「ご飯は簡単でいいよ」…夫の無神経発言にイラ立つ妻の本音

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-06-05 06:00
投稿日:2021-06-05 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。コロナ渦の緊急事態宣言や蔓延防止措置などにより、「自宅で毎日食事をとることで、すれ違いだった夫婦が仲良くなった」という美談もある中、実際のところ「関係が破綻寸前」という夫婦も多いようです。
 コロナ終息を願い、以前の日常を取り戻したいという悲鳴は家庭内でも叫ばれています。今回は食事にまつわるブチ切れた妻たちのエピソードと、夫への対応について解説したいと思います。

「簡単にそうめんでいいよ」の発言にイラつく妻

簡単でいいよって言うなら自分で作ってほしい(写真:iStock)
簡単でいいよって言うなら自分で作ってほしい (写真:iStock)

 少し前にテレビの街頭インタビューで、「妻の手料理が、“唐揚げ”だったら手抜き」だと言った30代の男性がいました。しかも、妻が横にいるのにも関わらず……。ア然とする妻を気遣うことなく、唐揚げはジャンクフードだと言い切った夫。

 方々から「はあ? 唐揚げが手抜き? てめぇ作ってみろや!」など、怒りの声が噴きあがり、ネットは大炎上。その“手抜き発言”をした男性が特定されんばかりの勢いで、批判されていました。きっと、料理をしたことがない人なのでしょう。

 疲れて帰宅してきた妻に、「今日は“簡単”にそうめんでいいよ」と言う無神経な夫の多いこと。優しい気持ちで言っているつもりが、たび重なると妻の怒りを買います。

 もちろん、そうめんと出汁だけポンと出すなら腹も立ちません。怒る妻たちは、きちんとショウガやネギなどの薬味を用意したり、錦糸卵を作ったりしているのでしょう。そもそも簡単というなら、疲れていない人が作ってあげるべきでしょう。手料理に「簡単」という文言は不必要であり、まったく気遣いではありません。

「簡単でいいよ」という夫への対策

・本当に手抜きで作る。例えばカレーのルウと玉ねぎだけ。いっそレトルトカレー。
・文句を言われたなら、「簡単でいいって言った」ことを淡々と復唱してみる。
・疲れているのに「頑張らなきゃ」という気持ちが不満のタネを作るので、努力を怠ってみる。

私はコレで大皿盛りを辞めました

食事はそれぞれのプレートで(写真:iStock)
食事はそれぞれのプレートで (写真:iStock)

「私は主人も一緒に食事をする時は、大皿におかずを盛りつけないことにしました」そう言う30代公務員のA子さん。

「主人は私のことを考えずに食べるんです」と憎々しく話す内容。それは、肉ばかり先に食べてしまい、A子さんが食べる頃には野菜しか残っていないということです。

「主人がそんな感じなので、私は早食いになって太ってしまったんです。ビールなんて飲んでいると、メインがなくなっちゃいますから」

 おかずが無くなる!という危機感から防衛本能が働き、負けじと食べるスピードが速くなってしまったA子さん。楽しいはずの夕食タイムは、落ち着きがないものになったそうです。

 そんなある時、すき焼き鍋を作って食卓に出し、少し洗い場の片づけをしてからテーブルに着くと、ほとんどのお肉が食べられてしまう寸前だったことに気づきました。悔しさと情けなさで涙があふれて、感情が爆発したそうです。

「私のぶんまで食べないでっ!!」

 こんなことで涙する自分も卑しいのかと、とても辛い気持ちになられたそうです。いつの時代も食べ物の恨みは恐ろしい……。

大皿料理の配慮がない夫への対策

・洗い物が増えますが、大皿に盛ることを辞めて、それぞれのプレートで安心して食す。
・夫とまじめに今後の家族の食卓のあり方を、ディスカッションする。
・それでも実行できない場合は、たとえば餃子であれば「何個があなたのぶん」と具体的に分量を決める

食事ができてもすぐに来ない&食べないモタ夫

もう冷めちゃってるんですけど?(写真:iStock)
もう冷めちゃってるんですけど? (写真:iStock)

 温かいものは温かいうちに食べてもらいたい。一番美味しいベストな状態で出そうとする奥さまは、とても多いと思います。これも最大限の愛情表現ですね。しかし、「ご飯よ~」と呼べば、のそのそと今さらながらゆっくりとトイレに入り、長々と手を洗ったり、スマホを忘れて自室に戻ったり……、何かとモタモタとする夫って必ずいます。

 これも毎度やられると、奥様たちのお怒りを買うことになります。そんな夫たちの心理を聞いてみると、食事が楽しみでゆっくりと堪能したいから、態勢を整えるそうです。つまり、モタ夫の奥様たちはお料理上手だということでしょう。だからこそ、お料理の食べるタイミングを重視するのです。

すぐに食卓につかないモタ夫への対策

・「◯時◯分ごろに食事ができるから、トイレとか行って用意してね」と、あらかじめ伝えておく。
・「冷めたら、電子レンジでチンしてもらうからね~」ぐらいの気持ちで、普段の料理に気合いはいらない。
・麺類は早く食べ始めてもらいたい一品ですが、モタ夫は麺がのびても美味しいと思っていることを理解する。

まとめ

イライラするくらいなら手を抜こう!(写真:iStock)
イライラするくらいなら手を抜こう! (写真:iStock)

 料理を夫や家族のために頑張る妻ほど、このようなストレスを抱えやすいはずです。尽くす女性は、よほどの記念日でない限り、手料理を毎回一品少なく作る習慣にシフトするのもいいかもしれません。

「簡単でいい」と言われたら、マジで質素に作り上げていいんです。一生懸命作るからこそ、ストレスが芽生えている可能性があります。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
美人の結婚が遅い3つの理由、男性の切ない本音を紐解くと…
 女性から羨ましがられる美人は、結婚も早いだろうと誰もが思いますよね。でも、実際に周囲を見回してみると、見た目は平均点の...
恋バナ調査隊 2024-02-19 06:00 ラブ
「性欲強めになったのは…」今カレにはナイショ!元カレの影響6選
「好きな人の口癖がうつっちゃった」なんて経験がある女性は、多いのではないでしょうか?  人は好意を持っている相手や長く...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ
男「日曜会えない?」独女「100人の部下が動いてて」残念あるあるLINE
 40代になっても独身を貫く人には、いくつかの共通点があります。  男性としては、独女特有の共通点を察知した途端、...
恋バナ調査隊 2024-02-18 06:00 ラブ