幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-24 18:07
投稿日:2021-05-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どのカップルにも訪れる「馴れ合い期=安定期」とは少し違うニュアンスに感じますね。
 今回は何かのきっかけで、妻を女性として見られなくなった男性たちの本音に注目してみましょう。

生理中の妻の習慣に幻滅

もう女とは思えない(写真:iStock)
もう女とは思えない (写真:iStock)

 新婚生活3カ月くらいまでは、気を遣ってトイレで用を足すこともできず、便秘に苦しむ新妻の話を結構耳にします。しかし結婚してから半年もすれば、2人の生活のリズムや習慣がお互いに把握できるようになってきますし、本来の自分自身をさらけ出せるようにもなります。

 結婚3年目の30代の夫さんの証言「妻が生理中にお風呂に入る時、ナプキンのシールを剥がしていつも壁に貼ってあります。まだそれならいいのですが、一度使用済みを貼ってあった時にはショックでした……」

 結婚8年目の40代の夫さんの証言「トイレのゴミ箱の蓋が開くほどぎゅうぎゅうに詰め込むもんですから、見たくないものが見えるし生臭いんです。酷いのでゴミの日に回収したんですが、もう2度とトイレのゴミ箱は触りたくありません……」

 このご主人さんは、毎月トイレのゴミ箱の蓋が浮く前に奥さんに注意とお願いを促していますが、あまり改善していないそうです。

妻の出産に立ち会ってから夜の生活ができない

立ち合い出産でトラウマになるケースも(写真:iStock)
立ち合い出産でトラウマになるケースも (写真:iStock)

 立ち合い出産を希望するカップルも多いのですが、私はあまりおすすめしていません。

 そういう私も前の夫には出産に立ち会ってもらいましたが、あまりの激痛に髪を振り乱して原始人のようになっていました。立ち込めるニオイも生臭く、「人間って動物やなあ~」という伝え方をしたらご理解いただけるかと思います。

 もしも生まれ変わったら、きっと一人で頑張って産みます。男性は女性よりずいぶんと血に弱い生き物です。毎月生理で血を見続けている女性と違い、鼻血なんかもそう頻繁には出ませんし。1年のうちに血を見る機会がほぼなく、免疫がないのに、愛する妻に言われるまま出産に立ち会って貧血で倒れる夫も少なくないのです。

「胎盤を見た時は、妻には申し訳ないけどホラーでした」とショックを隠せない夫たちは、夜の生活をするときにソレが頭に浮かんでしまうと言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「毒親育ちの会」の彼、ほろ酔いの抱擁から全てが始まった
「毒親」「親ガチャ」という言葉が使われるようになって久しい。そんな中、「毒親育ち」の男女が集う会で、運命的な出会いを果た...
蒼井凜花 2022-01-21 06:00 ラブ
女性が年上の年齢差結婚ってどう?メリット&長続きのコツ
 少し前までは女性が年上というカップルは珍しく、周囲から注目されることに悩んでいた人も多かったよう。でも、最近では、女性...
恋バナ調査隊 2022-01-21 06:00 ラブ
手のつなぎ方でわかる男性心理4選&つなぎたくなる瞬間♡
 気になっている男性と手をつなぐと、一気に二人の距離が縮まったような気持ちになりますよね♡ 実は、手のつなぎ方で男性が自...
恋バナ調査隊 2022-01-20 06:00 ラブ
年上男性と付き合いたい♡キュンとさせる恋愛テクニック6選
 年上男性を好きになると、どうやって自分のほうに振り向かせればいいのか悩んでしまいますよね。アピールの仕方を間違えて、「...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
私に冷めたの…?冷たい彼氏に焦る時の対処法3つ&NG行動
 大好きな彼氏に冷たくされて、焦ることってありますよね。「嫌いになったの?」「ほかに好きな人ができた?」など、いろいろネ...
恋バナ調査隊 2022-01-19 06:00 ラブ
別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ