結婚したいのに彼氏が働かない…男性心理&タイプ別対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-05-24 06:00
投稿日:2021-05-24 06:00
 ある日、彼氏が家に転がり込んできて、仕事もしない……。そんな状態に悩んでいる女性は、意外と多いようです。中には、「お金がない彼を許せないのは、自分が悪いの? 愛がないから?」と、自分を責めてしまうことも。そこで今回は、働かない彼の心理や、タイプ別の対処法をご紹介します。

彼氏が働かない理由は「前向き」or「後ろ向き」?

 彼氏が働かないといっても、その理由はさまざまです。たとえば、「自分に合った仕事を探すために職探し中」「努力しながら夢を追いかけている」「より高みを目指すためにスキルアップ中」など、前向きな理由もあるでしょう。

 一方、「実家暮らしで、働かなくてもなんとかなると思っている」「ギャンブルで一発逆転を狙っている」「彼女に養ってもらえるから甘えている」など、後ろ向きな理由もあります。まずは、彼が今、熱意をもって前を向いているのか、現実逃避で働かないだけなのかを見極めることが大切です。

理解できずにイライラ…働かない彼氏の心理が知りたい!

 彼氏がなかなか働いてくれないと、イライラする反面、自分の愛情が試されているようで、自己嫌悪に陥ってしまう人もいますよね。そんな時は、まず彼氏がどんな心理なのかを冷静に見てみましょう。

働かない理由が「前向き」な彼氏の心理

 現時点では働いていなかったとしても、前向きに努力している彼氏の多くは、あなたとの将来も見据えながら明確なビジョンや目標を胸に抱いているかもしれません。「必ず成功させて、いずれは結婚したい!」と、考えている可能性だってあります。

 こういったケースでは、一度、彼氏に今後のことを聞いてみることをおすすめします。夢に対する熱い思いや、「理解して応援してほしい」という、胸に届く言葉を伝えてくれるかもしれません。

働かない理由が「後ろ向き」な彼氏の心理

 すでにある環境に甘えて働かなくなってしまった彼氏の場合、「とりあえず頑張っている姿だけ見せておこう」「なんだかんだいって助けてもらえるから大丈夫」という心理の可能性があります。

 おそらく、将来のビジョンや仕事について質問しても、明確な答えや熱い気持ちは聞けないでしょう。「働く」という面倒な現実から逃れるために、それらしい理由をつけて、あなたからの援助を期待しているだけかもしれません。

働かない彼氏と結婚したいなら? タイプ別対処法

 働かない彼氏との将来を考えているなら、ダラダラと関係が続いて無駄に時間が流れる前に、早めに対処することが大切。そこで、彼氏のタイプ別対処法をチェックしていきましょう。

前向きな理由で働かない彼氏には「リスクと愛情の強さ次第で応援」

 高い志を持って、将来を夢見ながら頑張っている彼氏の場合、あなたにその行動を止める権利はありません。しかし、自分自身の将来を選択する権利はあります。彼氏の夢がいつ叶うかわからないにせよ、彼氏に対する愛情が優っていると感じるのであれば、巻き込まれるリスクを覚悟のうえで応援するのもありです。

 また、女性には出産の適齢期があるので、期限を決めるのもありでしょう。リスクを負えないと感じるなら、別れを選ぶのも選択肢の一つです。

実家暮らしで危機感がない彼氏は「年齢で判断」

 実家暮らしの男性といっても、まだ20代前半であれば、ただ機会がなかっただけということも考えられるので、様子をみてもいいかもしれません。しかし、20代後半〜になっても実家住まいのままで働こうとしないのであれば、「一人暮らしをしない理由」について聞いてみることをおすすめします。

 彼氏から明確な理由が聞けない場合は、「いつかは結婚したい」「子供も欲しい」と自分の意思を伝え、プレッシャーをかけてみましょう。

女性に依存していて働かない彼氏は「期限を決める」

 女性に依存しやすい男性は、ロマンチストで口がうまく、母性本能をくすぐる能力に長けています。そのため、女性側がついつい甘やかしてしまい、彼氏も努力をしないまま……という悪循環に陥りがち。

 この場合、「いつまでに働かなければ別れる」と、きっぱり伝えるのが◎。追い詰められても働かず、ほかの女性に逃げたりするような男性であれば、「結婚しなくて正解だった」と、後々思えるはずです。

心身の問題で働けない彼氏は「励ましたり主夫になることを提案」

 働かない彼氏の中には、病気などで働くことができなかったり、精神的に傷つくことが怖くて踏み出せない人もいるでしょう。

 そんな時はまず、彼氏の味方となって励ましてあげてください。それでも難しい場合には、主夫になってもらい、あなたが働きに出るという選択肢もあるはず。あらゆる方法を2人で模索していくことで、愛が深まるかもしれません。

働かない彼氏に依存してない? 自分の意思で将来を決めよう

 働かない彼氏と別れられない彼女は、実は、逆に彼氏に依存しているケースも少なくありません。一方的にリスクを負わされているようで、実は、別れによって傷つくことを恐れている場合もあるのです。自分の将来は、自分が決めるもの。彼氏を理由にする必要はないのです。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ