ホットプレートでペッパーライスを作ってみた 2021.5.22(土)

コクハク編集部
更新日:2021-05-24 15:23
投稿日:2021-05-22 06:00
お肉いっぱい♡(C)コクハク
お肉いっぱい♡ (C)コクハク

 TikTokでバズり中の「ペッパーランチ作ってみた」。「#ペッパーランチ」の総再生回数は1.5億回以上と驚異的な数字をたたき出しています! YouTubeでも、人気ユーチューバーのヒカキンさん、デカキンさんなどが作る動画をアップしたことで人気に火がつき、盛り上がっています!

自己流「ビーフペッパー風ライス」のレシピ(4人分)

こんな感じ(C)コクハク
こんな感じ (C)コクハク

 ヒカキンさんは超高級食材で作っていましたが、私はスーパー「〇オゼキ」の赤身肉600gを使って作ってみました♪

 かなりザックリではありますが、自己流「ビーフペッパー風ライス」のレシピを紹介します。お家で過ごす時間が増えていると思うので、みなさんもやってみてください。

1. 牛肉赤身(600g)に下味をつけます(醤油1+酒1+きざんだニンニク適量)。

2. 温めたホットプレートに油をひき、ごはん(二合)をおわん型にして中心に配置します。今回、ホットプレートの温度は200度に設定しました。ご家庭によって、勝手が違うと思うので焦げないように調整してみてください。

3. 15分ほど漬けて置いた1の肉を、ごはんの周りに敷き詰めます。ごはんの上に、コーン+ネギ+バターをのせていきます。

ボリューム満点!

肉々しい(C)コクハク
肉々しい (C)コクハク

4. お肉の上に焼肉のタレをかけて加熱。タレの種類や量は各々にまかせます。

5. いい感じに焼けたら、全体を混ぜ合わせて完成です。胡椒をたくさんふりかけましょう!

まとめ

 正直、ペッパーランチに行ったことがないので、味が合ってるのかどうか分かりません。SNSでみんなが作っている投稿を見て、見よう見まねで作ってみました。なんじゃこれ? ってなったら、すみません。

 お腹が空いていたのでおいしかったです。勿論ひとりでは食べきれないので、家族や友人と一緒に食べることをオススメします。お肉がたっぷりなので、育ち盛りのお子さんがいるご家庭だと、盛り上がるんじゃないかなと思いました。とはいえ、食材の量が少ないと、ごはんの周りに並べるお肉がスカスカになって何とも寂しい見た目に……。ひとり分だけを作りたいときは、鉄板を小さいサイズにするなどの工夫が必要だと思いました。

 ちなみに今回の材料費は、約1400円(4人分)! 余ったら冷凍保存して、翌日以降も食べることができます。本家メニューの「ビーフペッパーライス(Mサイズ)」は一食770円(税込)なので、お財布に優しいレシピだと思いました。

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「豚肉とキャベツ、春雨炒め」モチモチ食感の春雨が主役!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「ナス、トマト、ピーマンの黒酢炒め」底のスープも有効活用
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
新たな無限おつまみ「エノキと千切りキュウリのラー油あえ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)
 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京...
「小ネギと豆腐のゴマ塩あえ」切った材料をあえるだけで完成
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・池袋の中国西北家庭料理店「沙漠之月」の英...
「アーリオ・ラー油・ペペロンチーノ」自家製ラー油に挑戦!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありませ...
「半熟卵 豆板醤とレモンたれ」コクと深みがすごい万能ダレ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「おしゃれすぎるフードコート」居心地は?2021.6.18(金)
 日本橋界隈での打ち合わせで「COMMISSARY(カミサリー)」(東京・中央区)に行ってまいりました。
粋なおつまみ「アメリカンチェリーとブルーチーズのマリネ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
クセになる「エシャレットのアンチョビーソースのせ冷や奴」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「スナップえんどうの梅干しトマト和え」三位一体の美味しさ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・銀座の居酒屋「炭火屋るぷりん」の海老沢淳...
「豚と野菜のオイスターソースまぜ」豚を茹でることで時短に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
10分で作れる「カレーポテト」 定番簡単おつまみにひと工夫
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
冷酒と相性バツグン「鶏皮塩和え」 鶏皮は茹でても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...
「中華風冷ややっこ」メインにもなる具材たっぷり逸品やっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・歌舞伎町の居酒屋「樽一」の佐藤慎太郎さん...