結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-15 06:00
投稿日:2021-05-15 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば離婚にはならない方がいいですよね。
 男女ともに離婚理由の第一位は「性格の不一致」。好きで一緒になって嫌いになって別れるカップルが多くいます。結婚する前にきちんと見ておいたほうがいいポイントについて今回は解説したいと思います。

郵便ポストのチェックは自己管理能力を物語る

彼のポストをチェック(写真:iStock)
彼のポストをチェック (写真:iStock)

 郵便ポスト——意外かもしれませんが、ここはとても大切なチェックポイントです。

 ペーパーレスで郵便物が少なくはなっていますが、全く来ないわけはありません。銀行や保険や役所からの年金のお知らせなど、数え上げればきりがないほど、まだまだ郵便物は届いています。

 ポストがギューギューで溜まりに溜まっていたり、全く取り出す気配のない人は自己管理能力が低いと言えます。何が自分の元に送られてきているのか、気に掛けるという当たり前のことが出来ない人は、必ずルーズな一面を持ち合わせています。

 それに加えて光熱費や通信費の督促状(残高不足)が来ていたり、携帯電話が止められた経験のある人は自己管理以前にお金にルーズだと判断してもいいでしょう。

 離婚を考え出す大きな理由のひとつでもある「借金」に直結しやすくなるので、しっかりと確認しておきましょう。消費者金融からの催促のはがきを目にするのが嫌でポストはほったらかしの人も多いのです。

ギャンブル癖のあるオトコにご注意

まさかのパチンコ通いが判明(写真:iStock)
まさかのパチンコ通いが判明 (写真:iStock)

 ボートや麻雀に競馬やパチンコ。自分では気づかないみたいですが、“ギャンブル依存症”になっている人も大勢います。恋人の前ではギャンブルが好きだと言わない“隠れギャンブラー”は、心の中では賭けごとでお金を散財していることに多少は罪悪感を持っています。

 結婚するギリギリまで知らなかった人や、結婚して子供ができてから気づいた人もいますが、ギャンブルで怖いのは、キャッシングをしたり誰かにお金を借りたりする、自制心のコントロールが不可能になる人です。“隠れギャンブラー”は、賭けごとよりも先に疑われやすい代表的なことに「浮気」があります。

妻は浮気を疑って探偵を雇うが真実は!

 30代後半のある奥様の相談です。隔週で土曜日か日曜日に休日出勤だと言い仕事に出かける旦那さん。平日も帰りが遅くて夜11時ごろだそうです。不審に思った奥さんが財布をチェックをすると、仕事だと言っていたある土曜日に、会社からずいぶん離れた場所のATMで5万円を出金していた控えを見つけました。

 即座に疑ったのは女の気配です。ショックで調査依頼に来られました。

・平日帰宅が遅い
・休日出勤が多い
・LINEしても既読スルー
・電話をかけても出ない
・お金を隠れて出金している

 こんな条件は誰が聞いても「浮気」を疑ってしまうような行動です。浮気とギャンブルは隠れてするものですし、それ以外にも共通点がとても多いのです。

 女の気配も夫婦関係にヒビが入りますが、ふたを開ければ借金地獄だとかで、信頼関係はがた落ちです。

 冒頭のご夫婦は四人家族でつつましく、賃貸アパートで生活していました。奥様の夢は「家を買うこと」。誰もが考える夢ですね。

 しかし、眼鏡でスーツ姿の真面目そうな夫は毎晩のようにパチンコ三昧でした。借金こそはありませんでしたが、預金通帳を探してみると、なんと一年半で500万円近くパチンコにつぎ込んでいたことが判明しました。

「浮気は嫌で辛いですが、こんなにお金を使われるのも困ります。今は怒りしかありません!」と奥様は怒り心頭。その時、素朴な疑問を投げかけた筆者です。「ご主人さんがパチンコに興味があるとご存じなかったんですか」

 その答えは、「独身の頃は大好きだったみたいですが、結婚を機にやめてもらいました」

 なるほど。その気があったということですね。

 家を買う頭金になるほどの金額をパチンコにぶち込んだ旦那さんとの関係は冷え切ったそうです。

 ここでのポイントは、昔好きだったことは再燃する可能性があるということです。

一生を添い遂げるオトコを本能的に感じとる

もしもの時彼は…(写真:iStock)
もしもの時彼は… (写真:iStock)

 夫婦関係が冷え切っていて、もう別れたいと離婚相談に来られる方に、話の流れで「ご主人は災害や天災等、何かあった時は命がけで守ってくれる人ですか?」というシンプルな質問をします。この答えは大きくは3つしかありません。

1. わかりません
2. いいえ。自分だけ逃げます
3. はい。彼は私を助けます

「夫は私を助ける」と答えた相談者さんには、少しでもお二人は歩み寄れませんか?と提案しています。順番で言えば親が先に亡くなり、自分を命懸けで守ってくれる存在は、そうやすやすと現れるものではありません。もし結婚相手を選ぶなら、そして、もし離婚を考えているなら、ここは本能的に感じ取ってもらいたい大切なポイントです。

 答えが2番目の「彼は自分だけ逃げます」と思うのならば、生涯を供にする相手ではありませんよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
浮気男がかます「言い訳あるある」大全 彼の口癖と比べてみて
 浮気している男性は、必死に隠そうとします。ただ「マニュアル本でもあるのか?」とつっこみたくなるくらい、ほとんどの男性が...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ
「処女妻」初夜の儀式 夫公認でセレブ義父母の性奴隷に… #1
 セレブ家庭に嫁いで間もないR子さん(25歳主婦/子供なし)。サラサラのセミロングヘアにひな人形のように愛らしい顔立ちは...
蒼井凜花 2022-12-02 13:24 ラブ
新海誠作品「言の葉の庭」は“年下男子に好かれるツボ”だらけ
 年上女性と年下男性を描いた映画はたくさんありますが、そのなかでも男性の人気が高いのは『言の葉の庭』。 『すずめの戸締...
内藤みか 2022-11-24 06:00 ラブ