「タンドリー風フライパンチキン」2度目は好きなスパイスで

コクハク編集部
更新日:2020-12-04 17:47
投稿日:2020-12-04 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウス」の稲田俊輔さんに、スパイスでインド料理を楽しめる「タンドリー風フライパンチキン」のレシピを教えていただきました。

スパイスを難しく考えない

合う酒=ビール、赤ワイン(C)コクハク
合う酒=ビール、赤ワイン (C)コクハク

 ちょっとだけ本気を出して、インド料理を作ってみたいと思ったら? 最初にそろえるべき基本のスパイスとして稲田さんが挙げたのは、コリアンダー、チリ、クミン、ターメリック。

「いずれもパウダーで構いません。最低限この4種類があればインド料理を作れます。一番簡単なのは、1対1対1対1で混ぜ合わせること。スパイスを油で炒めたほうが香ばしく、味わいが深くなりますが、あえて炒めずに、煮込みなどに直接入れるのも楽しいですよ」

 スパイスだからって難しく考えず、和食の延長線上にあると捉えるといいんです。

「七味唐辛子をふるような感覚で使ってみてください。たとえば肉じゃがや大根の煮込みにスパイスをちょっと加える。どんな料理に使っても失敗することはありません」

 基本のスパイス4種類に慣れてきたら、そこに好みのスパイスを1種類加えて。より味が広がり、個性が出ます。今回のタンドリー風チキンも、2回目以降はオリジナルスパイスでいろいろ遊んでみては?

材料

・鶏モモ肉 1枚(皮を取って4等分)
・ヨーグルト  大さじ4
・おろしニンニク  小さじ2分の1
・おろしショウガ  小さじ2分の1
・塩  小さじ2分の1
・レモン汁(なければ酢)  小さじ1
・ガラムマサラ  小さじ1
・唐辛子粉  小さじ1

レシピ

(1)材料をビニール袋の中で全て合わせてよく揉み込み、そのまま最低1時間(できれば1~2日)漬け込む。
(2)冷たいままのフライパンに肉を広げ、中火にかける。
(3)焼き目がついたらひっくり返し、蓋をして完全に火が通るまで10分程度弱火で蒸し焼き。
(4)蓋を取って、焼き汁を煮詰めながら全体に絡ませる。

本日のダンツマ達人…稲田俊輔さん

▼いなだ・しゅんすけ
 鹿児島県生まれ。和・洋・エスニックと幅広い飲食店を展開する「円相フードサービス」専務取締役。食全般に造詣が深く、南インド料理ブームの立役者ともいわれる。「イナダシュンスケ」によるSNS上の発信には、熱烈なファンも多い。著書に「人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本」(扶桑社新書)、「南インド料理店総料理長が教える だいたい15分! 本格インドカレー」(柴田書店)。

▼エリックサウスマサラダイナー神宮前店
 南インド料理の「エリックサウス」だけでも全8店あり、それぞれ趣が異なる。最も新しい店は岐阜店。神宮前店はワイン片手に南インド料理をちょっとつまむのも良し、ここでしか味わえないモダンインディアンコース(5500円)をがっつり楽しむのも良し。お一人様カウンター限定メニューもある。東京都渋谷区神宮前6―19―17 GEMS神宮前5階。

(日刊ゲンダイ2020年11月6日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


手軽で栄養◎!万能常備菜「野菜の重ね煮」2021.10.17(日)
 10月も半ばになり急に冷え込むようになってきました。体調を崩しがちな季節の変わり目はしっかりと野菜を食べて免疫力を上げ...
プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...