アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-11 06:00
投稿日:2021-06-11 06:00
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は、久しぶりのキスと抱擁、乳房への愛撫に酔いしれてしまった。気づけば、乳首を吸い上げる彼の頭を掻き抱き、熱い舌を求めるように、自ら胸をせり上げていた――。
 第一回目はコチラ 
 第二回目はコチラ 

欲情してくれるという安堵感

内ももで彼のペニスを…(写真:iStock)
内ももで彼のペニスを… (写真:iStock)

――久しぶりの愛撫にI美さんも情熱的に身悶えてしまった。続けてください

「はい、私は乳房を吸われるあまりの心地よさに『もっと……』と彼の頭を抱き寄せ、自ら乳房を押しつけていました。

 彼も私の欲望に応えるように、チュパチュパ……と唾音(つばおと)を立てながら、愛撫を続けてくれて。そのうちバスローブがはだけて、互いの脚がもつれあったんです。私の太ももに当たる彼のモノは……すでに勃起していました。すごく嬉しかった。

 四十二歳の私のカラダにもちゃんと欲情してくれる安堵感が全身を包み、私の興奮もより掻き立てられたんです」

――続けてください

「私、気づいたら内ももで彼のペニスをサワサワとさすっていました。軽く浮かせた太ももで、力は強すぎず弱すぎず……という感じでしょうか。彼は『ああ、気持ちええわ』と、無防備になった時だけ発する関西弁で、ヨガってくれましたね。

 だから、私のほうももっと積極的になって乳房を愛撫されながら、手を伸ばして彼のペニスを握りしめたんです。

 彼は『うっ』と唸りました。

 私は熱い勃起を握りしめたまま、優しく上下にしごきました。夫よりもカリが張っている……なんて、過去の記憶をたぐり寄せて、つい比べてしまいましたね(笑)」

精神的な安心感が招く快楽

自分でも制御できないほど…(写真:iStock)
自分でも制御できないほど… (写真:iStock)

――そのような女性は少なくないと思いますよ。

「ですよね? つい、夫や過去の男性と比べてしまう。ペニスの形状やサイズだけじゃなく、セックスだって、どこかしら比較してしまうんです。だから、私自身も『Aさんの奥さんや過去の彼女と比べられているのかしら』なんて、妙なことを考えてしまって……で、彼の手もだんだん下に降りてきて、私の下腹に触れたんです。

 最初は陰毛の部分を撫でるように優しく……そして鼠径部や内腿も撫でまわしてきました。あくまでも私の経験上ですが、男性って、情熱的に強めにさすってくるタイプと、優しいフェザータッチで女性を愛でるタイプがいるのですが、Aさんは優しいタイプでしょうか。

 撫で方がソフトで指の腹の感触もなめらか。そのうち、陰毛を梳くように触れていた指が、花弁をかき分けて……ゆっくりと指がワレメに差し入れられたんです。

 久しぶりの挿入に、私は「はぁぁッ」と喘ぎ、握っていた彼の勃起を手離し、彼にしがみつきました。
『大丈夫? 痛くない?』と、労りの言葉をくれたのが嬉しかったですね。

 私のように一年もセックスレスだと、膣が硬くなりペニスはおろか、指の挿入も苦しい場合があると聞いていたのですが、幸い、Aさんの丹念な愛撫で膣はたっぷり潤って、指の挿入もスムーズでした。

 痛みなど全く感じず、むしろもっと奥まで欲しいとさえ思って……ちゃんと女体を気遣ってくれるAさんの優しさに、安心感が募りました。

 私のほうが恥ずかしいほどヴァギナを押しつけ、彼の指を求めてしまったほど」

――精神的な安心感って大切ですものね、続けてください

「彼の指は、初めこそゆっくりと膣内を撹拌(かくはん)するように動いていましたが、膣上部のGスポットをこすり始めたんです。ここ、女性にとってはツボじゃないですか。私、思わず「アッ……そこ、ダメッ」と叫びながらも、彼の指の動きに合わせて腰を揺すっていました。クチュクチュとはしたない水音が聞こえてきて、『ああ、私すごく濡れてる……』と自ら告げていました。

 夫とはセックスレスで女として枯れていたのに、自分はこれほど濡れる体だったんだ、まだまだ現役の女だったんだと実感しましたね。それに、Gスポットをこすられるたびに、背筋に心地いい電流が這い上がっていくんです。

 オナニーは時々していましたが、やはり生身の男性の指でされるのとは大違い。そのうち、太ももが小刻みに震え、自分でも制御できないほど、腰まで震えだして……。

 明らかに絶頂の兆しでした。『ダメ、イキそう』と叫ぶと、AさんはGスポットをこすりあげながら、『イッてくれ、思いきりイッてほしい』って……。

 私、彼と見つめ合いながら、身をのけぞらせて、絶頂に達したんです」

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


避妊具なんて要らない!内縁妻「感涙の初SEX」で芽ぐむ本妻への妬み #2
 異業種交流会での出会いをきっかけに、妻子ある男性との付き合いが始まった千鶴さん(仮名・35歳化粧品会社を経てイベント会...
蒼井凜花 2024-05-24 06:00 エロコク
ドM女子とパパ活は好相性? 26歳の自称“ド変態”美容師のケース
 今回ご登場いただくパパ活女子は…もしかしたらギスギス夫婦の救世主になるかもしれない女の子。 「今、4人のパパから...
中山美里 2024-05-21 06:00 エロコク
社会復帰のきっかけに?引きこもり生活から卒業した22歳女性
 今回ご登場いただくのは、超変わり種のパパ活女子でありまして…巣ごもり生活7年。最近になってようやく外に出るようになった...
中山美里 2024-05-14 06:00 エロコク
まるで野菜そのもののバイブは笑っちゃうくらいリアル♡
「らっしゃい! 新鮮な取れたて野菜、そろってるよ~」なんて声が聞こえてきそう。  私は都内に住んでいながら、近所に...
桃子 2024-05-12 06:00 エロコク
日韓カップルが沼るリモートオナニーと疑似SEX…逢えない時も欲情 #5
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 06:00 エロコク
パパ活にも危機管理能力は必須!24歳フリーターの自己防衛策
 知り合いのオジサマはさいとう・たかを先生の「ゴルゴ13」の大ファン。いつも熱くその魅力を語ってくれます。 「ゴル...
中山美里 2024-05-07 06:00 エロコク
気持ちよさが何倍にも! セックスローションの新しい使い方
 みなさんはセックスローションといわれるものを、なんのために使いますか?  女性の潤いが十分でない場合、それをフォ...
桃子 2024-05-05 06:00 エロコク
韓国男子の指テクと巧みなクンニリングに溺れ、天国からよもや地獄へ #4
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合い中」と微笑むのは愛香さん(仮名・35歳フリーライター/独...
蒼井凜花 2024-05-10 17:10 エロコク
意外性に思わず声が漏れた! 新発想の吸引系ローターが爆誕♡
 ラブグッズの中でも、ローターは“振動する物体”であればいいので、その形状はバリエーションに富んでいます。  口紅...
桃子 2024-04-28 06:00 エロコク
前戯ナシの生SEXにGスポがひくつく快楽 挿入時の痛みは消え去り… #3
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:40 エロコク
アソコ臭すぎ問題を解決! 50代のパパに脱毛を勧めた結果…
 突然ですが“ハイジーナ女子”ってナンのことだか分かります?  4、5年前。AVモデル事務所のマネジャーさんからこ...
中山美里 2024-04-23 06:00 エロコク
驚異のsmallサイズ! でも吸引口は大きめに設計されパワーがすごい
 クリトリスを覆い、振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”が最初に登場したのは2016年ごろ。時間が経つにつれ女性の間...
桃子 2024-04-21 06:00 エロコク
韓国男子は前戯ナシ? 初ポッポから“韓流SEX”の流れに身を任せて#2
 第5次韓流ブームと謳われる昨今、「年下韓国人男性とのお付き合いが始まった」と頬を赤らめるのは愛香さん(仮名・35歳フリ...
蒼井凜花 2024-05-07 18:39 エロコク
管理栄養士の資格をアッチでも活用!パパの脱メタボを成功させた28歳
 今回ご登場いただくパパ活女子は、50代パパのメタボ腹を103から85センチまで、1年で18センチ減らさせることに成功し...
中山美里 2024-04-16 06:00 エロコク
シンプルだけどお楽しみの幅が無限大! ぜひスマホと連動を
 淡くやさしいブルー、優美な曲線を描くボディー。太すぎず細すぎず、シンプルを極めたような「スバコム アヴァネオ」ですが、...
桃子 2024-04-14 06:00 エロコク
お医者さんごっこの続きを…31歳シンママと幼馴染の秘密の遊戯
 今回ご登場いただくのは、帰省した際に幼なじみの浩くんと再会し、それを機に愛人エッチするようになったというシングルマザー...
中山美里 2024-04-09 06:00 エロコク