猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-06-19 05:58
投稿日:2021-06-19 04:45
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、婚活中に出会った男性にしつこくアプローチされている女性の憂慮をお届けします。

婚活4年目、知人の紹介で15歳年上の男性と出会う

この人何を考えているの?(写真:iStock)
この人何を考えているの? (写真:iStock)

 Oさんは、30代後半にさしかかったばかりのスレンダー美女。真剣に結婚相手を探し続けていますが、婚活4年目を迎えても、思うような結果が出ていないとのこと。

「アプリとかパーティーとか、本当にいろんなことを試してきましたね。コロナ禍になってからはリアルに人と会う場が減ったので、アプリでの出会いに力を入れてきました」

 コロナ禍2年目の春。アプリで思うように出会いが進まないと知人に相談したところ、その知人の紹介で出会った15歳年上の男性・Tさんから気に入られ、現在は猛アプローチを受けているとのこと。

写真付きの自分史メール

重いメールが…(写真:iStock)
重いメールが… (写真:iStock)

「とにかくアプローチが激しいんです。相手はバツイチで、すでにお子さんは成人しているので、子育てを終えて金銭的にも余裕があるみたい。経済的な心配がないのはいいなと思って、私も恋人候補として考えていた時期はあったんですけど……」

 出会ってからスムーズに連絡先を交換し、その日から毎日、TさんからのLINEや電話をもらうようになったOさん。「あまりモテたことがないので、正直に言うと、最初は嬉しかったんです」とOさんは言います。

「だけど、なんだか怖いくらいにしつこくて、最近ではちょっと距離を置くようにしているんです……。結婚の話は出ませんけど『僕たちって、付き合えそう?』『付き合ったら、○○に行こうね』などと、交際するのが前提みたいな感じで連絡してくるから、引いてしまって。

 しかも『紹介で知り合ったから、僕の素性を知らないと思うので、早めに安心してもらいたくて』と、自分の半生を要約した昔の写真付きメールまで送ってきました。

 そこまでされると、逆に『なんか怪しい』と思ってしまい、どうしていいのかわからずに困っているところです」

恋愛感情はないけど将来はわからない

一体何が目的なの?(写真:iStock)
一体何が目的なの? (写真:iStock)

 Tさんに対して、今の時点では「恋愛感情は抱いていない」と断言するOさん。しかし婚活中ということを思うと「将来的には付き合うかもしれないし、それはわからない」とも話しています。

「なんで怪しげなアプローチをしてくるのかが、気になって仕方ないんです。男性からしつこくされるほど萎える女性の話もたくさん知っていますが、これがそういう感情なんでしょうかね?

 それとも、何かウラがあって私に急速に近づいてきているのでしょうか。本当のところが知りたいんです」

 さて、Oさんに積極的なアプローチをしているTさんの思いとは……? そこには、意外な事実が隠されていたのです。

 次回に続きます。

ラブ 新着一覧


離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ