“女アイドル30歳の壁”ジャニーズと乃木坂46ら世代交代の明暗

こじらぶ ライター
更新日:2021-07-10 06:00
投稿日:2021-07-10 06:00

女性アイドル世代交代の憂き目を見る

初期メンバーだけで第一線を走り続けることは女性アイドルグループには不可能なのか/(C)日刊ゲンダイ
初期メンバーだけで第一線を走り続けることは女性アイドルグループには不可能なのか /(C)日刊ゲンダイ

 今月3日、長時間音楽特番の「THE MUSIC DAY」(日本テレビ系)が放送された。嵐の櫻井翔(39)が総合司会を務め、ジャニーズから番組史上最多の11組が出演した一方、女性アイドルからはモーニング娘。‘21、AKB48、乃木坂46ら坂道シリーズ3組が出演した。

 この放送を見るにつけ、女である筆者はつくづく女性アイドルの世代交代の難しさを思い知らされると共に、一体いつまで彼女たちは“アラサーになったら新たな道へ行く”という決まり事を守らねばならないのかという気持ちになった。

 モーニング娘。‘21とAKB48は2組セットのコラボで「ノンストップダンスメドレー」に組み込まれた。90年代に黄金期を極めたモー娘。は全員がその当時のメンバーから入れ替わり、オタクの中では熱い支持を得ているものの一般層から見たらおそらく誰一人分からない若い女の子たちで、黄金期のヒット曲を歌っていた。

“本店”の弱体化に“支店”もそれに追随

 2010年代に隆盛を極めたAKB48ですら状況はほぼ同じだ。どちらも“今の彼女たち”の最新曲は披露されず、かつて多く見られたハロプロや48系の後輩グループの出演は一つもない。先頭を行く“本店”が弱体化すれば“支店”が後に続けないのは当然の流れである。

 2010年代後半にAKB48から覇権の座を掴み取った乃木坂46ですら、初期主力メンバーの相次ぐ卒業により、ネット上の一般層からは「乃木坂いつの間にか知らない子ばかりになったな」といった声も見られた。

エース白石麻衣の在籍時と比べると…

 3、4期生にも多く人気メンバーを抱え女性アイドルではセールス面で頂点にいる乃木坂46だが、エース白石麻衣(28)がいた頃と比べると一般層への浸透度はまだこれからのようだ。

 いずれの女性アイドルグループも、長くて30歳手前が現役アイドルの限界とされ、世間一般が馴染んだ初期主要メンバーがアイドルを卒業していってしまったことから現在の状況が生まれている。

 かつては男性アイドルも同じく20代で活動を終えることが多かったが、SMAPがその常識を覆してからは、時に脱退者を出しながらもアラサーどころかアラフォー、アラフィフまでオリジナルメンバーで活動を続けるのが普通になった。

ジャニーズの世代交代は成功している

全員アラフォーとなった嵐も活動休止後の25周年を見据えているという。女性アイドルにそんな選択肢があるだろうか/「カイト」(CD+DVD)
全員アラフォーとなった嵐も活動休止後の25周年を見据えているという。女性アイドルにそんな選択肢があるだろうか /「カイト」(CD+DVD)

 上の世代が活動を終えてもKing & Prince、SixTONES、Snow Manら若手は勢いがあり、シングル年間セールス面での覇権をAKB48から再びジャニーズに奪い返した。彼らの下の世代にもデビューを控えた前途有望なJr.グループがひしめき合っている。ジャニーズの世代交代はゆっくりと、しかし確実に、事務所内という大きな単位で成功している。

 モー娘。に始まりAKB48も乃木坂46も、グループ名を変えずメンバーが入れ替わることで世代交代を図ろうとしてきた。しかし同じグループ名だと一度世間から“オワコン”認定されてしまえば、どんなに新メンバーが魅力的で頑張っていても“古いもの”として見られてしまう。

アイドルが目標だったメンバーはどうする?

 秋元康氏は女性アイドルグループをメンバーにとっての“次のステップへの足掛かり”と捉えさせている。女優、歌手、モデルなど次の目標が決まったらアイドルを卒業して羽ばたくというものだ。ただ、本人がそれを希望しているならいいが、AKB48の成功以降、多数出現した「アイドルが目標」のメンバーはどうしたらいいのか。

 世代交代の名のもとに、後輩に押し出される形で規定通り卒業を余儀なくされているメンバーも多いように思う。またなぜジャニーズのように、長年アイドルでありながら役者やソロ歌手活動など並行して他分野で活動するという選択肢が無いのだろうか。

 これも「女性は30歳までが華」という決めつけや、「女性は30歳を過ぎたら結婚、出産して家庭に」という悪しき慣習をアイドルにも押し付けているからではないだろうか。

エンタメ 新着一覧


「ライバー」の収入ってどうよ? “中の人”が実態を告白!
 毎度! お世話になります。ライブ配信アプリの光と闇を見続けている「龍野ヲトシ」です。僕がライブ配信に携わり始めたのは、...
広瀬すず&土屋太鳳“女の友情”どうなる? 山﨑賢人の熱愛報道で「チア☆ダン」続編に暗雲
 広瀬すず(24)と山﨑賢人(27)の“半同棲”を「文春オンライン」が報じ、美男美女のカップル誕生にファンが沸いている。...
2022-07-06 17:03 エンタメ
滝沢カレンが結婚発表! お相手は建築関係で仕事、女性からの人気さらにアップ確実
 モデルでタレントの滝沢カレン(30)が4日、自身のインスタグラムで結婚したことを発表した。  お相手は建築関係の仕事...
2022-07-06 17:03 エンタメ
還暦目前の藤井フミヤが改めて「ない」と明言 チェッカーズ再結成の見果てぬ夢
 藤井フミヤ(59)が3日放送のラジオ番組でチェッカーズ時代について語り、話題になっている。1992年の紅白歌合戦出場を...
2022-07-06 17:03 エンタメ
セクシー女優・本郷愛は緊張しっぱなし… 「見た目がヒワイ」な鬼越・坂井にNG宣告
 セクシー女優の本郷愛(22)の“スカパー!アダルト放送大賞2022受賞記念番組”「MVA受賞記念【本郷愛】目指せ! 三...
2022-07-06 17:03 エンタメ
綾野剛「オールドルーキー」視聴率2ケタ維持でもホッとできないアンチの存在
〈綾野剛の脚はサッカー選手にしては細すぎる〉〈癒やし系の榮倉奈々は元女子アナに見えない〉──なんて細かなツッコミはあれこ...
2022-07-06 17:03 エンタメ
滑舌が悪くて真田幸村が「さらだゆきむら」に聞こえる(笑)
【講談師・神田茜大いに語る】#2  神田山陽が講師を務める講談教室に入って間もなく、弟子入りが許された。1985年12...
2022-07-06 17:03 エンタメ
「富澤効果」でオファー殺到! 下半期も続くサンドウィッチマン“無双状態”の背景
 4月期のドラマがすべて終了したが、今期のドラマで最も爪痕を残したのは、お笑いコンビ、サンドウィッチマンの富澤たけし(4...
2022-07-06 17:03 エンタメ
栗山千明「晩酌の流儀」は金曜深夜の“飯テロ”ならぬ“酒テロ”ドラマ
【碓井広義 テレビ 見るべきものは!!】  リモート勤務が多くなったとはいえ、1週間の区切りとなる週末の解放感は今も変...
2022-07-06 17:03 エンタメ
弁護士側の作戦か…「KATーTUN」元メンバー田中聖被告が控訴した意図は?
 弁護士側の作戦なのか、それとも……。アイドルグループ「KATーTUN」の元メンバー田中聖被告(36)の弁護側は5日まで...
2022-07-06 17:03 エンタメ
滝沢カレンは幼少期からの結婚願望を成就 建築会社立ち上げた5歳下の“ガテン系ハーフ”と
<記憶をほとんどその日に置いてくる私ですが、出会ったときの季節、景色を今でも思い出せます。それは私の見ている景色をいつも...
2022-07-06 17:03 エンタメ
広瀬すず&山﨑賢人「熱愛」報道がパッとしない不思議…菅田将暉&小松菜奈と“似て非なる”点
 1日に文春オンラインが報じた広瀬すず(24)と山﨑賢人(27)の〈半同棲愛〉。  2016年公開の映画「四月は君の嘘...
2022-07-05 17:03 エンタメ
松下由樹が53歳の現在も“トレンディー俳優のサバイバー”として支持され続けるワケ
「セ~ンパーイ!」「あ~さ~く~ら~!」で人気を博したドラマ「ナースのお仕事」(フジテレビ系)の観月ありさ(45)と松下...
2022-07-05 17:03 エンタメ
乃木坂46与田祐希の連ドラ初主演作は「ガンダム世代」に刺さるのか?
 いよいよ夏ドラマの熱い季節へ。春クールで唯一全話2ケタを確保した「マイファミリー」のTBS系日曜劇場枠は、異例ともいえ...
2022-07-05 17:03 エンタメ
是枝裕和監督の最新話題作「ベイビー・ブローカー」が投げかける“家族”とは何か
 女性たちが人工妊娠中絶する権利を認めた73年の「ロー対ウェイド判決」を、米連邦最高裁が覆した“事件”は、全米世論を二分...
2022-07-05 17:03 エンタメ
神田伯山さんの活躍で「講談の説明をしなくてもすむようになりました」
【講談師・神田茜大いに語る】#1  現在、東京に講談師は約70人居る。そのうち女流は6割で、40人を超す。落語家より女...
2022-07-05 17:03 エンタメ