アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#2

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-04 06:00
投稿日:2021-06-04 06:00
 知人女性に、「夫はもう自分を女として見てくれず、セックスレス」との悩みを打ち明けたI子さん(42歳・ウォーキング講師・子供なし)は、「既婚者合コン」に初参加することになった。自己紹介タイムこそ緊張したものの、フリータイムでは、明朗でトーク上手な銀行マン・Aさん(48歳)と意気投合。夫はもう言ってくれない「キレイだ」「セクシーだ」などの甘い言葉に、心ときめくひと時を過ごすことができた。パーティーの帰り際、I子さんは彼に「二人きりで呑みませんか?」と誘われて……。
 一回目はコチラ

知人女性からの衝撃的なLINE

あからさまな文面に驚愕(写真:iStock)
あからさまな文面に驚愕 (写真:iStock)

――フリータイムで盛りあがったAさんからのお誘い。その後をお聞かせください。

「はい、彼に『一時間……いや、三十分だけでもいいから、話したい』と言われて、近くのカウンタバーに行きました。時刻は二十二時。

 夫には『夜の部のウォーキングレッスンの生徒さんたちと、少しだけお茶して帰ります』とメールを送り、三十分だけ話そうということになったんです。Aさんには、パーティー中から好意を寄せられて、いい気分になっていたのですが、バーでも『I子さんを独り占めできて幸せです』なんて言われて……。さらに、ときめいちゃいましたね。

 銀縁メガネが似合うクールさと、時おり見せる『大人の男の無邪気な笑顔』に魅せられて……。だから、カウンターでさりげなく腰を抱かれた時も、拒みませんでした」

――続けてください

「あまり時間がなかったので、まずはLINEの交換をしました。そして、互いの家庭のことを話しました。

 私は『夫とはまあまあ仲良しですが、子供もいなくて、これから作る予定もない。そもそも、もう女として見られていない』旨を正直に告げました。

 Aさんは『僕の家は高2の娘がいるけれど、女房と娘の仲が良くて、男の僕だけのけものですよ』なんて笑っていましたね。

 私が『素敵な旦那さまとパパがいらして、ご家族は幸せですね』と言うと、Aさんは私の目をまっすぐに見ながら『娘は可愛いけれど、妻とはもう家族ですよ。お互いを異性として意識していた時期は、とっくに終わっています』と言われて……。私、返答に困りました。

 その時、私のLINEの着信音が鳴ったんです。見れば、既婚者合コンに誘ってくれた知人女性でした。Aさんに『すみません』とひとこと詫びてから、内容を読んで驚きました。

『今日はありがとう。こっちはラブホでエッチ中。彼、今シャワーなの♡ 既婚者合コン参加者はエッチ目的の男女が多いから、I子さんもどんどん楽しんで、素敵なセカンドパートナーを探してね♡』というあからさまな文面で、ギョッとしました」

出会いから2週間後再び…

黒のシルクの下着で(写真:iStock)
黒のシルクの下着で (写真:iStock)

――セカンドパートナー……ですか?

「はい、ものは言いようですね。要するに、家庭ではすでに『家族愛』になってしまった男女が、再び男と女に戻ってお互いを求める出会いの場でもあったんです」

――そんな現状が……

「もちろん、単に日常を忘れて異性と交流を深めたい人もいるかもしれません。ただ、Aさんも私も初参加でしたが、すでにこうして「非日常」を楽しんでいる。横に座る相手と今後どうなっていくのかドキドキしている……それが、いずれセックスする仲になっても、自然なことだと思えてしまって……。

 その後、Aさんとはバーを出たのですが、帰り際に抱き寄せらせ、キスされました」

――続けてください

「すごく嬉しかったです。帰りの電車で、いくども彼とのキスを反芻しました。柔らかな唇や、少しだけ髭がチクチクする感触を思い出すと、胸が高鳴ってしまって……。

 彼と再び逢うことになったのは、それから二週間後です。汐留にある高級ホテルの一室をリザーブしてくれて――。私は出かけるときに念入りにシャワーを浴びて、彼に脱がされるであろうシルクの黒いランジェリーを身に着けました。

 洋服は、下着に合わせた黒のシックなワンピース。

 すでに体は火照っていましたよ。四十二歳の体を見られてガッカリされないか、すごく心配でしたが、彼に抱かれる期待のほうが勝りましたね」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


“秒でいく”は本当?女性向けラブグッズ「マイメアリープラス」の口コミレビュー♡ひとりにもカップルにもおすすめな理由
 あなたは、ラブグッズを持っていますか? 「彼と試した経験がある!」という人は多そうですが、自分で購入するとなるとハード...
ラブグッズはセックスレスに効果的!男性の意外な本音とは
 セクシュアルコンタクトが1か月以上ないことをセックスレスと呼びます。こうなると男性は「女性はしたい日としたくない日の差...
神田つばき [PR] 2021-06-25 16:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#5
 既婚者合コンで知り合った男性・Aさん(48歳・銀行マン)との逢瀬を続けていたウォーキング講師のI子さん(42歳)。 ...
蒼井凜花 2021-06-25 16:16 エロコク
いろんなプレーに応用可能!男女どちらの愛撫にも使える♡
 ラブグッズを購入する際、無視できないのがコストです。コロナ禍になって以降、通販での購入も増えていて、実際に手に取って質...
桃子 2021-06-20 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に…#4
 既婚者合コンで知り合った男性AさんとホテルでベッドインしたI子さん(42歳・ウォーキング講師)は、彼の練達した指づかい...
蒼井凜花 2021-06-18 06:00 エロコク
クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は...
蒼井凜花 2021-06-11 06:00 エロコク
レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト...
大泉りか 2021-06-09 06:00 エロコク
まずは吸引刺激でクリイキ! 次にバイブ挿入で快感倍増♡
 落ち着いた藤色が大人っぽい「サティスファイヤー デュアルプレジャー」。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上...
桃子 2021-06-06 06:00 エロコク
下着の内側に仕込んで遠隔操作可能♡ 定番の羞恥プレーもOK
 極細の先端でクリトリスを集中的に刺激するタイプのローターが、じわじわ増えています。派手さはないものの、確実にオーガズム...
桃子 2021-05-30 06:00 エロコク
クリを刺激する機能が3種類も!オーガズムを我慢できない♡
 アウトドアで定番の“十徳ナイフ”ってありますよね。ハサミや缶切り、コルク栓抜きなどがコンパクトにまとまったものですが、...
桃子 2021-05-23 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#5
 ついに14歳年下の大学生・Dさんと一線を越えてしまったY美さん(35)は、久しぶりのセックスに耽溺する。正常位でまぐわ...
蒼井凜花 2021-05-24 15:18 エロコク
一度挿入したら抜けにくい!頭でっかちバイブの魅力♡
 大人っぽい赤色が上品な「スヴァコム フェニックス ネオ」。生クリームをギュッとしぼり出したようなフォルムで、外と中の両...
桃子 2021-05-16 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#4
14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、大人の女のテクニックを見せつけるように、熟達したフェラ...
蒼井凜花 2021-05-14 06:09 エロコク
上下に動くパールがGスポットを刺激…未知の愛撫にうっとり
 Gスポットはいまだ謎の多い魅惑の性感帯。一説によるとクリトリスの一部で、表に見えている豆のような部分から長く伸びた足が...
桃子 2021-05-09 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#3
 ついに14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、ホテルのドアを閉めるなり、彼と抱きしめ合った。...
蒼井凜花 2021-05-07 06:00 エロコク