結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-05-15 06:00
投稿日:2021-05-15 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば離婚にはならない方がいいですよね。
 男女ともに離婚理由の第一位は「性格の不一致」。好きで一緒になって嫌いになって別れるカップルが多くいます。結婚する前にきちんと見ておいたほうがいいポイントについて今回は解説したいと思います。

郵便ポストのチェックは自己管理能力を物語る

彼のポストをチェック(写真:iStock)
彼のポストをチェック (写真:iStock)

 郵便ポスト——意外かもしれませんが、ここはとても大切なチェックポイントです。

 ペーパーレスで郵便物が少なくはなっていますが、全く来ないわけはありません。銀行や保険や役所からの年金のお知らせなど、数え上げればきりがないほど、まだまだ郵便物は届いています。

 ポストがギューギューで溜まりに溜まっていたり、全く取り出す気配のない人は自己管理能力が低いと言えます。何が自分の元に送られてきているのか、気に掛けるという当たり前のことが出来ない人は、必ずルーズな一面を持ち合わせています。

 それに加えて光熱費や通信費の督促状(残高不足)が来ていたり、携帯電話が止められた経験のある人は自己管理以前にお金にルーズだと判断してもいいでしょう。

 離婚を考え出す大きな理由のひとつでもある「借金」に直結しやすくなるので、しっかりと確認しておきましょう。消費者金融からの催促のはがきを目にするのが嫌でポストはほったらかしの人も多いのです。

ギャンブル癖のあるオトコにご注意

まさかのパチンコ通いが判明(写真:iStock)
まさかのパチンコ通いが判明 (写真:iStock)

 ボートや麻雀に競馬やパチンコ。自分では気づかないみたいですが、“ギャンブル依存症”になっている人も大勢います。恋人の前ではギャンブルが好きだと言わない“隠れギャンブラー”は、心の中では賭けごとでお金を散財していることに多少は罪悪感を持っています。

 結婚するギリギリまで知らなかった人や、結婚して子供ができてから気づいた人もいますが、ギャンブルで怖いのは、キャッシングをしたり誰かにお金を借りたりする、自制心のコントロールが不可能になる人です。“隠れギャンブラー”は、賭けごとよりも先に疑われやすい代表的なことに「浮気」があります。

妻は浮気を疑って探偵を雇うが真実は!

 30代後半のある奥様の相談です。隔週で土曜日か日曜日に休日出勤だと言い仕事に出かける旦那さん。平日も帰りが遅くて夜11時ごろだそうです。不審に思った奥さんが財布をチェックをすると、仕事だと言っていたある土曜日に、会社からずいぶん離れた場所のATMで5万円を出金していた控えを見つけました。

 即座に疑ったのは女の気配です。ショックで調査依頼に来られました。

・平日帰宅が遅い
・休日出勤が多い
・LINEしても既読スルー
・電話をかけても出ない
・お金を隠れて出金している

 こんな条件は誰が聞いても「浮気」を疑ってしまうような行動です。浮気とギャンブルは隠れてするものですし、それ以外にも共通点がとても多いのです。

 女の気配も夫婦関係にヒビが入りますが、ふたを開ければ借金地獄だとかで、信頼関係はがた落ちです。

 冒頭のご夫婦は四人家族でつつましく、賃貸アパートで生活していました。奥様の夢は「家を買うこと」。誰もが考える夢ですね。

 しかし、眼鏡でスーツ姿の真面目そうな夫は毎晩のようにパチンコ三昧でした。借金こそはありませんでしたが、預金通帳を探してみると、なんと一年半で500万円近くパチンコにつぎ込んでいたことが判明しました。

「浮気は嫌で辛いですが、こんなにお金を使われるのも困ります。今は怒りしかありません!」と奥様は怒り心頭。その時、素朴な疑問を投げかけた筆者です。「ご主人さんがパチンコに興味があるとご存じなかったんですか」

 その答えは、「独身の頃は大好きだったみたいですが、結婚を機にやめてもらいました」

 なるほど。その気があったということですね。

 家を買う頭金になるほどの金額をパチンコにぶち込んだ旦那さんとの関係は冷え切ったそうです。

 ここでのポイントは、昔好きだったことは再燃する可能性があるということです。

一生を添い遂げるオトコを本能的に感じとる

もしもの時彼は…(写真:iStock)
もしもの時彼は… (写真:iStock)

 夫婦関係が冷え切っていて、もう別れたいと離婚相談に来られる方に、話の流れで「ご主人は災害や天災等、何かあった時は命がけで守ってくれる人ですか?」というシンプルな質問をします。この答えは大きくは3つしかありません。

1. わかりません
2. いいえ。自分だけ逃げます
3. はい。彼は私を助けます

「夫は私を助ける」と答えた相談者さんには、少しでもお二人は歩み寄れませんか?と提案しています。順番で言えば親が先に亡くなり、自分を命懸けで守ってくれる存在は、そうやすやすと現れるものではありません。もし結婚相手を選ぶなら、そして、もし離婚を考えているなら、ここは本能的に感じ取ってもらいたい大切なポイントです。

 答えが2番目の「彼は自分だけ逃げます」と思うのならば、生涯を供にする相手ではありませんよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ