山下智久“声だけ”出演が最高視聴率!新垣結衣と待望作復活は

こじらぶ ライター
更新日:2021-07-03 07:38
投稿日:2021-07-03 06:00

「ドラゴン桜」にまさかの“声だけ”出演!

「ドラゴン桜」最終回に出演した山下(右)と新垣(左)。「コード・ブルー」続編は叶うか!?/山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)
「ドラゴン桜」最終回に出演した山下(右)と新垣(左)。「コード・ブルー」続編は叶うか!? /山下智久公式Instagram(右)、(C)日刊ゲンダイ(左)

 4月期ドラマでトップを走り続けた日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)が、先月27日放送の最終回で平均世帯視聴率20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と今年の全ドラマ1位を記録し有終の美を飾った。

 瞬間最高視聴率22.7%は放送時間内に3回記録。そのうちのひとつは前作「ドラゴン桜」(05年放送)の生徒役だった山下智久(36)が“声だけ”ではあるが、凱旋出演を果たしたシーンだった。これにはネット上の山下ファンも「さすが山Pもってる男!」「声だけで瞬間最高視聴率かっさらうとか凄すぎる!」と歓喜した。

山下の出演は“不可能”の見立ても

 山下は前作「ドラゴン桜」で東大クラス生徒役6人のうちのメインを務めていた。今作、生徒役から成長し東大卒の弁護士役で続投した長澤まさみ(34)や、初回でゲスト出演した紗栄子(34)のように、“生徒組”の山下や新垣結衣(33)らの登場が期待され続けたが、最終回当日に2人のサプライズ出演確定がネット記事でスッパ抜かれるまで、山下の出演は不可能なのではないかとの見方が多かった。

 前作放送時にはジャニーズ事務所のNEWS所属だったが、現在は脱退・退所しており、また今作にはジャニーズ期待の星、King & Princeの高橋海人(22、※高ははしごだか)が主要生徒役で奮闘していたことから、共演NGで出演出来ないのではないかと推測されていたのだ。

 山下は20年10月に同事務所を退所後、ハリウッド映画「The Man From Toronto」の撮影に参加したり、495万人のフォロワーを抱える自身の公式Instagramの投稿がたびたび大反響を呼んできたが、日本のドラマへの出演は途絶えていた。

「ドラゴン桜」声だけ出演が意味するもの

前作からの出演となった“先輩”の面々。写真左から長澤、紗栄子、小池、中尾/(C)日刊ゲンダイ
前作からの出演となった“先輩”の面々。写真左から長澤、紗栄子、小池、中尾 /(C)日刊ゲンダイ

 今作「ドラゴン桜」の最終回では、長澤、紗栄子、小池徹平(35)、中尾明慶(33)、そして大トリに新垣も出演し、前作生徒役では山下だけが“声だけ”で姿を現さない形となった。それでもファンからは、「退所からこんなすぐに声だけでもドラマに出られて良かった」「ガッキーとのツーショット見たかった。まずは声で地上波復帰したから、次はコード・ブルーだ!」と期待が寄せられている。

 山下と新垣は前作「ドラゴン桜」の他に、山下主演の人気医療ドラマシリーズ「コード・ブルー」(フジテレビ系)でも長年に渡り共演してきた。同作劇場版は興行収入93億円を超えており、こちらでも山下がとんでもない数字に貢献していることが分かる。

 だが、山下がジャニーズを退所し日本のテレビ界から干された状態なら続編は不可能と諦めるファンも多かった。今回の「ドラゴン桜」への“声だけ”出演は、大きな一歩として意味があると受け止められているようだ。

後輩・キンプリ高橋への配慮?

 一部報道では山下の“声だけ”出演はジャニーズ事務所の圧力があったためではなく、後輩の高橋を想って山下側から提案されたものとも言われている。真意のほどは不明だが、ともかく瞬間最高視聴率というこの上ない結果を出したことに変わりはない。

 紗栄子が自身の公式Instagramに前作と今作生徒らの集合写真を投稿した際、その場にはいない山下の公式Instagramアカウントもタグ付けしたり、山下からも長澤の公式Instagramに投稿された紗栄子ら“同級生”との記念写真に「いいね!」を押すなど、所属事務所や出演の仕方に関係なく同じ時代を築いてきた仲間との絆は固いようだ。

「コード・ブルー」共演者らと絡む姿に…

先月末のInstagramストーリーズには浅利との筋トレ動画を投稿した山下/山下智久公式Instagramより
先月末のInstagramストーリーズには浅利との筋トレ動画を投稿した山下 /山下智久公式Instagramより

 山下は、前述のハリウッド作品出演やインフルエンサーとしての活動の他に、高級ブランド「ブルガリ」や「ディオール ビューティー」のアンバサダーに就任するなど世界的水準で見ても華々しい活躍をしている。

 また先月30日には山下公式Instagramストーリーズに「コード・ブルー」で共演して以来、親交のある浅利陽介(33)と筋力トレーニングを行う動画が投稿された。「ドラゴン桜」での間接的な新垣との共演、そして浅利とのプライベートでの交流から、ファンの期待は山下の日本のドラマ復帰、そして「コード・ブルー」続編へとますます加速する一方だ。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

エンタメ 新着一覧


北乃きいは《ぽちゃぽちゃが超かわいい》定期的に激変ぶりが話題に…“豪快キャラ”今後は?
 15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『上田と女がDEEPに吠える夜』に出演した女優の北乃きい(33)。【ひとり好き女...
2024-05-17 17:03 エンタメ
フワちゃん機中の問題行動を暴露され大炎上! "次に消えるタレント"が…しぶとくサバイブのなぜ
 タレントでYouTuberのフワちゃんを巡るエピソードがまた炎上中だ。5月9日に更新された千原ジュニア(50)のYou...
2024-05-16 17:03 エンタメ
「僕じゃ駄目かな」あすなろ白書のキムタクを想起、優三渾身のプロポーズ
 寅子(伊藤沙莉)は、弁護士として社会的な信用を得るためにお見合いをさせて欲しいと直言(岡部たかし)とはる(石田ゆり子)...
桧山珠美 2024-05-16 16:43 エンタメ
事件はいつも「あの階段」で起こる! 岩ちゃん演じる花岡もう婚約
 晴れて弁護士になったが、女性であることを理由になかなか依頼をしてもらえない寅子(伊藤沙莉)。「女の幸せより大事なものか...
桧山珠美 2024-05-15 15:00 エンタメ
炎上芸人・粗品は松本人志にビビってない!キンプリへの暴言も計算済み?
 2018年にコンビとして『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)のチャンピオンとなり、2019年にピン芸人として『R-1ぐ...
堺屋大地 2024-05-15 06:00 エンタメ
井上真央「結婚説」否定から長すぎる”動向不明”…新作出演なし1年超に心配の声広がる
 井上真央(37)が新作に出演していない期間が1年を超え、芸能界では徐々に心配の声が出始めている。今年1月、新春番組で「...
2024-05-14 17:03 エンタメ
水原一平事件「ドラマ化」米国では即決、日本では実現ムリ…識者が指摘する数々の障壁
 ドジャース大谷翔平(29)の元通訳・水原一平被告(39)の横領事件が「エンタメのネタ」になり始めた。アメリカにおいてテ...
2024-05-14 17:03 エンタメ
「握手」の演出に伏線?寅子と花岡は友情の証、優三のそれとは真逆だった
 寅子(伊藤沙莉)の1年先を行く花岡(岩田剛典)は司法修習後の試験に合格。どうしても早く伝えたいと寅子に電話をしてきたの...
桧山珠美 2024-05-14 16:00 エンタメ
生田斗真「無痛分娩おねだり」発言でP&Gに問い合わせ殺到 「ノーコメント」貫くCM企業の苦しい胸中
 生田斗真(39)の舌禍が尾を引いている。生田は5日、インスタグラムのストーリーズで集まったファンからの質問に答え、その...
2024-05-13 17:03 エンタメ
浜崎あゆみの足の形は日本人の中では少数派だった! 過去には池田エライザも話題に
 歌手の浜崎あゆみ(45)が5月10日、インスタグラムに自撮り写真など5枚を投稿。うち4枚は自身の手のネイルを披露するも...
2024-05-13 18:28 エンタメ
滝沢カレン似モノマネ芸人らいるRIEさん 乳がんを初告白…GW前に手術、宣告と経緯を聞いた
 滝沢カレンのモノマネで知られる女芸人、らりるRIEさんが乳がんになったことを日刊ゲンダイで初告白。GW前に手術が終わっ...
2024-05-12 17:03 エンタメ
あぶ刑事ヒットならドラマ化も?柴田恭兵の“枯れた老人”は世を忍ぶ仮の姿
 先月までNHK-BSで放送していた「舟を編む~私、辞書つくります~」はなかなか素敵なドラマでした。  三浦しをん...
中森明菜ついに復活!会員限定イベントは10億円稼ぐとも トラブル続きだった歌姫の売り出し方
【城下尊之 芸能界ぶっちゃけトーク】  このところ記事や動画で中森明菜(58)の情報を見たり聞いたりすることが増えてい...
2024-05-11 17:03 エンタメ
映画『広末涼子』(仮)の鳥羽氏は中盤キャラ?スキャンダル史まだ続く説
 昨年6月、人気シェフ・鳥羽周作氏とのダブル不倫が報じられ、無期限の謹慎処分を受けていた広末涼子。その後、夫だったキャン...
堺屋大地 2024-05-11 06:00 エンタメ
大谷翔平のパンツめぐり荒唐無稽な“陰謀論”…前後逆にはくのは「メッセージ」と信じる人々
 米連邦検察は日本時間5月9日、ドジャース大谷翔平(29)の通訳を務めていた水原一平容疑者(39)が銀行詐欺と虚偽の納税...
2024-05-10 17:03 エンタメ
花岡(岩ちゃん)、寅子に匂わせプロポーズ!?でも黄色いバラの花言葉は…
 とうとう合格した寅子(伊藤沙莉)、先輩の久保田(小林涼子)、中山(安藤輪子)。そして寅子と合格者が3人も出たことで、廃...
桧山珠美 2024-05-10 15:30 エンタメ