東大卒プロウェイクサーファーが語る 初恋の人との交際0日婚

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2021-03-16 06:28
投稿日:2021-03-16 06:00
 女性が「結婚したい」と思って婚活をはじめる時に、相手のスペックとして見るのは「年収」「職業」「身長」などに次いで、やはり「学歴」も注目するポイントかと思います。国内最高峰の東京大学出身の男性は、女性たちにとってまさに憧れであり、非常に興味深い存在であることは、間違いないでしょう。

 そこで、実際に東大出身の男性に取材をし、彼らは一体どんな場所で出会い、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性をパートナーに選ぶのか? ということを深掘りしていく連載『東大生の結婚観〜どんな女性と結婚するのか』をはじめました。

 2回目の今回は、東大卒業後、大手IT企業へ就職するも24歳で脱サラし、アジア初の男子プロウェイクサーファーに転身した中山健太(38)さんに、自身の結婚観についてお伺いしました。

出会いは“小学校”異色のなれ初め

異色のエピソードだけど…素敵!(写真:iStock)
異色のエピソードだけど…素敵! (写真:iStock)

case2. 中山健太さん(38)

 最初にこのインタビューを打診した時、「僕の話は相当ぶっ飛んでるんですが、大丈夫ですか?」と、謙遜しながらもお話してくださった中山さん。まずは奥さんとの出会いから結婚に至るまでの経緯について。

「妻とは小学校の同級生だった」といい、なんと“初恋の相手”だったそうです! ところが、中山さんは国立の中学校へ進学したため、小学校卒業後は奥さんとは離れ離れに。そして26歳の時、お二人はSNSを通じて再会を果たし、そこからは友人として交流が続く中で、付き合いたいと思っていた中山さんが奥さんに告白。

 すると、「今さら付き合うのは面倒くさい。結婚だったらいいよ」という返事が返ってきたため、「彼女がそう言うなら結婚しよう!」と決意し、30歳の時にめでたく“交際0日婚”でゴールイン!

 ご本人がおっしゃる通り、出会いは小学校、初恋の相手、SNSで再会、交際0日婚……と、異色の結婚ストーリーが素敵ですね。そんな中山さんが結婚を決意した時の心情は、どのようなものだったのでしょうか。

どんなパートナーシップを築いているか

共通の趣味があると絆が深まる(写真:iStock)
共通の趣味があると絆が深まる (写真:iStock)

 もともと中山さんは自由に動き回るのが好きで、束縛も好まない「超自由」タイプ。

 結婚願望も“直前までなかった”とのことですが、いざ結婚の話が出た時に「20代は散々好き勝手やってきたし、守るものができるのもいいかな」という心境の変化とともに、「こういう女性(奥さん)となら結婚してもいいのかな」と思ったそうです。

 中山さんの場合は、「結婚願望があったから相手を探して結婚した」という結婚目的のパターンではなく、「最適だと思えるパートナーが現れたから結婚した」という相手ありきのパターン。「結婚相手選びは正しかったと思いますか?」という質問には、「大正解!」と即答。「ほかの人だったら、すぐに終わってたと思う」とのことです。

 そんな奥さんとのご関係は、「友達みたいに毎日が楽しい」ということで、良いパートナーシップを築いていることが伺えますね。

 現在38歳、アジア初の男子プロウェイクサーファーであり、アジアナンバー1の実力もお持ちの中山健太さんですが、意外にもウェイクサーファーを始めたのは30歳からだそうです。スノーボードが得意な奥さんとご結婚後、一緒にウェイクサーフィンを始めて以来、のめり込んだのだそう!

「ウェイクサーフィンを始めた当初は、奥さんの方が上手かった」と中山さんはおっしゃっていますが、ご夫婦で共通の趣味があるとコミュニケーションも取れますし、お互いの活動への深い理解が得られるので、共通の趣味があることはとても良いことだと思いました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ