運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-18 06:00
投稿日:2021-06-18 06:00
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいますよね。でも、付き合っていくうちに「なんか違った」と、勘違いだったことに気付くことも多いもの。
 そこで今回は、運命の人と違った場合に共通する特徴や、運命の人かどうかを見極めるコツをご紹介します。

運命の人だと思ったら違った…共通する7つの特徴

運命じゃなかった…(写真:iStock)
運命じゃなかった… (写真:iStock)

 運命の人だと思っていたのに、付き合ってみたら「違った……」と感じた人たちには、いくつかの共通点があるようです。チェックしてみましょう。

1. いつも胸に不安を感じていた

 運命の人だと思ってアプローチし、付き合うことができた彼。大好きなのに、なぜかいつも心に不安を感じている場合は、運命の人とはいえないでしょう。

「恋は盲目」ともいうように、恋愛中は自分に不都合な事実にフタをしてしまいがち。でも、胸に手を当てて、よく考えてみてください。その不安は、あなたの本心が「違う」と気づいているサインかもしれません。

2. 周囲の人から交際を反対された

 運命の人と出会うと、とんとん拍子に付き合いが進んでいくことが多いです。本人同士がどんなに運命だと思っていても、周囲の人に交際を反対されるなら、恋に舞い上がってしまっているだけで、運命の人ではないのかもしれません。

 一度、周りの声に耳を傾けて、冷静に彼を見つめてみることも必要です。

3. 相手を心のどこかで見下していた

 運命の相手と出会った時は、彼のありのままの姿に魅力を感じるもの。もしも、心のどこかで彼を見下している自分がいるなら、運命の人ではない可能性が高いでしょう。

 あなたが見ているのは、「◯◯が足りない彼」であり、短所も含めた「ありのままの彼」ではありません。運命の人を見つけるには、そのままの彼を見る目を持つことが大前提なのです。

4. 相手が我慢して合わせていた

 彼と一緒にいるととても居心地が良いと、「運命の人かも」と思ってしまう人もいるでしょう。

 でも、運命の2人は「お互いが」一緒にいて心地良さを感じるもの。要は、あなたは心地良くても、彼が我慢して合わせているだけの場合もあるのです。相手も同じような心地良さを感じているか、気にすることも大切でしょう。

5. 理想の男性だったけど相性は悪かった

 長年思い描いていた理想の男性が目の前に現れたら、「運命の人」だと思ってしまいますよね。でも、その理想が、周囲やメディアによって作られた思い込みの理想だった場合、実際に付き合ってみるととても相性が悪い場合もあります。

 運命の相手は、必ずしも理想通りとは限りません。全然タイプではないけれど、一緒にいて心底落ち着く人が運命であることも多いのです。

6. 相手が「運命」というのでその言葉を信じた

 自分の意志ではなく、相手に「俺たちは運命だ」と言われ続けて、思い込んでしまうこともあります。運命と感じるかどうかは、必ず「自分の胸」に聞くようにしましょう。もしも、自分がそう思わないのであれば、運命とはいえないはず。あとから後悔してしまうこともあるので、注意が必要でしょう。

7. 彼といても自然体でいられなかった

 彼に嫌われたくないからと、いい子や彼好みの女性を演じ続けている女性もいます。でも、運命の人と出会った時には、自然体の自分でいられるもの。いつも彼の前で素の自分を出せない場合、彼は運命の人ではない可能性があります。

運命の人と違った…となる前に! 運命を見極める2つのコツ

出会った瞬間にわかっちゃうことも(写真:iStock)
出会った瞬間にわかっちゃうことも (写真:iStock)

 では、本当に運命の人かどうかは、どうやって見極めたら良いのでしょうか? 2つのコツを見ていきましょう。

1. 出会った時に明らかに直感で感じる

 彼と出会った時に雷に打たれるような感覚や、根拠はないけれど「この人が運命の人だ」と、強く直感で感じたなら、運命の人である可能性が非常に高いでしょう。

 また、彼をはじめて見た時に光って見えたり、どうしても気になって仕方がないという場合も、運命の人である場合が多いようですよ。

2. 人生の転機で出会った

 運命の人と出会う時は、なぜか人生の転機となる時期が多いようです。たとえば、大きな怪我や病気をした時、転職したタイミング、身内の死など、自分のことを見つめ直すなんらかの出来事が起こり、新しいステップに踏み出そうとする時に現れるのです。

 もしも、ピンチの時に「この人かも」という人に出会ったなら、運命の人と思って良いかもしれません。

運命の人とは違った時に「自分の気持ち」をごまかさないで

本当の運命の人はもうすぐそこに?(写真:iStock)
本当の運命の人はもうすぐそこに? (写真:iStock)

 運命だと思っていたのに「なんか違った」「運命のはずなのに振られた」「私の勘違いだった」という場合は、諦めがつかず、辛い思いを抱えることになるでしょう。でも、そこで自分の気持ちにフタをして彼や過去にすがりつけば、新しい出会いはやってきません。

 その辛い経験は、もしかしたら、運命の人に出会うためのステップである可能性もあるのです。もしも縁のある人を見つけたいなら、自分の気持ちに素直になること。そうすれば、ありのままのあなたを好きになってくれる本当の「運命の人」が現れるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ