コロナ禍で明暗クッキリ…結婚できる人と別れる人の違いとは

内藤みか 作家
更新日:2021-06-03 06:00
投稿日:2021-06-03 06:00
 長引くコロナ禍、そして緊急事態宣言やまん延防止措置。そんな苦難を乗り越えて見事ゴールインを決めたカップルと、残念ながら別れてしまったカップルとの違いはなんなのでしょうか。そして、どう彼に接すれば結婚へと向かうことができるのでしょうか。

会いたがる女、慎重な男

コロナ破局はなぜ起こる?(写真:iStock)
コロナ破局はなぜ起こる? (写真:iStock)

 コロナ禍で彼から終わりを告げられてしまう女性には共通点があります。それは「緊急事態宣言中でも会いたがってしまう」ということ。何よりも恋愛感情を重要視する女性は、コロナおかまいなしに愛しい人に会いたがってしまうのです。

 その反対に男性は仕事を重視しがち。会社から「不要不急の外出は自粛するように」などと言われている場合は、たとえ恋人であっても会うことを控え、慎重に行動しようとします。どうやら男性のほうが、会社に迷惑をかけずに仕事をこなさなくてはという集団意識が強い傾向にあるようなのです。

NGワードは「もう待てない」

 しかし女性の中には「コロナが落ち着くまで会えないな」とあきらめ気味の男性を責めてしまう人がいます。「いったいいつになったら会えるの?」と彼に文句を言ってしまうのです。でも会えないのは自分のせいではなく、ウイルスのせいなのだ、というのが彼の言い分なのです。

 会えないことに不安がる女性は「ほんのちょっとでいいから」と彼に面会を求めます。「会社の近くまで行くから」「お部屋に遊びに行っていい?」などと言うのですが、彼からすれば大事な女性を危ない目に遭わせたくないので「来なくていいよ」と断ってしまうのです。すると女性は「今年になってほとんど会っていないじゃない!」と怒り出し、「もう限界! もう待てないよ……」と彼に訴えてしまうのです。

彼の気持ちも理解して

こっちの気持ちも考えてくれよ(写真:iStock)
こっちの気持ちも考えてくれよ (写真:iStock)

 男性は「もう待てない」と口走る女性がかなり苦手です。特に今、感染症で各地が大変なことになっているのに「待てない」と言う女性を自己中心的だと感じてしまうのです。女性からすれば「離れているのがこんなにつらいくらい、あなたに会いたいのよ」と伝えたいのでしょうけれど、男性にはそれが愛情ではなく依存のように感じてしまうのです。

 男性は、非常時なのに待つことができない女性に違和感があるのです。また「そろそろ結婚してくれないと、これ以上待てない」と言われているかのようにも感じてしまうのです。実際、結婚を促そうとメッセージで「結婚式はいつがいいかな、披露宴は誰を呼びたい?」などと彼に盛んにたずねた女性は「今はそれどころじゃない時なので」と別れを告げられてしまったのです。

「落ち着いたら会おうね」と言える女に

今はじっと我慢(写真:iStock)
今はじっと我慢 (写真:iStock)

 一方、コロナ禍だというのに男性から「一緒に暮らしたい」「結婚したい」と言われる女性たちもいます。彼女たちは「無理して会ってくれなくてもいいよ。落ち着いたらまた会おうね」と言っています。大変な時には待つことができるという女性は、男性にとって、ありがたいものです。

 待てる女性であれば今後、彼が仕事が忙しくてなかなかデートができない状況に陥っても「大丈夫だよ、がんばってね」と言ってもらえるでしょう。けれど待てない女性の場合、「私より仕事が大事なの?」などとスネてしまい、扱いが面倒です。あまり騒ぎ立てず、社会のルールを守ってちゃんと待っていられる女性を、男性は大切にしたいなと感じるのです。

彼がいなくても楽しく過ごす

自炊料理を」SNSに(写真:iStock)
自炊料理を」SNSに (写真:iStock)

 待てる女性たちは、自宅で過ごす時間をひとりで楽しめます。そしてSNSに料理画像をアップすることも増えました。そうすると多くの男性から「おいしそう!」「食べてみたい」などとコメントが入り、恋人の男性をやきもきさせるようになったのです。

「こんないい女性を逃したくない」という思いからプロポーズし、結婚を決めたという男性は少なくありません。つまり彼の心を捕まえたければ、ウイルスが広がっている時期はデートを自粛し、SNSに料理や手作りグッズなどをアップして人気者になることなのです。

 無理して会おうとして何人もの女性が撃沈しているので、くれぐれもデートのおねだりはしないようにしましょう。

内藤みか
記事一覧
作家
著書80冊以上。大学時代に作家デビューし、一貫して年下男性との恋愛小説を書き綴る。ケータイ小説でも話題に。近年は電子媒体を中心に活動。著書に「あなたに抱かれたいだけなのに」など。イケメン評論家として、ホストや出張ホストなどにも詳しい。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ