謎の演出多数?櫻井翔と相葉雅紀の各MC音楽特番に視聴者混乱

こじらぶ ライター
更新日:2021-07-17 06:00
投稿日:2021-07-17 06:00

視聴率が良かったのは櫻井の「THE MUSIC DAY」

音楽特番で櫻井と進行を務めた日テレ・水卜麻美アナ(右)、相葉と司会を務めたフジ・永島優美アナ(左)/(C)日刊ゲンダイ
音楽特番で櫻井と進行を務めた日テレ・水卜麻美アナ(右)、相葉と司会を務めたフジ・永島優美アナ(左) /(C)日刊ゲンダイ

 今月14日に嵐の相葉雅紀(38)が司会を務める音楽特番「2021 FNS歌謡祭・夏」(フジテレビ系、19時~22時)が放送され、平均世帯視聴率は10.1%、個人視聴率は6.9%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

 同じく嵐の櫻井翔(39)が総合司会を務め、今月3日に放送された「THE MUSIC DAY~音楽は止まらない~」第3部(日本テレビ系、19時~22時54分)は平均世帯視聴率12.9%、個人視聴率8.3%を記録している。単純に数字だけを比較すると、嵐メンバーMC音楽特番では世帯視聴率でも、若年層をターゲットとする個人視聴率でも櫻井の「THE MUSIC DAY」が上回った。

「FNS歌謡祭」は格式の高さがアダに…?

 ただ、「THE MUSIC DAY」第3部は昨年放送の平均世帯視聴率17.7%から4.8%減と大きく数字を落としたのに対し、「FNS歌謡祭・夏」は昨年放送の同11.1%から1.0%の微減に留まった。

「THE MUSIC DAY」は13年の放送開始当初から安定感のある櫻井を総合司会とし、多くのジャニーズ勢が出演する中でも嵐が際立つ演出で番組を盛り上げてきた。今年は嵐が活動休止に入りグループとして出演ができなかった影響も出たものと思われる。

 一方「FNS歌謡祭」は本家の年末特番が1974年からスタートし、2019年末に相葉が司会に就任以降も、夏特番含め格式高い雰囲気を伝統としている。ゆえに、嵐出演の有無に関わらず、昔から見てきた一定層が固定で離れないというメリットがある。反面、若年層の取り込みにはやや苦戦しているようだ。

ホーム感もひとつの鍵に?

後輩のパフォーマンスを司会の櫻井もコールアンドレスポンスで盛り上げた/「Happiness」(通常盤)
後輩のパフォーマンスを司会の櫻井もコールアンドレスポンスで盛り上げた /「Happiness」(通常盤)

 そんな誕生背景があるため、「THE MUSIC DAY」は嵐、そして櫻井の圧倒的ホーム感が漂う。毎年恒例の櫻井の“司会と嵐の往復”は見られなかったものの、今年は人生初のサックス挑戦でチェッカーズの「ギザギザハートの子守唄」をコラボで披露した。

 またジャニーズメドレーで複数の後輩グループが嵐の「Happiness」をパフォーマンスする際には、司会者の立ち位置から「日本全国ご唱和ください!」と定番の煽りで盛り上げるなど、随所に櫻井自身にも見せ場があった。

 かたや「FNS歌謡祭」は格式張ったスタイルに合わせるために、愛嬌とダダ漏れる人の良さという相葉のウリは陰を潜めているようにも見えた。また今年の「THE MUSIC DAY」に11組のジャニーズが出演していたのに対し、「FNS歌謡祭・夏」にはジャニーズからは5組。他に韓流グループ、女優陣、お笑い芸人、大御所ミュージシャンからも多数の出演者がいたことを考えると相葉の“ホーム”とはいえないことも影響したかもしれない。

キンプリが「Love so sweet」を“完コピ”すると…

 後輩King & Princeが嵐の「Love so sweet」を“完コピ”披露した際には、ときおり体でリズムを取りながら笑顔で口ずさむ相葉の様子がカメラに抜かれたが、司会の立ち位置からは動かず、見ているこちらが“今にも参加したいのにできない歯痒さ”を勝手に感じ取り、切なくなってしまった。

 ただ、King & Princeの歌唱後には「やっぱいい曲だったわ~!」と自画自賛するなど、要所要所で場を和ませ笑いを取る様は相葉らしさが出ていた。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


<20>ドン・ファンと大阪の愛人の逢瀬にテレビが密着取材を
【紀州のドン・ファンと元妻 最期の5カ月の真実】#20 「野崎幸助さんの密着取材ができないかってテレビから相談が来てい...
2021-08-03 17:03 エンタメ
田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き
 連続ドラマから2019年には映画にもなった「おっさんずラブ」の主演で人気は不動のものになったはずが……。  7月20...
2021-08-03 17:03 エンタメ
元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か
 元「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)が過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を揶揄するネタを披露していたことを理由に...
2021-08-03 17:03 エンタメ
郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁
 郷ひろみ(65)が「男の子女の子」でのレコードデビューから8月1日で50周年を迎えた。ストイックで日々トレーニングに励...
2021-08-03 17:03 エンタメ
高まるガード、ハードル、批判…現代の“要塞都市”に住まう大物を追う!
【芸能人必読!「張り込み」取材最前線】#1  ゲーテッドコミュニティーとは周囲をフェンスや塀で囲み、ゲート(門)に警備...
2021-08-03 17:03 エンタメ
五輪選手の刺青 ジム、温泉、ゴルフ場の“タトゥーお断り”も変わっていくのかも
【山田邦子 人生いろいろ】  刺青・タトゥーのオリンピック選手が増えた気がする。もともと鳶や飛脚は江戸の華。昔の東京に...
2021-08-03 17:03 エンタメ
<1>コロナ禍で運動もしないから1日4、5時間サックスを吹いてます
【増位山太志郎 多芸多趣味は老い知らず】#1  相撲、演歌、絵画、さらにちゃんこ店の経営と増位山太志郎さんの活躍の場は...
2021-08-03 17:03 エンタメ
斉藤由貴には妖艶オーラが…石田ゆり子では醸し出せない80年代トップアイドルの底力
 7月26日、トークバラエティー番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)にゲスト出演した女優の斉藤由貴(54)。放送直後...
2021-08-03 17:03 エンタメ
鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感
 東京五輪開催中に2ケタの視聴率をキープは見事といえる。鈴木亮平(38)主演のTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊...
2021-08-03 17:03 エンタメ
小室圭さん“破談なきNY就職”は日本での雑音を避けより高みを目指すための決断
 ニューヨーク州の司法試験を終えたばかりの小室圭さん(29)のスクープが飛び込んできた。NHKが報じた<NYの法律事務所...
2021-08-03 17:03 エンタメ
「ゆーとぴあ」ホープ師匠 み~んないなくなったけれど趣味は「生きること」
【死ぬまでにやりたいこれだけのこと】 「ゆーとぴあ」ホープ師匠(お笑い芸人/71歳) 「ゴムパッチン」「よろしく~ね...
2021-08-02 17:03 エンタメ
草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…
【あの人は今こうしている】  新井祥子さん(前草津町議会議員/52歳)  昨年12月、国内外のメディアに大きく取り上...
2021-08-02 17:03 エンタメ
シーナ&ロケッツの初ライブでのバンド名は「鮎川誠&ザ・ミラクルメン」だった
【ロフト創業者が見たライブハウス50年】#56  スポーツ観戦好きのあたしゃ「一日中オリンピックを見ている」。世界のト...
2021-08-03 15:48 エンタメ
工藤静香が“敏腕プロデューサー”と評価急上昇 Koki,の女優デビュー作が着々
 Koki,(18)の映画デビュー作となるホラー映画『牛首村』(清水崇監督)の収録は大きなトラブルもなく順調に進んでいる...
2021-08-02 17:03 エンタメ
マナー講師の諏内えみさん 男を下げる臭い、箸、爪楊枝、そしておしぼりのマナー
【最低の恋愛 最高の恋愛】  諏内えみさん(「マナースクール ライビウム」代表)  大人のマナーといえば情報番組、バ...
2021-08-02 17:03 エンタメ
宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」
 昨年、40年ぶりにビキニ姿を披露して、変わらぬ美貌と豊満体形で世間を騒然とさせた宮崎美子(62)が、またまた注目を集め...
2021-08-01 17:03 エンタメ