超レアな「ポケふた」を“捕獲”してみた! 2021.4.20(火)

コクハク編集部
更新日:2021-04-20 06:17
投稿日:2021-04-20 06:00
 マンホールの蓋が好きです。よく見るととても凝った作りになっているんですよね。マンホールの蓋のデザインはおよそ1万2000種類あるのだとか。ランニングがてら、近隣のちょっと珍しいマンホールの蓋を集めてみました。

ポケモンが描かれた「ポケふた」

この中ではニョロモがお気に入り(C)コクハク
この中ではニョロモがお気に入り (C)コクハク

 じゃーーん! ちょっと自慢したい私のマンホール蓋コレクションです。

 ポケモンをあしらったその名も「ポケふた」。

 この6種類の「ポケふた」は、東京都町田市の芹ヶ谷公園に設置されています。2020年8月のお披露目式ではピカチュウも登場したそう。もっと早く知っていれば行ったのにな。ピカチュウかわいいよね、ピカチュウ。

 実はこの「ポケふた」、都内では町田市の芹ヶ谷公園と小笠原の父島にしかない珍しいものなんです。いつか全国のポケふたをめぐってみたい!

ポケストになっているので見つけやすい

道具がいっぱいでアイテムゲットできず(C)コクハク
道具がいっぱいでアイテムゲットできず (C)コクハク

「ポケふた」はポケモンGOのポケストップにもなっています。おかげで広い公園の敷地内でもすぐに見つけることができました。

 同じようにスマホ片手にウロウロしていた親子連れの姿がちらほら。ポケモン愛されてるなあ。

きっかけは姪っ子

確かに可愛いな(C)コクハク
確かに可愛いな (C)コクハク

 マンホール蓋が気になるようになったきっかけは、4歳になる姪っ子とのお散歩。

 ちょっとぐずり気味で歩いていた姪っ子が、突然地面を「可愛いね」と指をさしました。そこには、カワセミとサルビアが描かれたマンホールの蓋が。うつむいて歩いていたから、気づきやすかったのかもしれません。

「鳥さん、お空が好きだから、青い色してるのかな」

 ついさっきまで、ふてくされて歩いていたくせに一転。目をキラキラさせて、ご機嫌で話す姪っ子に、おばちゃんはもうメロメロです。“可愛い”のパワーってすごい。

はやぶさ帰還記念マンホール蓋

おかえり、はやぶさ2(C)コクハク
おかえり、はやぶさ2 (C)コクハク

 こちらは、JR横浜線の淵野辺駅前にあるマンホール蓋です。

 はやぶさ2の地球帰還成功を記念して、2021年2月18日に設置されました。まだまだ新しいマンホール蓋です。

 淵野辺はJAXAの相模原キャンパスがあるため、設置の運びになったとか。「HAYABUSA2」としっかりと記されています。私の足元に宇宙が広がっている!

おわりに

お花柄も発見(C)コクハク
お花柄も発見 (C)コクハク

 残念ながら、今年のGWもレジャーを思いきり楽しむのは難しそうです。

 とはいえ、せっかくのお休みですもの。ちょっとだけ視点を変えてみて、身近な“可愛い”を探してみては?

(編集K)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


トイレ行列を横目に「今だけ男ね!」おばちゃん最強と悟った瞬間5選
 親しみを込めて「おばちゃん」と呼ばれる人もいる中、一部の女性は「鋼(はがね)の最強メンタルな迷惑おばちゃん」に仕上がっ...
お父さんといっしょ♪ チビ“たまたま”の尊さにノックダウン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
七色翡翠の12星座別うるおいの泉を満たすディーバ占い【6月】
 今まで体験をしたことがない事柄に挑戦したくなる人が増える気配です。全体的に運気は吉。思慮深い行動をした人が幸福を掴む流...
【保存版】梅雨のお楽しみ♪ アジサイの切り花を“愛で尽くす”テクニック
 アジサイの美しい季節がやってまいりました! 近年アジサイ品種の豊富さは、アジサイフリークにとって誠に悩ましく、毎年コレ...
さいきん梅雨が来るの早すぎじゃない? 2023.5.31(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰にも言えない癖8選 鼻をかんだティッシュをつい見ちゃう!
 誰にだって、癖のひとつやふたつあるはず。癖は無意識にやっているため、いまだに自分で気づいていないことがあるかもしれませ...
ドッグフードってウマそうじゃない? 巷で噂の3品を食べたら思いのほか…
「毎日の食事が身体の基本を作る」と巷ではいわれていますが、それはわんちゃんも同じこと。  最近では犬の健康を追及し...
2023-05-30 06:00 ライフスタイル
【マツキヨ】プライべートブランド日用品4選 2023.5.30(火)
 ドラッグストアで買い物してると、「matsukiyo」と記載された商品が増えてきたなと思う今日この頃。ご存知の方も多い...
推し活に疲れたと思う5つの瞬間…デジタルデトックスで情報の遮断を
 推し活を始めた頃は、誰もが「楽しみを見つけた」とワクワクしていたはず。推し活で、充実感を得ていたことでしょう。しかし、...
5月29日~6月4日 あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
節約とケチは紙一重? ここぞという時に後悔しないお金の使い方8選
 缶飲料に続いて、電気代まで値上げのニュース。止まらない値上がりラッシュに、「家計のどこを削ろう?」と試行錯誤している人...
フリーランスママなら楽チンの誤解…付き添い通院で両立できず契約終了
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
デート中“たまたま”を二度見! 上品かつ色気ムンムンで素敵
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
茜色に染まる景色に心安らぐ 2023.5.29(月)
 たった数十分くらいの間に刻々と変化していく空の色。  茜色に染まる景色に心安らぐ。  日が落ちるまで眺めて...
便利でラクだと採用&継続したら大後悔!フルリモートの“落とし穴”8つ
 コロナ禍がひと段落して出社する人も増えましたが、フルリモートという働き方も選択できる時代になりました。好きな場所で仕事...
花火大会で浴衣姿の同級生にドキドキした 2023.5.28(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...