フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ

内藤みか 作家
更新日:2021-06-10 06:00
投稿日:2021-06-10 06:00
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性がとても多く、結果的に「今は仕事以外のことは考えられないから」とフラれてしまっています。彼が嫌う言葉とは、どのようなものなのでしょうか。

彼はなぜ仕事ばかりしているの?

もっと頑張らなくては…(写真:iStock)
もっと頑張らなくては… (写真:iStock)

 多くの女性が誤解しがちなことなので、彼はなぜ仕事に頑張っているのか、まず考えてみましょう。男性は仕事に熱中する時期があります。女性からすると「私という恋人がありながら、なぜ仕事ばかりしているの?」という考えになってしまうようですが、実は恋人がいるからこそ働きたくなる人も多いのです。

 男性の多くは、生涯仕事をするという意識を持っています。恋人である女性も同じ考えでいたとしても、それは共働きになるということであって、彼が仕事をやめるというわけではありません。結局のところ、男性は仕事をずっとし続けることになるので、仕事量を減らすという意識はありません。

 それにもし結婚して女性が妊娠した場合、女性は長めに育児休暇を取ることもあるでしょう。そうなった場合、その間のメインの働き手は男性となります。恋人ができたからこそ、彼女との将来をシミュレーションしはじめたからこそ、彼は仕事をもっと頑張らなくては、という意識を強めてしまうのです。

「もう何日も会ってないんだよ」

休憩中だって仕事のことを考えている(写真:iStock)
休憩中だって仕事のことを考えている (写真:iStock)

 また、男性は不器用なので、ひとたび仕事に熱中すると、そればかりになってしまいがちです。女性のほうは仕事と恋愛を上手に両立させることができる器用さを持っているので、自分と同じ感覚を彼に求めてしまうのですが、それがなかなか難しいこともあるのです。

 たとえば、彼に対し「仕事の休憩時間に私のことを思い出さないの?」という疑問を持つ女性がいますが、実は、思い出す余裕がない男性もとても多いのです。休憩時間には休憩後の仕事の手順を考えていて、結局は恋愛を思い出すタイミングがないのです。これが男性の“集中”です。

 しかし女性は「もう何日も会っていないんだよ」という言葉を彼に投げてしまいます。

 どれだけ会っていないのかを考えてもらい、恋しく思ってもらいたいからなのですが、彼からすると「どんだけ会ってないと思ってるのよ」と責められているように感じてしまうのです。

「いったいいつ仕事が終わるの?」

この日になったら…(写真:iStock)
この日になったら… (写真:iStock)

 なかなか会ってくれない彼にもどかしさを感じる女性はとても多く、そのため、彼の隙間時間を狙おうとしてしまい、スケジュールを細かく確認してしまいがちです。

 そして彼が「今のプロジェクトが終わるのは6月の終わり」と答えた場合「じゃあ、6月の終わりになったら私とデートできるのね」と解釈してしまうのです。

 けれど実際にその時になってみると、まだプロジェクトが終わらず、彼が忙しいままだったりします。

 そして、まだ会えないことにいらだった女性は「いったいいつ仕事が終わるの?」と聞いてしまうのです。

 けれどこの言葉は、仕事を良くないこととして扱われていると男性は感じてしまうのです。

「働きすぎだよ。少し休んだら?」

君との未来のためなのに!(写真:iStock)
君との未来のためなのに! (写真:iStock)

 女性は仕事人間の彼に対して「一瞬でもいいから私に会いたいとは思わないの?」と彼を責めたくなるのかもしれません。けれど、スイッチの切り替えがうまくできないタイプの彼の場合、なかなか上手にそれができないのです。そして会いたいと思わないからと言って、恋愛感情が消えたというわけでもないのです。

 多くの女性は仕事を敵視してしまい、なかなか会えない時には「働きすぎだよ。少し休んだら?」と言ってしまいます。少し休んで私とデートしてよ、という意味なのですが、彼は「君との未来のために頑張っているのに」と反発してしまうのです。

おわりに

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 彼は、恋人には仕事を応援してもらいたいのです。けれどこれらのNGワードからは仕事へのネガティブな感情が伝わってくるため「応援されていない」と彼は感じてしまいます。

 こうした言葉が続くと、最終的に「今は仕事に集中したいから」と別れを告げられてしまう可能性も。彼の仕事を否定しないよう、十分に気をつけたほうがいいでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ