目指せ電撃婚! 即ゴールインするためにするべき3つのこと

内藤みか 作家
更新日:2021-05-27 06:00
投稿日:2021-05-27 06:00
 星野源さんと新垣結衣さんなど、最近は芸能人の電撃結婚報告が相次いでいますが、芸能人でなくても「私も結婚を電撃発表したい」と憧れる女性が激増しています。早々にゴールインを決めるためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。

なぜ電撃婚に憧れる?

私たち結婚しました!(写真:iStock)
私たち結婚しました! (写真:iStock)

 感染症の流行もあり、周囲に交際を知られることがないカップルが急増しています。会社はリモートワークが多く、ランチも個別でとることが増えているため、雑談をする機会があまりありません。そのため、交際相手の話を同僚にするチャンスもないのです。

 また、大勢で出歩く機会が激減しているため、友人知人の前に恋人と共に現れるというシーンもありません。そのため、いきなり結婚の報告をするということになってしまうのですが、報告を受ける側からすれば、それがとても鮮やかに見えるのです。なので、「私も突然結婚して、皆を驚かせたい」と考える女性が増えているのでしょう。

電撃婚成就に必要な3つの条件

結婚を急いでいる人をまず選ぶ(写真:iStock)
結婚を急いでいる人をまず選ぶ (写真:iStock)

1. 結婚を急いでいる人を探す

 結婚願望が強い女性のなかには、「すぐにでも結婚したい」と口走るほど、誰かの妻になることを切望する人もいます。けれど、まずは相手を探すところから始めなくてはなりません。自宅にいることが多いため、マッチングアプリで婚活する女性も増えています。

 しかし、ここで彼女たちはなぜか、友達感覚の恋活アプリを選んでしまいがち。そういうところは遊びの人も多く、本気で婚活している人は少なめであることも。電撃婚をしたいのなら、アプリ選びは重要でしょう。真剣婚活している人が多いサイトやアプリのほうが、お互いのニーズが一致するため、結婚までの話が早いのです。

2. すでに知ってる人を結婚対象に考える

 また、最近増えているのが、身近な異性を見直すという動きです。「前からよく話をする同じ部署のあの人、感じがいいし、お付き合いしてみたいかも」というように、身近な男性のなかで結婚対象になるかどうかを考える人が増えているのです。

 なかには、元カレや大学時代の男友達に連絡する人もいます。今なら「コロナ禍だけどお元気ですか」という理由で連絡を取りやすくなっているのも幸いし、復縁したり、新たな恋が生まれることも。前から知っているため、どういう人なのかがある程度わかっているため、あまり警戒する必要がないのもいいところです。

3. 近くに住むことが大事

おうちデートを重ねるうちに…(写真:iStock)
おうちデートを重ねるうちに… (写真:iStock)

 コロナ禍での結婚を決めたカップルの特徴のひとつに、「お家デートをしているうちに、一緒に暮らしたほうがいいねという話になった」というものがあります。家賃もおトクだからと、同棲に踏み切るカップルも少なくありません。

 近くに住む男性と交際した場合は、お互いに気軽に会えるため、こうした「お家デート→同棲→入籍」路線が、結婚まで一気に進む可能性が高いようです。近くのカフェの店員さんや配達の男性に連絡先を書いた手紙を渡す女性が増えているようですが、こうしたご近所恋愛思考のあらわれかもしれません。

期限までに見つからなければ休む

きっと運命の人が現れる(写真:iStock)
きっと運命の人が現れる (写真:iStock)

「絶対に電撃婚したい!」と全力で頑張れる時間は、そう長くはありません。まずは「今年中にいい人に出会う」など、期限を区切って挑戦してみましょう。そして、もし目標の時期までに出会いがなかった場合は、一旦お休みして活動を振り返る必要があるでしょう。

 今、使っているアプリでは自分と合う男性があまりいないのではないか、相手の希望年収は1000万円以上じゃなくてもいいのではないかなど、スムーズに進んでいない理由を探し、修正してみる必要があります。そして、それでも出会えなかったら「今はその時期じゃないのね」と、ポジティブに捉えるしかありません。

 ご縁というのは、気合が入りすぎず、肩の力が抜けた頃に唐突にやってくるものだとも言われています。やれるだけのことをやりきったあとは、良い出会いやタイミングが訪れ、関係が進展するのを楽しみに待つのがいいのかもしれません。

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ