら、もう誰にも止められないのだろうというグループのエースとしての説得力があった。

エンタメ 新着一覧


紗栄子が未成年アーティストと“禁断の恋”…道義的責任は?
 タレント・女優で実業家の紗栄子(34)が、当時17歳のアーティスト、YOSHI(18)と半年ほど極秘交際していたことが...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「ドラゴン桜2」ヤンキー“西西コンビ”が東大専科より人気
 ドラマや映画では、時にメインキャスト以外から、視聴者に熱い支持を受ける“愛されキャラ”が現れることがある。どうやら現在...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元関ジャニ∞渋谷すばるの「39歳結婚発表」は理想的だった
城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  人気アイドルグループの関ジャニ∞の元メンバー、渋谷すばる(39)が先週末に結婚を...
2021-05-15 17:03 エンタメ
EXIT兼近もハマる「ウマ娘」擬人化コンテンツはなぜ人気?
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹(30)がハマっていることでも知られるスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。約...
2021-05-15 17:03 エンタメ
横山めぐみはオスカー退社も…ベテラン女優は受難の時代に
「女優として、もうひと花咲かせたい」――。  長らく所属していたオスカープロモーションから4月末での退社が明らかになっ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
元おニャン子新田恵利 実母の「介護とみとり」胸中を語る
 仕事と介護の両立に励んで6年半、タレント新田恵利(53)が最愛の母ひで子さんをこの春、自宅でみとっていた。享年92。こ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖
 2021年前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が来週17日(月)からスタートする。ヒロインの「モネ」を演じるのは...
2021-05-15 17:03 エンタメ
「里帰り不倫」福原愛 格差婚には“離婚できない”リスクも
【芸能界「男と女のラブゲーム」の末路】#5 福原愛  芸能界の不倫・熱愛報道を家族問題評論家の池内ひろ美が分析する。 ...
2021-05-15 17:03 エンタメ
韓国ドラマに完敗…日本通でも「倍返しだ!」を知らない
【奇妙?単純? 韓流の方程式】#30  韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」が日本を席巻してから1年以上が過ぎた。...
2021-05-15 17:03 エンタメ
セクゾ菊池10周年"男泣き"!ニノ荒イジリ 松潤&櫻井は愛ムチ
 嵐の二宮和也(37)が中心となって開設し、登録者数230万人を突破するなど勢いに乗るYouTube「ジャにのちゃんねる...
こじらぶ 2021-05-15 10:14 エンタメ
「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」の見どころを解説
【大高宏雄の新「日本映画界」最前線】  ジャン=ポール・ベルモンドの作品(計5本)が見られる。5月12日からの新宿武蔵...
2021-05-14 17:03 エンタメ
スライム乳の小向美奈子はストリッパー歴12年 逮捕3回経て
 元グラビアアイドルで、現在、ストリッパーとして活動する小向美奈子(35)の近況を「NEWSポストセブン」が伝えている。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性
 今、“ポンコツ”を演じさせたら、松坂桃李(32)の右に出る役者はいないだろう。4月24日から始まったNHK土曜ドラマ「...
2021-05-14 17:03 エンタメ
松坂慶子“30年の親子断絶”支えた 夫・高内春彦氏の献身愛
 GW前に古株の芸能関係者で話題になったのが、松坂慶子(68)のプライべートだった。女性誌に久しぶりに夫のジャズギタリス...
2021-05-14 17:03 エンタメ
虹コン・清水理子が初ソロCD発売「残るものは格別の喜び」
 虹のコンキスタドールの清水理子(24)が12日、初のソロデビューシングル「あなたへ」(キングレコード)をリリースした。...
2021-05-14 17:03 エンタメ
カウンターの健サンが何と「サブちゃん、こっちこないか」
【石倉三郎 粋に活きてえなぁ】#6 (前回から続く)  役者に成る! なんてユメは雲散霧消だなへへへのへだ、なんて自...
2021-05-14 17:03 エンタメ