結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 09:11
投稿日:2021-06-08 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

婚活市場で「40代女性は価値なし」の現実

「短期集中!」
「短期集中!」

case7-2.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

  目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さん(仮名)と結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。

 美菜子さんは初回カウンセリング時、五十嵐先生に40代女性の婚活での“相場”を遠慮なく明言されたとのこと。

「40代の女性は婚活の場において、市場価値はありません。結婚相談所に登録する男性の多くは、子どもがほしいので30代以下の女性を希望するケースが大半だからです。婚活する男性が、結婚して子どもがほしいと考える理由がわかりますか? 独身男性の食事や家事、性欲などは、大抵がお金で解決できます。お金で解決できない唯一の事柄が、自分の血をわけた子どもを育てることなのです。男性は子どもがほしくなければ、独身のほうが経済的に楽です。結婚したら、自身の収入を家族に渡して、自分で使える金額が減るのは目に見えていますから。そのマイナス面を受け入れてでも結婚したいのは、子どもがほしいからです。

男性側の立場で考えてみる

 美菜子さんと同年代で結婚相談所に登録する女性は、「同年代の人がいい」とおっしゃいます。ですが、子どもがほしい同年代の男性になったつもりで考えてみてください。妊娠することが難しいといわれている、40歳以上の女性を選ぶでしょうか?(一般社団法人日本生殖医学会によると、不妊の頻度は25歳~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳21.9%、40~44歳では28.9%と報告されており、30歳から不妊症が増加、つまり自然に妊娠する確率が減っているとのこと)。ですから当然ですが、同世代でイケメンで、ハイスペックという男性からの需要はありません。ご自身の立ち位置をわきまえることが婚活の第一歩ですが、その覚悟がありますか?」(五十嵐先生)

 わー、五十嵐先生、手厳しい……。ですが、本連載では美菜子さんを含む40代で結婚した女性が何人もいますし、今後も登場予定です。五十嵐先生はおそらく、あらかじめ一般論を伝えただけ。「年齢で傷つくこともあるかもしれませんが、一緒に頑張りましょうね」と、エールを送ったのだと思います。

 事実、美菜子さんは「市場価値が低いと断言されて、逆に“婚活スイッチ”が入りました」と語っていて、「お尻を叩いてくれるという話だったので、おもしろいと思い登録しました」とのこと。

土日祝日の予定は入れない!好機を逃すな!

婚活は短期集中!自分の予定はちょっとだけ我慢して(写真:iStock)
婚活は短期集中!自分の予定はちょっとだけ我慢して (写真:iStock)

 同時に美菜子さんは、五十嵐先生から以下のアドバイスもいただいたと言います。

「お見合いに本腰を入れるのであれば、セッティングしやすい土日祝日は、プライベートの予定は入れないでください。習い事やお友達とのお食事、女子会や旅行(美菜子さんが結婚したのは5年前なのでコロナ禍前)も一旦ストップ。基本的に新人さんは人気があり、お申し込みが一番多い時期です。セレクト画面でもアピールしてもらえます。ピークの時期を逃すのはチャンスをみずから放棄していることと同等なので、真剣交際(※1)のお相手が見つかるまでは我慢してください」

婚活は短期集中

 婚活は短期集中、多くの人数に会いすぎない(短期間であれば自動的に多人数には会えない)。正論だと思います。たとえば、目の前にケーキを100個並べられて、「どれか1つだけ選んでください」と言われたとします。即コレ! と選択できますか? 筆者だったら、5個でも迷ってしまうかもしれません。

 しかも婚活は対人間なので、「前のあの人がよかった」と後悔しても、縁は取り戻せません。これが、“婚活疲れ”を引き起こす一因になっているとも考えています。繰り返しますが、「婚活は短期集中、多くの人数に会いすぎない!」。筆者は結婚相談所に登録はしませんでしたが、プライベートで実践したお勧めの方法です。

(※1)結婚相談所での交際は、仮交際と真剣交際にわかれる。仮交際の段階では複数人と交際可能だが、真剣交際に発展すると1人にしぼって交際し、お見合いの申し込みや申し受けができない状態となる。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ