悲しみを忘れて…高貴な佇まいの「ミヤコワスレ」は心を癒す

斑目茂美 開運花師
更新日:2021-04-14 08:18
投稿日:2021-04-14 06:00

密室での出来事

 女性らしいことに憧れていた、若かりし頃のワタクシ。仕事に忙殺された日々の現実逃避に、ご縁があってある有名な茶人のお稽古場に通っていたことがございます。

 お師匠のお稽古場へ一歩踏み入れると、慌ただしい俗世から離れて神聖で穏やかな時間を過ごすことができ、どんなに忙しくても、極力通う努力をしておりました。

 茶席に入る前、露地にある蹲(つくばい)の手水(ちょうず)で手や口を清める時、自分の身を屈めた先にあるお庭の下草の様子に季節の移り変わりを感じましたし、茶席に入れば、季節に合ったお道具や茶室の趣を感じ、しばし異空間へ旅をする……そんな気分でございました。

 お茶事が上手になるためというよりは、美味しいお茶をいただきながらお師匠の興味深いお話を伺うために通っていたワタクシは、弟子としては不出来でございました。

 ある春、たまたまお師匠が不在だった日に、ちょっとした事件がございました。

 その日は不在だったお師匠。代わりにベテランのお弟子さんのお姉様方が、何年通っても初心者ペーペーだったワタクシにお稽古をつけてくださいました。

 茶室外のお水屋の作法をいろいろと丁寧に教えてくださり、「あなた、そんなことも覚えてないの? しょうがないねー」などとチョイチョイ叱られながらのお稽古は、普段まったく叱らないお師匠と違ってなかなか新鮮だなぁ~と思っていたのも束の間、お稽古をつけてくださったベテランお姉様に「ちょっと違うんじゃない?」と、別のベテランお弟子のお姉様がツッコミを入れたのでございます。

 どうやらお二人、ちょっとした作法手順が噛み合わないご様子。お互い何十年も続けてきたお作法の手順に、どちらも引っ込みをつけることなく、それはいよいよ言い争いになってしまったのでございます。

 諸悪の根源は、このワタクシ。「申し訳ありません! 今度お師匠さんに聞いてみます!」と、なだめるつもりで放った一言でまた火が付き……。仕方なく鎮火するまで、棚に飾ってあった静かな佇まいのお花をぼーっと見て、ワタクシ1人クールダウンしておりました。

 今もそのお花を見ると、あの時の光景を思い出すワタクシでございます。

 ……ということで、今回は「花は心の鎮静剤 ミヤコワスレ」の解説でございます。

斑目茂美
記事一覧
開運花師
半導体エンジニアを経て花業界に転身。イベント・ホテルなどの装飾も手がける生花店を営む傍ら、コンテストで優勝・入賞を重ね、雑誌・新聞等に作品を発表する。神奈川各所にて花教室を開催。障害者支援も花で実践。悩ましくも素敵なお客様を「花」で幸せへと導く道先案内人。ブサかわ猫店長「さぶ」ともに奮闘中。Facebookやってます。

ライフスタイル 新着一覧


モテモテ“たまたま”に熱愛発覚! ロマンチックな鼻チューにドキッ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
シゴデキだけどなかなか厄介!? 高学歴部下を持つメリットとデメリット
 自分の部下を好きに選べるなら、どんな人がいいですか? 「ポンコツはイヤ! 高学歴で聡明な、シゴデキの部下が欲しい!」と...
酷暑で園芸瀕死でも夏のお助け花「ペンタス」、どんだけ咲いてくれるのw
 暑いです。ただでさえ更年期のお年頃のワタクシ、この厳しい暑さは格別でございます。  猫店長「さぶ」率いる...
あの上司が“うさぎスタンプ”で甘えてるっ!職場への誤爆&赤面LINE10選
 職場のグループLINEは、仕事を円滑に進めるために、今や欠かせないものでしょう。でも、あろうことかそんな職場LINEに...
予約必須店で失態!食い意地が勝り、朝10時からフルコースの“敗者復活”
 汗ばむ気温のとある週末、筆者は湖畔の景色を見ながら、優雅にフルコースをいただいておりました。時計の針はまだ午前10時を...
“面倒くさい”ママ友って本当に必要?メリットとデメリットを検証してみた
 あなたにとって、ママ友は必要ですか? それとも不要ですか?「仲良しのママ友を作って、一緒に子育てを楽しみたい」と思う人...
暑い日こそIN・鍋!のんびり“たまたま”君の大あくびをパチリ
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
心をすり減らす“毒友”と縁を切る3つの方法 その違和感に目を背けないで
 自分にとって毒になる友人、毒友。一緒にいて違和感を抱くあの人も、あなたにとって毒友なのかもしれません。今回は、毒友の特...
3歳娘にアタマジラミ!? 我が家を救ったアナログな退治法と意外な美容家電
 2人の保育園児を育てる我が家では先日、ちょっとした“事件”がありました。下の子どもの頭にアタマジラミが住み着いてしまっ...
女友達へのディスり誤爆!《純粋アピールのフルコンボだったじゃんね笑》深夜LINEの後悔が止まらない…
 深夜に誰かへLINEを送るときはくれぐれもご注意を。“深夜テンション”でネガティブになりすぎたり、ヤケクソになっていた...
「女人禁制」の読みは「にょにんきんせい」とは限らない?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
「明日は何時?」親の老いをLINEでも実感…切ないけれど受け入れる!
 人間誰しもいつかは老いがやってくるものです。ただ、これまでたくさんの愛情と安心を与えてくれた絶対的な存在の「親の老い」...
アラフォーが若者とのカラオケで失敗しない方法3つ 10年前の選曲はあり?
 職場での飲み会後、二次会としてよくあるのがカラオケ。アラフォーともなると、若〜い後輩を引き連れてカラオケに行くこともあ...
「スナック常連客に嫌われるNG行為」初めての店ではマジ注意して!
 いわゆる夜のお店というのは、「大人の社交場」と言われることがあります。昔からなんとなく納得してはいたんですけど、最近や...
キィー!羨ましい! 実はめらめらとママ友に嫉妬している6つの瞬間
 子どもがいると切っても切れない仲になるのが、ママ友。母として生きている女同士、話が盛り上がりますよね。その一方で、近い...
美しすぎる方向転換…国宝級“たまたま”にどこまでもついて行きます
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...