振られた後の“接し方”が重要! 彼と良い関係を続ける方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-06 06:00
投稿日:2021-01-06 06:00
 思いを募らせていざ告白したはいいものの、振られて撃沈してしまうことってありますよね。そして、振られた後に新たに出てくるのが、「接し方がわからない」という悩みです。そこで今回は、振られた後でも彼と良い関係を続けていくための「接し方」についてご紹介します!

振られた直後が肝心!? 彼と良い関係を続ける接し方4つ

振られたけど、挨拶は自分から(写真:iStock)
振られたけど、挨拶は自分から (写真:iStock)

 告白して振られた後って、気まずいですよね。でもそれは、相手も同じ気持ちです。そこで、気まずい関係にならず、あなたの印象が良くなる接し方をご紹介します。

1. 自分から挨拶をする

 振られた直後こそ、実は肝心な時期! あなたを振った相手からすれば「申し訳ない」「気を持たせないように、話しかけていいかわからない」という気持ちになっているはず。

 つまり、相手からのアクションはあまり見込めないということです。相手と良い関係を続けたいなら、あなたから挨拶などのアクションを起こして、前の関係に戻すように努力したほうが良い結果につながるはずです。

2. 普通に接する

 振られたからといって相手を避けたり、ぎくしゃくした態度が続いてしまうと、もとの関係に戻すきっかけがなくなってしまいます。

 今まで通りの良い関係に戻したいなら、あなたが普通に接し続けることが肝心。相手も、「普通に接していいんだ!」という気持ちになり、今まで通りの関係に戻すことができるでしょう。

3. 時間をおいてからLINEで「友達でいたい」と伝える

 今後も良い関係でいたいなら、相手に素直に「友達でいたい」と伝えるのも一つの方法です。態度で察してもらうよりも直接伝えたほうが相手もわかりやすいですし、素直で好印象を与えられるでしょう。

 ただ、振られた直後にすぐ伝えてしまうと「切り替えが早い」と思われてしまうので、数日あけてからLINEなどでさらっと伝えるほうが良いかもしれませんね。その後は、自分から普通に話しかけてみましょう。友達宣言をすることで、あなたも少しは接しやすくなるはずです。

4. イメチェンしてみる

 振られた後に、思い切ってイメチェンしてみるという方法もあります。髪型や服装などを今までとガラッと変えることで、相手にも「恋を吹っ切った」ということを伝えることができ、警戒心も解いてもらえるかもしれません。そして、普通に挨拶をしてみましょう。

 会話のきっかけになるかもしれないですし、彼のタイプに近づくことで彼の気持ちが変わるチャンスも訪れるはず。ただ、振られた翌日などだと当てつけのようになってしまうので、数日経ってからイメチェンするのがおすすめです。

印象が悪くなる! 振られた後にしてはいけないNGな接し方

振られたアピールは逆効果(写真:iStock)
振られたアピールは逆効果 (写真:iStock)

 続いては、振られた後にやりがちなNGな接し方をご紹介します。相手に嫌われてしまったり、周囲の信頼を失ったりする場合もあるので注意しましょう!

相手を避ける

 振られた後に気まずくて、相手を避けてしまう気持ちはとてもよくわかります。でも、これはどちらにとってもあまり良い結果を生まない接し方。相手は「振ってしまった申し訳なさ」や「気を持たせないために、どう接したらいいか迷っている」ことが多いでしょう。

 要するに、あなたから行動を起こさないと、気まずい関係を抜け出すのは難しいのです。会話をすることまでは難しくても、最低限の挨拶だけは続けたほうが、彼と良い関係を取り戻すことにつながるはずです。

SNSでアピール

 一番良くないのが、SNSでアピールすることです。振られたことを匂わす意味深な投稿や、傷ついた気持ちを書いた重い投稿などは、読んだ人もどう接して良いかわかりませんし、万が一彼に伝わってしまったら印象は最悪です。また、周囲にも気を遣わせてしまうでしょう。

 特に、振られた直後は感傷的になっているので、一時的な衝動で投稿して、あとで後悔する人も多いようです。振られた直後のSNSには、十分注意しましょう。

振られた後に彼の気持ちを逆転させる接し方

恋人ではなく一番の友達に(写真:iStock)
恋人ではなく一番の友達に (写真:iStock)

 曖昧な理由で振られた場合や、なんとなく態度から脈ありな感じを受けた振られ方をした場合には、気持ちを逆転させる接し方をしてみましょう。

友人として一番仲良くなる

 なんとなく脈ありだったとしても、振られたことに変わりはないので、すぐにもう一度告白するのは得策ではありません。ここは一度、友達を続けたいことを伝えて、彼の一番の理解者というくらいに仲の良い友人関係を目指しましょう!

 あくまで友達という関係であれば楽しい思い出を作ることもできますし、悩んでいる彼を支えることだってできます。そうしているうちに、良い理解者から気になる異性へと彼の気持ちを変えることができるかもしれません。

彼の友人に相談して気持ちを探る

 もしほんの少しでも脈ありな感じがあれば、彼の友人に相談してみるのも良いでしょう。「ここだけが気になって付き合えない」「これが原因で今は付き合えない」など、有益な情報をもらえるかもしれません。

 自分の努力で解決できるのであれば、それをクリアすることでまたチャンスがやってくるかもしれませんよ。

振られた後の接し方次第で彼との関係は変わる!

恋人じゃなくても良い関係でいたいよね(写真:iStock)
恋人じゃなくても良い関係でいたいよね (写真:iStock)

 告白して振られたら、そこで「いったん終わり」という感じがしてしまいますが、実はその後こそが肝心なのです。人の心は常に移り変わるもの。振られただけで諦めずに、その先を読んで行動することで未来が変わるかもしれませんよ。

 ぜひ、この記事を参考にして、彼と良い関係を続けてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ