美容室でどう伝える? ヘアスタイルで失敗しない5つのコツ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2020-10-05 06:00
投稿日:2020-10-05 06:00
 女性にとって、ヘアスタイルというのはとても大切なもの。せっかく美容室に行ったのに納得いかないヘアスタイルになってしまったら、落ち込んでしまいますよね。そこで今回は、ヘアスタイルで失敗しやすい人の特徴や、失敗しないためのコツをご紹介します!

がっかり…ヘアスタイルで失敗する人の特徴

やりたいスタイルにこだわり過ぎない(写真:iStock)
やりたいスタイルにこだわり過ぎない (写真:iStock)

「こんな髪型にしてほしい」と思って美容室に行ったのに、失敗してしまった……という経験がある人は多いはず。でも、実は、ヘアスタイルで失敗してしまう人には特徴があるんです。知っておくことで、未然に失敗を防ぐことができるはずですよ。

やりたいスタイルと似合うスタイルは違うは違うと気づいていない

 女性はそれぞれ、思い描く理想のヘアスタイルがあるでしょう。しかし、そのヘアスタイルが必ずしもあなたに似合うとは限りません。ヘアスタイルは、輪郭や頭の形、髪質などによって似合うものが異なってくるため、やりたいヘアスタイルにこだわり過ぎるのもNG。

 やりたいスタイルと似合うスタイルは違うことを前提に、美容師さんに相談してみるようにしましょう。

美容師さんに全部おまかせしてしまう

「イメチェンしたいけど、どんなヘアスタイルが似合うか分からない」という人がやりがちなのが、「全部おまかせします」と、美容師さんに委ねてしまうこと。

 実は、美容師さんにとって一番困るのが、この「おまかせ」というオーダー。数年通っていてあなたの好みを知っている美容師さんであればまだしも、初めて行く美容室でのこのオーダーは危険です。ちゃんと、あなたの希望を伝えるようにしましょう。

ヘアスタイルで失敗しないための5つのコツ

イメージに近い写真があると伝えやすい(写真:iStock)
イメージに近い写真があると伝えやすい (写真:iStock)

 気分転換したい時や何か変化を求める時、「ヘアスタイルを変えたい!」と思う女性は多いですが、過去に失敗した経験がある人は、なかなかチャレンジできずにいるのではないでしょうか?そこで、ヘアスタイルに失敗しないためにはどうすればよいのか、コツをご紹介します。

1. やりたいヘアスタイルの画像を持っていく

 美容室に行ってチャレンジしたいヘアスタイルの画像を見せることを、「恥ずかしい」と思っている人は多いはず。口頭で、なんとなくのイメージを伝える人も多いでしょう。

 しかし、これではちゃんとあなたの理想を伝えきることはできません。やりたいヘアスタイルがあるのであれば、思い切って画像を持っていくようにしましょう。1枚ではなく、イメージに近い写真を数枚持っていくことで、よりあなたの理想が伝えやすくなりますよ。

2. 普段のファッションを伝える

 おしゃれを楽しむためには、トータルコーディネートをすることも忘れてはいけません。そのため、美容室では理想のヘアスタイルだけでなく、普段のファッションなども伝えると良いでしょう。

 美容師さんはあなたの普段のファッションを知れば、よりイメージが湧きやすくなり、スタイルを作りやすくなります。美容室に行く際には、自分が普段よく着るアイテムを選ぶと良いですね。

3. スタイリングしやすいスタイルを作ってもらう

 ヘアスタイルがキマって大満足で帰ったはずなのに、自宅に帰ってシャンプーをしたら、「思った通りにスタイリングできない」と困ったことがある人も多いでしょう。

 当然、美容師さんはプロですから、理想通りのスタイリングをしてくれます。しかし、それが自分でできるとは限りません。ヘアスタイルで失敗しないためには、自分でスタイリングしやすいスタイルを作ってもらうのもポイントです。

4. 髪に関する悩みを伝える

 髪質は、髪の太さや量、柔らかさなど、人によって異なります。ヘアスタイルを作る際には、この髪質も大きく左右します。髪質によっては、あなたの理想とするヘアスタイルが難しいこともあるでしょう。

 そのため、美容師さんには髪に関する悩みを伝えておくことも大切。「髪が細いから、ボリュームを出したい」「癖があって、スタイリングしにくい」など、普段から悩んでいることを伝えておくことで、あなたに合ったヘアスタイルを提案してくれるはずです。

5. 納得いくまで相談する

 美容室では必ず「今日は、どうしますか?」と、希望を聞かれます。その時、どこまで理想を伝えられるかが最も大切。万が一、納得いかないことや不安なことがある場合には、妥協せずに納得いくまで相談してから施術を始めるようにしましょう。

ヘアスタイルで失敗しないコツはイメージ&コミュニケーション!

恥ずかしがらずに伝えてみよう(写真:iStock)
恥ずかしがらずに伝えてみよう (写真:iStock)

 ヘアスタイルを失敗しないコツは、美容室に行く前に自分の理想をしっかりとイメージすること! そして、そのイメージを美容師さんにちゃんと伝えることが必要です。

「伝えにくい」「恥ずかしい」なんて思わず、失敗しないコツを参考に美容師さんとコミュニケーションをとって、理想のヘアスタイルをゲットしてくださいね♪

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...
「髪の毛の分け目」どっちにする問題 意外と知らない似合うほうの決め方
 毎朝、髪の毛をスタイリングする時に「左右、どっちの分け目にしたらいいんだろう?」と困ることがありますよね。実際には、な...
美肌の40女性に聞いた!加齢の鼻の周りの赤み対策に“ちょい足し”3品
 年齢サインが出るのは鼻の周りの赤みだよねーー。20歳の頃にアルバイト先のお姉様にそう言われてから、早10年。鼻の周りの...