幻滅から始まる倦怠期…妻を女性として見られなくなった瞬間

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-24 18:07
投稿日:2021-05-22 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「倦怠期」という言葉って、終わりが近いようなネガティブな印象があります。どのカップルにも訪れる「馴れ合い期=安定期」とは少し違うニュアンスに感じますね。
 今回は何かのきっかけで、妻を女性として見られなくなった男性たちの本音に注目してみましょう。

生理中の妻の習慣に幻滅

もう女とは思えない(写真:iStock)
もう女とは思えない (写真:iStock)

 新婚生活3カ月くらいまでは、気を遣ってトイレで用を足すこともできず、便秘に苦しむ新妻の話を結構耳にします。しかし結婚してから半年もすれば、2人の生活のリズムや習慣がお互いに把握できるようになってきますし、本来の自分自身をさらけ出せるようにもなります。

 結婚3年目の30代の夫さんの証言「妻が生理中にお風呂に入る時、ナプキンのシールを剥がしていつも壁に貼ってあります。まだそれならいいのですが、一度使用済みを貼ってあった時にはショックでした……」

 結婚8年目の40代の夫さんの証言「トイレのゴミ箱の蓋が開くほどぎゅうぎゅうに詰め込むもんですから、見たくないものが見えるし生臭いんです。酷いのでゴミの日に回収したんですが、もう2度とトイレのゴミ箱は触りたくありません……」

 このご主人さんは、毎月トイレのゴミ箱の蓋が浮く前に奥さんに注意とお願いを促していますが、あまり改善していないそうです。

妻の出産に立ち会ってから夜の生活ができない

立ち合い出産でトラウマになるケースも(写真:iStock)
立ち合い出産でトラウマになるケースも (写真:iStock)

 立ち合い出産を希望するカップルも多いのですが、私はあまりおすすめしていません。

 そういう私も前の夫には出産に立ち会ってもらいましたが、あまりの激痛に髪を振り乱して原始人のようになっていました。立ち込めるニオイも生臭く、「人間って動物やなあ~」という伝え方をしたらご理解いただけるかと思います。

 もしも生まれ変わったら、きっと一人で頑張って産みます。男性は女性よりずいぶんと血に弱い生き物です。毎月生理で血を見続けている女性と違い、鼻血なんかもそう頻繁には出ませんし。1年のうちに血を見る機会がほぼなく、免疫がないのに、愛する妻に言われるまま出産に立ち会って貧血で倒れる夫も少なくないのです。

「胎盤を見た時は、妻には申し訳ないけどホラーでした」とショックを隠せない夫たちは、夜の生活をするときにソレが頭に浮かんでしまうと言います。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


喧嘩からの大逆転! 彼にキュンとさせちゃう仲直りの方法
 喧嘩してしまった彼氏と仲直りするためには、一度感情的になってしまった自分を見つめ直し、相手の気持ちを理解しようと考える...
若林杏樹 2023-03-29 06:00 ラブ
主婦が投資に挑戦する理由 お金以外に得られるメリットとは
 皆さんは投資していますか? 今はNISA(ニーサ/少額投資非課税制度)やiDeCo(イデコ/個人型確定拠出年金)など、...
まめ 2023-03-28 06:00 ラブ
同じ過ちは繰り返さない!バツイチ女性が離婚から学んだ4つのこと
 離婚率の高い日本では、多くの夫婦が離婚の道を選択しています。離婚する理由はさまざまですが、少なからずつらく苦しい時間を...
恋バナ調査隊 2023-03-28 06:00 ラブ
男版かまってちゃん、こわっ!ドン引きした返信催促LINE3選
 好きな彼からLINEが来ていても、すぐには返せないときってありますよね。それなのに、相手から返信を催促するようなLIN...
恋バナ調査隊 2023-03-28 06:00 ラブ
夜の誘いを断ったらいつの間に…仮面夫婦の実態とバレる言動
 夫婦の仲は良いに越したことはありませんよね。でも、お互いのペースで過ごしているうちに実は愛がない仮面夫婦になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-03-27 06:00 ラブ
全否定はNG!彼氏に「専業主婦になってほしい」と言われたら
 男女平等の時代になりつつあるとはいえ、まだまだ結婚生活では「男が働きに出て、妻は家を守る」というイメージを持っている男...
恋バナ調査隊 2023-03-27 06:00 ラブ
「カネさえチラつかせば遊べる」妻バレしてもパパ活を続ける男の本心
「冷酷と激情のあいだvol.135〜女性編〜」では、肉体関係のあるパパ活を「浮気ではない」と開き直る夫に愛想を尽かしてい...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
「金払ってるし、パパ活は浮気じゃない」夫のトンデモ主張に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-03-25 06:00 ラブ
年下彼氏と初のお泊りデート♡2人の仲がグッと深まる極意3つ
 年下彼と初めてのお泊まりデートは、この先長く付き合えるか否かのターニングポイントに……! そんな勝負のお泊まりデートで...
恋バナ調査隊 2023-03-24 06:00 ラブ
夫の年収を超えた!夫婦険悪回避5カ条&見直したいお金の管理
 結婚や出産後も仕事を続けやすくなりつつある今、収入アップする女性が増えています。中には「気が付いたら夫の年収を超えてい...
恋バナ調査隊 2023-03-23 06:00 ラブ
DV被害女性が自立するためのシェルター兼シェアハウスを見学
 DVの被害に遭った女性が、同じ思いをした女性を支援するためのシェアハウスを始めました。どのような場所で、今までのシェル...
内藤みか 2023-03-23 06:00 ラブ
子供の名前は「翼」…スポーツ好き夫がうざい!対処法は?
 いろいろな趣味がある中で、スポーツ好きな男性は結構多いですよね! 妻としては夫の好きなことを尊重してあげたいと思う反面...
恋バナ調査隊 2023-03-22 06:00 ラブ
「下の毛に白髪が4本!」浴室で絶叫する夫、老化を感じるトホホな話
 気がつけば結婚して十数年。40代になってから、日常生活で夫の「老い」を感じる瞬間が増えてきた人も多いでしょう。いつも家...
恋バナ調査隊 2023-03-21 06:00 ラブ
夫婦だってあくまで他人 「過度な束縛」は人権侵害だと思う
 男友達と話していてたまに聞くのが、「妻からの束縛が激しくてさぁ……」といった愚痴です。  例えば、「家に帰ったら...
まめ 2023-03-21 06:00 ラブ
国籍限定!韓国人と出会えると噂のマッチングアプリを試してみた
 未だ衰えない韓流ブーム。「韓流アイドルのようなイケメンと出会いたい……」と、韓国人との出会いを夢見る人も多いのではない...
2023-03-20 06:00 ラブ
生理中に彼氏が神対応!好きな人とブルーな時でも仲良くする方法
 毎月やってくる生理。重さの違いはあれど、憂鬱になったり、体がしんどくなったりして、彼氏とつい喧嘩に発展してしまう人も多...
恋バナ調査隊 2023-03-20 06:00 ラブ