東大卒プロウェイクサーファーが語る 初恋の人との交際0日婚

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-03-16 06:28
投稿日:2021-03-16 06:00
 女性が「結婚したい」と思って婚活をはじめる時に、相手のスペックとして見るのは「年収」「職業」「身長」などに次いで、やはり「学歴」も注目するポイントかと思います。国内最高峰の東京大学出身の男性は、女性たちにとってまさに憧れであり、非常に興味深い存在であることは、間違いないでしょう。

 そこで、実際に東大出身の男性に取材をし、彼らは一体どんな場所で出会い、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性をパートナーに選ぶのか? ということを深掘りしていく連載『東大生の結婚観〜どんな女性と結婚するのか』をはじめました。

 2回目の今回は、東大卒業後、大手IT企業へ就職するも24歳で脱サラし、アジア初の男子プロウェイクサーファーに転身した中山健太(38)さんに、自身の結婚観についてお伺いしました。

出会いは“小学校”異色のなれ初め

異色のエピソードだけど…素敵!(写真:iStock)
異色のエピソードだけど…素敵! (写真:iStock)

case2. 中山健太さん(38)

 最初にこのインタビューを打診した時、「僕の話は相当ぶっ飛んでるんですが、大丈夫ですか?」と、謙遜しながらもお話してくださった中山さん。まずは奥さんとの出会いから結婚に至るまでの経緯について。

「妻とは小学校の同級生だった」といい、なんと“初恋の相手”だったそうです! ところが、中山さんは国立の中学校へ進学したため、小学校卒業後は奥さんとは離れ離れに。そして26歳の時、お二人はSNSを通じて再会を果たし、そこからは友人として交流が続く中で、付き合いたいと思っていた中山さんが奥さんに告白。

 すると、「今さら付き合うのは面倒くさい。結婚だったらいいよ」という返事が返ってきたため、「彼女がそう言うなら結婚しよう!」と決意し、30歳の時にめでたく“交際0日婚”でゴールイン!

 ご本人がおっしゃる通り、出会いは小学校、初恋の相手、SNSで再会、交際0日婚……と、異色の結婚ストーリーが素敵ですね。そんな中山さんが結婚を決意した時の心情は、どのようなものだったのでしょうか。

どんなパートナーシップを築いているか

共通の趣味があると絆が深まる(写真:iStock)
共通の趣味があると絆が深まる (写真:iStock)

 もともと中山さんは自由に動き回るのが好きで、束縛も好まない「超自由」タイプ。

 結婚願望も“直前までなかった”とのことですが、いざ結婚の話が出た時に「20代は散々好き勝手やってきたし、守るものができるのもいいかな」という心境の変化とともに、「こういう女性(奥さん)となら結婚してもいいのかな」と思ったそうです。

 中山さんの場合は、「結婚願望があったから相手を探して結婚した」という結婚目的のパターンではなく、「最適だと思えるパートナーが現れたから結婚した」という相手ありきのパターン。「結婚相手選びは正しかったと思いますか?」という質問には、「大正解!」と即答。「ほかの人だったら、すぐに終わってたと思う」とのことです。

 そんな奥さんとのご関係は、「友達みたいに毎日が楽しい」ということで、良いパートナーシップを築いていることが伺えますね。

 現在38歳、アジア初の男子プロウェイクサーファーであり、アジアナンバー1の実力もお持ちの中山健太さんですが、意外にもウェイクサーファーを始めたのは30歳からだそうです。スノーボードが得意な奥さんとご結婚後、一緒にウェイクサーフィンを始めて以来、のめり込んだのだそう!

「ウェイクサーフィンを始めた当初は、奥さんの方が上手かった」と中山さんはおっしゃっていますが、ご夫婦で共通の趣味があるとコミュニケーションも取れますし、お互いの活動への深い理解が得られるので、共通の趣味があることはとても良いことだと思いました。

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ