男の褒め言葉「かわいい」は「ブスじゃない」と同義だった

並木まき ライター・エディター
更新日:2019-04-08 01:48
投稿日:2019-03-04 06:00
 合コンなどの前情報では、女性が「かわいい子を連れていくね!」と言っても、信じない男性が多いと聞きます。「女の言う“かわいい”と“きれい”は、アテにならない」は、もはや定説になっている感もありますが、男性が口にするこれらの言葉も、文字どおりに受け取ると赤っ恥を招きがちなデンジャラスワードです。

男の言う「かわいい」「きれい」はどんな意味?

男の言う「かわいい」「きれい」の本当の意味は?(写真:iStock)
男の言う「かわいい」「きれい」の本当の意味は? (写真:iStock)

 この言葉を用いる男たちを注意深く観察してみると、昨今、「かわいい」「きれい」は、「人並み」とほぼ同義語で使われている実態もある気がします。

 彼らは、誰もが認めるほどの美人には「本当にかわいいね」「めっちゃきれい」「びっくりするほど美人」などと、単なる「きれい」「かわいい」だけでは表現しない実情を感じるのです。

 他方、小ぎれいにはしているけれど、失礼ながらも顔立ちは“人並み”、あるいは“ブスじゃない”というときに、まさか「キミって、人並みだね」「ブスじゃないね」と面と向かって口にはできないことから、ここで「きれいだね」「かわいいね」を用いて、その場を流す男が多い実感があります。

 このあたりは、もはや男たちの中で、暗黙の処世術になっているのでしょう。

「タイプ」と言われていると勘違いしたらダメ

「ありがと」と軽く流そう(写真:iStock)
「ありがと」と軽く流そう (写真:iStock)

 ところで飲み会界隈では、ふだん「かわいい」「きれい」を言われ慣れていない女性ほど、男からこのセリフを吐かれると「タイプ」と言われていると勘違いする傾向も見受けられます。

 そしてそのうちに「私って、かわいいんだ」「私って、実はモテるのかも?」と勘違い路線に突っ走ってしまう女性も数知れず。

 本来、これらの言葉はれっきとした“褒め言葉”なはずだけに無理もない話ですが、先述のように昨今においては、このセリフは「人並み」「ブスではない」といった消極的な褒め言葉として用いられがちな実情もあるため、ここで舞い上がってソノ気になってしまえば、男たちから嘲笑されるリスクがつきまといます。

 このセリフを吐いてくる男たちの前では、こなれた笑顔を見せつつ「ありがと」と軽く流すに越したことはありません。

まとめ

 特定の言葉を発する際の真意は、時代やシチュエーションによっても多少、変化します。

 今どきの「かわいい」「きれい」は、もはや「今日は、天気がいいね」程度のポジティブさしか持ち合わせないワードにもなりつつあるのだなと、飲み会に出席するたびに感じてやまない次第です。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ