横浜の秘境!「寺家ふるさと村」で癒される 2021.8.13(金)

コクハク編集部
更新日:2021-08-13 06:00
投稿日:2021-08-13 06:00

え?ここも横浜なの?

のどかだ…(C)コクハク
のどかだ… (C)コクハク

 港町のイメージが強い横浜ですが、豊かな田園風景も見ることができるのをご存知ですか?

 ここは横浜市青葉区にある「寺家(じけ)ふるさと村」。

 東急田園都市線の青葉台駅からバスで10分ほどのところにあります。

トトロいないかな?(C)コクハク
トトロいないかな? (C)コクハク

 横浜市が土地の所有者と協力して、昔ながらの田園風景を守っているのだそう。

 確かに、まるでタイムスリップしたような、懐かしい景色です。トトロがいてもおかしくないぞ!

里山にたたずむ熊野神社

立派な鳥居(C)コクハク
立派な鳥居 (C)コクハク

 結構急な階段の先には、熊野神社があります。

里山から集落を見守ります(C)コクハク
里山から集落を見守ります (C)コクハク

 こぢんまりとしているけど、厳かな雰囲気が漂っています。

周辺を散策してみます

手作り感あふれる看板にほっこり(C)コクハク
手作り感あふれる看板にほっこり (C)コクハク

 田んぼの脇に、かわいい看板を発見。

 この地域の子どもが作ったのかな?

 見渡す限り、雑木林と田んぼしかないのですが、不思議と退屈しないんですよね。

 風に揺れる稲を見てるだけで心が穏やかになっていくのを感じます。

水車ってずっと見ていられるよね(C)コクハク
水車ってずっと見ていられるよね (C)コクハク

 少し歩くと、水車がありました。

 水車って、日本では平安時代ころからすでに使われていたそうですよ。すごいなー。

ちょっと一休み

お庭が素敵な「青山亭」(C)コクハク
お庭が素敵な「青山亭」 (C)コクハク

 私が訪れたのは、8月の頭。

 緑が多いので都心よりは涼しさを感じるものの、1時間ほど散策したので汗だくに。

 一休みしようと、近くの「青山亭」にお邪魔しました。

おいしゅうございました(C)コクハク
おいしゅうございました (C)コクハク

 自家製梅ジュース(税込550円)で喉を潤します。

 甘すぎない爽やかなお味が、カラカラの体に染みる~。

おわりに

THE日本の夏!(C)コクハク
THE日本の夏! (C)コクハク

 コロナ禍で今年の夏も旅行はお預けになりそうですね。

 仕方がないこととはいえ、鬱々としていた筆者は、都会のすぐそばにひっそりと広がるこの風景に癒されました。ぼんやりとずーっと見ていたくなる……そんな場所でした。

 今度は、秋の色づいた田んぼも見にこようっと。

adress:横浜市青葉区寺家町414番地

(編集K)

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
最新「グダグダなLINEやり取りの終わらせ方」知らないのは無防備すぎる
 仕事からプライベートまで、コミュニケーションツールとして使えるLINE。便利かつ気軽ではありますが、それゆえにダラダラ...
スマホを持たないサブカル老人の願い「本屋に行く楽しみを奪わないで~」
 コミックや書籍など数々の表紙デザインを手がけてきた元・装丁デザイナーの山口明さん(63)。多忙な現役時代を経て、56歳...
クレクレママの実態 買い換えるなら「車くれない?」っておねだりする!?
 人のものをすぐに欲しがるクレクレママ、あなたの周りにはいませんか? おさがりなどをもらってくれて助かることもあるけれど...