彼との別れを決める前に確認するべき5つのポイント&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-16 06:00
投稿日:2021-07-16 06:00
 好きな人と付き合えたからといって、必ずしも交際が順調に進むとは限りません。価値観や考え方の違いに気づいて違和感を感じた時、「もう、別れた方がいいのかな」と考える人も多いでしょう。しかし、一時的な感情で突っ走ってしまうと、大切な人を失うことになるかもしれませんよ。そこで今回は、別れを決める前に確認しておきたいポイントと対処方法をご紹介します。

別れを決める前に確認しておきたい5つのポイント

もう別れようかな…(写真:iStock)
もう別れようかな… (写真:iStock)

 彼の嫌なところを見て、気持ちが冷めてしまう人も多いでしょう。しかし、その気持ちは一時的な感情かもしれません。別れてから後悔しないためには、まずは以下のポイントを確認してみましょう。

1. 別れたい理由を見直す

 感情は、その時々で動くもの。喧嘩をした時は、喧嘩の発端となった理由だけでなく、それまで我慢していた不満も押し寄せてくるでしょう。小さなきっかけからはじまったはずの喧嘩が、別れ話にまで発展することも珍しくありません。

 別れることを考えた時には「なぜ別れたいのか?」を、冷静になって見直すことが必要です。そうすることで、「別れるほどのことじゃない」と気づくこともあれば、「別れるしか道はない」と決断できるかもしれません。

2. 彼の良いところを思い出す

 どんなに見た目がタイプであっても、どんなに性格が優しくても、すべてが理想通りで完璧な人なんていません。

 そのため、別れを決める時には彼の悪い部分だけを見るのではなく、良いところも思い出しましょう。一度は好きになって交際しているわけですから、好きになった部分を思い出すことで彼の魅力を見つめ直すことができるはずです。

3. 自分に直すところがないか客観的に判断する

 彼に不満がある人の中には、すべて彼のせいにしている人も少なくありません。「うまくいかないのは、彼の気が利かないせい」「彼が相手だと、理想の恋愛ができない」なんて一方的に責任を押し付けている人もいるでしょう。

 しかし、恋愛は二人で築き上げていくもの。彼が一人で頑張るのではなく、自分も努力が必要です。別れを考える前に、自分には直すところがないのか、客観的に判断してみましょう。

4. 彼との将来&彼のいない生活を想像してみる

 現在、彼との別れを考えている人も、付き合いたての頃には彼といることに幸せを感じていたでしょう。いつしか一緒にいることが当たり前になり、存在の大きさを見失っている場合もあります。

 これに気づくためには、彼がいる二人の将来と彼がいない一人の将来を想像してみるのがおすすめ。このまま一緒にいたらor別れたらどんな生活になるのか、より具体的に想像することで、別れるべき相手かどうか気づくことができるでしょう。

5. 自分にとって譲れないこと、大切なことは何かを考える

 どんなに好きな相手であっても、自分が大切にしていることを大事にしてもらえないのであれば、ずっと一緒に居続けるのは難しいでしょう。なぜなら、あなたが我慢し続けなければいけなくなるからです。

 趣味や仕事、家族など、自分にとって譲れないことや、大切なことを考えてみましょう。そして、彼がそれを大事に思ってくれないなら、別れを決める材料になるかもしれません。

後悔しない! 別れを決める前にできる3つの対処法

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 恋人と別れてから後悔するのは、本当に辛いもの。気づかぬうちに、自ら幸せを手放さないためには、別れという決断を焦らないことも必要です。

1. 彼と距離を置く

 彼と「別れたい」と思ったら、すぐにも行動を起こして、スッキリさせたいと思う人もいるでしょう。

 しかし、少しでも迷いや不安があるのであれば、まずは彼との距離を置いてお互いの気持ちを確かめましょう。離れることで、普段は意識していなかった彼の大切さに気づけるかもしれません。

2. 彼としっかりと話し合う

 別れを考えている人の中には、彼への不満を抱いている人もいるでしょう。そんな人は、その不満をちゃんと彼にぶつけていますか?

 一方的に不満を溜め込んで別れ話をするのは、彼にとっては不本意なはず。「別れてもいい」という覚悟があるのであれば、別れ話の前にその不満を彼にぶつけてみましょう。

3. 信頼できる友達に相談する

 一人で黙々と考えていると、ついつい悪い方向に考えてしまうもの。「こんなに悩むくらいなら、早く楽になりたい」と思ってしまう人もいるでしょう。

 そんな場合は、第三者の意見を聞くことがおすすめ。信頼できる友達や家族などに相談することで、思いがけないアドバイスが受けられるかもしれません。自分では考えられなかった解決方法が、見つかるかもしれませんよ。

別れを決める際は、焦らず冷静になることが大切!

じっくり向き合ったらまたやり直せるかも(写真:iStock)
じっくり向き合ったらまたやり直せるかも (写真:iStock)

 恋人同士には、それぞれ悩みや不満があるものです。どんなに好きな相手でも、育ってきた環境や性格が違うため、ぶつかるのは当然のこと。しかし、ぶつかるたびに別れていては、いつになっても長続きする恋愛はできませんよね。別れを決める際には、のちのち後悔しないためにもまずは冷静になり、じっくり自分の気持ちと向き合ってくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ