トホホ、猫って夜行性なんですね…子猫運動会実況中継!

コクリコ 編集者
更新日:2021-04-18 13:13
投稿日:2021-04-11 06:00

「猫コロナウイルス陽性」突然変異の恐怖

(イラスト:あも)
(イラスト:あも)

「下痢パネル」の結果は動物病院から電話で伺いました。「猫コロナウイルス陽性です」と、先生がめちゃくちゃ深刻そうにお話するので自分のがん告知の瞬間を思い出したほどなのですが、猫コロナウイルスは多くの猫が保有しているウイルスだそう。なーんだ。

 先生は続けます。このウイルスは猫から猫に唾液や糞尿で容易に移るので、まず間違いなく同腹の子(天ちゃん)も陽性であること。このウイルスのやっかいなところは突然変異を起こすことがあり、そうなると猫伝染性腹膜炎(FIP)という炎症が起き、治療は難しく、致死率はほぼ100%であること。

 え。先週もらったばっかりの猫なのに、もう死の話をされている……。このFIPを発症させないためには、とにかく栄養をしっかり摂り、ストレスなく暮らすことです、それしかありませんということ。

天ちゃん、虹ちゃんの兄弟が天国に…

 下痢パネルの結果は、ミルクボランティアさんにも当然共有しました。兄弟もおそらく猫コロナウイルスは陽性で、かつ、この下痢パネルは検査費用が1万5000円もするので。そしてほどなくして、8月の末だったでしょうか。生後4カ月で天ちゃん、虹ちゃんの兄弟である黒猫くんが、里親さんに引き取られて約1カ月後にFIPで亡くなったのです。

 そんなわけで虹様にはストレスなく、栄養をしっかり摂ってもらおうと、たっぷりご飯をあげ続けた結果、2歳になった現在5.8㎏とメス猫ではかなり大きくなってしまったのですが……。病院でもマシュマロボディーと呼ばれていますが、巨体を揺らしながら毎日元気に遊んでいる虹ちゃんを見るとほっとします。

最初が肝心! なのは分かっていたものの…

だって猫だもん(写真:iStock)
だって猫だもん (写真:iStock)

 さて、子猫だった頃の話に戻ります。とにかく、しょっぱなに2匹が病気を発症する可能性があると刷り込まれてしまったので、基本的にはあまり怒ることもなく、甘やかして育てようと思いました。とはいえ、犬を飼っていた経験から最初が肝心なことはわかっていたので、「とにかくここは私の家で、私のルールにきみたちが合わせてね」というスタンスで臨んではいたのですが、まぁ無理なんですよね。

 まず、夜行性。夜寝ない。高いところにすぐ登る。すき間からどこにでも入ろうとする。猫は人間の3歳児くらいの知能を持ち、3階から飛び降りることができ、時速40㎞で走ることのできるモンスターなのだそう。

重い、うるさい、あー全然眠れない!

 夜中じゅう、2匹はずっと追いかけっこしてるんです……(泣)。猫コロナウイルス陽性を聞いて、外出中はともかく夜はケージに閉じ込めるのをやめてみた結果、子猫運動会が開催されたのです。

 狭い部屋です。部屋中がトラックです。虹選手がベッドにいるおかあさんハードルを飛び越えた! 天選手それを追いかけますが……ああっと失敗! ハードルにぶつかり転倒です、天選手転倒です! と私の上にどすーんと落ちてきます。まだ体重は1.5㎏ほどでしたが、寝ているときにふいに猫が落ちてくるとびっくりするし、重いしうるさい!

 全然寝られません。2匹を捕まえてケージに入れるものの、出せ! 出せ! の絶叫に負け……出すとまた子猫運動会が開催されます。つら……。

私自身、ストレスNGの身体なのに

猫がいるので帰ります(写真:iStock)
猫がいるので帰ります (写真:iStock)

 こま切れの睡眠では疲れが取れず、がんの手術からもまだ1年ほどしか経っておらず、そもそも私こそがストレスを抱える生活をしてはいけない身体なのに……と悩んだものですが、数日後には子猫運動会をガン無視して眠れるスキルを身につけていました。

 順応性が高い。すっきりと目覚めると、部屋がめちゃくちゃになっているので運動会は開催されたはずなのですが、まるで記憶にありません。

 以前に猫を飼っている友人と、ペットも一緒に泊まれる宿に泊まりにいったことがあります。そのときに友人が子猫運動会を無視して寝ているのが信じられなかったのものですが、飼ううちに身につくものなんですかね。

飲み会の誘いはすべてお断り!(キリッ)

 1カ月くらいの間は外出中はケージに入れていたのですが、夏場だったこともあり、「もしエアコンが壊れてしまったら」と考えるとそわそわしてしまって、仕事はさくさく切り上げて、飲み会のお誘いは全断りとしていました。

 最近ではペットカメラを設置する方も多いようなのですが、私は当初設置していなかったこともあり、始終気になっていました。でももしもカメラを設置していたらずっと見ていたと思います。

 やがてペットカメラを導入するきっかけとなる事件が起きるのですが、そのお話はまた次回

コクリコ
記事一覧
編集者
実用書の編集者(社畜)。アラフォー未婚のがんサバイバー2年生(進級しました!)。2018年、子宮頸がんにて広汎子宮全摘出術を受ける。現在ホルモン補充療法をしながら経過観察中。SNSをパトロールするのが趣味。“Twitter探偵”とも呼ばれる。でも幸せになりたい。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...