運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-18 06:00
投稿日:2021-06-18 06:00
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいますよね。でも、付き合っていくうちに「なんか違った」と、勘違いだったことに気付くことも多いもの。
 そこで今回は、運命の人と違った場合に共通する特徴や、運命の人かどうかを見極めるコツをご紹介します。

運命の人だと思ったら違った…共通する7つの特徴

運命じゃなかった…(写真:iStock)
運命じゃなかった… (写真:iStock)

 運命の人だと思っていたのに、付き合ってみたら「違った……」と感じた人たちには、いくつかの共通点があるようです。チェックしてみましょう。

1. いつも胸に不安を感じていた

 運命の人だと思ってアプローチし、付き合うことができた彼。大好きなのに、なぜかいつも心に不安を感じている場合は、運命の人とはいえないでしょう。

「恋は盲目」ともいうように、恋愛中は自分に不都合な事実にフタをしてしまいがち。でも、胸に手を当てて、よく考えてみてください。その不安は、あなたの本心が「違う」と気づいているサインかもしれません。

2. 周囲の人から交際を反対された

 運命の人と出会うと、とんとん拍子に付き合いが進んでいくことが多いです。本人同士がどんなに運命だと思っていても、周囲の人に交際を反対されるなら、恋に舞い上がってしまっているだけで、運命の人ではないのかもしれません。

 一度、周りの声に耳を傾けて、冷静に彼を見つめてみることも必要です。

3. 相手を心のどこかで見下していた

 運命の相手と出会った時は、彼のありのままの姿に魅力を感じるもの。もしも、心のどこかで彼を見下している自分がいるなら、運命の人ではない可能性が高いでしょう。

 あなたが見ているのは、「◯◯が足りない彼」であり、短所も含めた「ありのままの彼」ではありません。運命の人を見つけるには、そのままの彼を見る目を持つことが大前提なのです。

4. 相手が我慢して合わせていた

 彼と一緒にいるととても居心地が良いと、「運命の人かも」と思ってしまう人もいるでしょう。

 でも、運命の2人は「お互いが」一緒にいて心地良さを感じるもの。要は、あなたは心地良くても、彼が我慢して合わせているだけの場合もあるのです。相手も同じような心地良さを感じているか、気にすることも大切でしょう。

5. 理想の男性だったけど相性は悪かった

 長年思い描いていた理想の男性が目の前に現れたら、「運命の人」だと思ってしまいますよね。でも、その理想が、周囲やメディアによって作られた思い込みの理想だった場合、実際に付き合ってみるととても相性が悪い場合もあります。

 運命の相手は、必ずしも理想通りとは限りません。全然タイプではないけれど、一緒にいて心底落ち着く人が運命であることも多いのです。

6. 相手が「運命」というのでその言葉を信じた

 自分の意志ではなく、相手に「俺たちは運命だ」と言われ続けて、思い込んでしまうこともあります。運命と感じるかどうかは、必ず「自分の胸」に聞くようにしましょう。もしも、自分がそう思わないのであれば、運命とはいえないはず。あとから後悔してしまうこともあるので、注意が必要でしょう。

7. 彼といても自然体でいられなかった

 彼に嫌われたくないからと、いい子や彼好みの女性を演じ続けている女性もいます。でも、運命の人と出会った時には、自然体の自分でいられるもの。いつも彼の前で素の自分を出せない場合、彼は運命の人ではない可能性があります。

運命の人と違った…となる前に! 運命を見極める2つのコツ

出会った瞬間にわかっちゃうことも(写真:iStock)
出会った瞬間にわかっちゃうことも (写真:iStock)

 では、本当に運命の人かどうかは、どうやって見極めたら良いのでしょうか? 2つのコツを見ていきましょう。

1. 出会った時に明らかに直感で感じる

 彼と出会った時に雷に打たれるような感覚や、根拠はないけれど「この人が運命の人だ」と、強く直感で感じたなら、運命の人である可能性が非常に高いでしょう。

 また、彼をはじめて見た時に光って見えたり、どうしても気になって仕方がないという場合も、運命の人である場合が多いようですよ。

2. 人生の転機で出会った

 運命の人と出会う時は、なぜか人生の転機となる時期が多いようです。たとえば、大きな怪我や病気をした時、転職したタイミング、身内の死など、自分のことを見つめ直すなんらかの出来事が起こり、新しいステップに踏み出そうとする時に現れるのです。

 もしも、ピンチの時に「この人かも」という人に出会ったなら、運命の人と思って良いかもしれません。

運命の人とは違った時に「自分の気持ち」をごまかさないで

本当の運命の人はもうすぐそこに?(写真:iStock)
本当の運命の人はもうすぐそこに? (写真:iStock)

 運命だと思っていたのに「なんか違った」「運命のはずなのに振られた」「私の勘違いだった」という場合は、諦めがつかず、辛い思いを抱えることになるでしょう。でも、そこで自分の気持ちにフタをして彼や過去にすがりつけば、新しい出会いはやってきません。

 その辛い経験は、もしかしたら、運命の人に出会うためのステップである可能性もあるのです。もしも縁のある人を見つけたいなら、自分の気持ちに素直になること。そうすれば、ありのままのあなたを好きになってくれる本当の「運命の人」が現れるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ