興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-06-09 06:00
投稿日:2021-06-09 06:00
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には、好きではない男性からアプローチされて、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか? そこで今回は、興味ない男性からのありがちなアプローチ方法や、対処方法をご紹介します。

うんざり…興味ない男性からありがちな勘違いアプローチ5選

興味ないんだけど…(写真:iStock)
興味ないんだけど… (写真:iStock)

 好きな男性からのアプローチならどんなことでも嬉しいものですが、興味ない男性が相手だとうんざりしてしまうこともありますよね。まずは、そんな男性のありがちなアプローチから見ていきましょう。

1. 何度断ってもデートに誘ってくる

 興味ない男性からデートを受けた時、断ってしまう女性は多いと思います。せっかく誘ったのに断られれば、当然、相手の男性もショックでしょう。「脈なしかな」と、察してくれる人もいるはずです。

 しかし、中には何度断っても懲りずに誘ってくる男性がいます。「たまたま、その日の都合が悪かっただけだろう」と、プラスに解釈する人もいれば、「一度断られたくらいで諦めない」と、さらに恋心に火が付く男性もいます。 

2. LINEが頻繁にくる

 男性は、女性に比べるとLINEなどの連絡が苦手な人が多い傾向にあります。しかし、好きな女性のためなら、一生懸命にする人がほとんど。

 その中には、「振り向かせたい」「なんとか彼女をものにしたい」という一心で、LINEを頻繁にしてしまう男性もいます。LINEでのやり取りで少しでも距離を縮めたいと考え、相手の気持ちを考えずに送り続ける人も少なくありません。

3. 仕事帰りに待ち伏せされる

 好きな人が現れたら、「少しでも近づきたい」と思うもの。でも、なかなか会う機会がない場合には、「自らその機会を作るしかない」と考える男性もいます。

 そんな男性は仕事帰りなどに待ち伏せし、偶然を装って話しかけてきます。「仕事でこの近くに来たんだけど、偶然だね」など、わざとらしい言い訳をするのが特徴的です。

4. 周りに協力を仰ぎ、外堀から埋めてくる

 学生の頃、好きな人ができたら友達に協力してもらい、告白した経験がある人もいるはず。実は、男性の中には社会人になっても周りに協力をしてもらい、アプローチしようとする人がいます。

 そんな男性は周りの同僚などに相談して協力を仰ぎ、外堀から埋めていきます。そんな状況になれば、「邪険にできない」「断りづらい」と感じてしまう女性も多いでしょう。

5. 何でもかんでも褒める

 人から褒められるのは嬉しいものですが、過剰に褒められると「嘘くさい」と感じるものです。

 それに気づかず、アプローチのためになんでもかんでも褒める男性がいます。女性側としてはイラっとしているにも関わらず、「可愛いね」「その洋服、似合っているね」と会うたびに褒めて、自分の印象を良くしようとします。

興味ない男性からアプローチされたらどうしたらいい? 4つの対処方法

1回デートしてみたら…案外いいかも!(写真:iStock)
1回デートしてみたら…案外いいかも! (写真:iStock)

 興味ない男性からのアプローチに、「どうやって断ったらいいんだろう?」と、悩む人も多いのではないでしょうか? そんな時には、以下のような方法を取り入れてみてくださいね!

1. そこまで嫌じゃないなら、一度デートに行ってみる

 興味ない男性からアプローチを受けると、戸惑う人も多いでしょう。しかし、そこまで相手のことが嫌でないのであれば、一度デートに行ってみることがおすすめ!

 今は興味がなくても、一緒に時間を過ごして相手のことを知ることで、彼の魅力に気づけるかもしれません。

2. きっぱりと断る

 アプローチされても嬉しくなく、むしろ迷惑と思うくらいであれば、きっぱりと断るようにしましょう。

 そして、断る際にはやんわりと伝えるのではなく、「あなたとは付き合えません」と、分かりやすい言葉を選ぶことが必要。その気がないのに「断るのが申し訳ない……」という気持ちから曖昧な返事をしてしまうと、まったく伝わらず、アプローチが続く可能性があるため、注意が必要です。同情して変に優しくしないことも、大切でしょう。

3. LINEなどは無理に返信しない

 LINEがきたら「返さなければ……」と思ってしまいがちですが、興味ない男性からのLINEには、返信しない勇気を持つことも大切です。もしかしたら、その都度返信していることで、“脈あり”と捉えられているかもしれません。

 未読&既読スルーを繰り返すことで相手に察してもらいやすくなりますし、勘違いされることが少なくなるはずです。

4. 「好きな人がいる」と伝える

 興味ない男性からのアプローチを断るためには、「好きな人がいるから」と伝えるのも効果的です。

 あなたに気がある男性であれば、この言葉を言われれば「自分が入る隙はない」と諦めるはず。そうすることで、しつこいアプローチはなくなるでしょう。

好意を抱いてくれた相手だからこそ、素直な気持ちを伝えよう

はっきり断ることも優しさ(写真:iStock)
はっきり断ることも優しさ (写真:iStock)

 男性からアプローチされるのは嬉しいことではありますが、興味ない男性からとなると厄介なものです。しかし、あなたは興味がなかったとしても、彼はあなたに好意を抱いてくれたわけですから、それに感謝する気持ちを持つことも大切でしょう。そして、「傷つけたくない」という同情は捨て、あなたがどうしたいのかを素直に伝えてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ
冷たい態度をとる男性に秘められた5つの心理&対処方法
 好意を抱いている男性から冷たくされると、ショックですよね。勇気を出してアプローチしたのにそっけない態度をとられたら、「...
恋バナ調査隊 2021-06-07 06:00 ラブ