“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-25 06:00
投稿日:2021-06-25 06:00
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には「体の相性が合う、合わないってどういうこと?」と、ピンとこない人もいるようです。そこで今回は、体の相性を判断するポイントや、相性を気にする前に心掛けたいことをご紹介します。

体の相性が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント

“したいタイミング”が一緒って大事(写真:iStock)
“したいタイミング”が一緒って大事 (写真:iStock)

 “体の相性”と言われても、「どういうことが相性が良いのか、いまいち分からない」と思う人もいるでしょう。そんな人は、以下のポイントから彼氏との相性を判断してみてくださいね。

1. 無理をせずにいられる

 体の相性が良いかどうかは、いかに心を開いた状態で無理をせずにいられるかがポイントのひとつ。

 たとえば、緊張でガチガチになったり、「裸を見られるのが恥ずかしい」なんて思ってしまえば、集中することができなくなってしまいます。無理することなく、自然体で接することができれば、安心して体も任せられるでしょう。

2. 嗜好が似ている

 食べ物や洋服に好みがあるように、性に関しても嗜好があります。お互いに我慢や遠慮をせずにいるためには、これが似ていることも大切。

 たとえば、1回にゆっくりと時間をかけたい人もいれば、短時間で終わらせたいという人もいます。それが食い違っていれば、どちらかが我慢をすることになり、そのうち不満が募るようになるでしょう。

3. 何でも言い合える

 女性は自分の性癖や理想の頻度など、体の関係について男性に伝えられない人が少なくありません。どちらかといえば、「恥ずかしいし、言いたいことが言えない」という人が多いでしょう。

 しかし、体の相性が良いカップルは、性的なことでも何でも気軽に言い合えます。相手がどうしてほしいのか、何が嫌なのかを理解できるからこそ、心と体の相性がどんどん良くなっていくのでしょう。

4. “したいタイミング”やペースが合う

 体の相性というと、体同士のフィット感などをイメージする人も多いかもしれません。しかし、“したいタイミング”や、ペースが合うかどうかも大切なポイントです。

 性に関しては、積極的な人もいれば、淡泊な人もいます。そんな二人が付き合うことになれば、「本当はしたくないのに、我慢して応じている」「本当はしたいのに、遠慮してしまう」という不満を抱えることになり、これが限界に達した時に喧嘩や浮気の原因となることもあります。

5. お互いに愛情を確認できる

 体を重ねると性欲を満たすことができますが、決してそれだけではありません。肉体的なコミュニケーションは、お互いの愛情を確認し合うことができるものでもあります。

 愛する相手だからこそ大切に接してもらえるでしょうし、ぬくもりを感じられますよね。体を重ねるたびに「愛されているな」と感じるのであれば、それは相性が良い関係といえるでしょう。

大事なのは体の相性だけじゃない! 日頃から心がけたい3つのこと

スキンシップを欠かさない(写真:iStock)
スキンシップを欠かさない (写真:iStock)

 友達と恋人の違いは、体の関係があるかないかが一つの境目とも言えます。そういうと、体の関係や相性はとても大切に感じられますね。しかし、恋人との関係において、体の相性だけが大切というわけではありませんよ。

1. スキンシップを欠かさない

 恋人といつまでも男女の関係でいるためには、体を重ねる深い触れ合いがとても大切です。でも、それだけで男女関係は続くものではありません。

 キスや手をつなぐといった軽いスキンシップでも、十分男女関係をキープすることはできます。好きな人に触れて安心したり、ストレスを発散することができれば、二人の関係はより良いものとなるでしょう。

2. 普段から思っていることは伝える

「彼と体の相性が悪い」と悩んでいる人の中には、性に関する不満を抱えている人も多いでしょう。そんな人は、普段から思っていることを彼に伝えられていないのではないでしょうか?

 お互いに言い合えない関係の場合、性的な不満は余計に伝えづらいものです。これを乗り越えるためには、まずは思っていることを素直に伝えてみることが大切。ちょっとしたことでも我慢せず、伝える努力をしましょう。

3. 時には喧嘩も必要

 あなたは、彼氏と喧嘩をしたことがありますか?「彼に嫌われたくない」という思いから、喧嘩になりそうな時に自分の気持ちを抑えてしまう人もいるでしょう。

 しかし、時には喧嘩も必要です。思っていることを言い合えたり、相手の考えを知るきっかけになることもありますから。喧嘩を繰り返すことで、お互いの好みや嫌なこと、性格などを把握することができ、より絆を深めることもできるでしょう。

体の相性は、日頃の心がけでカバーできる!

体の相性がイマイチでも(写真:iStock)
体の相性がイマイチでも (写真:iStock)

 体の相性が悪いと思ったら、「彼に嫌われてしまうかも……」「ほかの女性に行ってしまうのでは?」と不安になる人もいるでしょう。

 しかし、恋人の関係は体のつながりだけで成り立っているわけではありません。もしも今、体の相性が悪いと感じていたとしても、日頃の心がけから関係をカバーしていくことは可能! お互いを深く知ることができると、だんだんと心も体も相性が良くなっていくはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ