アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-06-11 06:00
投稿日:2021-06-11 06:00
 既婚者合コンで出会ったAさん(48歳・銀行マン)と、ついにベッドインしてしまったI美さん(42歳・ウォーキング講師)は、久しぶりのキスと抱擁、乳房への愛撫に酔いしれてしまった。気づけば、乳首を吸い上げる彼の頭を掻き抱き、熱い舌を求めるように、自ら胸をせり上げていた――。
 第一回目はコチラ 
 第二回目はコチラ 

欲情してくれるという安堵感

内ももで彼のペニスを…(写真:iStock)
内ももで彼のペニスを… (写真:iStock)

――久しぶりの愛撫にI美さんも情熱的に身悶えてしまった。続けてください

「はい、私は乳房を吸われるあまりの心地よさに『もっと……』と彼の頭を抱き寄せ、自ら乳房を押しつけていました。

 彼も私の欲望に応えるように、チュパチュパ……と唾音(つばおと)を立てながら、愛撫を続けてくれて。そのうちバスローブがはだけて、互いの脚がもつれあったんです。私の太ももに当たる彼のモノは……すでに勃起していました。すごく嬉しかった。

 四十二歳の私のカラダにもちゃんと欲情してくれる安堵感が全身を包み、私の興奮もより掻き立てられたんです」

――続けてください

「私、気づいたら内ももで彼のペニスをサワサワとさすっていました。軽く浮かせた太ももで、力は強すぎず弱すぎず……という感じでしょうか。彼は『ああ、気持ちええわ』と、無防備になった時だけ発する関西弁で、ヨガってくれましたね。

 だから、私のほうももっと積極的になって乳房を愛撫されながら、手を伸ばして彼のペニスを握りしめたんです。

 彼は『うっ』と唸りました。

 私は熱い勃起を握りしめたまま、優しく上下にしごきました。夫よりもカリが張っている……なんて、過去の記憶をたぐり寄せて、つい比べてしまいましたね(笑)」

精神的な安心感が招く快楽

自分でも制御できないほど…(写真:iStock)
自分でも制御できないほど… (写真:iStock)

――そのような女性は少なくないと思いますよ。

「ですよね? つい、夫や過去の男性と比べてしまう。ペニスの形状やサイズだけじゃなく、セックスだって、どこかしら比較してしまうんです。だから、私自身も『Aさんの奥さんや過去の彼女と比べられているのかしら』なんて、妙なことを考えてしまって……で、彼の手もだんだん下に降りてきて、私の下腹に触れたんです。

 最初は陰毛の部分を撫でるように優しく……そして鼠径部や内腿も撫でまわしてきました。あくまでも私の経験上ですが、男性って、情熱的に強めにさすってくるタイプと、優しいフェザータッチで女性を愛でるタイプがいるのですが、Aさんは優しいタイプでしょうか。

 撫で方がソフトで指の腹の感触もなめらか。そのうち、陰毛を梳くように触れていた指が、花弁をかき分けて……ゆっくりと指がワレメに差し入れられたんです。

 久しぶりの挿入に、私は「はぁぁッ」と喘ぎ、握っていた彼の勃起を手離し、彼にしがみつきました。
『大丈夫? 痛くない?』と、労りの言葉をくれたのが嬉しかったですね。

 私のように一年もセックスレスだと、膣が硬くなりペニスはおろか、指の挿入も苦しい場合があると聞いていたのですが、幸い、Aさんの丹念な愛撫で膣はたっぷり潤って、指の挿入もスムーズでした。

 痛みなど全く感じず、むしろもっと奥まで欲しいとさえ思って……ちゃんと女体を気遣ってくれるAさんの優しさに、安心感が募りました。

 私のほうが恥ずかしいほどヴァギナを押しつけ、彼の指を求めてしまったほど」

――精神的な安心感って大切ですものね、続けてください

「彼の指は、初めこそゆっくりと膣内を撹拌(かくはん)するように動いていましたが、膣上部のGスポットをこすり始めたんです。ここ、女性にとってはツボじゃないですか。私、思わず「アッ……そこ、ダメッ」と叫びながらも、彼の指の動きに合わせて腰を揺すっていました。クチュクチュとはしたない水音が聞こえてきて、『ああ、私すごく濡れてる……』と自ら告げていました。

 夫とはセックスレスで女として枯れていたのに、自分はこれほど濡れる体だったんだ、まだまだ現役の女だったんだと実感しましたね。それに、Gスポットをこすられるたびに、背筋に心地いい電流が這い上がっていくんです。

 オナニーは時々していましたが、やはり生身の男性の指でされるのとは大違い。そのうち、太ももが小刻みに震え、自分でも制御できないほど、腰まで震えだして……。

 明らかに絶頂の兆しでした。『ダメ、イキそう』と叫ぶと、AさんはGスポットをこすりあげながら、『イッてくれ、思いきりイッてほしい』って……。

 私、彼と見つめ合いながら、身をのけぞらせて、絶頂に達したんです」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


クリ刺激派へ!指での刺激が楽しくなる植物由来の興奮ジェル
 ここのところ、クリトリス刺激グッズがアツいと感じています。多様化&細分化で商品が増えているからではありますが、巣ごもり...
桃子 2021-06-13 06:13 エロコク
レズビアンでありながら男性の恋人も…辿り着いた性の極致
 レズビアンでありながら、男性客を相手とする性風俗業に飛び込み、やがてSMに目覚めたという慧梨香さん(45歳、セラピスト...
大泉りか 2021-06-09 06:00 エロコク
まずは吸引刺激でクリイキ! 次にバイブ挿入で快感倍増♡
 落ち着いた藤色が大人っぽい「サティスファイヤー デュアルプレジャー」。  クリトリスに振動刺激を与えながら吸い上...
桃子 2021-06-06 06:00 エロコク
アラフォー妻の告白「既婚者合コン」で夫以外の男性に……#2
 知人女性に、「夫はもう自分を女として見てくれず、セックスレス」との悩みを打ち明けたI子さん(42歳・ウォーキング講師・...
蒼井凜花 2021-06-04 06:00 エロコク
下着の内側に仕込んで遠隔操作可能♡ 定番の羞恥プレーもOK
 極細の先端でクリトリスを集中的に刺激するタイプのローターが、じわじわ増えています。派手さはないものの、確実にオーガズム...
桃子 2021-05-30 06:00 エロコク
クリを刺激する機能が3種類も!オーガズムを我慢できない♡
 アウトドアで定番の“十徳ナイフ”ってありますよね。ハサミや缶切り、コルク栓抜きなどがコンパクトにまとまったものですが、...
桃子 2021-05-23 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#5
 ついに14歳年下の大学生・Dさんと一線を越えてしまったY美さん(35)は、久しぶりのセックスに耽溺する。正常位でまぐわ...
蒼井凜花 2021-05-24 15:18 エロコク
一度挿入したら抜けにくい!頭でっかちバイブの魅力♡
 大人っぽい赤色が上品な「スヴァコム フェニックス ネオ」。生クリームをギュッとしぼり出したようなフォルムで、外と中の両...
桃子 2021-05-16 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#4
14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、大人の女のテクニックを見せつけるように、熟達したフェラ...
蒼井凜花 2021-05-14 06:09 エロコク
上下に動くパールがGスポットを刺激…未知の愛撫にうっとり
 Gスポットはいまだ謎の多い魅惑の性感帯。一説によるとクリトリスの一部で、表に見えている豆のような部分から長く伸びた足が...
桃子 2021-05-09 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#3
 ついに14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、ホテルのドアを閉めるなり、彼と抱きしめ合った。...
蒼井凜花 2021-05-07 06:00 エロコク
ピストンするたびに奥へ…強いノックで骨盤全体に快感が♡
「ヒステリア」という実話ベースの映画があります。日本公開は2013年。ヒステリーの語源はウテルス、すなわち子宮です。 ...
桃子 2021-05-02 06:00 エロコク
30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#2
 35歳の人妻・Y美さんが恋に落ちてしまったのは、14歳年下の大学生Dさんだ。  息子のサッカー教室のコーチにとして毎...
蒼井凜花 2021-04-30 06:00 エロコク
性風俗差別反対をラップで訴え…清水くるみさんインタビュー
 新型コロナウイルスで売り上げが減った事業者に、国が支給する持続化給付金や家賃支援給付金。個人事業主である筆者自身も申請...
大泉りか 2021-04-30 10:49 エロコク
ジェルであそこをマッサージすると…内側がいつもよりキュッ
 数年前から「女性器をマッサージした方がいい」というアドバイスをあちこちで見聞きするようになりました。  中には「...
桃子 2021-04-25 06:00 エロコク
圧迫されると興奮…学生時代の経験が招いた新しい快楽の世界
「性癖という自覚はなかったけど、好きだった」という“ある行為”が、何かのタイミングでセクシャルな喜びにつながることがある...
大泉りか 2021-04-20 06:10 エロコク