夏の定番「かごバッグ」を探しに行ったら… 2021.7.3(土)

コクハク編集部
更新日:2021-07-03 12:35
投稿日:2021-07-03 06:00

谷根千エリアまでお散歩

初めて訪れてもすぐに見つけられるはず(C)コクハク
初めて訪れてもすぐに見つけられるはず (C)コクハク

 関東もここにきて梅雨らしい天気となってまいりました。ご近所へのお散歩も躊躇われる日々ですが、チョイ前に“生活道具の聖地”に行ってまいりましたので、その時のお話しを。

「谷中 松野屋」(東京・荒川区)さん。下町情緒豊かな雰囲気の中に今風のおしゃれなカフェやパン屋さんなどが点在する谷根千(谷中・根津・千駄木)エリアにあります。

 松野屋さんは人気の谷根千の中核を担う谷中銀座商店街の入り口付近(日暮里駅方面から)にあり、ご存じの方も多いのではないでしょうか。メディアでもちょくちょく取り上げられ、松屋銀座の恒例催事「銀座・手仕事直売所」でも出店されている信頼できるお店です。

 ほうき、ちりとり、ザル、アルマイト製品などなど生活雑貨を取り扱っており、ひと言でいえば、「丁寧な暮らし」(に憧れる人も含む!)に寄り添う品々が揃っています。

狙うは「あけびのかご」バッグ!

(C)コクハク
(C)コクハク

 この日は「あけびのかご」狙いで伺いました。数年前から恋焦がれている品。かごバッグは夏の定番ですが、季節限定ではなく「一年中長く使える一生モノのかごバッグ」が欲しいと企んでおり、松野屋さんに足を運んだわけです。

 梅雨の合間の晴れた午後、軒先にはご覧のようにかごバッグなどがずら~り。素材もサイズもさまざまなタイプが並んでいて、買い物スイッチが否が応でも入ります(笑)。

 でも、ガマン、ガマン。きょうのお目当ては、あけびのかごですから。というわけで、店の中に入ってキョロキョロと探したわけですが、ベストなサイズがなかった。。。

 うーん、残念。でも、どこかでホッとしている自分もいたり。だって、諭吉センセイを数枚用意しなければならない高価な品物です、それなりの勇気がいりますよね(苦笑)。

ざるも欲しかったんです…

戦利品(右)をご紹介させてください(C)コクハク
戦利品(右)をご紹介させてください (C)コクハク

 代わりにというわけではありませんが、丸盆ざる(7寸)を購入しました。税込み2970円ナリ。

 買い物スイッチが入っていたとはいえ、衝動買いではありません。100均でも手に入るざるですが、“麺料理ほぼほぼエブリデイ”というぐらい麺好きとしては、せっかくなら本物のざるに盛りたいなあと。

 ちょうど使っていたざるが壊れかけてきたこともあり、迷うことなくレジへと直行。めでたく新調と相成りました。

購入したその日の晩酌から登場!

一食で2度も登場する活躍ぶり(C)コクハク
一食で2度も登場する活躍ぶり (C)コクハク

 早速、購入した当日から使いました。手の温もりを感じるというか、いやあ、テンション上がりますね。心なしか日本蕎麦も枝豆も喜んでいるように見えます(ここ、失笑するところです)。

 ですが、日々の小さな幸せを見逃さない精神は大事ですよね。憧れの丁寧な暮らしへの第一歩にもなるはず……。

 そんなこんなで、あけびのかごに想いを馳せながらビール缶をプシューッ。枝豆をつまみ、昨晩の残りのきのこマリネだの、十勝カマンベール切れてるタイプだのを挟み、蕎麦で締めたのでした。めでたし、めでたし。

(編集O)

 眺めるだけでも楽しい松野屋さんのHPはこちら

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


「ご飯行こ」→「なんで?」の一言返し 避けられてる気がするLINE3選
 LINEは相手の表情や話し方が分からないため、文面だけで相手の気持ちを汲みとらなければいけません。  場合によっては...
爪噛み、鼻ほじ、風呂排尿…やめられない「私の悪習慣」から卒業する方法
 人間、生きていれば一つや二つくらいは人には言えない「やめられない習慣」があるもの。やめたいと思っていても、ついやってし...
ちゃんと眠れてる? 休める時に休もうね 2023.6.4(日)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
歯科矯正で“ハムカツNG”となり、人生の楽しみが半減 2023.6.3(土)
 46歳になって歯科矯正(表側のワイヤー矯正)をはじめた女の悲喜こもごも。わかっちゃいたけど、食事に“難あり”の日々を強...
セックスは嗜好品ですか? 子宮頸がんサバイバーの性生活を語ります
 日本人の2人に1人が罹患するといわれる「がん」。  ひと昔前なら不治の病とされていましたが、今は早期発見と手術や...
2023-06-03 06:00 ライフスタイル
「圧が強い人LINE」に見る“3大”特徴…もっと違う言い方あるよね?
 圧が強い人と会話していると、なんともいえない嫌な気持ちになりますよね。勝手に断定して話を進められたり、強い口調で上から...
「君のトモダチは、僕のトモダチ」
 ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、突然「コクハク」に登場! 生きものたち、その生きものたちをこよな...
デキる女が徹する「人の噂話3原則」乗らない・広めない・わかんない
 みなさんは人の話を聞く時、どんなことに気をつけていますか? コミュニケーションのテクニックは色々とあるでしょうが、私は...
SNSに疲れてない? 心身を整える「デジタルデトックス」5つのコツ
 インスタ、Twitter、TikTok……SNSのチェックやUPが日常となった今、「スマホやパソコンが欠かせない」とい...
外国に来たかと思ってしまう光景 2023.6.2(金)
 外国語を話す人々に囲まれて、まるでこちらが旅行に来た気分。  僕らの日常は、この人たちの目にどう映っているんだろ...
トイレ行列を横目に「今だけ男ね!」おばちゃん最強と悟った瞬間5選
 親しみを込めて「おばちゃん」と呼ばれる人もいる中、一部の女性は「鋼(はがね)の最強メンタルな迷惑おばちゃん」に仕上がっ...
お父さんといっしょ♪ チビ“たまたま”の尊さにノックダウン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
七色翡翠の12星座別うるおいの泉を満たすディーバ占い【6月】
 今まで体験をしたことがない事柄に挑戦したくなる人が増える気配です。全体的に運気は吉。思慮深い行動をした人が幸福を掴む流...
【保存版】梅雨のお楽しみ♪ アジサイの切り花を“愛で尽くす”テクニック
 アジサイの美しい季節がやってまいりました! 近年アジサイ品種の豊富さは、アジサイフリークにとって誠に悩ましく、毎年コレ...
さいきん梅雨が来るの早すぎじゃない? 2023.5.31(水)
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
誰にも言えない癖8選 鼻をかんだティッシュをつい見ちゃう!
 誰にだって、癖のひとつやふたつあるはず。癖は無意識にやっているため、いまだに自分で気づいていないことがあるかもしれませ...