アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 知人女性に、「夫はもう自分を女として見てくれず、セックスレス」との悩みを打ち明けたI子さん(42歳・ウォーキング講師・子供なし)は、「既婚者合コン」に初参加することになった。自己紹介タイムこそ緊張したものの、フリータイムでは、明朗でトーク上手な銀行マン・Aさん(48歳)と意気投合。夫はもう言ってくれない「キレイだ」「セクシーだ」などの甘い言葉に、心ときめくひと時を過ごすことができた。パーティーの帰り際、I子さんは彼に「二人きりで呑みませんか?」と誘われて……。
 一回目はコチラ

知人女性からの衝撃的なLINE

あからさまな文面に驚愕(写真:iStock)
あからさまな文面に驚愕 (写真:iStock)

――フリータイムで盛りあがったAさんからのお誘い。その後をお聞かせください。

「はい、彼に『一時間……いや、三十分だけでもいいから、話したい』と言われて、近くのカウンタバーに行きました。時刻は二十二時。

 夫には『夜の部のウォーキングレッスンの生徒さんたちと、少しだけお茶して帰ります』とメールを送り、三十分だけ話そうということになったんです。Aさんには、パーティー中から好意を寄せられて、いい気分になっていたのですが、バーでも『I子さんを独り占めできて幸せです』なんて言われて……。さらに、ときめいちゃいましたね。

 銀縁メガネが似合うクールさと、時おり見せる『大人の男の無邪気な笑顔』に魅せられて……。だから、カウンターでさりげなく腰を抱かれた時も、拒みませんでした」

――続けてください

「あまり時間がなかったので、まずはLINEの交換をしました。そして、互いの家庭のことを話しました。

 私は『夫とはまあまあ仲良しですが、子供もいなくて、これから作る予定もない。そもそも、もう女として見られていない』旨を正直に告げました。

 Aさんは『僕の家は高2の娘がいるけれど、女房と娘の仲が良くて、男の僕だけのけものですよ』なんて笑っていましたね。

 私が『素敵な旦那さまとパパがいらして、ご家族は幸せですね』と言うと、Aさんは私の目をまっすぐに見ながら『娘は可愛いけれど、妻とはもう家族ですよ。お互いを異性として意識していた時期は、とっくに終わっています』と言われて……。私、返答に困りました。

 その時、私のLINEの着信音が鳴ったんです。見れば、既婚者合コンに誘ってくれた知人女性でした。Aさんに『すみません』とひとこと詫びてから、内容を読んで驚きました。

『今日はありがとう。こっちはラブホでエッチ中。彼、今シャワーなの♡ 既婚者合コン参加者はエッチ目的の男女が多いから、I子さんもどんどん楽しんで、素敵なセカンドパートナーを探してね♡』というあからさまな文面で、ギョッとしました」

出会いから2週間後再び…

黒のシルクの下着で(写真:iStock)
黒のシルクの下着で (写真:iStock)

――セカンドパートナー……ですか?

「はい、ものは言いようですね。要するに、家庭ではすでに『家族愛』になってしまった男女が、再び男と女に戻ってお互いを求める出会いの場でもあったんです」

――そんな現状が……

「もちろん、単に日常を忘れて異性と交流を深めたい人もいるかもしれません。ただ、Aさんも私も初参加でしたが、すでにこうして「非日常」を楽しんでいる。横に座る相手と今後どうなっていくのかドキドキしている……それが、いずれセックスする仲になっても、自然なことだと思えてしまって……。

 その後、Aさんとはバーを出たのですが、帰り際に抱き寄せらせ、キスされました」

――続けてください

「すごく嬉しかったです。帰りの電車で、いくども彼とのキスを反芻しました。柔らかな唇や、少しだけ髭がチクチクする感触を思い出すと、胸が高鳴ってしまって……。

 彼と再び逢うことになったのは、それから二週間後です。汐留にある高級ホテルの一室をリザーブしてくれて――。私は出かけるときに念入りにシャワーを浴びて、彼に脱がされるであろうシルクの黒いランジェリーを身に着けました。

 洋服は、下着に合わせた黒のシックなワンピース。

 すでに体は火照っていましたよ。四十二歳の体を見られてガッカリされないか、すごく心配でしたが、彼に抱かれる期待のほうが勝りましたね」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


妊娠発覚でパパがバックレた! 24歳フリーターから学ぶこと
「夏は風俗デビューする女性が増える」  これ、風俗業界では常識。肌の露出が増える季節ってのは、気持ちまで大胆になる...
中山美里 2024-06-18 06:00 エロコク
優しいお値段で質は高級♡ 8段階でパワー調整の電マ
 安かろう悪かろうーー。以前はよく聞いた言葉です。そういったものがなくなったわけではないですが、どのジャンルにおいても低...
桃子 2024-06-16 06:00 エロコク
内縁妻の抵抗。父の罵倒、引き裂かれリモートオナニーでエクスタシー #5
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性と恋に落ちた千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会社/独身)...
蒼井凜花 2024-06-14 06:00 エロコク
食べ物でアソコの匂いに変化?25歳OLが実践したマル秘健康術
「私、毎回パパの精子は飲んであげるんだけど」  と語るのは、パパ活歴2年だという、可愛い顔した小悪魔女子の玲奈ちゃ...
中山美里 2024-06-11 06:00 エロコク
まるでプラネタリウム! ロマンチックな演出もできる吸引系グッズ
 コスメのような美しいケースをパカッと開くと、現れるのは定番の吸引系グッズ。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸...
桃子 2024-06-09 06:00 エロコク
内縁妻、アヌス弄り&足舐め濃厚セックスの裏でまさかの親バレ…!#4
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-14 11:34 エロコク
女として育ててくれたパパにお礼がしたい…25歳女子のホッコリエピ
 世の中全体が世知辛くなってしまった昨今。ギスギスした話を読むのも聞くのも疲れちゃったよ、なんて方も多いのではないでしょ...
中山美里 2024-06-04 06:00 エロコク
反り具合が絶妙! クリとナカを同時に絶頂に導く神バイブ♡
 女性ならみんな大好き、クリ刺激。ナカがあまり感じないからクリ派だという女性は一定数いますが、ナカ派の女性もクリ刺激は大...
桃子 2024-06-02 06:00 エロコク
内縁妻「縁切り神社」で略奪愛を願掛け、AV仕込みの回転セックスで…#3
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-06-07 12:04 エロコク
ウィンウィンの関係よ♡ SMプレイでパパも私もストレス発散!
 更年期障害といえば、女性が抱える悩みと認識している方が多いと思いますが、最近では男性にも増えているそうですね。 ...
中山美里 2024-05-29 09:47 エロコク
サイズもお値段も小さめ! 1stチョイスにピッタリな電マ♡
「テルテルデンマ・BON」は、多くの人をニッコリ笑顔にする電マです。たしかに電マの形状って頭が大きく、持ち手は胴体のよう...
桃子 2024-05-26 06:00 エロコク
避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-31 14:10 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク