平手友梨奈が成人 アイドル界に何を残し今後はどこへ行く?

こじらぶ ライター
更新日:2021-06-26 06:00
投稿日:2021-06-26 06:00

女性アイドル界に刻んだ「女性性」への反抗と解放

成人を迎えた平手。激動の10代で何を残し、20代はどこへ行くのか…!?/(C)日刊ゲンダイ
成人を迎えた平手。激動の10代で何を残し、20代はどこへ行くのか…!? /(C)日刊ゲンダイ

 今月25日、平手友梨奈が20歳の誕生日を迎え成人となった。ここで改めて、10代の平手がアイドルとして、ソロとして何を残したのかを振り返り、彼女の言葉から20代となった今後の展望を紐解きたい。

 まず平手が女性アイドル界に最も強く残したインパクトは、「女性性」への反抗と解放ではないだろうか。女性アイドルと言えば、長きに渡り、男性プロデューサーによって、男性ファンを喜ばせる存在として創り上げられ、いつもニコニコ可愛らしく、従順で女の子らしく振舞うことを求められてきた。

14歳で単身上京、欅坂46の一員に

 平手は14歳で乃木坂46の姉妹グループオーディションを受け合格したが、そうした女性アイドルらしいキラキラに憧れたわけではなく、鬱屈として閉じ込められたような家庭や地元中学時代の環境から飛び出すためならどこでも良かったようだ。まだ東京都心部と比べて男性が圧倒的優位な地方から若くして単身上京し、16年にデビューする欅坂46の一員となった。

 それまで従順な「女性アイドル像」を創ってきた秋元康氏だったが、欅坂46ではメンバーの笑わず媚びない姿から着想を得て「大人に支配されるな」というメッセージを込めた「サイレントマジョリティー」が誕生したとインタビューなどで語っている。

欅坂46「闘うパフォーマンス集団」の“顔”に

 そのメッセージを最も体現できる存在として、稀有な表現力と眼力を持つ平手は最年少ながらセンターに据えられた。以降、欅坂46の楽曲は平手に当て書きされていく。

 欅坂46は平手に牽引され、プロ意識を高く持ち「女だから」「アイドルだから」ということに囚われず、魂と身を削る「闘うパフォーマンス集団」となって女性アイドルの常識を変えた。

 特に欅坂46後期、容姿や立ち振る舞い含め、女性アイドルどころかジェンダーの枠組みをも超越した平手は女性ファンから圧倒的な支持を得ていった。

10代の平手がファンらに魅せたもの

14歳デビュー時の平手(左)とジェンダーを超越し始めた16歳時の平手(右)/「サイレントマジョリティー」(Type-A、左)、「ガラスを割れ」(Type-A、右)(写真:iStock)
14歳デビュー時の平手(左)とジェンダーを超越し始めた16歳時の平手(右)/「サイレントマジョリティー」(Type-A、左)、「ガラスを割れ」(Type-A、右) (写真:iStock)

 欅坂46の真骨頂であるライブのDVD/BDは女性アイドルでは異例の売り上げを記録し、主要“ロック”フェスに招かれた際には5万人規模のステージに観衆が殺到し、入場規制がかかるほどだった。

 欅坂46の中心には「10代の平手」だからこそ持ち得たほとばしるような激情があり、いましか見ることができないという儚さと脆さを内包した閃光を放っていた。

 その代償として平手は心身を消耗し、18歳半ばでついにはグループを離れ、そののち欅坂46は伝説のまま歴史に幕を閉じた。

 ソロとなったこの1年半、平手は主に俳優業で撮影に追われていた。昨年は、数々の新人賞を受賞した「響-Hibiki-」(18年公開)以来の出演となった映画「さんかく窓の外側は夜」、映画3作目となった「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の撮影に参加した。今年は「ドラゴン桜」(TBS系)で初のゴールデン帯ドラマに出演し、多くの新規ファンを魅了した。

新作「ザ・ファブル」で凄まじいエネルギーを爆発させる

 平手はその全ての作品で全く違う顔を見せている。演じ分けているというより、作中で役に入り込んで役として存在しているように見える。欅坂46の多様な楽曲の主人公に憑依し異なる表情を見せてきたのと同じだ。

 中でも今月18日に公開となった「ザ・ファブル――」で演じた佐羽ヒナコは、心身共に大人の男に囚われの身となっていた日常から、予告編からも分かるように、クライマックスでは銃口を突き付けながら絶叫し立ち向かう女性へと成長する。陰がありながら凄まじいエネルギーを爆発させる様は欅坂46時代の平手同様、多くの人々の心を打っている。

エンタメ 新着一覧


40代目「東レキャンペーンガール」はモデル間瀬遥花 水着審査撤廃にみる“芸能界の登竜門”の変遷
「2022年東レキャンペーンガール」の記者発表会が29日、東レ東京本社(東京・中央区)で行われ、モデルの間瀬遥花(24)...
2021-12-01 17:03 エンタメ
<101>家宅捜索令状で知った「覚醒剤」の使用…精力剤も使わないのに?
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#101  5月24日の夜、早貴被告と家政婦の大下さんは1階のリビング...
2021-12-01 17:03 エンタメ
長澤まさみは18年連続で…2023年「東宝カレンダー」の表紙は上白石萌音か浜辺美波か
 2022年版東宝カレンダー。今を時めく女優らが1~12月を彩っているが、表紙は2005年から18年連続で長澤まさみ(3...
2021-12-01 17:03 エンタメ
初の自叙伝「くすぶり中年の逆襲」を出版した錦鯉を直撃! “アラフィフの星”が抱く野望とは
 昨年の「M-1グランプリ」ファイナリストで注目を浴びた錦鯉が初の自叙伝「くすぶり中年の逆襲」(新潮社)を発売した。超遅...
2021-12-01 17:03 エンタメ
フジテレビがリストラ断行の衝撃度! 売り上げ激減で斜陽のテレビ業界を襲う“極寒の冬”
 テレビメディアの凋落が止まらない。あのフジテレビが2度目となるリストラ案を公表。今回、ターゲットになったのはバブル期に...
2021-12-01 17:03 エンタメ
テレ朝「和田家の男たち」ホームドラマに織り込まれた鋭い“メディア批評”
【テレビ 見るべきものは!!】  金曜ナイトドラマ「和田家の男たち」(テレビ朝日系)が、ぐっと面白くなってきた。  ...
2021-12-01 17:03 エンタメ
五木ひろしの光と影<16>「よこはま・たそがれ」誕生秘話…演歌ではなくアメリカンポップス
【芸能界と格闘技界 その深淵】#80  五木ひろしの光と影(16)   ◇  ◇  ◇  山口洋子は「全日本歌謡選...
2021-12-01 17:03 エンタメ
鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃
 救急車を蹴飛ばして車体をへこませたとして、歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が28日、器物損壊容疑で警視庁渋谷署に現行犯逮...
2021-11-30 17:03 エンタメ
張本勲氏のサンモニ年内卒業は「私の都合」なのか? 功労者外しの背後にチラつくTBSの忖度
「私の都合なんですが、シニア人生をゆっくりすごしたいんですよ。番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します」  野球評論...
2021-11-30 17:03 エンタメ
“ピン芸人”のバトル開幕! 霜降り・粗品「R-1やります会見」で明かした舞台裏
 ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1グランプリ2022」の「やります会見」が26日、よしもと有楽町シアターで開催され、...
2021-11-30 17:03 エンタメ
<100>前日のことなのに…早貴被告は大相撲のテレビ放送のことが答えられなかった
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#100  では、事件当日の早貴被告の証言はどうなのか。 「ボクがド...
2021-11-30 17:03 エンタメ
和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配
 先週25日に33歳の誕生日を迎えたNHKの和久田麻由子アナが“独走状態”に突入している。完璧なアナウンス技術と知的な美...
2021-11-30 17:03 エンタメ
五木ひろしの光と影<15>山口洋子は「今までになかった曲にしたい」と訴えた
【芸能界と格闘技界 その深淵】#79  五木ひろしの光と影(15)   ◇  ◇  ◇ 「沢村忠に真空を飛ばせた男...
2021-11-30 17:03 エンタメ
いろいろ抱えた21年の最後は、やっぱり大笑いして終わりたい!
【山田邦子 人生いろいろ】#79  今年も残すところあと1カ月。今年もハワイに行かれなかった……。いつ自由に行かれるこ...
2021-11-30 17:03 エンタメ
<16>最初はリンゴやミカンを描いていたけど力士を書くようになった
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#16  絵を描くようになって銀座で個展をやっていた時のことです。  エステ...
2021-11-30 17:03 エンタメ
「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由
 国民的ブームとなった「鬼滅の刃」のテレビアニメ第二期となる「『鬼滅の刃』無限列車編」(フジテレビ系 日曜23時15分~...
2021-11-30 17:03 エンタメ