仕事か結婚か…23歳の私は外堀りを埋められて別れを選んだ

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-15 09:18
投稿日:2021-06-01 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。「40代50代の大人婚」シリーズはインタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただきます。

「結婚前提」でつき合った20代の職場恋愛

「結婚か仕事か、選べる?」
「結婚か仕事か、選べる?」

case7-1.後藤美菜子さん(仮名/47歳)

 目がパッチリとしていて年齢に見合わない美肌の持ち主、後藤美菜子さん(仮名/47歳)は、42歳のときに同い年の宏一さんと結婚しました。出会いは、日本仲人協会でのお見合い。担当は、以前取材させていただいた、五十嵐まこ先生です。協会に登録する前は、どんな恋愛を経験してきたのでしょうか。

「高校生のときに交際していた大学生の彼からは、就職が決まったタイミングでプロポーズされました。でも私はまだ高校生。まだ結婚する気になれなくて、お断りして別れました。

 23歳から28歳ぐらいまでは、9歳年上の同じ職場の男性とおつき合いしていました。その人からは『結婚を前提につき合ってほしい』と言われたのですが、私にはまだ結婚願望がなかったんです。私が23歳のときに彼は32歳。相手が結婚したいと思う年齢だとは承知していましたが、まだ仕事を頑張りたかった」

彼の両親が“未来の嫁”に準備した驚きのもの

東京を離れる覚悟ができなかった(写真:iStock)
東京を離れる覚悟ができなかった (写真:iStock)

 結婚の“条件”もネックになったといいます。

「彼の実家がある北陸地方で、ご両親との同居を提案されたんです。40代の今だったら移住を検討したかもしれませんが、20代では東京を離れる覚悟ができませんでした。彼が地元で職を決めてからプロポーズしてくれるならまだしも、転職先が決まっていない段階で『地元に帰りたい』と言うのも、不安で。彼と私は不動産業に従事していましたが、北陸地方で求人があるのか、私には未知の世界でしたし。

 交際後すぐ先方のご両親にもお会いしましたが、いい方たち過ぎて『私は嫁いだらいつか心が折れてしまうだろう』とも感じました。彼の地元は外湯(共同浴場)で入浴をするのが習慣化しているのですが、私のためだけに用意したコンテナの中に、ユニットバスをつくってくれたんです。お風呂に入っていると、海の波が聞こえてくるような絶景の場所に。まだ結婚が確定していないのに、ですよ? 

 ご両親から大歓迎されているのはわかりましたが、結婚願望のない私には荷が重く、しばらくおつき合いしたもののお別れしました。ご両親に高額な費用を出していただいたのは、今でも申し訳なく思っています」

 具体的な結婚の日時が決まる前に、美菜子さんのために同居前提で浴室をこしらえる。ご両親は外堀を埋めようとしたのでしょうが、たしかに重いですね……。

外堀を埋めるのは高リスク

偽りの「独身主義」(写真:iStock)
偽りの「独身主義」 (写真:iStock)

 筆者の知人男性にも、彼女に挟み撃ちされた経験者がいます。彼女はできるだけ早く彼と結婚したかったのでしょう。彼女から「ウチに遊びに来ない?」と誘われてついていったら、自宅には両親がそろって待ちかまえていたとのこと。父親から「娘と結婚する気はあるのか?」と詰め寄られ、困惑。彼女との交際歴が浅かったため、彼は逃げ出すように彼女とお別れしたそうです。

 恋愛や結婚に向けて、外堀を埋めるのは一歩間違えると別離につながる危うい行為なのかもしれません。

 美菜子さんは10代と20代の恋愛を経て、「男性はすぐ結婚したがるものなんでしょうね」と言いますが、違いますよ! 全ケースにあてはまるとはいえませんが、男性は結婚に対して大きなきっかけがなければ決めたがらない性。今は結婚しても共働き夫婦が一般化していて“責任”は二分化しているかもしれませんが、男性は本気にならない限り、結婚という形で相手の責任をとりたがらないものです。

 現に筆者の知人男性にもいました。単なる交際ならOKだけど、結婚は考えられない彼女に「自分は一生、結婚する気はない」と、独身主義を装って貫いた人が。よく「女性は怖い」といわれますが、おなかの中ではなにを考えているかわからない男性もいるのです。

ラブ 新着一覧


恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ
お金持ち男性の彼女に選ばれるには?5つの共通点&テクニック
 男性の経済力をチェックする女性は多いでしょう。将来、結婚するとなれば、お金持ちの男性のほうが断然安心ですよね。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
別れても好きと思われたい…忘れられない“いい女”になる方法
 いろいろな事情で別れることになってしまっても、一度は好きになった人。「別れても好きだと思われたい!」という思いを抱く女...
恋バナ調査隊 2021-09-20 06:00 ラブ
恋愛に興味ない…彼氏を欲しがらない女性の心理4つ&克服法
 一昔前までは、「女性の幸せ=素敵な恋愛&結婚」だったかもしれません。しかし、現在ではさまざまな理由から、恋愛や結婚が女...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
女性のすっぴんに対する4つの男性心理♡ 見た時の本音も紹介
 女性からすると、できれば男性に見られたくない「すっぴん」。でも、なぜか「すっぴんのほうが可愛いよ!」と言う男性って多い...
恋バナ調査隊 2021-09-19 06:00 ラブ
可愛くて怒れない…ぶっ飛んでる妻からの天然すぎるLINE5選
 天然の女性って可愛いですよね♡ そんな女性を妻に持った男性は、毎日、そのぶっとんだ言動にイラっとしながらも、結局可愛く...
割り勘をする男性に隠された5つの心理&交際する判断ポイント
 交際前、もしくは交際したばかりの彼とのデートの際、会計で割り勘を要求されたら、あなたはどう思いますか? 中には、その時...
恋バナ調査隊 2021-09-18 06:00 ラブ
ファンにおねだり三昧…恋人の欲深い一面に幻滅した男性の弁
「冷酷と激情のあいだvol.56〜女性編〜」では同棲中の彼氏からライブ配信者としての姿を認めてもらえないシングルマザー・...
並木まき 2021-09-18 06:22 ラブ
彼の稼ぎだけでは厳しいのに…仕事を理解されない女性の苦悩
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-18 06:15 ラブ
肉食系男性が本気になる女性の特徴&効果的なアプローチ方法
 好奇心旺盛で積極的な「肉食系男性」。遊び人や浮気性というイメージがあるため、そんな肉食系男性を好きになってしまった人は...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
男性は恋に冷めると態度が変わる…見極めたい男性心理&行動
「彼氏の態度が最近冷たい……」と、悩んでいる人は多いでしょう。「冷めてしまったの?」と、眠れない夜を過ごしているかもしれ...
恋バナ調査隊 2021-09-17 06:00 ラブ
性別の違う恋人を2人作る「両性型恋愛」を選んだ女性の告白
 性の多様化が進む昨今、複数の恋人を持つポリアモリーという分散型恋愛を実践する人も増えています。また、それとは別に、性の...
内藤みか 2021-09-16 06:00 ラブ
年の差を気にする年上男性の心理&上手なアプローチ方法3選
 たとえば、10歳以上、年の差がある男性を好きになったとしても「年齢の差なんて気にしない」と思う女性は多いでしょう。でも...
恋バナ調査隊 2021-09-16 06:00 ラブ
待っていたらダメ! 彼から連絡が来ない本当の理由と対処法
 仕事が忙しいとパートナーとの連絡頻度が減り、お互いに放置してしまう……なんてことはありませんか? 私は仕事中にカレから...
若林杏樹 2021-09-15 06:00 ラブ
運命の人“スピリチュアルパートナー”の特徴&出会う前の変化
「魂の深いつながりがある」「お互いの成長をサポートし合う関係」と言われるのが、“スピリチュアルパートナー”です。まさに、...
恋バナ調査隊 2021-09-15 06:00 ラブ