「納豆工房 せんだい屋」で納豆愛に溺れる 2021.7.9(金)

コクハク編集部
更新日:2021-07-14 09:33
投稿日:2021-07-09 06:00
 納豆が好きです。かれこれ3年くらい毎朝納豆を食べています。たいていの不調は納豆を食べておけば何とかなる! と思っています。7月10日の「納豆の日」を前に、「納豆食べ放題」ができるお店に行ってきました。

納豆好きの聖地は、池尻大橋にあり

納豆好きの聖地にやってきました(C)コクハク
納豆好きの聖地にやってきました (C)コクハク

 やってきたのはこちら。

 東急田園都市線・池尻大橋から徒歩4分、国道246沿いにあるこちらの「納豆工房 せんだい屋」さん。昭和36年創業の老舗納豆屋さんです。本社は山梨県笛吹市にあり、都内にはこちらの池尻大橋店と下北沢店があります。

 さらに24時間営業の自動販売機も12台稼働中だとか。自動販売機、大活躍やな。

納豆は全9種類!

好きな言葉は食べ放題です(C)コクハク
好きな言葉は食べ放題です (C)コクハク

 本日のお目当てはこの「納豆食べ放題定食」(税込み935円)。ご飯とお味噌汁とお漬物に日替わりの小鉢。それに全9種類の納豆が食べ放題!

 筆者がお邪魔したのは平日の13時ごろ。ランチ帯ということもあり、店内はほぼ満員でした。

どの納豆から食べようか(C)コクハク
どの納豆から食べようか (C)コクハク

「納豆食べ放題定食」はまず最初に、納豆を2種類選びます。迷った末に「北のそでふり」と「国産大粒」にしました。

 以降の納豆は、食べ終わってからおかわり自由とのこと。ご飯の量も選べます。筆者は普通盛り(270グラム)にしました。定食以外にも気になるメニューがたくさん。

「ただいま」と言いたくなるお献立

ひじきの煮物が郷愁を誘うのです(C)コクハク
ひじきの煮物が郷愁を誘うのです (C)コクハク

 あっという間に「納豆食べ放題定食」がテーブルにやってきました。

 なんとも懐かしいビジュアルです。まるで実家にいるかのようなお献立がうれしい。こういうのがいいんだよ、こういうのが!

「北のそでふり」に感じる男らしさ

たくましさに惚れ惚れ(C)コクハク
たくましさに惚れ惚れ (C)コクハク

 こちらが「北のそでふり」です。粒が、でかい!

 後ほど調べたところ、なんとせんだい屋さんでも一番の高級品。北海道産の高級品種「大袖振」を使用しており、お値段1パック税込み350円とのこと。私いつも食べてるの3パック税込み48円なんですけど。

 もうね、糸の引きが全然違うのにびっくり!

 たくましささえ感じるどっしりとした糸引き具合です。やだ、男らしい……。「抱かれたい納豆1位」といったところです。なんだ抱かれたい納豆って。

 大豆のくぼみ部分が黒くなっているのが特徴的。匂いはほとんど感じず、ほっくりとした食感を楽しめます。お醤油やカラシがなくても全然OK。大豆の豊かな風味がそのまま生きています。

「北のそでふり」を毎日食べられる生活を思わず夢見てしまいました。宝くじ買うか。

美白ちゃんな「国産大粒納豆」(C)コクハク
美白ちゃんな「国産大粒納豆」 (C)コクハク

国産大粒納豆」も、その名に恥じない粒の大きさ。がっつり食べ応えがあります。

「北のそでふり」に比べると色白さんですね。こちらもクセがなく、上品なお味でした。

小粒タイプでも存在感ばっちり

「わかめ納豆」(左)と「ゴマ納豆」(右)(C)コクハク
「わかめ納豆」(左)と「ゴマ納豆」(右) (C)コクハク

 続けて「わかめ納豆」と「ゴマ納豆」。こちらは先ほどの2種とは異なり、小粒タイプですが、それでも普段食べている納豆と比べると大きく感じます。ゴマ納豆は白ゴマと思いきや、黒ゴマ。ゴマの香ばしさがたまりません。

「納豆×わかめ」「納豆×ゴマ」なんて、体に優しすぎる。最近とみに疲れやすくなったアラフォーの心身に染み渡ります。

出会った運命の納豆

キビには鉄分がたっぷり(C)コクハク
キビには鉄分がたっぷり (C)コクハク

 全種類制覇! なんて意気込んでいたけれど、4種類食べたところでお腹が一杯に……。一緒に食べたご飯の量が多かったのかも。残念だけど、次で打ち止めにしよう。で、迷った末に「えだまめ納豆」と「きび納豆」をチョイス。こちらの2種も小粒タイプです。

 えだまめ品種の国産大豆を使っている「えだまめ納豆」もおいしかったのですが、筆者のお気に入りは「きび納豆」。

 五穀の一種である「キビ」が入っているので、食感が面白い。納豆の粘りの中でも、キビが負けずにプチプチするんですよ。コクもあってGood。店頭で販売していたので思わずお土産に購入してしまいました。

納豆×ドーナッツ? 果たしてそのお味は…

プレーン(税込み145円)、くるみ(税込み155円)、夏レモン(税込み185円)/(C)コクハク
プレーン(税込み145円)、くるみ(税込み155円)、夏レモン(税込み185円) /(C)コクハク

 せんだい屋さんのもう一つの名物といえば納豆を使った「ベイクドなっとうドーナッツ」。油で揚げず手作りで一つずつ焼いている上、生地には納豆が練りこまれているというヘルシーっぷり。納豆とドーナツって合うのか? と好奇心からこちらも購入。

 帰宅後、半信半疑で食べてみると納豆感は皆無。ほんのり甘くしっとりしていて、なんとも優しいお味。

 納豆嫌いの夫からも「これなら大丈夫。おいしい」と太鼓判をもらいました。

 ◇  ◇  ◇

 整腸作用や免疫力に効果的とされる納豆。さらに納豆原料の大豆に含まれる「大豆イソフラボン」は、加齢とともに減少していく女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをしてくれるのだそう。アラフォーには、頼もしい存在です。

 明日は「納豆の日」。これを機に、納豆愛に溺れてみませんか?

(編集K)

adress:東京都世田谷区池尻3-20-3柳盛堂ビル1F

関連キーワード

フード 新着一覧


お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...
「ブルーチーズ和えピータンサラダ」素材の見事な好相性!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...