幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-24 18:07
投稿日:2021-05-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どのカップルにも訪れる「馴れ合い期=安定期」とは少し違うニュアンスに感じますね。
 今回は何かのきっかけで、妻を女性として見られなくなった男性たちの本音に注目してみましょう。

生理中の妻の習慣に幻滅

もう女とは思えない(写真:iStock)
もう女とは思えない (写真:iStock)

 新婚生活3カ月くらいまでは、気を遣ってトイレで用を足すこともできず、便秘に苦しむ新妻の話を結構耳にします。しかし結婚してから半年もすれば、2人の生活のリズムや習慣がお互いに把握できるようになってきますし、本来の自分自身をさらけ出せるようにもなります。

 結婚3年目の30代の夫さんの証言「妻が生理中にお風呂に入る時、ナプキンのシールを剥がしていつも壁に貼ってあります。まだそれならいいのですが、一度使用済みを貼ってあった時にはショックでした……」

 結婚8年目の40代の夫さんの証言「トイレのゴミ箱の蓋が開くほどぎゅうぎゅうに詰め込むもんですから、見たくないものが見えるし生臭いんです。酷いのでゴミの日に回収したんですが、もう2度とトイレのゴミ箱は触りたくありません……」

 このご主人さんは、毎月トイレのゴミ箱の蓋が浮く前に奥さんに注意とお願いを促していますが、あまり改善していないそうです。

妻の出産に立ち会ってから夜の生活ができない

立ち合い出産でトラウマになるケースも(写真:iStock)
立ち合い出産でトラウマになるケースも (写真:iStock)

 立ち合い出産を希望するカップルも多いのですが、私はあまりおすすめしていません。

 そういう私も前の夫には出産に立ち会ってもらいましたが、あまりの激痛に髪を振り乱して原始人のようになっていました。立ち込めるニオイも生臭く、「人間って動物やなあ~」という伝え方をしたらご理解いただけるかと思います。

 もしも生まれ変わったら、きっと一人で頑張って産みます。男性は女性よりずいぶんと血に弱い生き物です。毎月生理で血を見続けている女性と違い、鼻血なんかもそう頻繁には出ませんし。1年のうちに血を見る機会がほぼなく、免疫がないのに、愛する妻に言われるまま出産に立ち会って貧血で倒れる夫も少なくないのです。

「胎盤を見た時は、妻には申し訳ないけどホラーでした」とショックを隠せない夫たちは、夜の生活をするときにソレが頭に浮かんでしまうと言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ