アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-11 06:00
投稿日:2021-06-11 06:00
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は、久しぶりのキスと抱擁、乳房への愛撫に酔いしれてしまった。気づけば、乳首を吸い上げる彼の頭を掻き抱き、熱い舌を求めるように、自ら胸をせり上げていた――。
 第一回目はコチラ 
 第二回目はコチラ 

欲情してくれるという安堵感

内ももで彼のペニスを…(写真:iStock)
内ももで彼のペニスを… (写真:iStock)

――久しぶりの愛撫にI美さんも情熱的に身悶えてしまった。続けてください

「はい、私は乳房を吸われるあまりの心地よさに『もっと……』と彼の頭を抱き寄せ、自ら乳房を押しつけていました。

 彼も私の欲望に応えるように、チュパチュパ……と唾音(つばおと)を立てながら、愛撫を続けてくれて。そのうちバスローブがはだけて、互いの脚がもつれあったんです。私の太ももに当たる彼のモノは……すでに勃起していました。すごく嬉しかった。

 四十二歳の私のカラダにもちゃんと欲情してくれる安堵感が全身を包み、私の興奮もより掻き立てられたんです」

――続けてください

「私、気づいたら内ももで彼のペニスをサワサワとさすっていました。軽く浮かせた太ももで、力は強すぎず弱すぎず……という感じでしょうか。彼は『ああ、気持ちええわ』と、無防備になった時だけ発する関西弁で、ヨガってくれましたね。

 だから、私のほうももっと積極的になって乳房を愛撫されながら、手を伸ばして彼のペニスを握りしめたんです。

 彼は『うっ』と唸りました。

 私は熱い勃起を握りしめたまま、優しく上下にしごきました。夫よりもカリが張っている……なんて、過去の記憶をたぐり寄せて、つい比べてしまいましたね(笑)」

精神的な安心感が招く快楽

自分でも制御できないほど…(写真:iStock)
自分でも制御できないほど… (写真:iStock)

――そのような女性は少なくないと思いますよ。

「ですよね? つい、夫や過去の男性と比べてしまう。ペニスの形状やサイズだけじゃなく、セックスだって、どこかしら比較してしまうんです。だから、私自身も『Aさんの奥さんや過去の彼女と比べられているのかしら』なんて、妙なことを考えてしまって……で、彼の手もだんだん下に降りてきて、私の下腹に触れたんです。

 最初は陰毛の部分を撫でるように優しく……そして鼠径部や内腿も撫でまわしてきました。あくまでも私の経験上ですが、男性って、情熱的に強めにさすってくるタイプと、優しいフェザータッチで女性を愛でるタイプがいるのですが、Aさんは優しいタイプでしょうか。

 撫で方がソフトで指の腹の感触もなめらか。そのうち、陰毛を梳くように触れていた指が、花弁をかき分けて……ゆっくりと指がワレメに差し入れられたんです。

 久しぶりの挿入に、私は「はぁぁッ」と喘ぎ、握っていた彼の勃起を手離し、彼にしがみつきました。
『大丈夫? 痛くない?』と、労りの言葉をくれたのが嬉しかったですね。

 私のように一年もセックスレスだと、膣が硬くなりペニスはおろか、指の挿入も苦しい場合があると聞いていたのですが、幸い、Aさんの丹念な愛撫で膣はたっぷり潤って、指の挿入もスムーズでした。

 痛みなど全く感じず、むしろもっと奥まで欲しいとさえ思って……ちゃんと女体を気遣ってくれるAさんの優しさに、安心感が募りました。

 私のほうが恥ずかしいほどヴァギナを押しつけ、彼の指を求めてしまったほど」

――精神的な安心感って大切ですものね、続けてください

「彼の指は、初めこそゆっくりと膣内を撹拌(かくはん)するように動いていましたが、膣上部のGスポットをこすり始めたんです。ここ、女性にとってはツボじゃないですか。私、思わず「アッ……そこ、ダメッ」と叫びながらも、彼の指の動きに合わせて腰を揺すっていました。クチュクチュとはしたない水音が聞こえてきて、『ああ、私すごく濡れてる……』と自ら告げていました。

 夫とはセックスレスで女として枯れていたのに、自分はこれほど濡れる体だったんだ、まだまだ現役の女だったんだと実感しましたね。それに、Gスポットをこすられるたびに、背筋に心地いい電流が這い上がっていくんです。

 オナニーは時々していましたが、やはり生身の男性の指でされるのとは大違い。そのうち、太ももが小刻みに震え、自分でも制御できないほど、腰まで震えだして……。

 明らかに絶頂の兆しでした。『ダメ、イキそう』と叫ぶと、AさんはGスポットをこすりあげながら、『イッてくれ、思いきりイッてほしい』って……。

 私、彼と見つめ合いながら、身をのけぞらせて、絶頂に達したんです」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


一見すると口紅! すべての人に持ってほしい気配りローター
 これを見てすぐに「ラブグッズだ」と分かる人は少ないのではないでしょうか。「マジックモーション マジック ロトス」は、れ...
桃子 2021-09-19 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#6
「同じ敷地内に立つマンションの別棟」に不倫相手と住むH美さん(27歳・派遣)。LINEでの連絡は毎日、そして3日に一度は...
蒼井凜花 2021-09-17 06:00 エロコク
いかつい雰囲気を裏切る優しく繊細な刺激で極上オーガズムへ
 不良少年が捨て犬を保護した……そんな現場を目撃したら「超~いい人!」と思っちゃうのが人情というもの。好印象から悪印象へ...
桃子 2021-09-12 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#5
 不倫相手と同じ敷地内のマンションで新生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。しかしある日、分譲のA棟に住む彼と賃貸のB棟...
蒼井凜花 2021-09-10 06:00 エロコク
精密ロボット機能搭載!“押す”&“こする”を備えた最新バイブ
 女性の性感帯はいまだ謎に包まれたところが多く、中でも最もミステリアスなのがGスポットでしょう。ラブグッズ界もこれまで、...
桃子 2021-09-05 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#4
 ついに不倫相手と同じマンションでの生活を始めたH美さん(27歳・派遣)。引っ越し当日は彼を部屋に招き入れ、新居で甘いセ...
蒼井凜花 2021-09-03 06:00 エロコク
レトロだけど新しい! ほかのバイブにはない気持ち良さ♡
 昨今はハイデザインなラブグッズが増える一方で、レトロなものはいつのまにやら少数派。「桃色GENERATION」は、10...
桃子 2021-08-29 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#3
 不倫相手のマンションに引っ越すことになった派遣OLのE美さん(27)。あまりにもリスキーな不倫だが、目くるめく快楽を知...
蒼井凜花 2021-08-29 21:10 エロコク
元カレでもいい…「リサイクルセックス」に走る女性の心理
 コロナ禍により、男女の出会いの機会が一気に減ったこの頃。あまりの出会いのなさに、元カレや元ダンナと再び関係を持つ女性が...
内藤みか 2021-08-26 06:00 エロコク
力で快感を引き出す電マしか知らない人ほど試してほしい一品
 エッチな目的のために電マを購入。でもそれだけでなく肩や腰のマッサージにも使っている女性、少なくないですよね。電マはパワ...
桃子 2021-08-22 06:00 エロコク
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#2
 いまや日常にありふれている不倫。今回取材に応じてくれたE美さん(27歳・派遣)も、妻子ある男性と不倫をしている女性の一...
蒼井凜花 2021-08-20 06:00 エロコク
吸引グッズ火付け役の“妹分”が日本上陸!初心者もすぐ使える
 アパレルやコスメの世界では“姉妹ブランド”というものがよくあります。メインのブランドよりも価格帯が低めなのが“妹”。そ...
桃子 2021-08-15 06:00 エロコク
クリを内側にしっかり収めるよう計算され尽くされた吸引系
 上品なラベンダー色、無駄をそぎ落としたようなフォルム。クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”の人気...
桃子 2021-08-08 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#6
 これまで5回にわたって綴ってきた「夫婦交換」の内情。「性と生」を謳歌するべく、二組の夫婦がもつれあう光景は、Wさん(4...
蒼井凜花 2021-08-06 06:00 エロコク
カップルにも♡小さな面でクリを刺激する“一点集中ローター”
 最近、私がクリトリスをピンポイントで刺激するグッズを探しているからでしょうか。一点集中! 小さな接地面でクリをしっかり...
桃子 2021-08-01 06:00 エロコク
40代エリート男性の告白~「夫婦交換」という愛のカタチ#5
 互いのパートナーを変える「夫婦交換」のセックス。今回、取材に応じてくれたWさん(46歳・外資系IT)は、自分の妻が他の...
蒼井凜花 2021-07-30 06:00 エロコク