ホットプレートでペッパーライスを作ってみた 2021.5.22(土)

コクハク編集部
更新日:2021-05-24 15:23
投稿日:2021-05-22 06:00
お肉いっぱい♡(C)コクハク
お肉いっぱい♡ (C)コクハク

 TikTokでバズり中の「ペッパーランチ作ってみた」。「#ペッパーランチ」の総再生回数は1.5億回以上と驚異的な数字をたたき出しています! YouTubeでも、人気ユーチューバーのヒカキンさん、デカキンさんなどが作る動画をアップしたことで人気に火がつき、盛り上がっています!

自己流「ビーフペッパー風ライス」のレシピ(4人分)

こんな感じ(C)コクハク
こんな感じ (C)コクハク

 ヒカキンさんは超高級食材で作っていましたが、私はスーパー「〇オゼキ」の赤身肉600gを使って作ってみました♪

 かなりザックリではありますが、自己流「ビーフペッパー風ライス」のレシピを紹介します。お家で過ごす時間が増えていると思うので、みなさんもやってみてください。

1. 牛肉赤身(600g)に下味をつけます(醤油1+酒1+きざんだニンニク適量)。

2. 温めたホットプレートに油をひき、ごはん(二合)をおわん型にして中心に配置します。今回、ホットプレートの温度は200度に設定しました。ご家庭によって、勝手が違うと思うので焦げないように調整してみてください。

3. 15分ほど漬けて置いた1の肉を、ごはんの周りに敷き詰めます。ごはんの上に、コーン+ネギ+バターをのせていきます。

ボリューム満点!

肉々しい(C)コクハク
肉々しい (C)コクハク

4. お肉の上に焼肉のタレをかけて加熱。タレの種類や量は各々にまかせます。

5. いい感じに焼けたら、全体を混ぜ合わせて完成です。胡椒をたくさんふりかけましょう!

まとめ

 正直、ペッパーランチに行ったことがないので、味が合ってるのかどうか分かりません。SNSでみんなが作っている投稿を見て、見よう見まねで作ってみました。なんじゃこれ? ってなったら、すみません。

 お腹が空いていたのでおいしかったです。勿論ひとりでは食べきれないので、家族や友人と一緒に食べることをオススメします。お肉がたっぷりなので、育ち盛りのお子さんがいるご家庭だと、盛り上がるんじゃないかなと思いました。とはいえ、食材の量が少ないと、ごはんの周りに並べるお肉がスカスカになって何とも寂しい見た目に……。ひとり分だけを作りたいときは、鉄板を小さいサイズにするなどの工夫が必要だと思いました。

 ちなみに今回の材料費は、約1400円(4人分)! 余ったら冷凍保存して、翌日以降も食べることができます。本家メニューの「ビーフペッパーライス(Mサイズ)」は一食770円(税込)なので、お財布に優しいレシピだと思いました。

(編集S)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...