保護猫2匹、真夏の夜の“クローゼット閉じ込め”事件に遭う

コクリコ 編集者
更新日:2021-04-25 17:28
投稿日:2021-04-18 06:00

2歳のお誕生日を迎えてしみじ~み

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

 この4月にわが家の猫たちは2歳のお誕生日を迎えました。無事に大きくなって本当によかったです。子猫時代に一度会いに来て以来、久しぶりに遊びにきた友人が「いやーおとなしくなったもんだね」と言っていたので、客観的に見ても大人になったのだと思います。テーブルに広げたごちそうをはたき落とそうとしない、走り回らない。「ゆっくり話ができるなんて想像もできなかったよね~」としみじみ。子猫のときは本当に落ち着きがなかった。

 とくに好奇心旺盛なメスの虹ちゃんは、家の中でまだ自分が知らない場所、普段入れない場所への執着が激しく、常に私を尾行して、私が開けたすき間からその場所に入り込もうとしていました。当時住んでいた家にはクローゼットのほかに大きな収納庫があり、その2つは猫が入れない場所としていたのです。とはいえ、子猫はほんの5㎝もすき間があれば入ってしまうので、ドアの開け閉めは瞬時に、そして、物を出したらすき間なく締め切る、としていました。猫を飼うと猫に負けじと俊敏に動く必要があります。

チュールのロングスカートが!!

猫が悪魔に見えるときってあるよね(写真:iStock)
猫が悪魔に見えるときってあるよね (写真:iStock)

 部屋を見渡しても虹ちゃんがいない。さては……と思ってクローゼットを開けると、チュールのロングスカートに爪をひっかけてぶら下がっている猫がいるではありませんか。あかーん! (ちなみに当時の2匹のブームは、レースカーテンにぶさらがって、本棚を蹴って勢いをつけてターザンみたいにぶらぶらする、という目の前が真っ暗になる遊びだった)

 虹ちゃんをつまみあげ、スカートからひきはがします。スカートはズタズタ。だからクローゼットには入れたくないの……。クローゼットに入りたい虹ちゃんと洋服を守りたいおかあさんとの攻防戦が日々繰り広げられていました。

ディナー後に浮かれ気味で帰宅すると…

「クロゼット監禁事件」は猫飼いあるある(写真:iStock)
「クロゼット監禁事件」は猫飼いあるある (写真:iStock)

 そして事件が起きました。

 8月下旬のある夜のことです。子猫が来てから初めて、友達との夜のお食事会を楽しみ、やや浮かれながら帰宅しました。22時くらいです。玄関を開けようとすると部屋から猫の鳴き声がします。ただならぬ様子! あわてて鍵を開けて部屋に入ると、天ちゃんがひとりで鳴いていました。

「天ちゃんどうしたの? 虹ちゃんは?」

 部屋を見回しても虹ちゃんの姿がありません。収納庫の中から「にゃぁぁぁ……」とか細い鳴き声がするではありませんか。よく見ると天ちゃんも収納庫の前で鳴いている……まさか!

 ドアをがばっと開けると虹ちゃんが一目散に飛び出してきて、ソッコーでトイレに行きました。おしっことうんちを済ませると、水をがぶ飲みし、ガツガツとフードを食べます。

 なんと虹ちゃん、12時間以上もクローゼットに閉じ込められていたんです。入ったことにまったく気づかなかった! しかもこの日に限って夜のご飯会なんぞを満喫してきてしまったおかあさん……バカバカ!! 子猫がいるのに遊びになんて行きやがって! 虹ちゃんごめんー!!!

“12時間監禁”でもっとも感心したこと

ペットカメラで様子をチェック(写真:iStock)
ペットカメラで様子をチェック (写真:iStock)

 エアコンはつけていたけれど収納庫の中はさほど冷えておらず、水もない、ご飯も食べられない状況。そしてトイレもない。子猫なんてちょっと食べてはトイレに行き、トイレに行っちゃあ食べ、みたいなサイクルなのに、それが12時間も止まってしまっていたなんて大丈夫だろか? と不安になりましたが、虹ちゃんは元気そのもの(のように見えた)。ひと安心です。

 そしてもっとも感心したのは、トイレをずっと我慢していたことです。クローゼットにお粗相してもおかしくなかったのに……。そしておそらく、ずっーっと天ちゃんも鳴いていたと思う。12時間ぶりの再会。ふたりでグルーミングし合って、無事を喜んでいるように見える。申し訳ない……。2匹が元気でよかった!

 これを機に、ペットカメラを導入し、帰宅が遅くなる日はカメラで部屋の様子をチェック。そして外出前には必ず点呼します。どんなに急いでいる日もね。多少遅刻しても猫の安全には変えられません。

 次回に続きます。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...
「40こえたら大変」うぜえ!思い込み激しい系からの迷惑LINE
「思い込み」は、本人が気づいていないからやっかいなもの。悪気があるわけでもないから、こちらが傷ついても文句が言えないのも...
自称・田中みな実系女子のウザLINE!日焼け止めはパーツ別で
 フリーアナウンサーで女優の田中みな実さん。その美意識の高さや、あざと可愛い性格に憧れる女性は多いですよね! でも、“田...
自分は何フェチ? 先輩お姉さんらも実践する「幸福度」の話
 みなさんは自分のフェチ、分かってますか? 何故それが好きなのか、具体的な理由は言えるでしょうか。私は最近、心のダメージ...