結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 09:11
投稿日:2021-06-08 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

婚活市場で「40代女性は価値なし」の現実

「短期集中!」
「短期集中!」

case7-2.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

  目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さん(仮名)と結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。

 美菜子さんは初回カウンセリング時、五十嵐先生に40代女性の婚活での“相場”を遠慮なく明言されたとのこと。

「40代の女性は婚活の場において、市場価値はありません。結婚相談所に登録する男性の多くは、子どもがほしいので30代以下の女性を希望するケースが大半だからです。婚活する男性が、結婚して子どもがほしいと考える理由がわかりますか? 独身男性の食事や家事、性欲などは、大抵がお金で解決できます。お金で解決できない唯一の事柄が、自分の血をわけた子どもを育てることなのです。男性は子どもがほしくなければ、独身のほうが経済的に楽です。結婚したら、自身の収入を家族に渡して、自分で使える金額が減るのは目に見えていますから。そのマイナス面を受け入れてでも結婚したいのは、子どもがほしいからです。

男性側の立場で考えてみる

 美菜子さんと同年代で結婚相談所に登録する女性は、「同年代の人がいい」とおっしゃいます。ですが、子どもがほしい同年代の男性になったつもりで考えてみてください。妊娠することが難しいといわれている、40歳以上の女性を選ぶでしょうか?(一般社団法人日本生殖医学会によると、不妊の頻度は25歳~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳21.9%、40~44歳では28.9%と報告されており、30歳から不妊症が増加、つまり自然に妊娠する確率が減っているとのこと)。ですから当然ですが、同世代でイケメンで、ハイスペックという男性からの需要はありません。ご自身の立ち位置をわきまえることが婚活の第一歩ですが、その覚悟がありますか?」(五十嵐先生)

 わー、五十嵐先生、手厳しい……。ですが、本連載では美菜子さんを含む40代で結婚した女性が何人もいますし、今後も登場予定です。五十嵐先生はおそらく、あらかじめ一般論を伝えただけ。「年齢で傷つくこともあるかもしれませんが、一緒に頑張りましょうね」と、エールを送ったのだと思います。

 事実、美菜子さんは「市場価値が低いと断言されて、逆に“婚活スイッチ”が入りました」と語っていて、「お尻を叩いてくれるという話だったので、おもしろいと思い登録しました」とのこと。

土日祝日の予定は入れない!好機を逃すな!

婚活は短期集中!自分の予定はちょっとだけ我慢して(写真:iStock)
婚活は短期集中!自分の予定はちょっとだけ我慢して (写真:iStock)

 同時に美菜子さんは、五十嵐先生から以下のアドバイスもいただいたと言います。

「お見合いに本腰を入れるのであれば、セッティングしやすい土日祝日は、プライベートの予定は入れないでください。習い事やお友達とのお食事、女子会や旅行(美菜子さんが結婚したのは5年前なのでコロナ禍前)も一旦ストップ。基本的に新人さんは人気があり、お申し込みが一番多い時期です。セレクト画面でもアピールしてもらえます。ピークの時期を逃すのはチャンスをみずから放棄していることと同等なので、真剣交際(※1)のお相手が見つかるまでは我慢してください」

婚活は短期集中

 婚活は短期集中、多くの人数に会いすぎない(短期間であれば自動的に多人数には会えない)。正論だと思います。たとえば、目の前にケーキを100個並べられて、「どれか1つだけ選んでください」と言われたとします。即コレ! と選択できますか? 筆者だったら、5個でも迷ってしまうかもしれません。

 しかも婚活は対人間なので、「前のあの人がよかった」と後悔しても、縁は取り戻せません。これが、“婚活疲れ”を引き起こす一因になっているとも考えています。繰り返しますが、「婚活は短期集中、多くの人数に会いすぎない!」。筆者は結婚相談所に登録はしませんでしたが、プライベートで実践したお勧めの方法です。

(※1)結婚相談所での交際は、仮交際と真剣交際にわかれる。仮交際の段階では複数人と交際可能だが、真剣交際に発展すると1人にしぼって交際し、お見合いの申し込みや申し受けができない状態となる。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ
長年交際した彼女と別れてすぐに他の女性と結婚する男性心理
 何年も付き合っていた彼女とは結婚しないまま別れて、その後に付き合った新しい彼女とあっさり結婚する男性って少なからずいま...
田中絵音 2021-09-14 18:11 ラブ
恋愛にドライになりたい…真似したい性格の特徴&恋愛傾向
 恋愛に依存してしまうと精神的に追い詰められてしまうことも多く、疲れてしまいますよね。恋愛にドライな友人を見て、「あんな...
恋バナ調査隊 2021-09-14 06:00 ラブ