母性本能が強い女性は苦労する?5つの共通点&恋愛パターン

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-09 06:02
投稿日:2021-07-09 06:00
 母性本能が強いというと、「良いお母さんになりそう」というイメージがありますよね。確かに、母性本能が強ければ強いほど愛情豊かな人は多いでしょう。しかし、対子供ではなく対男性となると、そこには苦労がつきものだったりするようです。そこで今回は、母性本能が強い女性の共通点や、恋愛パターンをご紹介します。

母性本能が強い女性の5つの共通点

世話焼き女性は要注意(写真:iStock)
世話焼き女性は要注意 (写真:iStock)

 母性本能は、女性ならではの能力のひとつでしょう。自分に母性本能があるかどうかは、なかなか判断しにくいもの。まずは、これからご紹介する共通点を見て、いくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね!

1. 感情移入しやすく、涙もろい

 ドラマや映画を見た時、涙することがあるでしょう。実は、感情移入しやすく、涙もろいのは、母性本能が強い女性の共通点のひとつ。

 母性本能が強い女性は情が深いため、常に相手の気持ちに立って考えてしまいます。その結果、自分のことのように感動したり、苦しくなったりしてしまうのです。

2. 世話を焼くことが好き

 母性本能が強い女性は、ついつい人の世話を焼いてしまいます。今、困っていることだけでなく、相手のことを良く見ているからこそ「これ用意しておいたよ」なんて、先回りしてしまうこともあります。

「好かれたい」といった下心があるわけではなく、自然とできるのが母性本能の強い女性なのです。

3. 頼られると嬉しい

 基本的に母性本能が強い女性は、人のお世話をすることが大好き。困っている人がいると、放っておけない人がほとんどでしょう。

 人から頼られることが嬉しく、自分が忙しいのにも関わらず、受け入れてしまうこともしばしばあります。しかし、時にはこれが仇となって、自分を苦しめてしまうこともあるでしょう。

4. 物を大切にする

 物を大切にして長持ちさせるのも、母性本能が強い女性の共通点。人に対して優しさを持っている人は、物に対しても同じような思いで接する人が多いのかもしれません。

 流行りが終わると大事にしていたはずの物を簡単に手放す女性が多い中、母性本能が強い女性は同じものを何年も大切に使う傾向にあります。

5. 心配性

 母親は常に子供のことを気にかけているものですが、これも母性によるものです。大げさなくらいに、「大丈夫だろうか?」と心配する人も多いでしょう。

 それゆえ、母性本能が強い女性は心配性の傾向にあります。友達や恋人が元気がない時には「どうしたのかな? 何かあったのかな?」と、必要以上に心配してしまいます。

母性本能が強い女性に見られる5つの恋愛パターン

「母親」になりたいわけじゃないのに…(写真:iStock)
「母親」になりたいわけじゃないのに… (写真:iStock)

 自分のことよりも人のことを考えてしまう母性本能が強い女性は「彼氏に尽くしそうだから、恋愛はうまくいくんだろうな」と、思われがち。しかし、実際には母性本能が強いことで、苦労している人も多いようです。

1. ダメな男に惹かれる

 母性本能が強い女性は、なぜかダメ男に惹かれる傾向があります。実は、母性本能が強いと、「世話を焼きたい」「なんとかしてあげたい」という気持ちが大きくなり、ダメ男に尽くしてしまうのです。逆に言えば、世話を焼く必要がない、“できる男”には心惹かれないということなのです。

2. 甘えられると嬉しい

 男性の好みは人それぞれですが、女性の多くは「男性から守ってもらいたい」「男性に甘えたい」と思っています。

 しかし、母性本能が強い女性は真逆。「男性を守ってあげたい」「男性に甘えられたい」と思っている人が多いです。たとえダメ男とわかっていたとしても、甘えられるとついつい受け入れてしまう女性が多いでしょう。

3. “母親”になってしまい、恋愛関係が破綻する

 彼氏ができると、当然、母性本能の強い女性は世話を焼きたくなります。部屋の掃除をしたり、料理を作ったりと、尽くす女性が多いでしょう。

 その結果、気が付くと彼女ではなく母親になってしまい、男性からの恋愛感情がなくなってしまうことも。「女性として見れない」と、恋愛関係が破綻してしまうケースも少なくありません。

4. 世話を焼きすぎて逃げられる

 男性にとって尽くしてくれる女性は、とても魅力的ですし、手放したくない存在になるはずです。しかし、なんでもかんでもお世話を焼くなど、距離感を間違えてしまうと、男性は束縛されているように感じ、息が詰まってしまいます。これが原因で、彼から逃げられてしまうこともあるでしょう。

5. 年下男性とうまくいきやすい

 母性本能が強いことは、決して悪いことではありません。恋愛において母性が邪魔をすることはありますが、相手選びを間違えなければいいだけ。

 実は、母性本能が強い女性は年下男性とうまくいく傾向にあります。年下男性は素直に甘えてくれますし、年下ということで変なプライドを気にすることもないため、交際がスムーズにいくケースが多いです。

母性本能が強い女性は男性選びに注意が必要!

ダメ男はきっぱりNO(写真:iStock)
ダメ男はきっぱりNO (写真:iStock)

 母性本能が強い女性は、恋愛で苦労してきた人が多いかもしれません。「もう恋愛はこりごり」なんて思っている人もいるでしょう。

 確かに、母性本能が強いと男性選びは難しくなります。しかし、自分の恋愛パターンに気づくことができれば、それも回避できるはず! 頼られても甘えられても受け入れない強さは、時には必要です。ぜひ、母性を尊重して感謝してくれるような、素敵な男性を見つけてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生狂わす男女の金銭トラブル 大谷を襲った“一平さん騒動”と次元違えど
 大谷翔平選手と水原一平さんの間で起こった金銭トラブルとは次元が異なるものの、男女間でもお金が原因の関係が破綻は少なくな...
恋バナ調査隊 2024-04-19 06:00 ラブ
年下男子とのデートは「ヌン活」に限る? 彼らを誘うと「即OK」するワケ
 アフタヌーンティーが人気です。色とりどりのスイーツとおいしいお茶を味わいながらの午後のティータイム女子会は格別な心地良...
内藤みか 2024-04-18 06:00 ラブ
自分にはお金使うくせに「ケチな男」の特徴4つ、結婚したらどうなる?
 自分の持ち物や趣味には好き勝手お金を使うのに、それ以外のことにはお金を出すのを嫌がる男、いますよね。  車がベンツで...
恋バナ調査隊 2024-04-17 06:00 ラブ
職場は心の浮気の震源地!四六時中チャット、2人きりランチ…リスクは?
 恋人がいるのに他の男性と体の関係があったら、それはガッツリ「浮気」。そして、既婚者であれば「不倫」です。でも「体の関係...
恋バナ調査隊 2024-04-16 06:00 ラブ
不倫2回、なにかあるとお母さん…夫に優しくできない納得すぎる理由5選
 人前で夫を批判したり、夫と頻繁に喧嘩したり。そんな女性を見て、外野は「もっと旦那さんに優しくしたら?」なんて言いたくな...
恋バナ調査隊 2024-04-15 06:00 ラブ
「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ