コロナ禍で明暗クッキリ…結婚できる人と別れる人の違いとは

内藤みか 作家
更新日:2021-06-03 06:00
投稿日:2021-06-03 06:00
 長引くコロナ禍、そして緊急事態宣言やまん延防止措置。そんな苦難を乗り越えて見事ゴールインを決めたカップルと、残念ながら別れてしまったカップルとの違いはなんなのでしょうか。そして、どう彼に接すれば結婚へと向かうことができるのでしょうか。

会いたがる女、慎重な男

コロナ破局はなぜ起こる?(写真:iStock)
コロナ破局はなぜ起こる? (写真:iStock)

 コロナ禍で彼から終わりを告げられてしまう女性には共通点があります。それは「緊急事態宣言中でも会いたがってしまう」ということ。何よりも恋愛感情を重要視する女性は、コロナおかまいなしに愛しい人に会いたがってしまうのです。

 その反対に男性は仕事を重視しがち。会社から「不要不急の外出は自粛するように」などと言われている場合は、たとえ恋人であっても会うことを控え、慎重に行動しようとします。どうやら男性のほうが、会社に迷惑をかけずに仕事をこなさなくてはという集団意識が強い傾向にあるようなのです。

NGワードは「もう待てない」

 しかし女性の中には「コロナが落ち着くまで会えないな」とあきらめ気味の男性を責めてしまう人がいます。「いったいいつになったら会えるの?」と彼に文句を言ってしまうのです。でも会えないのは自分のせいではなく、ウイルスのせいなのだ、というのが彼の言い分なのです。

 会えないことに不安がる女性は「ほんのちょっとでいいから」と彼に面会を求めます。「会社の近くまで行くから」「お部屋に遊びに行っていい?」などと言うのですが、彼からすれば大事な女性を危ない目に遭わせたくないので「来なくていいよ」と断ってしまうのです。すると女性は「今年になってほとんど会っていないじゃない!」と怒り出し、「もう限界! もう待てないよ……」と彼に訴えてしまうのです。

彼の気持ちも理解して

こっちの気持ちも考えてくれよ(写真:iStock)
こっちの気持ちも考えてくれよ (写真:iStock)

 男性は「もう待てない」と口走る女性がかなり苦手です。特に今、感染症で各地が大変なことになっているのに「待てない」と言う女性を自己中心的だと感じてしまうのです。女性からすれば「離れているのがこんなにつらいくらい、あなたに会いたいのよ」と伝えたいのでしょうけれど、男性にはそれが愛情ではなく依存のように感じてしまうのです。

 男性は、非常時なのに待つことができない女性に違和感があるのです。また「そろそろ結婚してくれないと、これ以上待てない」と言われているかのようにも感じてしまうのです。実際、結婚を促そうとメッセージで「結婚式はいつがいいかな、披露宴は誰を呼びたい?」などと彼に盛んにたずねた女性は「今はそれどころじゃない時なので」と別れを告げられてしまったのです。

「落ち着いたら会おうね」と言える女に

今はじっと我慢(写真:iStock)
今はじっと我慢 (写真:iStock)

 一方、コロナ禍だというのに男性から「一緒に暮らしたい」「結婚したい」と言われる女性たちもいます。彼女たちは「無理して会ってくれなくてもいいよ。落ち着いたらまた会おうね」と言っています。大変な時には待つことができるという女性は、男性にとって、ありがたいものです。

 待てる女性であれば今後、彼が仕事が忙しくてなかなかデートができない状況に陥っても「大丈夫だよ、がんばってね」と言ってもらえるでしょう。けれど待てない女性の場合、「私より仕事が大事なの?」などとスネてしまい、扱いが面倒です。あまり騒ぎ立てず、社会のルールを守ってちゃんと待っていられる女性を、男性は大切にしたいなと感じるのです。

彼がいなくても楽しく過ごす

自炊料理を」SNSに(写真:iStock)
自炊料理を」SNSに (写真:iStock)

 待てる女性たちは、自宅で過ごす時間をひとりで楽しめます。そしてSNSに料理画像をアップすることも増えました。そうすると多くの男性から「おいしそう!」「食べてみたい」などとコメントが入り、恋人の男性をやきもきさせるようになったのです。

「こんないい女性を逃したくない」という思いからプロポーズし、結婚を決めたという男性は少なくありません。つまり彼の心を捕まえたければ、ウイルスが広がっている時期はデートを自粛し、SNSに料理や手作りグッズなどをアップして人気者になることなのです。

 無理して会おうとして何人もの女性が撃沈しているので、くれぐれもデートのおねだりはしないようにしましょう。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...