なぜか惹かれてしまう…性悪な男性の5つの特徴&モテる理由

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-07-21 06:00
投稿日:2021-07-21 06:00
 性悪な男性だとわかっているのに、なぜか惹かれてしまった……という経験がある女性も多いはずです。しかし、性悪な男性を好きになってしまうと、振り回されるばかりで疲れてしまう可能性も。そこで今回は、性悪な男性の特徴とモテる理由をご紹介します。男性を見極める力をしっかり身に付けて、幸せな恋愛をしましょう!

性悪な男性の5つの特徴をチェック!

性悪彼氏にご用心(写真:iStock)
性悪彼氏にご用心 (写真:iStock)

 好きになる前に、性悪かどうか見分けることができれば、あとから「好きになるんじゃなかった……」と後悔することもなくなります。まずはじめに、性悪な男性の5つの特徴から見ていきましょう。当てはまる項目が多い場合は要注意ですよ!

1. 自分の“好き嫌い”や“損得”で態度が変わる

 苦手なタイプの人がいるのは仕方がないですが、多くの人はあからさまに態度に出すことなく上手に振舞っているはずです。しかし、性悪な男性は自分の好き嫌いや損得だけで、「別人!?」と思うくらい態度を変える傾向があります。

 基本的に自分よりも立場が低い人には強く偉そうな態度で振る舞い、逆に自分よりも立場が上の人や好みのタイプの女性の前では、絵に描いたような「良い人」になります。人によって表裏がある時点で、安易に信用しないほうがいいタイプの男性だと言えるでしょう。

2. 人を見下す傾向がある

 人を見下す傾向があるのも、性悪な男性の特徴のひとつ。自分のほうが立場が上だと思った瞬間に横柄な態度になります。自分に対して優しくても、ほかの人に対して見下すような発言をする場合は性悪である可能性大。

 一番わかりやすいのが、スーパーやレストランの店員さんに対しての発言や態度。性悪な男性は「客の方が偉い」という考えを持っている人が多いです。デートの際には、お店での彼の言動をしっかりチェックしておきましょう。

3. 自分のミスを人のせいにする

 性悪な男性はプライドが高い人が多いので、自分が何かミスをした時に素直に謝ることができません。そればかりか、人のせいにして言い逃れしようとすることも。

 また、もし自分のミスだということが周囲にバレてしまっても、「でも」「だって」と言い訳ばかりして、自分の非をなかなか認めない特徴があります。

4. 感情のコントロールが上手にできない

 自己中心的な性格が特徴の性悪な男性は、自分の感情のコントロールが上手にできないため、何か面白くないことがあると突然怒り出してしまうことがあります。

 いつ怒り出すかわからない男性と付き合ったら、いつも機嫌を伺わなければならないため、疲れてしまいますよね。感情のコントロールが上手にできない男性とは、少し距離を置いたほうが無難だと言えるでしょう。

5. 平気で嘘をつく

 どんな些細なことでも、性悪な男性は平気で嘘をつきます。その理由は、「嫌われたくない・不利なことを隠したい・詮索されたくない」など。

 嘘をつくことが癖になっているので、「なんでこんなことで嘘つくの?」と疑問に思ってしまうようなバレバレの嘘も平気でつきます。人によっては、自覚がない場合もあるようです。しかし、どんな理由があっても、平気で嘘をつく男性のことは信用できませんね。

性悪な男性が女性からモテる4つの理由

「恋は盲目」とは言うけどほどほどにね…(写真:iStock)
「恋は盲目」とは言うけどほどほどにね… (写真:iStock)

 周囲から性悪な男性だと認識されているのに、なぜかモテる男性っていますよね。続いては、性悪な男性が女性からモテる4つの理由を見ていきましょう。惹かれてしまう理由がわかれば、好きになる前に自分の気持ちをストップさせることができるかもしれません。

1. ギャップに惹かれてしまう

 強面の男性が実は甘えん坊だったり、クールな男性が自分にだけ優しくしてくれたり……そんな男性のギャップに惹かれてしまった経験がある女性も多いでしょう。

 本当は性悪な男性だとわかっていても、彼の優しい一面や表情を見た時、そのギャップに魅力を感じてしまう女性も多いそうです。

2. 放っておけない

 冒頭でご紹介した性悪な男性の特徴を見てもわかると思いますが、彼らには悪ガキ少年のような子供っぽさを感じますよね。

 自由奔放でわがまま放題の彼に、「放っておけない」と母性本能をくすぐられてしまい、「私が一緒にいてあげなくちゃ」という使命感を感じて、離れられなくなってしまう女性も少なくありません。

3. 性悪な部分を刺激的に感じてしまう

 女性に好みの男性を訪ねると、多くが「思いやりがあって優しい人」と答えるでしょう。しかし、実際にはもっと刺激的な恋愛をしたいと思っている女性も多いはず。

 そういう女性たちには、性悪な男性の自己中心的で身勝手な部分が刺激的に思えて惹かれてしまうこともあるようです。

4. 性格をカバーできる魅力がある

 高年収や高学歴、スポーツ万能やイケメンなど、たとえ性悪でもその性格をカバーできる別の魅力がある男性は、女性からモテる傾向があります。

 男性のどの部分に魅力を感じるのかは、人それぞれ。「この条件をクリアできれば性格なんて関係ない」など、性格を重視しない女性もいるでしょう。

性悪な男性を見極める力をつけて幸せな恋愛をしよう♡

見極める力を身に着けてきっぱりNO!(写真:iStock)
見極める力を身に着けてきっぱりNO! (写真:iStock)

 性悪な男性の言動に対して、「どうしてこんな態度を取るんだろう……」と考えても仕方がありません。彼のことを無理に理解しようとせず、「こういう人なんだ」と割り切ることが大事。

 性悪な男性の見極める力をしっかり身に付けることができれば、安易に惹かれてしまうことも少なくなるはず。自分の理想にピッタリに合った男性と、幸せな恋愛をしてくださいね♡

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ