離れられない運命の相手 “ツインソウル”の特徴&見極め方♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-19 06:00
投稿日:2020-06-19 06:00
「この人は、切っても切れない運命の相手かも!?」なんて感じたことはありますか? そんな離れられない運命の相手は、「ツインソウル」と呼ばれています。スピリチュアル的な考えであるツインソウルですが、実は、出会った時に見極める方法があるのだとか。そんな運命の相手は、どんな特徴を持っているのでしょうか?

ツインソウルかも♡ 離れられない相手の特徴&見極め方6つ

不思議と「この人だけ」と思える(写真:iStock)
不思議と「この人だけ」と思える (写真:iStock)

 離れられない相手、「ツインソウル」とは、「双子の魂」と言われています。“本来1つの魂が2つに分かれてこの世に生を受け、いずれ再会するという運命にある”というのが、ツインソウルの宿命。

 そんなツインソウルには、どんな特徴があるのでしょうか? まずは、6つの見極め方をチェックしていきましょう。

1. はじめからすんなり打ち解けられる

 離れられない相手に出会う瞬間は、突然訪れます。はじめて会ったのにも関わらず、壁を感じることなくすんなり話が弾み、昔からの友人のようにスムーズなやりとりができる相手は、ツインソウルかもしれません。

 普段は人見知りなのに、「なぜだかこの人にはなんでも話せる」という相手に注目してみましょう。初対面での打ち解けやすさは、最初にチェックしたい項目です。

2. 安らぎを与えてくれる安心感

 一緒にいて安らぎを与えてくれる相手も、ツインソウルである可能性があります。刺激的な恋愛をしたいと思う方もいるかもしれませんが、ツインソウルは心の奥底でつながっている関係ですので、刺激的というよりは、心が休まるような安心感を感じられるのも特徴でしょう。

 人は安らぎを求める生き物。ツインソウルに出会うと、自然とその人と一緒にいたいと考えてしまうのです。

3. 自然と触れ合う関係性

 ツインソウルが側にいると、「常に触れたい」と感じます。隣にいれば寄り添い、歩いている時は自然と手を繋ぐなど、自然と相手に触れてしまいます。

 ツインソウルは前世ではもともと1つの魂であった関係だったため、無意識のうちに相手を求めてしまうと言われています。意識的に触れ合うのではなく、「この人とは、気がつけば寄り添ってしまう」と感じることが多いのであれば、それは離れられない運命の相手なのかもしれません。

4. 全てを受け止めてくれる信頼

 ツインソウルに出会うと、今まで自分の中に秘めてきた思いや人前での仮面を外し、ありのままの自分をさらけ出すことができます。それは、「この人なら全てを受け止めてくれる」という絶対的な信頼があるからこそ、そのような気持ちになるのでしょう。

 普段、なかなか他人に自分をさらけ出すことができないと感じる方は、そんな心を許せる相手と出会うことで、新しい自分を見つけることができるでしょう。

5. 悩みを打ち明けられる

 ツインソウルを見つけると自分をさらけ出せるだけでなく、自分の中で抱える悩みなども打ち明けられるようになります。大きな信頼のもと、悩みに対しても相手と一緒に解決したいという考えが芽生え、相手を頼るようになります。

 また、同じように相手の悩みも自分のことのように解決したいと思うようになるため、親身になって相手のことを考えられるようになるでしょう。離れられない運命の相手というのは、元はひとりの人間であったかのような感覚に陥ることもあるそうです。

6. 結局「この人だけ」と思える自信

 離れられない運命の相手とは、お互いに強く惹かれ合うものです。たとえほかの人に目移りすることがあっても、結局は「この人だけ」だと思えるため、自然と関係が戻っていきます。

 人生において、時には障害にぶつかることもあるでしょう。場合によっては、別れの選択をする可能性もあります。しかし、離れられない運命の相手というものは、たとえ大きな障害があろうとも、いずれはその相手と人生を共にすることになるでしょう。切っても切れない関係こそが、離れられない運命の相手と言えるのです。

本当に運命? 勘違いしがちな離れられない相手とは

一目ぼれ=ツインソウルではない(写真:iStock)
一目ぼれ=ツインソウルではない (写真:iStock)

 運命的な出会いとも言えるツインソウルですが、離れられない人が運命の相手とは限りません。「運命かも?」と勘違いしてしまって傷つかないためにも、勘違いを避ける2つのポイントをご紹介します。

依存してしまっているだけ

 離れられない相手とは、自然と相手を求める関係性です。ここで勘違いしたくないのが「依存」です。一緒にいないと不安でしかたがなく、常に連絡し合ったり、依存関係になっている場合、ツインソウルとは言えないでしょう。

 ツインソウルのような運命の相手とは、離れていても自然と信じ合える関係を築くことができます。離れていると不安に感じる場合には、少し注意が必要です。

一目惚れをしたパターン

 離れられない運命の相手と出会うと、どことなく懐かしい雰囲気を感じたり、初対面なのに思い切り打ち解けてしまうものです。

 しかし、これは「一目惚れ」とは違うもの。外見を気に入って一目惚れした場合には、自分の中のこじ付けとして、運命的な出会いだと思い込んでしまう方も少なくありません。

 心で繋がっているツインソウルは、むしろその逆パターンであることがほとんどです。普段なら付き合うタイプではないのに、なぜか妙に惹かれてしまうのです。芯の部分でお互いを求める相手こそが、本当のツインソウルだと言えるでしょう。

離れられないツインソウルとの出会いを見極めて♡

「ツインソウル」はすぐそばにいるかも(写真:iStock)
「ツインソウル」はすぐそばにいるかも (写真:iStock)

 離れられない運命的な相手との出会いは、突然やってくるものです。スピリチュアルな「ツインソウル」という存在の有無はさておき、あまりにも自然に打ち解けられる関係であったり、外見などが好みではないのに惹かれるのであれば、「運命の相手」という言葉で置き換えることができると思います。

 今回ご紹介した運命の出会いの特徴や見極め方、そして離れられない相手だと勘違いしやすいポイントを踏まえて、あなたにとっての「ツインソウル」との出会いを見極めてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ