アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 知人女性に、「夫はもう自分を女として見てくれず、セックスレス」との悩みを打ち明けたI子さん(42歳・ウォーキング講師・子供なし)は、「既婚者合コン」に初参加することになった。自己紹介タイムこそ緊張したものの、フリータイムでは、明朗でトーク上手な銀行マン・Aさん(48歳)と意気投合。夫はもう言ってくれない「キレイだ」「セクシーだ」などの甘い言葉に、心ときめくひと時を過ごすことができた。パーティーの帰り際、I子さんは彼に「二人きりで呑みませんか?」と誘われて……。
 一回目はコチラ

知人女性からの衝撃的なLINE

あからさまな文面に驚愕(写真:iStock)
あからさまな文面に驚愕 (写真:iStock)

――フリータイムで盛りあがったAさんからのお誘い。その後をお聞かせください。

「はい、彼に『一時間……いや、三十分だけでもいいから、話したい』と言われて、近くのカウンタバーに行きました。時刻は二十二時。

 夫には『夜の部のウォーキングレッスンの生徒さんたちと、少しだけお茶して帰ります』とメールを送り、三十分だけ話そうということになったんです。Aさんには、パーティー中から好意を寄せられて、いい気分になっていたのですが、バーでも『I子さんを独り占めできて幸せです』なんて言われて……。さらに、ときめいちゃいましたね。

 銀縁メガネが似合うクールさと、時おり見せる『大人の男の無邪気な笑顔』に魅せられて……。だから、カウンターでさりげなく腰を抱かれた時も、拒みませんでした」

――続けてください

「あまり時間がなかったので、まずはLINEの交換をしました。そして、互いの家庭のことを話しました。

 私は『夫とはまあまあ仲良しですが、子供もいなくて、これから作る予定もない。そもそも、もう女として見られていない』旨を正直に告げました。

 Aさんは『僕の家は高2の娘がいるけれど、女房と娘の仲が良くて、男の僕だけのけものですよ』なんて笑っていましたね。

 私が『素敵な旦那さまとパパがいらして、ご家族は幸せですね』と言うと、Aさんは私の目をまっすぐに見ながら『娘は可愛いけれど、妻とはもう家族ですよ。お互いを異性として意識していた時期は、とっくに終わっています』と言われて……。私、返答に困りました。

 その時、私のLINEの着信音が鳴ったんです。見れば、既婚者合コンに誘ってくれた知人女性でした。Aさんに『すみません』とひとこと詫びてから、内容を読んで驚きました。

『今日はありがとう。こっちはラブホでエッチ中。彼、今シャワーなの♡ 既婚者合コン参加者はエッチ目的の男女が多いから、I子さんもどんどん楽しんで、素敵なセカンドパートナーを探してね♡』というあからさまな文面で、ギョッとしました」

出会いから2週間後再び…

黒のシルクの下着で(写真:iStock)
黒のシルクの下着で (写真:iStock)

――セカンドパートナー……ですか?

「はい、ものは言いようですね。要するに、家庭ではすでに『家族愛』になってしまった男女が、再び男と女に戻ってお互いを求める出会いの場でもあったんです」

――そんな現状が……

「もちろん、単に日常を忘れて異性と交流を深めたい人もいるかもしれません。ただ、Aさんも私も初参加でしたが、すでにこうして「非日常」を楽しんでいる。横に座る相手と今後どうなっていくのかドキドキしている……それが、いずれセックスする仲になっても、自然なことだと思えてしまって……。

 その後、Aさんとはバーを出たのですが、帰り際に抱き寄せらせ、キスされました」

――続けてください

「すごく嬉しかったです。帰りの電車で、いくども彼とのキスを反芻しました。柔らかな唇や、少しだけ髭がチクチクする感触を思い出すと、胸が高鳴ってしまって……。

 彼と再び逢うことになったのは、それから二週間後です。汐留にある高級ホテルの一室をリザーブしてくれて――。私は出かけるときに念入りにシャワーを浴びて、彼に脱がされるであろうシルクの黒いランジェリーを身に着けました。

 洋服は、下着に合わせた黒のシックなワンピース。

 すでに体は火照っていましたよ。四十二歳の体を見られてガッカリされないか、すごく心配でしたが、彼に抱かれる期待のほうが勝りましたね」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク