学歴なんて関係ない! 東大卒男性が1年追い求めた奥様の魅力

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 言わずもがな日本一の秀才が集結している東京大学出身の男性は、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性を伴侶として迎えるのか? その真相に迫る当連載「東大生の結婚観」第三弾。
 今回インタビューにお答えいただいたのは、一浪して東大に入学し、在学中はラグビー一筋でスポーツに勤しんだという村松大輔さん(仮名・36歳)。お話をうかがいました。

運命の出会いは“結婚式の二次会”で

東大卒男性はどんな女性を選ぶの?(写真:iStock)
東大卒男性はどんな女性を選ぶの? (写真:iStock)

 村松さんは28歳の時、参列した東大の先輩の結婚式の二次会で、現在の奥さまであるA子さんと出会いました。

 その二次会では、グループごとにゲーム対決をするという余興があって、たまたまA子さんと同じグループに。村松さんは、その時からA子さんのことを何となく「いいな」とは思っていたものの、連絡先交換はせずに二次会は終了してしまいます。

 しかしその後、帰りのバスを待っている時に、A子さんが近くに並んでいたところ、そこにいた新郎とはまた別の東大時代のラグビーの先輩が「村松って彼女いないよな? 良かったら二人で連絡先交換したら?」と促してくれて、村松さんとA子さんは連絡先交換をしたそうです。さすがはラグビーをやっていただけあって、先輩のナイスパスですね!

 それから二人は、何回か食事デートへ。

 そのうちに村松さんからA子さんに愛の告白をしますが、なかなかOKしてくれず、1年がかりでやっと付き合えることになったそうです。一浪して東大に入った村松さん、ここでも粘り強さを発揮したのでしょうか。

 そして交際がスタートしてからは順調に愛を育み、付き合って半年後にプロポーズ、その1年後に入籍をしてめでたくゴールインしたとのことでした。

結婚願望が芽生えたきっかけ

周囲が結婚していくのを見て…(写真:iStock)
周囲が結婚していくのを見て… (写真:iStock)

 漠然と「自分の人生において、いつかは結婚して家庭を持ちたい」とは思っていたけれど、「◯歳までに結婚したい!」というような焦りはなかったと、松村さんは言います。

 ところが、結婚への意欲が高まったきっかけが3つあったといいます。気になるその内容を見ていきましょう。

結婚願望が芽生えた3つのきっかけ

東大時代の友人は、30歳までに結婚する人が多い

「20代後半くらいからは、東大の友人の結婚式に呼ばれることが多かったのですが、30歳を過ぎると結婚式の波が落ち着いてくるんですよね。だから自分も“いい人がいたら結婚した方がいいかな?”という気持ちになりました」と。東大生は身を固めるのも早い傾向があるようです。周りの女性が放っておかないということも(!?)あるのかもしれませんが。

 周りの友人が結婚していく様を見て、結婚願望が芽生えていったということも潜在的にあるようです。

就職後の赴任先で人恋しくなった

 村松さんは東大卒業後、就職した会社での赴任先が東北になり、今まで住んだことのない縁もゆかりもない場所での一人暮らしが始まりました。

 当然、最初は友人もおらず、仕事が休みの日にはドライブなどに出かけるのですが、一人だとやはり寂しい気持ちになって「誰か隣にいてくれたらいいな」という思いが芽生えたそうです。

 その間にA子さんとの交際が始まり、遠距離恋愛になりました。

 そして、東北での赴任期間が終わり、東京に戻ってくるタイミングで一緒に住めるようにと、結婚することにしたそうです。東北への赴任があったからこそ、結婚のタイミングが掴めたということも一理あるようです。

「逆に、地方に赴任することなくずっと都心で働いている同僚は、なかなか結婚しないですね」と村松さんがおっしゃる通り、都会暮らしだと刺激的で楽しいことが沢山あるので、なかなか結婚して落ち着こうとは考えないものかもしれませんね! 逆に結婚すると、できなくなる遊びもありそうですし……。

今の奥さんと出会ったこと

 村松さんは言います。「年齢的なことや自分が東北に赴任したことも、もちろん結婚願望を高めた要因ではありましたが、やはり“今の奥さんに出会ったこと”が結婚したい気持ちを一番強めた」

 それほどに、奥さんとの出会いは素敵なもので、交際中もパートナーとしてしっくり来ていたということですね! 

「生まれ変わっても奥さんと結婚したいですか?」と聞いたところ、「もちろん!」という最高の回答をいただきました! なんていい話なんでしょう(笑)。

 このように、ごく自然な流れでお二人は結婚への歩みを進めていきました。

 結婚した当時、村松さんは30歳、奥さんは28歳。現在は2人の娘さんにも恵まれて、家族4人で幸せに暮らしているそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ