肉じゃがは“非モテ”レシピ?彼氏が本当に喜ぶ手料理の選び方

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2021-07-07 06:00
投稿日:2021-07-07 06:00
 今も昔も、「家庭的な女性」を結婚相手に選びたいと思う男性は多いようです。家庭的なところをアピールするなら、やはり「料理」は外せないポイントでしょう。そこで今回は、彼氏に喜んでもらえるレシピの選び方をご紹介します。

肉じゃがじゃない!? 男性が本当に喜ぶ“彼女の手料理”って?

男性が喜ぶ彼女の手料理って?(写真:iStock)
男性が喜ぶ彼女の手料理って? (写真:iStock)

 “彼女に作ってもらいたい料理ランキング”をチェックして、「肉じゃがだったら間違いない!」と、彼に作った経験がある女性は多いはず。でも、実は肉じゃがはベストな選択ではないかもしれません。

“彼女に作ってもらいたい料理ランキング”に登場する「肉じゃが」って本当?

 “彼女に作ってもらいたい料理ランキング”で、殿堂入りをしている「肉じゃが」ですが、リサーチしてみると、意外な意見も多くありました。

・煮物っておばあちゃんっぽいから、もっと彼女っぽい料理を作ってもらいたかった。(29歳/自営業)
・じゃがいもって炭水化物だからご飯のおかずとしてはどうも……おつまみとしても、イマイチかも。(43歳/会社員)
・そもそも肉じゃがは、好きでも嫌いでもない。(35歳/IT関係)

……など、肉じゃがに好意的な意見だけではないようです。

 そういえば、男性で賑わう料理屋さんはラーメン、牛丼、焼肉など、がっつり系の料理が多いですし、居酒屋で「もつ煮込み」を頼む人はいても、「肉じゃが」をあえて選択する人は少ないです。とはいえ、「肉じゃがは大嫌い」という人も少ないでしょう。

 つまり、肉じゃがは、ただただ「良くも悪くもなく無難」なレシピなのです。

彼氏が「今、食べたいもの」がモテレシピになる

 もちろん、肉じゃがが大好きでたまらない男性だっているはず。でも、そんな彼だって、肉じゃがよりハンバーグが食べたい気分の時だってあるでしょう。つまり、「これを作っておけば間違いない!」というモテレシピなんてないのではないでしょうか。

 大切なのは「今、彼が何を食べたいのか」を的確に判断すること。彼氏から見たら、それが「彼女に作ってもらいたい料理」となりますし、モテレシピになると思います。

これがモテレシピ! 彼氏の胃袋を掴む手料理レシピの選び方

彼氏の胃袋を掴んで♡(写真:iStock)
彼氏の胃袋を掴んで♡ (写真:iStock)

 自分なりに「これぞ!」という得意料理があったとしても、それが彼氏の口に合うかどうかはまた別の話。胃袋を掴むレシピの選び方、さっそくチェックしていきましょう。

彼氏の好きな料理を事前にリサーチしておく

 まずは、彼氏の好きな料理を事前にリサーチしましょう。初デートで手料理を振る舞うことにはなかなかならないですから、それまでにレストランや居酒屋で、彼が何を頼むか、どんなものが好きなのかを、ある程度チェックしておくと良いですね。

彼氏のお腹の空き具合をチェックしておく

 彼氏のお腹の好き具合を見て料理を作ることも、意外と大切なポイントだったりします。

「お腹空いてる?」と一言聞くことで、わかることはたくさん。空いているなら短時間でできるレシピを。空いていなさそうなら、一品追加したり、調理に時間がかかる凝ったレシピに挑戦することもできますね。

目安は小一時間ほど! さっと作れる美味しい料理を選ぶ

 小一時間ほどでさっと作れる美味しい料理を選ぶのも、モテレシピのポイントでしょう。待てば待つほど、美味しいものを期待してしまうのは当然のこと。むしろ、手際よく簡単そうに作っていたのに、すごく美味しかった!というほうが、意外性を狙えるかもしれません。

自分の負担にならない料理を選ぶ

 材料費も時間もかかる手の込んだ料理が成功して、喜んでもらえるのは嬉しいもの。でも、「また、あれ作って!」と言われた時に負担に感じてしまう料理は避けておいたほうが無難です。

 彼の期待度はどんどん上がってしまいますし、なにより「作るのが面倒だな」と思う気持ちが湧いてしまうと、楽しくありませんから。もちろん、どの程度を負担と感じるかどうかには個人差があるので、自分のボーダーラインを決めておくと良いかもしれません。

彼氏に手料理を作る時に気をつけたいこと

調味料は用意しておいたほうが無難かも(写真:iStock)
調味料は用意しておいたほうが無難かも (写真:iStock)

 彼氏に手料理を作る時、気をつけておきたいことがあります。

アレルギー、好き嫌いがないか聞いておく

 基本的なこととなりますが、食品に対するアレルギーの有無は聞いておいたほうが良いでしょう。生死に関わることもありますし、お互いのトラウマになってしまうかもしれません。

 また、彼の嫌いな食材をあえて使う必要もないでしょう。わざわざリスクを冒して、克服させる必要はないと思います。むしろ、初回は彼の好きな食材だけで固めるのも◎。失敗を防げるはずです。

彼氏の家で作るなら調味料、調理器具が揃っているかを確認しておく

 彼氏の家で料理を作る場合、意外と困るのが調味料や調理器具の不足です。料理をしない男性の場合、塩、醤油などはあっても、料理酒、みりん、だしの素はない場合がほとんど。使い慣れた調味料があったほうが味も整いやすくなるので、事前に要確認ですよ。

 また、一人暮らしの男性の場合、大きめの鍋やフライパンがない場合も多いです。ここもチェックポイントですね。

あればなお良し! メイン料理に合わせて用意したいプラスα

枝豆は万能選手(写真:iStock)
枝豆は万能選手 (写真:iStock)

 最後に、メイン料理に合わせてあれば助かる、プラスαのことをお伝えします。

前菜&箸休めにもなる1品

 メイン料理だけでも十分ですが、もう1品作る余裕があるのであれば、前菜にも箸休めにもなる1品をプラスすることをおすすめします。

 居酒屋で「とりあえず頼む1品」と考えると良いかもしれません。枝豆、ナッツ、おしんこ、酢の物、サラダ、生春巻き、など、なんでも良いですが、この1品があるだけで見た目も充実しますし、メイン料理ができるまで待っててもらうのも気楽です。出来合いのものを買ってきてお皿に盛り付けるだけでも、もちろんOKです。

塩や胡椒などあとから追加できる調味料

 男性の多くは、彼女が作ってくれた料理の味が濃いor薄いと思っても、トラブルを防ぐ&申し訳なさから、何も言わずに食べてしまう人もいるようです。

 でも、味の好みは人それぞれ。塩や胡椒など、あとから追加できる調味料を用意して、「気にせずかけてね!」と伝えておくと良いかもしれません。かけ具合で彼氏の味の好みを知ることができるため、次回の料理の参考にもなりますよ。

一般的なモテレシピは参考までに! 彼氏にモテるレシピを開拓して♡

二人でレシピを探してみても(写真:iStock)
二人でレシピを探してみても (写真:iStock)

 コロナによっておうち時間が増えた今、彼氏に手料理を振る舞う機会が増えた女性は多いでしょう。

 一般的に「モテレシピ」と呼ばれるものはありますが、それは置いておいて、あなたの彼にモテるレシピを開拓していくのも楽しいかもしれません。もしもいつか彼と結婚した時、それがオリジナルの「妻の味」、そして、「母の味」になっていくはずですから。

 とはいえ、面倒だと思う時には無理をせず。お惣菜や宅配を利用するのもぜんぜんありです。二人のおうちご飯を、より楽しいものにしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ