母性本能が強い女性は苦労する?5つの共通点&恋愛パターン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-09 06:02
投稿日:2021-07-09 06:00
 母性本能が強いというと、「良いお母さんになりそう」というイメージがありますよね。確かに、母性本能が強ければ強いほど愛情豊かな人は多いでしょう。しかし、対子供ではなく対男性となると、そこには苦労がつきものだったりするようです。そこで今回は、母性本能が強い女性の共通点や、恋愛パターンをご紹介します。

母性本能が強い女性の5つの共通点

世話焼き女性は要注意(写真:iStock)
世話焼き女性は要注意 (写真:iStock)

 母性本能は、女性ならではの能力のひとつでしょう。自分に母性本能があるかどうかは、なかなか判断しにくいもの。まずは、これからご紹介する共通点を見て、いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね!

1. 感情移入しやすく、涙もろい

 ドラマや映画を見た時、涙することがあるでしょう。実は、感情移入しやすく、涙もろいのは、母性本能が強い女性の共通点のひとつ。

 母性本能が強い女性は情が深いため、常に相手の気持ちに立って考えてしまいます。その結果、自分のことのように感動したり、苦しくなったりしてしまうのです。

2. 世話を焼くことが好き

 母性本能が強い女性は、ついつい人の世話を焼いてしまいます。今、困っていることだけでなく、相手のことを良く見ているからこそ「これ用意しておいたよ」なんて、先回りしてしまうこともあります。

「好かれたい」といった下心があるわけではなく、自然とできるのが母性本能の強い女性なのです。

3. 頼られると嬉しい

 基本的に母性本能が強い女性は、人のお世話をすることが大好き。困っている人がいると、放っておけない人がほとんどでしょう。

 人から頼られることが嬉しく、自分が忙しいのにも関わらず、受け入れてしまうこともしばしばあります。しかし、時にはこれが仇となって、自分を苦しめてしまうこともあるでしょう。

4. 物を大切にする

 物を大切にして長持ちさせるのも、母性本能が強い女性の共通点。人に対して優しさを持っている人は、物に対しても同じような思いで接する人が多いのかもしれません。

 流行りが終わると大事にしていたはずの物を簡単に手放す女性が多い中、母性本能が強い女性は同じものを何年も大切に使う傾向にあります。

5. 心配性

 母親は常に子供のことを気にかけているものですが、これも母性によるものです。大げさなくらいに、「大丈夫だろうか?」と心配する人も多いでしょう。

 それゆえ、母性本能が強い女性は心配性の傾向にあります。友達や恋人が元気がない時には「どうしたのかな? 何かあったのかな?」と、必要以上に心配してしまいます。

母性本能が強い女性に見られる5つの恋愛パターン

「母親」になりたいわけじゃないのに…(写真:iStock)
「母親」になりたいわけじゃないのに… (写真:iStock)

 自分のことよりも人のことを考えてしまう母性本能が強い女性は「彼氏に尽くしそうだから、恋愛はうまくいくんだろうな」と、思われがち。しかし、実際には母性本能が強いことで、苦労している人も多いようです。

1. ダメな男に惹かれる

 母性本能が強い女性は、なぜかダメ男に惹かれる傾向があります。実は、母性本能が強いと、「世話を焼きたい」「なんとかしてあげたい」という気持ちが大きくなり、ダメ男に尽くしてしまうのです。逆に言えば、世話を焼く必要がない、“できる男”には心惹かれないということなのです。

2. 甘えられると嬉しい

 男性の好みは人それぞれですが、女性の多くは「男性から守ってもらいたい」「男性に甘えたい」と思っています。

 しかし、母性本能が強い女性は真逆。「男性を守ってあげたい」「男性に甘えられたい」と思っている人が多いです。たとえダメ男とわかっていたとしても、甘えられるとついつい受け入れてしまう女性が多いでしょう。

3. “母親”になってしまい、恋愛関係が破綻する

 彼氏ができると、当然、母性本能の強い女性は世話を焼きたくなります。部屋の掃除をしたり、料理を作ったりと、尽くす女性が多いでしょう。

 その結果、気が付くと彼女ではなく母親になってしまい、男性からの恋愛感情がなくなってしまうことも。「女性として見れない」と、恋愛関係が破綻してしまうケースも少なくありません。

4. 世話を焼きすぎて逃げられる

 男性にとって尽くしてくれる女性は、とても魅力的ですし、手放したくない存在になるはずです。しかし、なんでもかんでもお世話を焼くなど、距離感を間違えてしまうと、男性は束縛されているように感じ、息が詰まってしまいます。これが原因で、彼から逃げられてしまうこともあるでしょう。

5. 年下男性とうまくいきやすい

 母性本能が強いことは、決して悪いことではありません。恋愛において母性が邪魔をすることはありますが、相手選びを間違えなければいいだけ。

 実は、母性本能が強い女性は年下男性とうまくいく傾向にあります。年下男性は素直に甘えてくれますし、年下ということで変なプライドを気にすることもないため、交際がスムーズにいくケースが多いです。

母性本能が強い女性は男性選びに注意が必要!

ダメ男はきっぱりNO(写真:iStock)
ダメ男はきっぱりNO (写真:iStock)

 母性本能が強い女性は、恋愛で苦労してきた人が多いかもしれません。「もう恋愛はこりごり」なんて思っている人もいるでしょう。

 確かに、母性本能が強いと男性選びは難しくなります。しかし、自分の恋愛パターンに気づくことができれば、それも回避できるはず! 頼られても甘えられても受け入れない強さは、時には必要です。ぜひ、母性を尊重して感謝してくれるような、素敵な男性を見つけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...