恋愛で傷つくのが怖い…そう感じる5つの原因&脱出方法は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-28 06:00
投稿日:2021-06-28 06:00
 恋愛がしたくても「傷つくのが怖い」という理由で、恋愛から遠ざかっている人が少なくありません。でも、「このままだと、いつになっても彼氏ができない……」と焦りを感じている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、恋愛で傷つくのが怖いと感じてしまう原因や、脱出方法をご紹介します。

「恋愛で傷つくのが怖い」と感じている5つの原因

恋するのが怖い(写真:iStock)
恋するのが怖い (写真:iStock)

 苦手なわけでもないのに、なぜかうまくできないことってありますよね。こういった場合、たいてい隠れた原因があるものです。恋愛に関しても同じこと。「恋愛で傷つくのが怖い」と思っている人は、なぜそうなってしまったのかおもな原因をチェックしてみましょう。

1. 過去にひどい振られ方をした

 恋愛に傷つきたくないと思っている人の多くは、過去にひどい振られ方を経験しています。

 人に意よっては、恋愛そのものがトラウマになっている場合もあります。「恋愛をしたら、また同じ思いをする」と思い込んでいることで、前に進むことができなくなってしまっているのでしょう。

2. 過去の恋愛に良い思い出がない

 しばらく恋愛をしていないと聞くと、「あまり恋愛経験がない」というイメージを持つ人もいるかもしれません。

 しかし、中には恋愛経験があるからこそ、「傷つくのが怖い」と感じる人もいます。過去のどの恋愛も良い思い出になっていなければ、「恋愛は楽しいものではない」と感じて遠ざけてしまうのも、仕方がないかもしれません。

3. 両想いになったことがない

「恋愛で傷つくのが怖い」と思っている人の中には、好きな人はできても、その恋が実ったことがないという人もいます。

 そんな人は、「告白できずにそのまま終わってしまった」「告白したけれど振られた」などの経験から、恋愛=辛いものというイメージがついてしまっているでしょう。

4. 本気になって裏切られるのが怖い

 思い続けていた人と交際できるのは、とても幸せなことです。一緒にいて彼のことを知れば知るほど、愛情が大きくなるものです。

 だからこそ、「本気になってから裏切られたらどうしよう……」と、怖くて前に進めなくなってしまう人もいます。好きになればなるほど、振られた時のダメージは大きいですから、傷つくのが怖いという気持ちになってしまうのは当然かもしれません。

5. 本当の自分を知られたら嫌われるかもしれない

 誰だって、大好きな彼に嫌われたくはありません。いつだって可愛くいたいという思いから無理をしたり、背伸びをすることもあるでしょう。

 しかし、その無理や背伸びには、必ず限界がきます。特に、自分にコンプレックスを持っている女性はかなり無理をして、自分を偽りがち。「もし、本当の私を知ったら嫌われるのでは」と、恋愛に恐怖心を抱いている人もいるでしょう。

「恋愛で傷つくのが怖い」という思いから脱出する5つの方法

辛かったことを信頼できる人に話してみよう(写真:iStock)
辛かったことを信頼できる人に話してみよう (写真:iStock)

 傷つくのが怖くて恋愛できずにいたとしても、「本当は思い切り恋愛をしたい」と思っている人もいるでしょう。そんな人は脱出するために、これからご紹介する方法を試してみてくださいね!

1. なぜ恋愛が怖いのか、原因を突き止める

 なぜ、自分は恋愛で傷つくのが怖いのか、原因を知ることも大切です。「彼に言われた言葉に傷ついた」など原因が分かれば、別の視点から「あの言葉は、私のために言ってくれたのかもしれない」と、プラスに受け取ることができるようになるかもしれません。

 また、傷ついた経験を糧にして、トラブルが起こる前に回避することもできるようになるでしょう。

2. トラウマがあれば、人に話す

 過去に辛い恋愛経験をした人は、恋愛そのものがトラウマになっている人もいるでしょう。そんな人は、誰かに辛かった思いを吐き出してみましょう。

 人に話すことは、思っている以上に気持ちの整理につながります。一つずつ吐き出すことで自分の気持ちとも向き合うことができ、心をすっきりとさせることができるでしょう。

3. 無理に恋愛しようとせず、まずは男友達を作る

 今の状況から脱出しようとすると、最初から「恋愛しなければ」「彼氏を作ろう」と考えてしまう人がいます。確かに、その意気込みは大切ですが、これでは空回りをしてしまう恐れがあります。

 まずは、男友達を作って異性と接する機会を増やしましょう。恋愛ではなく、単なる友達としての人付き合いであれば、無理する必要はありません。男性と接することに慣れてくれば恋愛に対する恐怖心も薄れ、自然と気になる人ができるかもしれませんよ。

4. 自分磨きで自信を取り戻す

 告白して振られた、彼氏に振られたという経験から、自分に自信を失っている人が少なくありません。

 しかし、自分に自信がない女性は、男性にとって魅力的ではないでしょう。前に進みたいのであれば、自信を取り戻すために自分磨きをはじめることも大切。ダイエットをしたり、メイクやファッションを見直すことで、自信を取り戻せます。そうなれば、キラキラしたあなたに好意を抱く男性も現れるでしょう。

5. 過去は過去だと割り切る

 過去の辛い恋愛経験から、「傷つくのが怖い」と思っている人は多いです。しかし、終わった過去の恋愛をいつまでも引きずっても、意味がありません。

 うまくいかなかったのは、あくまでも相手が彼だったから。これから出会う男性と、同じ失敗をするとは限りませんし、たとえ同じ状況になったとしても、あなたの対応は変わってくるはずです。その経験を活かし、過去は過去と割り切りましょう。

傷つくことを恐れる前に、もっと気軽に恋愛を楽しもう♪

もっと気軽に楽しもう(写真:iStock)
もっと気軽に楽しもう (写真:iStock)

 確かに、恋愛は楽しいことばかりではありません。時には、喧嘩をしたり裏切られたり、傷つくこともあるでしょう。しかし、それを最初から恐れていては前に進むことはできないのです。恋愛は本来、素敵なもの。起きてもいないことに不安を感じる前に、もっと気軽に恋愛を楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ