婚活疲れのオトナ女子に告ぐ!「第3の縁」気が付いていますか

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-06-29 06:00
投稿日:2021-06-29 06:00
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介する「コクハク」発のBOOKレビュー。今回は婚活疲れでヘトヘト……といった時に手に取りたい1冊です。

「第3の縁」ですでに出会っている可能性!

「第3の縁」でもう出会っているかも(写真:iStock)
「第3の縁」でもう出会っているかも (写真:iStock)

 婚活は、努力を重ねたからといって必ずしも成果に結びつくわけではないのが悩ましいところ。そこで今回は、婚活中に読むとふっと気持ちが軽くなる書籍を紹介。婚活業界歴16年のベテラン、三島光世氏の『婚活は「がんばらないほうが」うまくいく 大切なご縁を最速で形にする成婚塾』(秀和システム)です。えっ、婚活って頑張らなくていいの!?(本文内の「」はすべてご著書から引用)

  ◇  ◇  ◇

 三島氏は結婚相談所を運営されています。結婚相談所に入会しない前提で、「婚活はがんばらないほうがうまくいく」秘訣があるそう。

 三島氏によると、「結婚のご縁(円)には5種類あるそうです。

「1.大恋愛、2.恋愛、3.第3の縁、4.知り合い、5.他人です。『第3の縁』とは端的に言うと、『好きではないけど、居心地がいい』『タイプじゃないけど一緒にいてすごく楽』と感じる人とのご縁のことです。

1.第3の縁は自分の周りにある
2.第3の縁は気づきにくい
3.第3の縁は幸せへのチャンス

 好きではない人なので、つい見逃してしまうのですが、この縁をつかめるかどうかが、とくに30代以降の婚活には重要になってきます。

 この『第3の縁』は、30代以降の年齢になって、はじめて見つかる縁といってもいいでしょう。20代でこの縁をつかむには、経験が浅く難しいからです」

 皆様、どなたか殿方のお顔が思い浮かんだでしょうか。筆者は既婚者(再婚)なので回想する必要はありませんが、あえて挙げてみると。

 婚活パーティーで出会ったのに、なぜか「会わせたい人がいる」と、紹介してくれた殿方(そもそも筆者が好みではなかったかと思われます)。一人暮らし時代に持病が悪化して「孤独死はマズイ!」と思い電話したら、「今から車で迎えに行く」と言ってくれた殿方。

 ほかにも数名、脳裏をよぎりましたが、三島氏によると「『第3の縁』を探すうえで、捨ててほしいものが『恋愛脳』です。この縁で結ばれる相手は、そもそも『恋愛相手にふさわしい人』ではなく『結婚相手にふさわしい人』です」とのこと。「恋愛脳」で結婚相手を探すことがいかに危険であるかは、ご著書のご一読を。

最終審判は「ありふれた日常」で決めていい

結婚は日常なんです(写真:iStock)
結婚は日常なんです (写真:iStock)

「第3の縁」につながるかもしれませんが、三島氏はある女性相談者のエピソードが印象的だったとのこと。

「その相談者は、彼からは思いを伝えられていましたが、あまり乗り気ではなく、でも結婚に向けて真剣交際をしていました。

 でも、あるとき『結婚を決めました』と報告が入りました。

 彼女は、どんなことで決めたのか?

 それは、水族館デートに行ったときのこと。彼は、動画を撮っていたそうです。そこには、魚が泳ぐ水槽が撮られていたようですが、彼は毎日、その動画を見ているというんですって。

 理由は、その動画には彼女の声が入っているから。それを知った彼女は『こんなに思ってくれる人なら』と、結婚しようと決めたそうです」

 女性は愛されたほうが幸せになれる説ですが、筆者は「女性が愛する以上に男性に愛されると幸せになれる」という意味で捉えていて、三島氏の意見とは異なってしまうかもしれないのでさておき。

恋愛は非日常で結婚は日常

 恋愛は非日常で、結婚は日常。ともに日常生活を送るには、他人に見せたくない姿もさらけ出さなければいけません。その姿も受け入れてくれると相談者は感じたのでしょう。暗い海を航海中、旦那様がレーダーで行き先を告げてくれたような、微笑ましいエピソードです。

 また筆者の体験談で恐縮ですが。筆者が今の夫と結婚を決めたのは、水が美しい“夫”という凪いだ湖の中で、スクール水着を着て浮き輪を使って自由に泳いでいる自分をイメージできたからです。

 スクール水着+浮き輪という想像は、交際時から夫が、筆者に足りなかった幼児期体験を追体験させてくれたから。ノロケではありません。もし「第3の縁」を見つけたら、彼といると海や湖で自分はどんな状態かを思い描いてみることを、個人的にオススメしたいです。

本気の婚活なら5人も会えば十分です

選択肢が多い中から選ぶのは難しい(写真:iStock)
選択肢が多い中から選ぶのは難しい (写真:iStock)

「出会いすぎは禁物です。私の経験上、本気の婚活なら5人も会えば十分なのです。

 婚活は『動』と『静』のバランスが必要です。

 相手を積極的に探す時期、そして交際がスタートして結婚に向かっていく時期。この時期は『動』が必要です。

 その一方で『この人とつき合ってみようかな』『この人と結婚しようかな』と、一度立ち止まって考え、決断する『静』の時期もまた必要なのです」

 たしかに。筆者の知人(40代女性)はモテ期が到来し、2人の男性に言い寄られて結論をいまだに出せていません。2人でも迷うのに5人だったら十分なのかも。三島氏は、こう記載しています。

「『選択の科学』(文藝春秋)を書いた社会心理学者、シーナ・アイエンガーのジャム実験によると、人は選択肢が多いと決断力が鈍る、という一面を持っています。

 この理論を婚活に当てはめると、5人の中から1人を選ぶのと、20人の中から1人を選ぶのでは、前者のほうがいいということ。人は、選択肢がありすぎると決められなくなってしまうからです。

 このことから、むやみにお見合い(婚活)人数を増やさないほうがいいことがわかります」

 ほかにもご著書には、「婚活を制するために『婚活メモ』は必須です」「どうしても譲れない条件は3つまでが女性も楽」「『そんな短期間じゃあ決められない』あなたへ」など、コンテンツ盛りだくさんです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...