目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと

内藤みか 作家
更新日:2021-05-27 06:00
投稿日:2021-05-27 06:00
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい」と憧れる女性が激増しています。早々にゴールインを決めるためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。

なぜ電撃婚に憧れる?

私たち結婚しました!(写真:iStock)
私たち結婚しました! (写真:iStock)

 感染症の流行もあり、周囲に交際を知られることがないカップルが急増しています。会社はリモートワークが多く、ランチも個別でとることが増えているため、雑談をする機会があまりありません。そのため、交際相手の話を同僚にするチャンスもないのです。

 また、大勢で出歩く機会が激減しているため、友人知人の前に恋人と共に現れるというシーンもありません。そのため、いきなり結婚の報告をするということになってしまうのですが、報告を受ける側からすれば、それがとても鮮やかに見えるのです。なので、「私も突然結婚して、皆を驚かせたい」と考える女性が増えているのでしょう。

電撃婚成就に必要な3つの条件

結婚を急いでいる人をまず選ぶ(写真:iStock)
結婚を急いでいる人をまず選ぶ (写真:iStock)

1. 結婚を急いでいる人を探す

 結婚願望が強い女性のなかには、「すぐにでも結婚したい」と口走るほど、誰かの妻になることを切望する人もいます。けれど、まずは相手を探すところから始めなくてはなりません。自宅にいることが多いため、マッチングアプリで婚活する女性も増えています。

 しかし、ここで彼女たちはなぜか、友達感覚の恋活アプリを選んでしまいがち。そういうところは遊びの人も多く、本気で婚活している人は少なめであることも。電撃婚をしたいのなら、アプリ選びは重要でしょう。真剣婚活している人が多いサイトやアプリのほうが、お互いのニーズが一致するため、結婚までの話が早いのです。

2. すでに知ってる人を結婚対象に考える

 また、最近増えているのが、身近な異性を見直すという動きです。「前からよく話をする同じ部署のあの人、感じがいいし、お付き合いしてみたいかも」というように、身近な男性のなかで結婚対象になるかどうかを考える人が増えているのです。

 なかには、元カレや大学時代の男友達に連絡する人もいます。今なら「コロナ禍だけどお元気ですか」という理由で連絡を取りやすくなっているのも幸いし、復縁したり、新たな恋が生まれることも。前から知っているため、どういう人なのかがある程度わかっているため、あまり警戒する必要がないのもいいところです。

3. 近くに住むことが大事

おうちデートを重ねるうちに…(写真:iStock)
おうちデートを重ねるうちに… (写真:iStock)

 コロナ禍での結婚を決めたカップルの特徴のひとつに、「お家デートをしているうちに、一緒に暮らしたほうがいいねという話になった」というものがあります。家賃もおトクだからと、同棲に踏み切るカップルも少なくありません。

 近くに住む男性と交際した場合は、お互いに気軽に会えるため、こうした「お家デート→同棲→入籍」路線が、結婚まで一気に進む可能性が高いようです。近くのカフェの店員さんや配達の男性に連絡先を書いた手紙を渡す女性が増えているようですが、こうしたご近所恋愛思考のあらわれかもしれません。

期限までに見つからなければ休む

きっと運命の人が現れる(写真:iStock)
きっと運命の人が現れる (写真:iStock)

「絶対に電撃婚したい!」と全力で頑張れる時間は、そう長くはありません。まずは「今年中にいい人に出会う」など、期限を区切って挑戦してみましょう。そして、もし目標の時期までに出会いがなかった場合は、一旦お休みして活動を振り返る必要があるでしょう。

 今、使っているアプリでは自分と合う男性があまりいないのではないか、相手の希望年収は1000万円以上じゃなくてもいいのではないかなど、スムーズに進んでいない理由を探し、修正してみる必要があります。そして、それでも出会えなかったら「今はその時期じゃないのね」と、ポジティブに捉えるしかありません。

 ご縁というのは、気合が入りすぎず、肩の力が抜けた頃に唐突にやってくるものだとも言われています。やれるだけのことをやりきったあとは、良い出会いやタイミングが訪れ、関係が進展するのを楽しみに待つのがいいのかもしれません。

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ