学歴なんて関係ない! 東大卒男性が1年追い求めた奥様の魅力

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 言わずもがな日本一の秀才が集結している東京大学出身の男性は、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性を伴侶として迎えるのか? その真相に迫る当連載「東大生の結婚観」第三弾。
 今回インタビューにお答えいただいたのは、一浪して東大に入学し、在学中はラグビー一筋でスポーツに勤しんだという村松大輔さん(仮名・36歳)。お話をうかがいました。

運命の出会いは“結婚式の二次会”で

東大卒男性はどんな女性を選ぶの?(写真:iStock)
東大卒男性はどんな女性を選ぶの? (写真:iStock)

 村松さんは28歳の時、参列した東大の先輩の結婚式の二次会で、現在の奥さまであるA子さんと出会いました。

 その二次会では、グループごとにゲーム対決をするという余興があって、たまたまA子さんと同じグループに。村松さんは、その時からA子さんのことを何となく「いいな」とは思っていたものの、連絡先交換はせずに二次会は終了してしまいます。

 しかしその後、帰りのバスを待っている時に、A子さんが近くに並んでいたところ、そこにいた新郎とはまた別の東大時代のラグビーの先輩が「村松って彼女いないよな? 良かったら二人で連絡先交換したら?」と促してくれて、村松さんとA子さんは連絡先交換をしたそうです。さすがはラグビーをやっていただけあって、先輩のナイスパスですね!

 それから二人は、何回か食事デートへ。

 そのうちに村松さんからA子さんに愛の告白をしますが、なかなかOKしてくれず、1年がかりでやっと付き合えることになったそうです。一浪して東大に入った村松さん、ここでも粘り強さを発揮したのでしょうか。

 そして交際がスタートしてからは順調に愛を育み、付き合って半年後にプロポーズ、その1年後に入籍をしてめでたくゴールインしたとのことでした。

結婚願望が芽生えたきっかけ

周囲が結婚していくのを見て…(写真:iStock)
周囲が結婚していくのを見て… (写真:iStock)

 漠然と「自分の人生において、いつかは結婚して家庭を持ちたい」とは思っていたけれど、「◯歳までに結婚したい!」というような焦りはなかったと、松村さんは言います。

 ところが、結婚への意欲が高まったきっかけが3つあったといいます。気になるその内容を見ていきましょう。

結婚願望が芽生えた3つのきっかけ

東大時代の友人は、30歳までに結婚する人が多い

「20代後半くらいからは、東大の友人の結婚式に呼ばれることが多かったのですが、30歳を過ぎると結婚式の波が落ち着いてくるんですよね。だから自分も“いい人がいたら結婚した方がいいかな?”という気持ちになりました」と。東大生は身を固めるのも早い傾向があるようです。周りの女性が放っておかないということも(!?)あるのかもしれませんが。

 周りの友人が結婚していく様を見て、結婚願望が芽生えていったということも潜在的にあるようです。

就職後の赴任先で人恋しくなった

 村松さんは東大卒業後、就職した会社での赴任先が東北になり、今まで住んだことのない縁もゆかりもない場所での一人暮らしが始まりました。

 当然、最初は友人もおらず、仕事が休みの日にはドライブなどに出かけるのですが、一人だとやはり寂しい気持ちになって「誰か隣にいてくれたらいいな」という思いが芽生えたそうです。

 その間にA子さんとの交際が始まり、遠距離恋愛になりました。

 そして、東北での赴任期間が終わり、東京に戻ってくるタイミングで一緒に住めるようにと、結婚することにしたそうです。東北への赴任があったからこそ、結婚のタイミングが掴めたということも一理あるようです。

「逆に、地方に赴任することなくずっと都心で働いている同僚は、なかなか結婚しないですね」と村松さんがおっしゃる通り、都会暮らしだと刺激的で楽しいことが沢山あるので、なかなか結婚して落ち着こうとは考えないものかもしれませんね! 逆に結婚すると、できなくなる遊びもありそうですし……。

今の奥さんと出会ったこと

 村松さんは言います。「年齢的なことや自分が東北に赴任したことも、もちろん結婚願望を高めた要因ではありましたが、やはり“今の奥さんに出会ったこと”が結婚したい気持ちを一番強めた」

 それほどに、奥さんとの出会いは素敵なもので、交際中もパートナーとしてしっくり来ていたということですね! 

「生まれ変わっても奥さんと結婚したいですか?」と聞いたところ、「もちろん!」という最高の回答をいただきました! なんていい話なんでしょう(笑)。

 このように、ごく自然な流れでお二人は結婚への歩みを進めていきました。

 結婚した当時、村松さんは30歳、奥さんは28歳。現在は2人の娘さんにも恵まれて、家族4人で幸せに暮らしているそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ