仕事か結婚か…23歳の私は外堀りを埋められて別れを選んだ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 09:18
投稿日:2021-06-01 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。「40代50代の大人婚」シリーズはインタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただきます。

「結婚前提」でつき合った20代の職場恋愛

「結婚か仕事か、選べる?」
「結婚か仕事か、選べる?」

case7-1.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

 目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さんと結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。協会に登録する前は、どんな恋愛を経験してきたのでしょうか。

「高校生のときに交際していた大学生の彼からは、就職が決まったタイミングでプロポーズされました。でも私はまだ高校生。まだ結婚する気になれなくて、お断りして別れました。

 23歳から28歳ぐらいまでは、9歳年上の同じ職場の男性とおつき合いしていました。その人からは『結婚を前提につき合ってほしい』と言われたのですが、私にはまだ結婚願望がなかったんです。私が23歳のときに彼は32歳。相手が結婚したいと思う年齢だとは承知していましたが、まだ仕事を頑張りたかった」

彼の両親が“未来の嫁”に準備した驚きのもの

東京を離れる覚悟ができなかった(写真:iStock)
東京を離れる覚悟ができなかった (写真:iStock)

 結婚の“条件”もネックになったといいます。

「彼の実家がある北陸地方で、ご両親との同居を提案されたんです。40代の今だったら移住を検討したかもしれませんが、20代では東京を離れる覚悟ができませんでした。彼が地元で職を決めてからプロポーズしてくれるならまだしも、転職先が決まっていない段階で『地元に帰りたい』と言うのも、不安で。彼と私は不動産業に従事していましたが、北陸地方で求人があるのか、私には未知の世界でしたし。

 交際後すぐ先方のご両親にもお会いしましたが、いい方たち過ぎて『私は嫁いだらいつか心が折れてしまうだろう』とも感じました。彼の地元は外湯(共同浴場)で入浴をするのが習慣化しているのですが、私のためだけに用意したコンテナの中に、ユニットバスをつくってくれたんです。お風呂に入っていると、海の波が聞こえてくるような絶景の場所に。まだ結婚が確定していないのに、ですよ? 

 ご両親から大歓迎されているのはわかりましたが、結婚願望のない私には荷が重く、しばらくおつき合いしたもののお別れしました。ご両親に高額な費用を出していただいたのは、今でも申し訳なく思っています」

 具体的な結婚の日時が決まる前に、美菜子さんのために同居前提で浴室をこしらえる。ご両親は外堀を埋めようとしたのでしょうが、たしかに重いですね……。

外堀を埋めるのは高リスク

偽りの「独身主義」(写真:iStock)
偽りの「独身主義」 (写真:iStock)

 筆者の知人男性にも、彼女に挟み撃ちされた経験者がいます。彼女はできるだけ早く彼と結婚したかったのでしょう。彼女から「ウチに遊びに来ない?」と誘われてついていったら、自宅には両親がそろって待ちかまえていたとのこと。父親から「娘と結婚する気はあるのか?」と詰め寄られ、困惑。彼女との交際歴が浅かったため、彼は逃げ出すように彼女とお別れしたそうです。

 恋愛や結婚に向けて、外堀を埋めるのは一歩間違えると別離につながる危うい行為なのかもしれません。

 美菜子さんは10代と20代の恋愛を経て、「男性はすぐ結婚したがるものなんでしょうね」と言いますが、違いますよ! 全ケースにあてはまるとはいえませんが、男性は結婚に対して大きなきっかけがなければ決めたがらない性。今は結婚しても共働き夫婦が一般化していて“責任”は二分化しているかもしれませんが、男性は本気にならない限り、結婚という形で相手の責任をとりたがらないものです。

 現に筆者の知人男性にもいました。単なる交際ならOKだけど、結婚は考えられない彼女に「自分は一生、結婚する気はない」と、独身主義を装って貫いた人が。よく「女性は怖い」といわれますが、おなかの中ではなにを考えているかわからない男性もいるのです。

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ